国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現在ご利用になれません。
この状況が続く場合は、次のお問い合わせ先までご連絡ください。ご意見・お問い合わせ
1. (WO2020003462) シリンダヘッドの製造方法及びシリンダヘッド粗材
国際事務局に記録されている最新の書誌情報第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2020/003462 国際出願番号: PCT/JP2018/024687
国際公開日: 02.01.2020 国際出願日: 28.06.2018
予備審査請求日: 25.12.2018
IPC:
F02F 1/24 (2006.01) ,C23C 24/02 (2006.01) ,F01L 3/04 (2006.01)
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
02
燃焼機関;熱ガスまたは燃焼生成物を利用する機関設備
F
燃焼機関のシリンダ,ピストンまたはケーシング;燃焼機関の密封装置の構成
1
シリンダ;シリンダヘッド
24
シリンダヘッド
C 化学;冶金
23
金属質材料への被覆;金属質材料による材料への被覆;化学的表面処理;金属質材料の拡散処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般;金属質材料の防食または鉱皮の抑制一般
C
金属質への被覆;金属材料による材料への被覆;表面への拡散,化学的変換または置換による,金属材料の表面処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般
24
無機質粉末から出発する被覆
02
圧力のみを加えることによるもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
01
機械または機関一般;機関設備一般;蒸気機関
L
周期的に作動する機械または機関用弁
3
リフト弁,すなわち少なくとも締め切り面に対して垂直な開閉運動をする部分をもった締め切り部材をもつ締め切り装置;その部品または付属品
02
弁要素または弁座のための特殊な物質の選択;2またはそれ以上の物質から構成される弁要素または弁座
04
被覆された弁要素または弁座
出願人:
日産自動車株式会社 NISSAN MOTOR CO., LTD. [JP/JP]; 神奈川県横浜市神奈川区宝町2番地 2, Takara-cho, Kanagawa-ku, Yokohama-shi, Kanagawa 2210023, JP
発明者:
大森 雅弘 OOMORI, Masahiro; JP
柴山 博久 SHIBAYAMA, Hirohisa; JP
八下田 健次 YAGETA, Kenji; JP
代理人:
とこしえ特許業務法人 TOKOSHIE PATENT FIRM; 東京都新宿区西新宿7丁目22番27号 西新宿KNビル Nishishinjuku KN Bldg., 22-27, Nishishinjuku 7-chome, Shinjuku-ku, Tokyo 1600023, JP
優先権情報:
発明の名称: (EN) METHOD FOR MANUFACTURING CYLINDER HEAD, AND CYLINDER HEAD ROUGH MATERIAL
(FR) PROCÉDÉ DE FABRICATION DE CULASSE, ET MATÉRIAU BRUT DE CULASSE
(JA) シリンダヘッドの製造方法及びシリンダヘッド粗材
要約:
(EN) A cylinder head rough material (3) having a shielding curtain portion (16g) projecting in an annular shape from an annular edge portion of an opening portion (16a) of an intake port (16) or an opening portion (17a) of an exhaust port (17) toward a center (C) of the port is manufactured, and a valve seat film (16b) is formed by employing cold spraying to spray metal powder (P) onto an annular valve seat portion (16f) positioned further to the outside of the port than the shielding curtain portion (16g).
(FR) L'invention concerne la fabrication d'un matériau brut de culasse (3) comprenant une portion de capote de protection (16g) qui se projette dans une forme annulaire à partir d'une portion de bord annulaire d'une portion d'ouverture (16a) d'un orifice d'admission (16) ou d'une portion d'ouverture (17a) d'un orifice d'échappement (17) vers un centre (C) de l'orifice. Un film de siège de soupape (16b) est formé en utilisant une pulvérisation à froid pour pulvériser de la poudre métallique (P) sur une portion de siège de soupape annulaire (16f) positionnée davantage vers l'extérieur de l'orifice que la portion de capote de protection (16g).
(JA) 吸気ポート(16)の開口部(16a)、又は排気ポート(17)の開口部(17a)の環状縁部からポートの中心(C)に向かって環状に突出する遮蔽幕部(16g)を有するシリンダヘッド粗材(3)を製造し、遮蔽幕部(16g)よりもポートに対して外側に位置する環状バルブシート部(16f)に、コールドスプレー法により金属粉末(P)を吹き付けてバルブシート膜(16b)を形成する。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関 (ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)