このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2019066063) めっき鋼板、めっき鋼板コイル、熱間プレス成形品の製造方法、及び自動車部品
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2019/066063 国際出願番号: PCT/JP2018/036550
国際公開日: 04.04.2019 国際出願日: 28.09.2018
IPC:
C23C 2/12 (2006.01) ,B21D 22/20 (2006.01) ,B21D 22/26 (2006.01) ,B21D 24/00 (2006.01) ,B21D 24/04 (2006.01) ,B32B 9/04 (2006.01) ,B32B 15/04 (2006.01) ,C23C 2/28 (2006.01)
C 化学;冶金
23
金属質材料への被覆;金属質材料による材料への被覆;化学的表面処理;金属質材料の拡散処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般;金属質材料の防食または鉱皮の抑制一般
C
金属質への被覆;金属材料による材料への被覆;表面への拡散,化学的変換または置換による,金属材料の表面処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般
2
形状に影響を及ぼすことのない溶融状態にある被覆材料の適用による溶融メッキまたは溶融浸漬法;そのための装置
04
被覆材料に特徴があるもの
12
アルミニウムまたはアルミニウム基合金
B 処理操作;運輸
21
本質的には材料の除去が行なわれない機械的金属加工;金属の打抜き
D
本質的には材料の除去が行われない金属板,金属管,金属棒または金属プロフィルの加工または処理;押抜き
22
型打ち,へら絞り,または深しぼりによる切削しない成形
20
深しぼり
B 処理操作;運輸
21
本質的には材料の除去が行なわれない機械的金属加工;金属の打抜き
D
本質的には材料の除去が行われない金属板,金属管,金属棒または金属プロフィルの加工または処理;押抜き
22
型打ち,へら絞り,または深しぼりによる切削しない成形
20
深しぼり
26
特殊な,例.不規則な,形をした物品の製造のためのもの
B 処理操作;運輸
21
本質的には材料の除去が行なわれない機械的金属加工;金属の打抜き
D
本質的には材料の除去が行われない金属板,金属管,金属棒または金属プロフィルの加工または処理;押抜き
24
プレス内のまたはプレスに関連した深しぼりのための特別な装置
B 処理操作;運輸
21
本質的には材料の除去が行なわれない機械的金属加工;金属の打抜き
D
本質的には材料の除去が行われない金属板,金属管,金属棒または金属プロフィルの加工または処理;押抜き
24
プレス内のまたはプレスに関連した深しぼりのための特別な装置
04
ブランクホルダー;そのためのすえつけ手段
B 処理操作;運輸
32
積層体
B
積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
9
本質的にグループ11/00~29/00に包含されない特殊な物質からなる積層体
04
層の主なまたは唯一の構成要素が上記のような物質からなり,特定物質の他の層に隣接したもの
B 処理操作;運輸
32
積層体
B
積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
15
本質的に金属からなる積層体
04
層の主なまたは唯一の構成要素が金属からなり,特定物質の他の層に隣接したもの
C 化学;冶金
23
金属質材料への被覆;金属質材料による材料への被覆;化学的表面処理;金属質材料の拡散処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般;金属質材料の防食または鉱皮の抑制一般
C
金属質への被覆;金属材料による材料への被覆;表面への拡散,化学的変換または置換による,金属材料の表面処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般
2
形状に影響を及ぼすことのない溶融状態にある被覆材料の適用による溶融メッキまたは溶融浸漬法;そのための装置
26
後処理
28
熱による後処理,例.油浴処理
出願人:
日本製鉄株式会社 NIPPON STEEL CORPORATION [JP/JP]; 東京都千代田区丸の内二丁目6番1号 6-1, Marunouchi 2-chome, Chiyoda-ku, Tokyo 1008071, JP
発明者:
久保 雅寛 KUBO, Masahiro; JP
中澤 嘉明 NAKAZAWA, Yoshiaki; JP
鈴木 利哉 SUZUKI, Toshiya; JP
野村 成彦 NOMURA, Naruhiko; JP
藤田 宗士 FUJITA, Soshi; JP
入川 秀昭 IRIKAWA, Hideaki; JP
布田 雅裕 FUDA, Masahiro; JP
代理人:
特許業務法人太陽国際特許事務所 TAIYO, NAKAJIMA & KATO; 東京都新宿区新宿4丁目3番17号 3-17, Shinjuku 4-chome, Shinjuku-ku, Tokyo 1600022, JP
優先権情報:
2017-18846728.09.2017JP
発明の名称: (EN) PLATED STEEL SHEET, PLATED STEEL SHEET COIL, METHOD FOR PRODUCING HOT PRESSED ARTICLE, AND AUTOMOBILE COMPONENT
(FR) TÔLE D'ACIER PLAQUÉE, BOBINE DE TÔLE D'ACIER PLAQUÉE, PROCÉDÉ DE PRODUCTION D'UN ARTICLE PRESSÉ À CHAUD ET PIÈCE D'AUTOMOBILE
(JA) めっき鋼板、めっき鋼板コイル、熱間プレス成形品の製造方法、及び自動車部品
要約:
(EN) A plated steel sheet which comprises: a steel sheet; a first aluminum plating layer which is provided on a first surface of the steel sheet; a zinc compound layer or zinc metal layer, which is provided on the surface of the first aluminum plating layer; and a second aluminum plating layer which is provided on a second surface that is the outermost surface of the steel sheet. A plated steel sheet coil and a method for producing a hot pressed article, each of which uses this plated steel sheet. An automobile component which uses a pressed article that is produced by this method for producing a hot pressed article.
(FR) La présente invention concerne une tôle d'acier plaquée comprenant : une tôle d'acier; une première couche de placage d'aluminium, disposée sur une première surface de la tôle d'acier; une couche de composé de zinc ou une couche de zinc métallique, disposée sur la surface de la première couche de placage d'aluminium; et une seconde couche de placage d'aluminium, disposée sur une seconde surface qui est la surface la plus à l'extérieur de la tôle d'acier. L'invention concerne également une bobine de tôle d'acier plaquée et un procédé de production d'un article pressé à chaud, qui utilisent chacun cette tôle d'acier plaquée. L'invention concerne également une pièce d'automobile qui utilise un article pressé produit selon le présent procédé de production d'article pressé à chaud.
(JA) 鋼板と、前記鋼板の第一面上に設けられた第一アルミめっき層と、前記第一アルミめっき層の表面上に設けられた亜鉛化合物層または金属亜鉛層と、前記鋼板の第二面上かつ最表面に設けられた第二アルミめっき層と、を有するめっき鋼板である。また、このめっき鋼板を使用しためっき鋼板コイル、熱間プレス成形品の製造方法である。また、熱間プレス成形品の製造方法により製造したプレス成形品を用いた自動車部品である。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)