このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2019065166) ヒートパイプ及びヒートパイプを備えた二次電池
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2019/065166 国際出願番号: PCT/JP2018/033320
国際公開日: 04.04.2019 国際出願日: 07.09.2018
IPC:
F28D 15/02 (2006.01) ,H01M 10/058 (2010.01) ,H01M 10/613 (2014.01) ,H01M 10/653 (2014.01) ,H01M 10/654 (2014.01) ,H01M 10/6552 (2014.01) ,H01M 10/6569 (2014.01)
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
28
熱交換一般
D
熱交換媒体が直接接触しない熱交換装置で,他のサブクラスに分類されないもの;蓄熱プラントまたは装置一般
15
閉鎖管中の中間熱伝達媒体が流路壁を通り抜ける熱交換装置
02
その中で媒体が凝縮及び蒸発するもの,例.ヒートパイプ
H 電気
01
基本的電気素子
M
化学的エネルギーを電気的エネルギーに直接変換するための方法または手段,例.電池
10
二次電池;その製造
05
非水電解質二次電池
058
構造または製造
[IPC code unknown for H01M 10/613][IPC code unknown for H01M 10/653][IPC code unknown for H01M 10/654][IPC code unknown for H01M 10/6552][IPC code unknown for H01M 10/6569]
出願人:
日本碍子株式会社 NGK INSULATORS, LTD. [JP/JP]; 愛知県名古屋市瑞穂区須田町2番56号 2-56, Suda-cho, Mizuho-ku, Nagoya-shi, Aichi 4678530, JP
発明者:
柏屋 俊克 KASHIWAYA Toshikatsu; JP
田中 幹朗 TANAKA Mikio; JP
阿部 裕毅 ABE Hiroki; JP
代理人:
特許業務法人 快友国際特許事務所 KAI-U PATENT LAW FIRM; 愛知県名古屋市西区牛島町6番1号 名古屋ルーセントタワー9階 NAGOYA LUCENT TOWER 9F, 6-1, Ushijima-cho, Nishi-ku, Nagoya-shi, Aichi 4516009, JP
優先権情報:
2017-19144229.09.2017JP
発明の名称: (EN) HEAT PIPE AND SECONDARY BATTERY EQUIPPED WITH HEAT PIPE
(FR) TUBE CALOPORTEUR ET BATTERIE SECONDAIRE DOTÉE DUDIT TUBE CALOPORTEUR
(JA) ヒートパイプ及びヒートパイプを備えた二次電池
要約:
(EN) Disclosed is a heat pipe comprising a tubular body in the interior of which a working fluid is sealed, and a wick provided in at least a portion of the interior of the tubular body. The tubular body has a portion made from a ceramic material. When the size of the tubular body in the axial direction is L, the size of the portion made from a ceramic material in the axial direction is L/2 or greater.
(FR) L'invention concerne un tube caloporteur comprenant un corps tubulaire contenant à son intérieur un fluide actif isolé, et une mèche agencée dans au moins une partie de l'intérieur du corps tubulaire. Le corps tubulaire comporte une partie en matériau céramique. Lorsque la dimension du corps tubulaire dans la direction axiale est représentée par L, la dimension de la partie en matériau céramique dans la direction axiale est égale ou supérieure à L/2.
(JA) 本明細書で開示するヒートパイプは、内部に作動流体が封入される筒体と、筒体の内部の少なくとも一部に設けられたウィックを備えている。筒体は、セラミックス材料で作製された部分を有している。そして、筒体の軸方向の寸法をLとすると、セラミックス材料で作製された部分の軸方向の寸法がL/2以上となっている。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)