このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2019065283) ピリダジノン系化合物又はその塩、及びそれらを含有する除草剤
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2019/065283 国際出願番号: PCT/JP2018/034059
国際公開日: 04.04.2019 国際出願日: 13.09.2018
IPC:
C07D 401/12 (2006.01) ,A01N 25/04 (2006.01) ,A01N 25/12 (2006.01) ,A01N 25/14 (2006.01) ,A01N 43/58 (2006.01) ,A01N 43/84 (2006.01) ,A01P 13/00 (2006.01) ,C07D 403/14 (2006.01) ,C07D 405/14 (2006.01) ,C07D 409/14 (2006.01) ,C07D 411/14 (2006.01) ,C07D 413/12 (2006.01) ,C07D 413/14 (2006.01) ,C07D 417/12 (2006.01) ,C07D 417/14 (2006.01) ,C07D 487/08 (2006.01) ,C07D 491/048 (2006.01) ,C07D 493/08 (2006.01)
C 化学;冶金
07
有機化学
D
複素環式化合物(高分子化合物C08)
401
異項原子として窒素原子のみをもつ2個以上の複素環を含有し,そのうち少なくても1個が1個の窒素原子のみをもつ6員環である複素環式化合物
02
2個の複素環を含有するもの
12
鎖結合として異種原子を含有する鎖により結合しているもの
A 生活必需品
01
農業;林業;畜産;狩猟;捕獲;漁業
N
人間または動物または植物の本体、またはそれらの一部の保存(食品または食料品の保存A23);殺生物剤、例. 殺虫剤または除草剤として;害虫忌避剤または誘引剤;植物生長調節剤
25
殺生物剤,有害生物忌避剤または誘引剤または植物生長調節剤であって,その形態,または不活性成分または適用方法により特徴づけられたもの;有害生物以外の有機体に対する活性成分の有害な影響を減少するための物質
02
担体,希釈剤または溶媒として液体を含むもの
04
分散物またはゲル状物
A 生活必需品
01
農業;林業;畜産;狩猟;捕獲;漁業
N
人間または動物または植物の本体、またはそれらの一部の保存(食品または食料品の保存A23);殺生物剤、例. 殺虫剤または除草剤として;害虫忌避剤または誘引剤;植物生長調節剤
25
殺生物剤,有害生物忌避剤または誘引剤または植物生長調節剤であって,その形態,または不活性成分または適用方法により特徴づけられたもの;有害生物以外の有機体に対する活性成分の有害な影響を減少するための物質
12
粉剤または粒剤
A 生活必需品
01
農業;林業;畜産;狩猟;捕獲;漁業
N
人間または動物または植物の本体、またはそれらの一部の保存(食品または食料品の保存A23);殺生物剤、例. 殺虫剤または除草剤として;害虫忌避剤または誘引剤;植物生長調節剤
25
殺生物剤,有害生物忌避剤または誘引剤または植物生長調節剤であって,その形態,または不活性成分または適用方法により特徴づけられたもの;有害生物以外の有機体に対する活性成分の有害な影響を減少するための物質
12
粉剤または粒剤
14
水和剤
A 生活必需品
01
農業;林業;畜産;狩猟;捕獲;漁業
N
人間または動物または植物の本体、またはそれらの一部の保存(食品または食料品の保存A23);殺生物剤、例. 殺虫剤または除草剤として;害虫忌避剤または誘引剤;植物生長調節剤
43
殺生物剤,有害生物忌避剤または誘引剤,または植物生長調節剤であって複素環式化合物を含むもの
48
異項原子として2個の窒素原子のみをもつ環を有するもの
58
1,2―ジアジン;水素添加1,2―ジアジン
A 生活必需品
01
農業;林業;畜産;狩猟;捕獲;漁業
N
人間または動物または植物の本体、またはそれらの一部の保存(食品または食料品の保存A23);殺生物剤、例. 殺虫剤または除草剤として;害虫忌避剤または誘引剤;植物生長調節剤
43
殺生物剤,有害生物忌避剤または誘引剤,または植物生長調節剤であって複素環式化合物を含むもの
72
異項原子として窒素原子および酸素または硫黄原子を有する環をもつもの
84
1個の窒素原子と1個の酸素原子または1個の硫黄原子とを1,4の位置に有する6員環
A 生活必需品
01
農業;林業;畜産;狩猟;捕獲;漁業
P
化合物または組成物の殺生物,有害生物忌避,有害生物誘引または植物生長調節活性
13
除草剤;殺藻剤
C 化学;冶金
07
有機化学
D
複素環式化合物(高分子化合物C08)
403
異項原子として窒素原子のみをもつ2個以上の複素環を含有し,401/00に属さない複素環式化合物
14
3個以上の複素環を含有するもの
C 化学;冶金
07
有機化学
D
複素環式化合物(高分子化合物C08)
405
異項原子として酸素原子のみをもつ1個以上の複素環と,異項原子として窒素のみをもつ1個以上の環を含有する複素環式化合物
14
3個以上の複素環を含有するもの
C 化学;冶金
07
有機化学
D
複素環式化合物(高分子化合物C08)
409
2個以上の複素環を含有し,そのうち少なくても1個が異項原子として硫黄のみをもつ複素環式化合物
14
3個以上の異項環を含有するもの
C 化学;冶金
07
有機化学
D
複素環式化合物(高分子化合物C08)
411
2個以上の複素環を含有し,そのうち少なくても1個が異項原子として酸素と硫黄原子のみをもつ複素環式化合物
14
3個以上の複素環を含有するもの
