このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2019065131) フロントフォーク、及びフロントフォークの製造方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2019/065131 国際出願番号: PCT/JP2018/032888
国際公開日: 04.04.2019 国際出願日: 05.09.2018
IPC:
F16F 9/32 (2006.01) ,B62K 25/08 (2006.01) ,F16F 9/58 (2006.01)
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
F
ばね;緩衝装置;振動減衰手段
9
減衰媒体として流体またはその均等物を用いるばね,振動減衰装置,緩衝装置,またはこれらと同様の機能を持つ組み立てられた運動減衰装置
32
細部
B 処理操作;運輸
62
鉄道以外の路面車両
K
自転車;自転車のフレーム;自転車操向装置;特に自転車用に適した乗手操作の制御装置;車軸懸架装置;サイドカー,前方に連結する車体,その他これに類するもの
25
車軸懸架装置
04
車軸を自転車フレームまたはフォークに弾性的に支持するもの
06
テレスコピックフォークをもつもの,例.補助揺動腕を含むもの
08
前輪用
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
F
ばね;緩衝装置;振動減衰手段
9
減衰媒体として流体またはその均等物を用いるばね,振動減衰装置,緩衝装置,またはこれらと同様の機能を持つ組み立てられた運動減衰装置
32
細部
58
行程制限止め,例.シリンダの外側でピストン棒上に配置されるもの
出願人:
KYBモーターサイクルサスペンション株式会社 KYB MOTORCYCLE SUSPENSION CO.,LTD. [JP/JP]; 岐阜県可児市土田2548 2548, Dota, Kani-shi, Gifu 5090298, JP
発明者:
石原 亘 ISHIHARA Wataru; JP
陣内 孝彦 JINNOUCHI Takahiko; JP
代理人:
石川 憲 ISHIKAWA Ken; JP
天野 泉 AMANO Izumi; JP
優先権情報:
2017-18577327.09.2017JP
発明の名称: (EN) FRONT FORK AND METHOD FOR MANUFACTURING FRONT FORK
(FR) FOURCHE AVANT ET PROCÉDÉ DE FABRICATION DE FOURCHE AVANT
(JA) フロントフォーク、及びフロントフォークの製造方法
要約:
(EN) This front fork (F) is provided with: a wheel-side bracket (20) for closing the other end of an inner tube (2) which is movably inserted, with one end thereof first, into an outer tube (1); a cylinder (3) provided within the inner tube (2); and a head member (6) fitted to the side of the cylinder (3) which is opposite the wheel-side bracket. The cylinder (3) and the head member (6) are gripped while being subjected to axial forces applied by a crimping section (2a) formed on the inner tube (2) and by the wheel-side bracket (20).
(FR) L'invention concerne une fourche avant (F) pourvue: d'un support côté roue (20) pour fermer l'autre extrémité d'un tube interne (2) qui est inséré de façon mobile, avec une extrémité de celui-ci en premier, dans un tube externe (1); d'un cylindre (3) disposé à l'intérieur du tube interne (2); et d'un élément de tête (6) monté sur le côté du cylindre (3) qui est opposé au support côté roue. Le cylindre (3) et l'élément de tête (6) sont saisis tout en étant soumis à des forces axiales appliquées par une section de sertissage (2a) formée sur le tube interne (2) et par le support côté roue (20).
(JA) 本発明のフロントフォーク(F)が、一端からアウターチューブ(1)内に移動可能に挿入されるインナーチューブ(2)の他端を閉塞する車輪側ブラケット(20)と、インナーチューブ(2)内に設けられるシリンダ(3)と、シリンダ(3)の反車輪側ブラケット側に嵌合するヘッド部材(6)とを備え、シリンダ(3)とヘッド部材(6)が、インナーチューブ(2)に形成された加締め部(2a)と車輪側ブラケット(20)により軸力を受けた状態で挟持されている。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)