このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2019065837) 合わせガラス
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2019/065837 国際出願番号: PCT/JP2018/035930
国際公開日: 04.04.2019 国際出願日: 27.09.2018
予備審査請求日: 06.03.2019
IPC:
C03C 27/12 (2006.01) ,B32B 17/10 (2006.01) ,B60J 1/00 (2006.01)
C 化学;冶金
03
ガラス;鉱物またはスラグウール
C
ガラス,うわ薬またはガラス質ほうろうの化学組成;ガラスの表面処理;ガラス,鉱物またはスラグからの繊維またはフィラメントの表面処理;ガラスのガラスまたは他物質への接着
27
ガラスの他の無機物質への接着;融着以外によるガラスのガラスへの接着
06
融着以外の方法によるガラスのガラスへの接着
10
目的に特に適する接着物によるもの
12
合わせガラス
B 処理操作;運輸
32
積層体
B
積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
17
本質的にシートガラス,またはガラス,スラグまたは類似の繊維からなる積層体
06
層の主なまたは唯一の構成要素がガラスからなり,特定物質の他の層に隣接したもの
10
合成樹脂の層に隣接したもの
B 処理操作;運輸
60
車両一般
J
車両の窓,風防ガラス,非固定式の屋根,扉または同類の装置;車両に特に適した,取外し可能な外部保護カバー(これらの留め具,吊り具,閉鎖具,開放具E05)
1
窓;風防ガラス;そのための付属装置
出願人:
積水化学工業株式会社 SEKISUI CHEMICAL CO., LTD. [JP/JP]; 大阪府大阪市北区西天満2丁目4番4号 4-4, Nishitemma 2-chome, Kita-ku, Osaka-shi, Osaka 5308565, JP
発明者:
吉田 章吾 YOSHIDA, Shougo; JP
岡野 萌 OKANO, Moyuru; JP
増山 義和 MASUYAMA, Yoshikazu; JP
代理人:
特許業務法人 宮▲崎▼・目次特許事務所 MIYAZAKI & METSUGI; 大阪府大阪市中央区常盤町1丁目3番8号 中央大通FNビル Chuo Odori FN Bldg., 3-8, Tokiwamachi 1-chome, Chuo-ku, Osaka-shi, Osaka 5400028, JP
優先権情報:
2017-18653727.09.2017JP
発明の名称: (EN) LAMINATED GLASS
(FR) VERRE FEUILLETÉ
(JA) 合わせガラス
要約:
(EN) Provided is a laminated glass that can suppress breakage at an edge section of the laminated glass at the time of an external impact. This laminated glass comprises a first glass plate, a second glass plate, and an interlayer, wherein the interlayer is positioned between the first glass plate and the second glass plate, the laminated glass includes a section in which a side surface of the interlayer is exposed, and the ratio of the weight of glass fragments in a falling ball test of the laminated glass after an immersion-light radiation test to the weight of glass fragments in a falling ball test of the laminated glass that has not been subjected to the immersion-light radiation test is 2.5 or less.
(FR) L'invention concerne un verre feuilleté qui peut supprimer la rupture au niveau d'une section de bord du verre feuilleté lors d'un impact externe. Ce verre feuilleté comprend une première plaque de verre, une seconde plaque de verre et une couche intermédiaire, la couche intermédiaire étant positionnée entre la première plaque de verre et la seconde plaque de verre, le verre stratifié comprenant une section dans laquelle une surface latérale de la couche intermédiaire est exposée, et le rapport du poids de fragments de verre dans un essai de chute de bille du verre stratifié après un test de rayonnement de lumière en immersion sur le poids de fragments de verre dans un essai de chute de bille du verre stratifié qui n'a pas été soumis au test de rayonnement de lumière en immersion est de 2,5 ou moins.
(JA) 外部衝撃時に、合わせガラスの端部における破損を抑えることができる合わせガラスを提供する。 本発明に係る合わせガラスは、第1のガラス板と、第2のガラス板と、中間膜とを備える合わせガラスであり、前記第1のガラス板と前記第2のガラス板との間に、前記中間膜が配置されており、前記合わせガラスにおいて、前記中間膜の側面が露出している部分が存在し、浸漬-光照射試験が行われていない合わせガラスにおける落球試験でのガラス破片の重量に対する、浸漬-光照射試験後の合わせガラスにおける落球試験でのガラス破片の重量の比が、2.5以下である。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)