C 化学;冶金
07
有機化学
D
複素環式化合物(高分子化合物C08)
413
2個以上の複素環を含有し,そのうち少なくても1個が異項原子として窒素と酸素原子のみをもつ複素環式化合物
02
2個の複素環を含有するもの
12
鎖結合として異種原子を含有する鎖により結合しているもの
C 化学;冶金
07
有機化学
D
複素環式化合物(高分子化合物C08)
413
2個以上の複素環を含有し,そのうち少なくても1個が異項原子として窒素と酸素原子のみをもつ複素環式化合物
14
3個以上の複素環を含有するもの
C 化学;冶金
07
有機化学
D
複素環式化合物(高分子化合物C08)
417
2個以上の複素環を含有し,そのうち少なくても1個が異項原子として窒素と硫黄のみをもち,415/00に属さない複素環式化合物
02
2個の複素環を含有するもの
12
鎖結合として異種原子を含有する鎖により結合しているもの
C 化学;冶金
07
有機化学
D
複素環式化合物(高分子化合物C08)
417
2個以上の複素環を含有し,そのうち少なくても1個が異項原子として窒素と硫黄のみをもち,415/00に属さない複素環式化合物
14
3個以上の複素環を含有するもの
C 化学;冶金
07
有機化学
D
複素環式化合物(高分子化合物C08)
487
縮合系中に異項原子として窒素原子のみを含有し,451/00から477/00までに属さない複素環式化合物
02
縮合系が2個の複素環を含有するもの
08
架橋系
C 化学;冶金
07
有機化学
D
複素環式化合物(高分子化合物C08)
491
縮合系中に異項原子として酸素原子のみを持つ1個以上の環と異項原子として窒素原子のみを持つ1個以上の環とを含有し,451/00から459/00まで463/00,477/00,または489/00に属さない複素環式化合物
02
縮合系が2個の複素環を含有するもの
04
オルソ―縮合系
044
酸素含有環中に異項原子として1個の酸素原子のみを有するもの
048
酸素含有環が5員環であるもの
C 化学;冶金
07
有機化学
D
複素環式化合物(高分子化合物C08)
493
縮合系中に異項原子として酸素原子のみを含有する複素環式化合物
02
縮合系が2個の複素環を含有するもの
08
架橋系
出願人:
石原産業株式会社 ISHIHARA SANGYO KAISHA, LTD. [JP/JP]; 大阪府大阪市西区江戸堀一丁目3番15号 3-15, Edobori 1-chome, Nishi-ku, Osaka-shi, Osaka 5500002, JP
発明者:
植木 寿彦 UEKI Toshihiko; JP
山田 龍 YAMADA Ryu; JP
大北 達哉 OKITA Tatsuya; JP
▲高▼見 幸子 TAKAMI Sachiko; JP
中村 将之 NAKAMURA Masayuki; JP
田中 久樹 TANAKA Hisaki; JP
代理人:
泉名 謙治 SENMYO Kenji; JP
小川 利春 OGAWA Toshiharu; JP
金 鎭文 KIM Jin-Moon; JP
比企野 健 HIKINO Ken; JP
横井 大一郎 YOKOI Daiichiro; JP
優先権情報:
2017-18667527.09.2017JP
発明の名称: (EN) PYRIDAZINONE COMPOUND OR SALT THEREOF AND HERBICIDE CONTAINING SAME
(FR) COMPOSÉ DE PYRIDAZINONE OU SEL DE CELUI-CI, ET HERBICIDE LE CONTENANT
(JA) ピリダジノン系化合物又はその塩、及びそれらを含有する除草剤
要約:
(EN) Provided are a novel pyridazinone compound or a salt thereof useful as an active ingredient of an herbicide and an herbicide and control method using the same. A pyridazinone compound represented by general formula (I) or a salt thereof. (In the formula, the meaning of each symbol is as described in the specification.)
(FR) L'invention concerne un nouveau composé de pyridazinone ou un sel de celui-ci utile en tant que principe actif d'un herbicide, ainsi qu'un herbicide et un procédé de contrôle l'utilisant. Le composé de pyridazinone selon l'invention est représenté par la formule générale (I) ou un sel de celui-ci. (Dans la formule, la signification de chaque symbole est telle que décrite dans la spécification.)
(JA) 除草剤の有効成分として有用な新規のピリダジノン系化合物又はその塩、それを使用する除草剤及び防除方法を提供する。 一般式(I)で表されるピリダジノン系化合物又はその塩。 (式中、各記号の意味は明細書に記載の通りである)
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)