このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2019065949) ダイヤモンド被覆回転切削工具
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2019/065949 国際出願番号: PCT/JP2018/036204
国際公開日: 04.04.2019 国際出願日: 28.09.2018
IPC:
B23C 5/10 (2006.01) ,B23B 27/14 (2006.01) ,B23B 27/20 (2006.01) ,B23B 51/00 (2006.01) ,C23C 16/26 (2006.01) ,C30B 29/04 (2006.01)
B 処理操作;運輸
23
工作機械;他に分類されない金属加工
C
フライス削り
5
フライス
02
フライスの形状に特徴があるもの
10
柄付形のフライス,すなわち一体となった軸をもつもの
B 処理操作;運輸
23
工作機械;他に分類されない金属加工
B
旋削;中ぐり
27
旋削機械または中ぐり盤用工具;一般に類似した種類の工具;そのための付属品
14
ビットまたはチップが特別な材料でできているバイト
B 処理操作;運輸
23
工作機械;他に分類されない金属加工
B
旋削;中ぐり
27
旋削機械または中ぐり盤用工具;一般に類似した種類の工具;そのための付属品
14
ビットまたはチップが特別な材料でできているバイト
20
ダイヤモンドビットをもつもの
B 処理操作;運輸
23
工作機械;他に分類されない金属加工
B
旋削;中ぐり
51
ボール盤用工具
C 化学;冶金
23
金属質材料への被覆;金属質材料による材料への被覆;化学的表面処理;金属質材料の拡散処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般;金属質材料の防食または鉱皮の抑制一般
C
金属質への被覆;金属材料による材料への被覆;表面への拡散,化学的変換または置換による,金属材料の表面処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般
16
ガス状化合物の分解による化学的被覆であって,表面材料の反応生成物を被覆層中に残さないもの,すなわち化学蒸着(CVD)法
22
金属質材料以外の無機質材料の析出に特徴のあるもの
26
炭素のみの析出
C 化学;冶金
30
結晶成長
B
単結晶成長;共晶物質の一方向固化または共析晶物質の一方向析出;物質のゾーンメルティングによる精製;特定構造を有する均質多結晶物質の製造;単結晶または特定構造を有する均質多結晶物質;単結晶または特定構造を有する均質多結晶物質の後処理;そのための装置
29
材料または形状によって特徴づけられた単結晶または特定構造を有する均質多結晶物質
02
元素
04
ダイヤモンド
出願人:
三菱マテリアル株式会社 MITSUBISHI MATERIALS CORPORATION [JP/JP]; 東京都千代田区大手町一丁目3-2 3-2, Otemachi 1-chome, Chiyoda-ku, Tokyo 1008117, JP
発明者:
久保 拓矢 KUBO, Takuya; JP
村田 和久 MURATA, Kazuhisa; JP
冨永 哲光 TOMINAGA, Akimitsu; JP
代理人:
青山 正和 AOYAMA, Masakazu; JP
優先権情報:
2017-18970229.09.2017JP
発明の名称: (EN) DIAMOND-COATED ROTATION CUTTING TOOL
(FR) OUTIL DE COUPE ROTATIF REVÊTU DE DIAMANT
(JA) ダイヤモンド被覆回転切削工具
要約:
(EN) The present invention makes it possible to prevent the occurrence of defects due to peeling or chipping, and obtain a smooth machined surface. A diamond coating includes a first diamond layer comprising fine diamond particles and a second diamond layer comprising large diamond particles. In a flank-side diamond coating, the average film thickness d2 is 3-25 μm inclusive, and has the first diamond layer formed on the obverse surface side and the second diamond layer formed on the tool base side. In a rake face-side diamond coating in the range of 50 μm or 1/10 of the tool diameter, whichever is smaller, from the tip of a base cutting blade part, the average film thickness d1 is in the range of 0-5.0 μm inclusive or 0 μm to less than d2, whichever is smaller. The boundary between the first diamond layer and the second diamond layer at an edge surface of the flank-side diamond coating is exposed on the base flank side in relation to the extension of a reference line linking the base cutting blade part and the center of rotation of the tool on the perpendicular cross-section of the base cutting blade part.
(FR) La présente invention permet d'empêcher l'apparition de défauts dus au pelage ou à l'écaillage et d'obtenir une surface usinée lisse. Un revêtement de diamant comprend une première couche de diamant comprenant de fines particules de diamant et une seconde couche de diamant comprenant de grandes particules de diamant. Dans un revêtement de diamant côté flanc, l'épaisseur de film moyenne d2 est de 3 à 25 µm inclus et a la première couche de diamant formée sur le côté de surface avers et la seconde couche de diamant formée sur le côté de base d'outil. Dans un revêtement de diamant côté face de coupe dans la plage de 50 µm ou 1/10 du diamètre d'outil, selon la taille la plus petite, à partir de la pointe d'une partie lame de coupe de base, l'épaisseur de film moyenne d1 est dans la plage de 0 à 5,0 µm inclus ou 0 µm à moins de d2, selon la taille la plus petite. La limite entre la première couche de diamant et la seconde couche de diamant au niveau d'une surface de bord du revêtement de diamant côté flanc est exposée sur le côté flanc de base par rapport à l'extension d'une ligne de référence reliant la partie lame de coupe de base et le centre de rotation de l'outil sur la section transversale perpendiculaire de la partie lame de coupe de base.
(JA) 剥離やチッピングによる欠陥の発生を防止でき、平滑な加工面を得る。 ダイヤモンド被膜は、微細なダイヤモンド粒子からなる第1ダイヤモンド層と、大きいダイヤモンド粒子からなる第2ダイヤモンド層とを含み、逃げ面側ダイヤモンド被膜は、平均膜厚d2が3μm以上25μm以下であり、表面側に第1ダイヤモンド層、工具基体側に第2ダイヤモンド層が形成されており、基体切れ刃部の先端から50μmまで又は工具直径の1/10までのいずれか小さい方の範囲のすくい面側ダイヤモンド被膜は平均膜厚d1が、0μm以上5.0μm以下又は0μm以上d2未満のいずれか小さい範囲であり、逃げ面側ダイヤモンド被膜の端面における第1ダイヤモンド層と第2ダイヤモンド層との境界部が、基体切れ刃部の垂直断面において工具回転中心と基体切れ刃部とを結ぶ基準線の延長線よりも基体逃げ面側で露出している。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)