このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2019065786) 繊維強化熱可塑性樹脂の混練方法、可塑化装置及び押出機
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2019/065786 国際出願番号: PCT/JP2018/035815
国際公開日: 04.04.2019 国際出願日: 26.09.2018
IPC:
B29B 7/90 (2006.01) ,B29B 7/48 (2006.01) ,B29C 47/40 (2006.01) ,B29C 47/58 (2006.01) ,B29C 70/12 (2006.01) ,B29K 105/12 (2006.01)
B 処理操作;運輸
29
プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
B
成形材料の準備または前処理;造粒または予備成形品の成形;プラスチックを含む廃棄物からプラスチックまたはその他の成分の回収
7
混合;混練
80
構成部品,細部または付属装置;補助操作
88
添加物の装入
90
充填材または補強材
B 処理操作;運輸
29
プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
B
成形材料の準備または前処理;造粒または予備成形品の成形;プラスチックを含む廃棄物からプラスチックまたはその他の成分の回収
7
混合;混練
30
連続式,機械的混合装置または混練装置によるもの
34
可動式混合装置または混練装置を有するもの
38
回転式
46
二軸以上
48
かみ合い装置,例.スクリュー,を有するもの
B 処理操作;運輸
29
プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
C
プラスチックの成形または接合;可塑状態の物質の成形一般;成形品の後処理,例.補修
47
押出成形,すなわち所定の形状を与えるダイまたはノズルを通して成形材料を押し出すもの;そのための装置
08
構成部品,細部または付属装置;補助操作
36
成形材料を可塑化もしくは均質化するためまたは押出ノズルもしくはダイに通すための手段
38
スクリューを用いるもの
40
少なくとも2つのかみ合いスクリューを用いるもの
B 処理操作;運輸
29
プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
C
プラスチックの成形または接合;可塑状態の物質の成形一般;成形品の後処理,例.補修
47
押出成形,すなわち所定の形状を与えるダイまたはノズルを通して成形材料を押し出すもの;そのための装置
08
構成部品,細部または付属装置;補助操作
36
成形材料を可塑化もしくは均質化するためまたは押出ノズルもしくはダイに通すための手段
58
細部
B 処理操作;運輸
29
プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
C
プラスチックの成形または接合;可塑状態の物質の成形一般;成形品の後処理,例.補修
70
複合材料,すなわち補強材,充填材,あるいは予備成形部品からなるプラスチック材料,例.挿入物の成形
04
補強材のみを含むもの,例.自己強化プラスチック
06
繊維状の補強材のみ
10
繊維状の補強材の構造に特徴があるもの
12
短繊維を使ったもの,例.マット状の
B 処理操作;運輸
29
プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
K
サブクラスB29B,B29CまたはB29Dに関連する成形材料,あるいは補強材,充填材,予備成形部品(たとえば挿入物)用の材料についてのインデキシング系列
105
成形品の条件,形態または状態
06
補強材,充填材または挿入物を有するもの
12
長さの短いもの,例.短フィラメント,ステープルファイバー,剛毛
出願人:
株式会社日本製鋼所 THE JAPAN STEEL WORKS, LTD. [JP/JP]; 東京都品川区大崎一丁目11番1号 11-1, Osaki 1-chome, Shinagawa-ku, Tokyo 1410032, JP
発明者:
安江 昭 YASUE Akira; JP
千葉 英貴 CHIBA Hideki; JP
國弘 大介 KUNIHIRO Daisuke; JP
西田 正三 NISHIDA Shoso; JP
辻 和也 TSUJI Kazuya; JP
藤田 康文 FUJITA Yasufumi; JP
藤田 一輝 FUJITA Kazuki; JP
炭廣 幸弘 SUMIHIRO Yukihiro; JP
代理人:
特許業務法人栄光特許事務所 EIKOH PATENT FIRM, P.C.; 東京都港区西新橋一丁目7番13号 虎ノ門イーストビルディング10階 Toranomon East Bldg. 10F, 7-13, Nishi-Shimbashi 1-chome, Minato-ku, Tokyo 1050003, JP
優先権情報:
2017-18464126.09.2017JP
2017-19557606.10.2017JP
発明の名称: (EN) KNEADING METHOD FOR FIBER-REINFORCED THERMOPLASTIC RESIN, PLASTICIZING DEVICE, AND EXTRUDING MACHINE
(FR) PROCÉDÉ DE MALAXAGE POUR DE LA RÉSINE THERMOPLASTIQUE RENFORCÉE PAR DES FIBRES, DISPOSITIF DE PLASTIFICATION ET MACHINE D'EXTRUSION
(JA) 繊維強化熱可塑性樹脂の混練方法、可塑化装置及び押出機
要約:
(EN) The present invention provides a kneading method for a fiber-reinforced thermoplastic resin with which dispersibility of reinforcement fibers is enhanced and sufficient reinforcement fibers having a proper fiber length remain, and a fiber-reinforced thermoplastic resin plasticizing device and an extruding machine for carrying out the method. The kneading method comprises supplying a thermoplastic resin and reinforcement fibers into a cylinder of a plasticizing device, and rotating a screw to obtain a fiber-reinforced thermoplastic resin, wherein the size of a clearance between the bore of the cylinder and the screw is made different between an upstream side in the vicinity of a reinforcement fiber loading port and a downstream side, so that the clearance becomes larger from the vicinity of the reinforcement fiber loading port toward the downstream side compared with the upstream side.
(FR) La présente invention concerne un procédé de malaxage pour une résine thermoplastique renforcée par des fibres, avec lequel la dispersibilité des fibres de renfort est améliorée et il reste suffisamment de fibres de renfort ayant une longueur de fibre appropriée, et un dispositif de plastification de résine thermoplastique renforcée par des fibres et une machine d'extrusion pour la mise en œuvre du procédé. Le procédé de malaxage comprend l'introduction d'une résine thermoplastique et de fibres de renfort dans un cylindre d'un dispositif de plastification et la rotation d'une vis pour obtenir une résine thermoplastique renforcée par des fibres, la taille d'un intervalle entre l'alésage du cylindre et la vis étant amenée à être différente entre un côté amont au voisinage d'un orifice de chargement de fibres de renfort et un côté aval, de telle sorte que l'intervalle devient plus grand à partir du voisinage de l'orifice de chargement de fibres de renfort en direction du côté aval par comparaison avec le côté amont.
(JA) 本発明は、強化繊維の分散性を高め、適切な繊維長の強化繊維が十分に残る繊維強化熱可塑性樹脂の混練方法、および当該方法を実施するための繊維強化熱可塑性樹脂の可塑化装置と押出機を提供する。可塑化装置のシリンダに熱可塑性樹脂と強化繊維とを供給してスクリュを回転させて繊維強化熱可塑性樹脂を得る混練方法であって、シリンダのボアとスクリュとのクリアランスの大きさを、強化繊維投入口の近傍の上流側と下流側とで異ならせ、強化繊維投入口近傍から下流側において、上流側に比して大きくなるように構成する。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)