このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2019065806) ハニカム触媒
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2019/065806 国際出願番号: PCT/JP2018/035859
国際公開日: 04.04.2019 国際出願日: 27.09.2018
IPC:
B01J 35/04 (2006.01) ,B01D 53/94 (2006.01) ,B01J 23/63 (2006.01) ,F01N 3/10 (2006.01) ,F01N 3/28 (2006.01)
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
J
化学的または物理的方法,例.触媒,コロイド化学;それらの関連装置
35
形態または物理的性質に特徴のある触媒一般
02
固体
04
小孔構造,ふるい状,格子状,ハニカム状のもの
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
D
分離
53
ガスまたは蒸気の分離;ガスからの揮発性溶剤蒸気の回収;廃ガスの化学的または生物学的浄化,例.エンジン排気ガス,煙,煙霧,煙道ガスまたはエアロゾル
34
廃ガスの化学的または生物学的浄化
92
エンジン排気ガスに適用されるもの
94
触媒による方法によるもの
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
J
化学的または物理的方法,例.触媒,コロイド化学;それらの関連装置
23
グループ21/00に分類されない,金属または金属酸化物または水酸化物からなる触媒
38
貴金属に関するもの
54
グループ23/02から23/36までに分類される金属,酸化物または水酸化物と結合したもの
56
白金族金属
63
希土類またはアクチニドと結合したもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
01
機械または機関一般;機関設備一般;蒸気機関
N
機械または機関のためのガス流消音器または排気装置一般;内燃機関用ガス流消音器または排気装置
3
排気の清浄,無害化または他の処理をする手段をもつ排気もしくは消音装置
08
無害にするためのもの
10
排気の有害成分を熱または触媒で変換することによるもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
01
機械または機関一般;機関設備一般;蒸気機関
N
機械または機関のためのガス流消音器または排気装置一般;内燃機関用ガス流消音器または排気装置
3
排気の清浄,無害化または他の処理をする手段をもつ排気もしくは消音装置
08
無害にするためのもの
10
排気の有害成分を熱または触媒で変換することによるもの
24
変換装置の構造的な面に特徴をもつもの
28
触媒反応装置の構造
出願人:
イビデン株式会社 IBIDEN CO., LTD. [JP/JP]; 岐阜県大垣市神田町2丁目1番地 1, Kandacho 2-chome, Ogaki-shi, Gifu 5038604, JP
トヨタ自動車株式会社 TOYOTA JIDOSHA KABUSHIKI KAISHA [JP/JP]; 愛知県豊田市トヨタ町1番地 1, Toyota-cho, Toyota-shi, Aichi 4718571, JP
発明者:
後藤 真之助 GOTO, Shinnosuke; JP
東條 巧 TOJO, Takumi; JP
吉田 健 YOSHIDA, Takeru; JP
鈴木 宏昌 SUZUKI, Hiromasa; JP
代理人:
特許業務法人 安富国際特許事務所 YASUTOMI & ASSOCIATES; 大阪府大阪市淀川区宮原3丁目5番36号 5-36, Miyahara 3-chome, Yodogawa-ku, Osaka-shi, Osaka 5320003, JP
優先権情報:
2017-18647727.09.2017JP
発明の名称: (EN) HONEYCOMB CATALYST
(FR) CATALYSEUR EN NID D'ABEILLES
(JA) ハニカム触媒
要約:
(EN) The present invention is a honeycomb catalyst in which numerous through-holes are provided in parallel in a honeycomb structure in the longitudinal direction with separating walls therebetween, and palladium and rhodium are supported by the separating walls, the honeycomb catalyst being characterized in that: the honeycomb structure comprises an extruded compact that includes a ceria–zirconia complex oxide and alumina; a palladium-supporting region in which only palladium is supported is formed on the separating walls in a region of a prescribed width from one end section of the honeycomb structure; a rhodium-supporting region in which only rhodium is supported is formed on the separating walls in a region of a prescribed width from another end section of the honeycomb structure; the palladium-supporting region accounts for at least 50% of the length of the honeycomb structure; and the rhodium-supporting region accounts for at least 20% of the length of the honeycomb structure.
(FR) L'invention concerne un catalyseur en nid d'abeilles qui est constitué par support d'un Pd et d'un Rh sur des parois de séparation d'une structure en nid d'abeilles dans laquelle une pluralité de trous traversant est séparée par lesdites parois de séparation et rangée dans une direction longitudinale. Ce catalyseur en nid d'abeilles est caractéristique en ce que ladite structure en nid d'abeilles est constituée par un corps moulé par extrusion contenant un oxyde complexe cérium-zircone et une alumine. Une région support de Pd supportant uniquement le Pd est formée sur les parois de séparation d'une région de largeur prédéfinie à partir d'une partie extrémité de la structure en nid d'abeilles, et une région support de Rh supportant uniquement le Rh est formée sur les parois de séparation d'une région de largeur prédéfinie à partir d'une autre partie extrémité de la structure en nid d'abeilles. Ladite région support de Pd représente au moins 50% de la longueur de ladite structure en nid d'abeilles, et ladite région support de Rh représente au moins 20% de la longueur de ladite structure en nid d'abeilles
(JA) 本発明は、多数の貫通孔が隔壁を隔てて長手方向に並設されたハニカム構造体の上記隔壁にPdとRhとが担持されてなるハニカム触媒であって、上記ハニカム構造体は、セリア-ジルコニア複合酸化物とアルミナとを含む押出成形体からなり、上記ハニカム構造体の一の端部から所定幅の領域の隔壁に、Pdのみが担持されたPd担持領域が形成されるとともに、上記ハニカム構造体の他の端部から所定幅の領域の隔壁にRhのみが担持されたRh担持領域が形成されており、上記Pd担持領域は、少なくとも上記ハニカム構造体の長さの50%であり、上記Rh担持領域は、少なくとも上記ハニカム構造体の長さの20%であることを特徴とするハニカム触媒に関する。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)