このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2019065609) PRDM14発現を確認する方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2019/065609 国際出願番号: PCT/JP2018/035395
国際公開日: 04.04.2019 国際出願日: 25.09.2018
IPC:
G01N 33/574 (2006.01) ,C07K 14/47 (2006.01) ,C12N 15/113 (2010.01) ,C12N 15/13 (2006.01) ,C12Q 1/02 (2006.01) ,C12Q 1/6804 (2018.01)
G 物理学
01
測定;試験
N
材料の化学的または物理的性質の決定による材料の調査または分析
33
グループ1/00から31/00に包含されない,特有な方法による材料の調査または分析
48
生物学的材料,例.血液,尿;血球計
50
生物学的材料,例.血液,尿,の化学分析;生物学的特異性を有する配位子結合方法を含む試験;免疫学的試験
53
免疫分析;生物学的特異的結合分析;そのための物質
574
癌のためのもの
C 化学;冶金
07
有機化学
K
ペプチド
14
21個以上のアミノ酸を含有するペプチド;ガストリン;ソマトスタチン;メラノトロピン;その誘導体
435
動物から;ヒトから
46
脊椎動物から
47
哺乳動物から
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
15
突然変異または遺伝子工学;遺伝子工学に関するDNAまたはRNA,ベクター,例.プラスミド,またはその分離,製造または精製;そのための宿主の使用
09
組換えDNA技術
11
DNAまたはRNAフラグメント;その修飾物
113
遺伝子の発現を調節する非コード核酸、例.アンチセンスオリゴヌクレオチド
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
15
突然変異または遺伝子工学;遺伝子工学に関するDNAまたはRNA,ベクター,例.プラスミド,またはその分離,製造または精製;そのための宿主の使用
09
組換えDNA技術
11
DNAまたはRNAフラグメント;その修飾物
12
動物蛋白質をコードする遺伝子
13
免疫グロブリン
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
Q
酵素または微生物を含む測定または試験方法そのための組成物または試験紙;その組成物を調製する方法;微生物学的または酵素学的方法における状態応答制御
1
酵素または微生物を含む測定または試験方法;そのための組成物;そのような組成物の製造方法
02
生きた微生物を含むもの
[IPC code unknown for C12Q 1/6804]
出願人:
国立大学法人 東京大学 THE UNIVERSITY OF TOKYO [JP/JP]; 東京都文京区本郷七丁目3番1号 3-1,Hongo 7-chome, Bunkyo-ku, Tokyo 1138654, JP
地方独立行政法人神奈川県立病院機構 KANAGAWA PREFECTURAL HOSPITAL ORGANIZATION [JP/JP]; 神奈川県横浜市中区本町2丁目22番地 2-22,Honcho,Naka-ku,Yokohama-shi, Kanagawa 2310005, JP
発明者:
今井 浩三 IMAI, Kohzoh; JP
前佛 均 ZEMBUTSU, Hitoshi; JP
谷口 博昭 TANIGUCHI, Hiroaki; JP
斎藤 杏里 SAITOH, Anri; JP
宮城 洋平 MIYAGI, Yohei; JP
代理人:
葛和 清司 KUZUWA, Kiyoshi; JP
優先権情報:
2017-18520026.09.2017JP
発明の名称: (EN) METHOD FOR CONFIRMING PRDM14 EXPRESSION
(FR) PROCÉDÉ DE CONFIRMATION DE L'EXPRESSION DE PRDM14
(JA) PRDM14発現を確認する方法
要約:
(EN) One embodiment of this invention is a method for confirming expression of the PRDM14 gene from blood or lymphatic fluid collected from a subject by: (1) detecting PRDM14 positive CTC which expresses the PRDM14 gene; or (2) measuring the concentration of at least one protein selected from the group consisting of leptin receptor (LEPR), macrophage-derived chemokine (MDC) and gamma-interferon (IFNγ).
(FR) Un mode de réalisation de la présente invention est un procédé pour confirmer l'expression du gène PRDM14 à partir du sang ou du fluide lymphatique prélevé chez un sujet par : (1) détection de CTC positive PRDM14 qui exprime le gène PRDM14; ou (2) mesure de la concentration d'au moins une protéine choisie dans le groupe constitué par le récepteur de la leptine (LEPR), la chimiokine dérivée des macrophages (MDC) et l'interféron gamma (IFNγ).
(JA) 本発明は、一態様において、PRDM14遺伝子の発現を、対象から採取された血液またはリンパ液から、(1)PRDM14遺伝子を発現しているPRDM14陽性CTCを検出するか、または(2)レプチン受容体(LEPR)、マクロファージ由来ケモカイン(MDC)およびインターフェロンγ(IFNγ)からなる群から選択される少なくとも1つのタンパク質の濃度を測定することによって確認する方法に関する。
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)