このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2019065791) 複素環化合物
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2019/065791 国際出願番号: PCT/JP2018/035827
国際公開日: 04.04.2019 国際出願日: 27.09.2018
IPC:
C07D 487/10 (2006.01) ,A61K 31/407 (2006.01) ,A61K 31/424 (2006.01) ,A61P 21/00 (2006.01) ,A61P 25/00 (2006.01) ,A61P 25/08 (2006.01) ,A61P 25/14 (2006.01) ,A61P 25/16 (2006.01) ,A61P 25/22 (2006.01) ,A61P 25/24 (2006.01) ,A61P 25/28 (2006.01) ,A61P 29/00 (2006.01) ,A61P 43/00 (2006.01) ,C07D 498/10 (2006.01) ,C12N 9/99 (2006.01) ,C12N 15/52 (2006.01)
C 化学;冶金
07
有機化学
D
複素環式化合物(高分子化合物C08)
487
縮合系中に異項原子として窒素原子のみを含有し,451/00から477/00までに属さない複素環式化合物
02
縮合系が2個の複素環を含有するもの
10
スピロ―縮合系
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
31
有機活性成分を含有する医薬品製剤
33
複素環式化合物
395
環異種原子として窒素を持つもの,例.グアネチジン,リファマイシン
40
環異種原子として1個の窒素をもつ5員環を有するもの,例.スルピリド,スクシンイミド,トルメチン,プフロメシル
407
他の複素環系と縮合したもの,例.ケトロラック,フィソスチグミン
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
31
有機活性成分を含有する医薬品製剤
33
複素環式化合物
395
環異種原子として窒素を持つもの,例.グアネチジン,リファマイシン
41
2個以上の環異種原子を有し,そのうち少なくとも1個は窒素である5員環をもつもの,例.テトラゾール
42
オキサゾール
424
他の複素環系と縮合したもの,例.クラブラン酸
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
21
筋または神経筋系疾患の治療薬
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
25
神経系疾患の治療薬
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
25
神経系疾患の治療薬
08
抗てんかん剤,抗痙攣剤
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
25
神経系疾患の治療薬
14
異常行動処置剤,例.舞踏病,ジスキネジー
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
25
神経系疾患の治療薬
14
異常行動処置剤,例.舞踏病,ジスキネジー
16
抗パーキンソン剤
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
25
神経系疾患の治療薬
22
抗不安薬
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
25
神経系疾患の治療薬
24
抗うつ薬
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
25
神経系疾患の治療薬
28
中枢神経変性疾患治療剤,例.脳機能改善剤,認識増強剤,アルツハイマー病その他の痴呆症の治療剤
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
29
非中枢性鎮痛剤,解熱剤,抗炎症剤,例.抗リューマチ剤;非ステロイド系抗炎症薬(NSAIDs)
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
43
グループ1/00から41/00に展開されていない特殊な目的の医薬
C 化学;冶金
07
有機化学
D
複素環式化合物(高分子化合物C08)
498
縮合系中に異項原子として窒素および酸素原子のみをもつ少なくても1個の複素環を含有する複素環式化合物
02
縮合系が2個の複素環を含有するもの
10
スピロ―縮合系
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
9
酵素,例.リガーゼ(6.);酵素前駆体;その組成物;酵素の調製,活性化,阻害,分離または精製方法
99
化学処理による酵素の不活性化
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
15
突然変異または遺伝子工学;遺伝子工学に関するDNAまたはRNA,ベクター,例.プラスミド,またはその分離,製造または精製;そのための宿主の使用
09
組換えDNA技術
11
DNAまたはRNAフラグメント;その修飾物
52
酵素または酵素前駆体をコードする遺伝子
出願人:
武田薬品工業株式会社 TAKEDA PHARMACEUTICAL COMPANY LIMITED [JP/JP]; 大阪府大阪市中央区道修町四丁目1番1号 1-1, Doshomachi 4-chome, Chuo-ku, Osaka-shi, Osaka 5410045, JP
発明者:
鎌田 信 KAMATA, Makoto; JP
杉山 英之 SUGIYAMA, Hideyuki; JP
中村 実 NAKAMURA, Minoru; JP
村上 正鷹 MURAKAMI, Masataka; JP
池田 周平 IKEDA, Shuhei; JP
大川 友洋 OKAWA, Tomohiro; JP
徳原 秀和 TOKUHARA, Hidekazu; JP
代理人:
高島 一 TAKASHIMA, Hajime; JP
鎌田 光宜 KAMADA, Mitsunori; JP
優先権情報:
2017-19083829.09.2017JP
発明の名称: (EN) HETEROCYCLIC COMPOUND
(FR) COMPOSÉ HÉTÉROCYCLIQUE
(JA) 複素環化合物
要約:
(EN) Provided is a compound which has an MAGL inhibitory effect and is expected to be useful as a prophylactic or therapeutic agent for neurodegenerative diseases (e.g., Alzheimer's disease, Parkinson's disease, Hutchinson's disease, amyotrophic lateral sclerosis, traumatic brain injury, glaucoma, multiple sclerosis, etc.), anxiety disorders, pains (e.g., inflammatory pain, cancer pain, neuropathic pain, etc.), epilepsy, depression and the like. The present invention pertains to a compound represented by formula (I): [wherein each symbol is as described in the description] or a salt thereof.
(FR) L'invention fournit un composé qui possède une action inhibitrice de MAGL, et qui est prévu pour être avantageux en tant qu'agent de prévention ou de traitement contre les maladies neurodégénératives (par exemple, la maladie d'Alzheimer, la maladie de Parkinson, la chorée de Huntington, la sclérose latérale amyotrophique, le traumatisme crânien, le glaucome, la sclérose en plaques, ou similaire), les troubles de l'anxiété, la douteur (par exemple, les douleurs inflammatoires, les douleurs cancéreuses, les douleurs neurales, ou similaire), l'épilepsie, la dépression, ou similaire. Plus précisément, l’invention concerne un composé représenté par la formule (I) (Dans la formule, chaque symbole est tel que défini dans la description.), ou un sel de celui-ci.
(JA) MAGL阻害作用を有し、神経変性疾患(例、アルツハイマー病、パーキンソン病、ハンチントン病、筋萎縮性側索硬化症、外傷性脳損傷、緑内障、多発性硬化症など)、不安障害、疼痛(例、炎症性疼痛、癌性疼痛、神経性疼痛など)、てんかん、うつ病などの予防または治療剤として有用であると期待される化合物を提供する。 本発明は、式(I):[式中の各記号は明細書に記載の通りである。] で表される化合物またはその塩に関する。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)