このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2019066047) タンパク質繊維の製造方法、タンパク質繊維の製造装置、およびタンパク質繊維の加工方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2019/066047 国際出願番号: PCT/JP2018/036510
国際公開日: 04.04.2019 国際出願日: 28.09.2018
IPC:
D01F 4/02 (2006.01) ,D02J 1/22 (2006.01)
D 繊維;紙
01
天然または人造の糸または繊維;紡績
F
人造のフィラメント,より糸,繊維,剛毛,リボンまたは炭素フィラメントの製造において化学的な特徴をもつもの;炭素フィラメントの製造に特に適合した装置
4
蛋白質の単一成分人造フィラメントまたはその類似物;その製造
02
フイブロインからのもの
D 繊維;紙
02
糸;糸またはロープの機械的な仕上げ;整経またはビーム巻き取り
J
フィラメント,糸,より糸,ひも,ロープまたはこれらの類似物の仕上げまたは加工
1
特殊構造にもとづく構造または特性の改良;物理的形状または断面形状の改良,維持または回復,例.ダイスまたは圧搾ローラの使用によるもの
22
伸長または緊張,収縮または弛緩によるもの,例.オーバーフィード装置,アンダーフィード装置を使用するもの,または伸長を防止することによるもの
出願人:
Spiber株式会社 SPIBER INC. [JP/JP]; 山形県鶴岡市覚岸寺字水上234番地1 234-1, Aza Mizukami, Kakuganji, Tsuruoka-shi, Yamagata 9970052, JP
小島プレス工業株式会社 KOJIMA INDUSTRIES CORPORATION [JP/JP]; 愛知県豊田市下市場町3丁目30番地 30, Shimoichiba-cho 3-chome, Toyota-shi, Aichi 4718588, JP
発明者:
石井 秀人 ISHII Hideto; JP
代理人:
長谷川 芳樹 HASEGAWA Yoshiki; JP
清水 義憲 SHIMIZU Yoshinori; JP
優先権情報:
2017-19173529.09.2017JP
発明の名称: (EN) PROTEIN FIBER PRODUCTION METHOD, PROTEIN FIBER PRODUCTION DEVICE, AND PROTEIN FIBER PROCESSING METHOD
(FR) PROCÉDÉ ET DISPOSITIF DE PRODUCTION DE FIBRE PROTÉIQUE, PROCÉDÉ DE TRAITEMENT DE FIBRE PROTÉIQUE
(JA) タンパク質繊維の製造方法、タンパク質繊維の製造装置、およびタンパク質繊維の加工方法
要約:
(EN) This protein fiber production method includes: a heating step in which protein starting material fibers 36 containing a protein are heated; and a relaxing and contracting step which is performed simultaneously with the heating step or after the heating step, and in which the protein starting material fibers 36 in a state heated in the heating step are relaxed and caused to contract.
(FR) Le procédé de production de fibre protéique d'après la présente invention comprend : une étape de chauffage au cours de laquelle des fibres en une matière première protéique (36) contenant une protéine sont chauffées ; et une étape de détente et de contraction qui se déroule en même temps que l'étape de chauffage ou après cette dernière et au cours de laquelle les fibres en une matière première protéique (36) dans un état chauffé au cours de l'étape de chauffage sont détendues et amenées à se contracter.
(JA) タンパク質繊維の製造方法は、タンパク質を含むタンパク質原料繊維36を加熱する加熱工程と、加熱工程と同時にまたは加熱工程より後に行われ、加熱工程によって加熱された状態にあるタンパク質原料繊維36を弛緩して収縮させる弛緩収縮工程と、を備える。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)