このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2019065186) シリンダヘッド、内燃機関およびシリンダヘッドの製造方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2019/065186 国際出願番号: PCT/JP2018/033464
国際公開日: 04.04.2019 国際出願日: 10.09.2018
IPC:
F01L 3/22 (2006.01) ,B23K 11/00 (2006.01) ,B23K 11/20 (2006.01) ,B23K 11/34 (2006.01) ,F02F 1/24 (2006.01)
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
01
機械または機関一般;機関設備一般;蒸気機関
L
周期的に作動する機械または機関用弁
3
リフト弁,すなわち少なくとも締め切り面に対して垂直な開閉運動をする部分をもった締め切り部材をもつ締め切り装置;その部品または付属品
22
このグループのこれまでのサブグループに分類されない弁座;弁座の取り付け
B 処理操作;運輸
23
工作機械;他に分類されない金属加工
K
ハンダ付またはハンダ離脱;溶接;ハンダ付または溶接によるクラッドまたは被せ金;局部加熱による切断,例.火炎切断:レーザービームによる加工
11
抵抗溶接;抵抗加熱による切り離し
B 処理操作;運輸
23
工作機械;他に分類されない金属加工
K
ハンダ付またはハンダ離脱;溶接;ハンダ付または溶接によるクラッドまたは被せ金;局部加熱による切断,例.火炎切断:レーザービームによる加工
11
抵抗溶接;抵抗加熱による切り離し
16
溶接される材料の性質を考慮したもの
20
異種金属に関するもの
B 処理操作;運輸
23
工作機械;他に分類されない金属加工
K
ハンダ付またはハンダ離脱;溶接;ハンダ付または溶接によるクラッドまたは被せ金;局部加熱による切断,例.火炎切断:レーザービームによる加工
11
抵抗溶接;抵抗加熱による切り離し
34
予備処理
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
02
燃焼機関;熱ガスまたは燃焼生成物を利用する機関設備
F
燃焼機関のシリンダ,ピストンまたはケーシング;燃焼機関の密封装置の構成
1
シリンダ;シリンダヘッド
24
シリンダヘッド
出願人:
ヤマハ発動機株式会社 YAMAHA HATSUDOKI KABUSHIKI KAISHA [JP/JP]; 静岡県磐田市新貝2500番地 2500, Shingai, Iwata-shi, Shizuoka 4388501, JP
発明者:
鈴木 貴晴 SUZUKI Takaharu; JP
代理人:
奥田 誠司 OKUDA Seiji; JP
優先権情報:
2017-18921728.09.2017JP
発明の名称: (EN) CYLINDER HEAD, INTERNAL COMBUSTION ENGINE, AND METHOD FOR MANUFACTURING CYLINDER HEAD
(FR) CULASSE, MOTEUR À COMBUSTION INTERNE ET PROCÉDÉ DE FABRICATION DE CULASSE
(JA) シリンダヘッド、内燃機関およびシリンダヘッドの製造方法
要約:
(EN) A cylinder head (1) according to an embodiment of the present invention is provided with: a cylinder head body (10) having an intake port (11) and an exhaust port (12), the cylinder head body being formed of an aluminum alloy; and a valve seat formed of an iron-based alloy and resistance-welded to a downstream end portion of the intake port (11). The valve seat (20) has at least one groove (21), which extends in the circumferential direction of the valve seat (20), on a portion contacting the cylinder head body (10).
(FR) Culasse (1) qui, selon un mode de réalisation de la présente invention, est pourvue : d'un corps (10) de culasse ayant un orifice d'admission (11) et un orifice d'échappement (12), le corps de culasse étant formé d'un alliage d'aluminium ; et d'un siège de clapet formé d'un alliage à base de fer et soudé par résistance à une partie d'extrémité aval de l'orifice d'admission (11). Le siège (20) de clapet comporte au moins une rainure (21) qui s'étend dans la direction circonférentielle du siège (20) de clapet, sur une partie en contact avec le corps (10) de culasse.
(JA) 本発明の実施形態によるシリンダヘッド(1)は、吸気ポート(11)および排気ポート(12)を有するシリンダヘッド本体(10)であって、アルミニウム合金から形成されたシリンダヘッド本体(10)と、鉄系合金から形成されたバルブシート(20)であって、吸気ポート(11)の下流端部に抵抗溶接されたバルブシート(20)とを備える。バルブシート(20)は、シリンダヘッド本体(10)に接触する部分に、バルブシート(20)の周方向に延びる少なくとも1本の溝(21)を有する。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)