このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2019065225) 硬質炭素系被膜の製造方法、及び被膜付き部材
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2019/065225 国際出願番号: PCT/JP2018/033716
国際公開日: 04.04.2019 国際出願日: 11.09.2018
IPC:
C23C 26/00 (2006.01) ,B23B 27/14 (2006.01) ,B23B 27/20 (2006.01) ,C23C 14/00 (2006.01) ,C23C 14/06 (2006.01)
C 化学;冶金
23
金属質材料への被覆;金属質材料による材料への被覆;化学的表面処理;金属質材料の拡散処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般;金属質材料の防食または鉱皮の抑制一般
C
金属質への被覆;金属材料による材料への被覆;表面への拡散,化学的変換または置換による,金属材料の表面処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般
26
グループ2/00から24/00に分類されない被覆
B 処理操作;運輸
23
工作機械;他に分類されない金属加工
B
旋削;中ぐり
27
旋削機械または中ぐり盤用工具;一般に類似した種類の工具;そのための付属品
14
ビットまたはチップが特別な材料でできているバイト
B 処理操作;運輸
23
工作機械;他に分類されない金属加工
B
旋削;中ぐり
27
旋削機械または中ぐり盤用工具;一般に類似した種類の工具;そのための付属品
14
ビットまたはチップが特別な材料でできているバイト
20
ダイヤモンドビットをもつもの
C 化学;冶金
23
金属質材料への被覆;金属質材料による材料への被覆;化学的表面処理;金属質材料の拡散処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般;金属質材料の防食または鉱皮の抑制一般
C
金属質への被覆;金属材料による材料への被覆;表面への拡散,化学的変換または置換による,金属材料の表面処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般
14
被覆形成材料の真空蒸着,スパッタリングまたはイオン注入法による被覆
C 化学;冶金
23
金属質材料への被覆;金属質材料による材料への被覆;化学的表面処理;金属質材料の拡散処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般;金属質材料の防食または鉱皮の抑制一般
C
金属質への被覆;金属材料による材料への被覆;表面への拡散,化学的変換または置換による,金属材料の表面処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般
14
被覆形成材料の真空蒸着,スパッタリングまたはイオン注入法による被覆
06
被覆材料に特徴のあるもの
出願人:
住友電気工業株式会社 SUMITOMO ELECTRIC INDUSTRIES, LTD. [JP/JP]; 大阪府大阪市中央区北浜四丁目5番33号 5-33, Kitahama 4-chome, Chuo-ku, Osaka-shi, Osaka 5410041, JP
D.N.A.メタル株式会社 D.N.A. METAL COMPANY, LIMITED [JP/JP]; 大阪府茨木市大池1丁目8-16 8-16, Oike 1-chome, Ibaraki-shi, Osaka 5670826, JP
発明者:
西林 良樹 NISHIBAYASHI Yoshiki; JP
前田 茂樹 MAEDA Shigeki; JP
代理人:
山野 宏 YAMANO Hiroshi; JP
優先権情報:
2017-18502726.09.2017JP
発明の名称: (EN) METHOD FOR MANUFACTURING HARD CARBON-BASED COATING, AND COATED MEMBER
(FR) PROCÉDÉ DE FABRICATION D'UN REVÊTEMENT À BASE DE CARBONE DUR ET ÉLÉMENT REVÊTU
(JA) 硬質炭素系被膜の製造方法、及び被膜付き部材
要約:
(EN) The method for manufacturing a hard carbon-based coating according to the present invention comprises: a step A for preparing a coating-forming apparatus having a power source device and a discharge electrode containing a carbon material, and preparing a substrate comprising a surface on which the coating is to be formed; and a step B for using the coating-forming apparatus to repeatedly discharge between the discharge electrode and the substrate in a prescribed coating formation atmosphere, thereby forming a hard carbon-based coating on the surface. Step B is performed under conditions such that the coating formation atmosphere and/or the discharge electrode contains at least one of hydrogen atoms, oxygen atoms, water molecules, and carbon dioxide molecules.
(FR) L'invention concerne un procédé de fabrication d'un revêtement à base de carbone dur comprenant : une étape A pour préparer un appareil de formation de revêtement ayant un dispositif de source d'alimentation et une électrode de décharge contenant un matériau de carbone, et préparer un substrat comprenant une surface sur laquelle le revêtement doit être formé; et une étape B pour utiliser l'appareil de formation de revêtement pour effectuer une décharge répétée entre l'électrode de décharge et le substrat dans une atmosphère de formation de revêtement prescrite, formant ainsi un revêtement à base de carbone dur sur la surface. L'étape B est réalisée dans des conditions telles que l'atmosphère de formation de revêtement et/ou l'électrode de décharge contiennent au moins l'un d'atomes d'hydrogène, d'atomes d'oxygène, de molécules d'eau et de molécules de dioxyde de carbone.
(JA) 電源装置と炭素材料を含む放電電極とを有する成膜装置、及び被膜が形成される表面を有する基材を準備する工程Aと、前記成膜装置によって、所定の成膜雰囲気の下、前記放電電極と前記基材との間に繰り返し放電を発生させることで、前記表面に硬質炭素系被膜を形成する工程Bと、を備え、前記工程Bは、前記成膜雰囲気及び前記放電電極の少なくとも一方が、水素原子、酸素原子、水分子、及び二酸化炭素分子の少なくとも一つを含む条件で行う硬質炭素系被膜の製造方法。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)