このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2019065876) ニコチンアミドモノヌクレオチドの製造方法およびその方法に用いる形質転換体
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2019/065876 国際出願番号: PCT/JP2018/036040
国際公開日: 04.04.2019 国際出願日: 27.09.2018
IPC:
C12P 19/32 (2006.01) ,C12N 1/21 (2006.01) ,C12N 9/00 (2006.01) ,C12N 9/10 (2006.01) ,C12N 9/12 (2006.01) ,C12N 1/19 (2006.01)
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
P
発酵または酵素を使用して所望の化学物質もしくは組成物を合成する方法またはラセミ混合物から光学異性体を分離する方法
19
糖類基を含む化合物の製造
26
窒素を含む炭水化物の製造
28
N―グリコシド
30
ヌクレオチド
32
同一環内に2個の窒素原子を有する6員環を含む縮合環系をもつもの,例.プリンヌレオチド,ニコチンアミド―アデニンジヌクレオチド
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
1
微生物,例.原生動物;その組成物;微生物またはその組成物の増殖,維持,保存方法;微生物を含む組成物の単離または調製方法;そのための培地
20
細菌;そのための培地
21
外来遺伝物質の導入によって修飾されたもの
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
9
酵素,例.リガーゼ(6.);酵素前駆体;その組成物;酵素の調製,活性化,阻害,分離または精製方法
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
9
酵素,例.リガーゼ(6.);酵素前駆体;その組成物;酵素の調製,活性化,阻害,分離または精製方法
10
転移酵素(2.)
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
9
酵素,例.リガーゼ(6.);酵素前駆体;その組成物;酵素の調製,活性化,阻害,分離または精製方法
10
転移酵素(2.)
12
りん含有基を転移するもの,例.キナーゼ(2.7)
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
1
微生物,例.原生動物;その組成物;微生物またはその組成物の増殖,維持,保存方法;微生物を含む組成物の単離または調製方法;そのための培地
14
菌類;そのための培地
16
酵母;そのための培地
19
外来遺伝物質の導入によって修飾されたもの
出願人:
三菱ケミカル株式会社 MITSUBISHI CHEMICAL CORPORATION [JP/JP]; 東京都千代田区丸の内一丁目1番1号 1-1, Marunouchi 1-chome, Chiyoda-ku, Tokyo 1008251, JP
発明者:
秋山 卓理 AKIYAMA Takanori; JP
代理人:
梅田 慎介 UMEDA Shinsuke; JP
今野 智介 IMANO Tomoyuki; JP
優先権情報:
2017-19002829.09.2017JP
発明の名称: (EN) METHOD FOR PRODUCING NICOTINAMIDE MONONUCLEOTIDE AND TRANSFORMANT USED IN SAID METHOD
(FR) PROCÉDÉ POUR LA PRODUCTION DE NICOTINAMIDE MONONUCLÉOTIDE ET TRANSFORMANT UTILISÉ DANS LEDIT PROCÉDÉ
(JA) ニコチンアミドモノヌクレオチドの製造方法およびその方法に用いる形質転換体
要約:
(EN) The present invention addresses the problem of providing a method for producing nicotinamide mononucleotide (NMN) which has high production efficiency. A method for producing NMN according to the present invention (first invention group) includes a step in which the following are brought into contact with a mixture containing a ribose-5-phosphoric acid (R5P), nicotinamide (NAM), ATP, and polyphosphoric acid: a transformant in which the expression of three enzymes (nicotinamide phosphoribosyltransferase (Nampt), phosphoribosyl pyrophosphate synthetase (Prs), and polyphosphate kinase (Ppk)) is improved; a cell-free protein synthesis reaction solution expressing said three enzymes; or a processed substance of the foregoing.
(FR) La présente invention a pour objet un procédé pour la production de nicotinamide mononucléotide (NMN) qui a un rendement de production élevé. À cet effet la présente invention porte sur un procédé pour la production de NMN (premier groupe d'inventions) comprenant une étape dans laquelle les éléments suivants sont mis en contact avec un mélange contenant un acide ribose-5-phosphorique (R5P), du nicotinamide (NAM), de l'ATP et de l'acide polyphosphorique : un transformant dans lequel l'expression de trois enzymes (la nicotinamide phosphoribosyltransférase (Nampt), la phosphoribosylpyrophosphate synthétase (Prs) et la polyphosphate kinase (Ppk)) est améliorée ; une solution réactionnelle de synthèse de protéines acellulaire exprimant lesdites trois enzymes ; ou une substance traitée de ce qui précède.
(JA) 本発明は、生産効率に優れたニコチンアミドモノヌクレオチド(NMN)の製造方法を提供することを課題とする。本発明(第一の発明群)に係るNMNの製造方法は、ニコチンアミドホスホリボシルトランスフェラーゼ(Nampt)、ホスホリボシルピロリン酸シンターゼ(Prs)、ポリリン酸キナーゼ(Ppk)の各酵素の発現が強化された形質転換体、前記3酵素を発現させた無細胞タンパク質合成反応液、またはそれらの処理物を、リボース-5-リン酸(R5P)、ニコチンアミド(NAM)、ATP、およびポリリン酸を含む混合物と接触させる工程を含む。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)