このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2019065717) 磁気式回転センサ、回転センサ付き軸受、アクチュエータ及び磁気式回転センサの取付け方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2019/065717 国際出願番号: PCT/JP2018/035644
国際公開日: 04.04.2019 国際出願日: 26.09.2018
IPC:
G01D 5/245 (2006.01) ,F16C 19/36 (2006.01) ,F16C 33/80 (2006.01) ,F16C 41/00 (2006.01) ,G01B 7/30 (2006.01)
G 物理学
01
測定;試験
D
特に特定の変量に適用されない測定;単一のほかのサブクラスに包含されない2つ以上の変量を測定する装置;料金計量装置;特に特定の変量に適用されない伝達または変換装置;他に分類されない測定または試験
5
感知要素の出力を伝達するための機械的手段;感知素子の型式や特性が変換手段を束縛しない場合に,感知要素の出力を別の変量に変換する手段;特に特定の変量に適用されない変換器
12
電気的または磁気的手段を使用するもの
244
パルスまたはパルス列の特性に作用するもの;パルスまたはパルス列を発生するもの
245
パルス列におけるパルスの変化数を利用するもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
C
軸;たわみ軸;たわみ被覆の中で運動を伝達するための機械的な手段;クランク軸機構の要素;ピボット;枢着;伝動装置,継ぎ手,クラッチまたはブレーキ要素以外の回転工学の要素;軸受
19
専ら回転運動のためのころがり軸受
22
1列またはそれ以上の列の中に実質的に同じ大きさのころをもつもの,例.針状ころ軸受
34
ラジアル荷重およびアキシァル荷重用
36
単列のころをもつもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
C
軸;たわみ軸;たわみ被覆の中で運動を伝達するための機械的な手段;クランク軸機構の要素;ピボット;枢着;伝動装置,継ぎ手,クラッチまたはブレーキ要素以外の回転工学の要素;軸受
33
軸受部品;軸受または軸受部品の特別な製造方法(金属加工または類似の操作は関係クラスを参照)
72
密封装置
76
玉軸受またはころ軸受の密封装置
80
ラビリンスシール
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
C
軸;たわみ軸;たわみ被覆の中で運動を伝達するための機械的な手段;クランク軸機構の要素;ピボット;枢着;伝動装置,継ぎ手,クラッチまたはブレーキ要素以外の回転工学の要素;軸受
41
軸受の他の付属品
G 物理学
01
測定;試験
B
長さ,厚さまたは同種の直線寸法の測定;角度の測定;面積の測定;表面または輪郭の不規則性の測定
7
電気的または磁気的手段の使用によって特徴づけられた測定装置
30
角度またはテーパ測定用;軸の心合せ試験用
出願人:
NTN株式会社 NTN CORPORATION [JP/JP]; 大阪府大阪市西区京町堀1丁目3番17号 3-17, Kyomachibori 1-chome, Nishi-ku, Osaka-shi, Osaka 5500003, JP
発明者:
高田 声一 TAKADA Seiichi; JP
小原 正行 OHARA Masayuki; JP
代理人:
鎌田 直也 KAMADA Naoya; JP
鎌田 文二 KAMADA Bunji; JP
中谷 弥一郎 NAKATANI Yaichiro; JP
優先権情報:
2017-18661527.09.2017JP
2018-17503919.09.2018JP
発明の名称: (EN) MAGNETIC ROTATION SENSOR, BEARING WITH MAGNETIC ROTATION SENSOR, AND METHOD FOR ATTACHING ACTUATOR AND MAGNETIC ROTATION SENSOR
(FR) CAPTEUR DE ROTATION MAGNÉTIQUE, PALIER POURVU D'UN CAPTEUR DE ROTATION MAGNÉTIQUE, ET PROCÉDÉ DE FIXATION D'UN ACTIONNEUR ET D'UN CAPTEUR DE ROTATION MAGNÉTIQUE
(JA) 磁気式回転センサ、回転センサ付き軸受、アクチュエータ及び磁気式回転センサの取付け方法
要約:
(EN) In the present invention, a sensor holder (12) to be attached to a first lateral surface part (10) of a first member (3) is configured such that a sensor substrate part (16) is fixed to an annular housing part (15) that overlaps in the axial direction with the first lateral surface part (10) of the first member (3). An encoder (13) to be attached to a first lateral surface part (11) of a second member (4) comprises an outward flange part (26) that extends in the lateral direction of the housing part (15) from an annular base part (25) that overlaps in the axial direction with the first lateral surface part (11) of the second member (4) and a magnetic track part (27). When a cylindrical part (33) of a cap (14) is attached to the outer periphery (22) of the housing part (15), an inward flange part (34) of the cap (14) is positioned in the lateral direction from the outward flange part (26), and a labyrinth passage (35) is formed by the cap (14) and encoder (13).
(FR) Dans la présente invention, un support de capteur (12) devant être fixé à une première partie surface latérale (10) d'un premier élément (3) est conçu de sorte qu'une partie substrat de capteur (16) est fixée à une partie logement annulaire (15), qui chevauche dans la direction axiale la première partie surface latérale (10) du premier élément (3). Un codeur (13) devant être fixé à une première partie surface latérale (11) d'un second élément (4), comprend une partie rebord extérieur (26) qui s'étend dans la direction latérale de la partie logement (15) depuis une partie base annulaire (25) qui chevauche, dans la direction axiale, la première partie surface latérale (11) du second élément (4) ; et une partie piste magnétique (27). Lorsqu'une partie cylindrique (33) d'un capuchon (14) est fixée à la périphérie externe (22) de la partie logement (15), une partie rebord intérieur (34) du capuchon (14) est positionnée dans la direction latérale par rapport à la partie rebord extérieur (26), et un passage labyrinthique (35) est formé par le capuchon (14) et le codeur (13).
(JA) 第一部材(3)の一側面部(10)に取り付けるセンサホルダ(12)は、第一部材(3)の一側面部(10)に軸方向に重なる環状のハウジング部(15)にセンサ基板部(16)を固定したものとする。第二部材(4)の一側面部(11)に取り付けるエンコーダ(13)は、第二部材(4)の一側面部(11)に軸方向に重なる環状のベース部(25)からハウジング部(15)の側方へ延びる外向きフランジ部(26)と、磁気トラック部(27)とを有する。キャップ(14)の筒部(33)をハウジング部(15)の外周(22)に取り付けると、キャップ(14)の内向きフランジ部(34)が外向きフランジ部(26)の側方に位置し、キャップ(14)とエンコーダ(13)とによってラビリンス通路(35)が形成される。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)