このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2019065028) 直動ダンパ及びロータリーダンパ
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2019/065028 国際出願番号: PCT/JP2018/031347
国際公開日: 04.04.2019 国際出願日: 24.08.2018
IPC:
F16F 9/48 (2006.01) ,F16F 7/09 (2006.01) ,F16F 9/14 (2006.01) ,F16F 9/20 (2006.01) ,F16F 9/30 (2006.01) ,F16F 9/32 (2006.01) ,F16F 15/02 (2006.01) ,F16F 15/023 (2006.01)
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
F
ばね;緩衝装置;振動減衰手段
9
減衰媒体として流体またはその均等物を用いるばね,振動減衰装置,緩衝装置,またはこれらと同様の機能を持つ組み立てられた運動減衰装置
32
細部
48
行程の異なる部分で異なった減衰効果を備えるための調整装置
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
F
ばね;緩衝装置;振動減衰手段
7
振動減衰装置;緩衝装置
08
互いに直線的に動き得る摩擦表面をもつもの
09
シリンダ・ピストン型であるもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
F
ばね;緩衝装置;振動減衰手段
9
減衰媒体として流体またはその均等物を用いるばね,振動減衰装置,緩衝装置,またはこれらと同様の機能を持つ組み立てられた運動減衰装置
10
液体のみを用いるもの;その性質に重要性のない流体を用いるもの
14
室の中で自由に動く1つ以上の部材,例.ピストン,翼,を持つ装置で絞り効果を用いるもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
F
ばね;緩衝装置;振動減衰手段
9
減衰媒体として流体またはその均等物を用いるばね,振動減衰装置,緩衝装置,またはこれらと同様の機能を持つ組み立てられた運動減衰装置
10
液体のみを用いるもの;その性質に重要性のない流体を用いるもの
14
室の中で自由に動く1つ以上の部材,例.ピストン,翼,を持つ装置で絞り効果を用いるもの
16
有効部分の直線運動のみを含んでいるもの
18
2つ以上の作用空間に分けられている密閉されたシリンダおよびピストンをもつもの
20
シリンダの両端を通って伸びているピストン棒をもつもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
F
ばね;緩衝装置;振動減衰手段
9
減衰媒体として流体またはその均等物を用いるばね,振動減衰装置,緩衝装置,またはこれらと同様の機能を持つ組み立てられた運動減衰装置
30
減衰媒体として固体または半固体状物,例.糊状物,をもつもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
F
ばね;緩衝装置;振動減衰手段
9
減衰媒体として流体またはその均等物を用いるばね,振動減衰装置,緩衝装置,またはこれらと同様の機能を持つ組み立てられた運動減衰装置
32
細部
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
F
ばね;緩衝装置;振動減衰手段
15
機構の振動防止;不釣合力,例.運動の結果として生ずる力,を回避または減少させる方法または装置
02
非回転機構,例.往復運動機構,の振動防止;回転機構と共に運動しない部材を用いる回転機構の振動防止
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
F
ばね;緩衝装置;振動減衰手段
15
機構の振動防止;不釣合力,例.運動の結果として生ずる力,を回避または減少させる方法または装置
02
非回転機構,例.往復運動機構,の振動防止;回転機構と共に運動しない部材を用いる回転機構の振動防止
023
流体手段を用いるもの
出願人:
KYB株式会社 KYB CORPORATION [JP/JP]; 東京都港区浜松町二丁目4番1号 世界貿易センタービル World Trade Center Bldg., 4-1, Hamamatsu-cho 2-chome, Minato-ku, Tokyo 1056111, JP
KYB-YS株式会社 KYB-YS CO., LTD. [JP/JP]; 長野県埴科郡坂城町坂城9165 9165, Sakaki, Sakaki-machi, Hanishina-gun, Nagano 3890688, JP
発明者:
近松 聡 CHIKAMATSU, Satoshi; JP
豊内 敦士 TOYOUCHI, Atsushi; JP
関根 伸一 SEKINE, Shinichi; JP
政村 辰也 MASAMURA, Tatsuya; JP
望月 隆久 MOCHIZUKI, Takahisa; JP
川上 英樹 KAWAKAMI, Hideki; JP
周防 士朗 SUOU, Shirou; JP
小倉 雅則 OGURA, Masanori; JP
阿部 景太 ABE, Keita; JP
太田 晶久 OTA, Akihisa; JP
福沢 祐二 FUKUZAWA, Yuji; JP
代理人:
特許業務法人グランダム特許事務所 GRANDOM PATENT LAW FIRM; 愛知県名古屋市中区栄二丁目4番1号 広小路栄ビルディング3階 Hirokoji Sakae Bldg. 3F, 4-1, Sakae 2-chome, Naka-ku, Nagoya-shi, Aichi 4600008, JP
優先権情報:
2017-18745928.09.2017JP
発明の名称: (EN) LINEAR DAMPER AND ROTARY DAMPER
(FR) AMORTISSEUR LINÉAIRE ET AMORTISSEUR ROTATIF
(JA) 直動ダンパ及びロータリーダンパ
要約:
(EN) Provided are a linear damper and a rotary damper which have desired damping characteristics and a simple structure. These dampers (1) are provided with a cylinder (4), a rod (50), and a plurality of granular bodies (90). The cylinder (40) has a first space (S11) formed therein. The rod (50) is partially accommodated inside the first space (S11) and protrudes to the outside. In addition, the rod (50) can reciprocate relative to the cylinder (40) in the center axis direction. Furthermore, the rod (50) forms a filling space (S1), between the rod (50) and the cylinder (40), inside the first space (S11). The plurality of granular bodies (90) are filled in the filling space (S1). In addition, the shape and area of the cross-section, in a direction perpendicular to the central axis, at a predetermined position in the central axis direction of the rod (50) changes according to the movement of the rod (50).
(FR) L'invention concerne un amortisseur linéaire et un amortisseur rotatif qui présentent des caractéristiques d'amortissement souhaitées et une structure simple. Lesdits amortisseurs (1) sont pourvus d'un cylindre (4), d'une tige (50) et d'une pluralité de corps granulaires (90). Le cylindre (40) contient un premier espace (S11). La tige (50) est partiellement logée dans le premier espace (S11) et fait saillie vers l'extérieur. De plus, la tige (50) peut effectuer un mouvement de va-et-vient par rapport au cylindre (40) dans la direction de l'axe central. En outre, la tige (50) forme un espace de remplissage (S1), entre la tige (50) et le cylindre (40), dans le premier espace (S11). La pluralité de corps granulaires (90) sont placés dans l'espace de remplissage (S1). De plus, la forme et la surface de la section transversale, dans une direction perpendiculaire à l'axe central, à une position prédéterminée dans la direction d'axe central de la tige (50), changent en fonction du mouvement de la tige (50).
(JA) 簡易な構造で所望の減衰特性を有した直動ダンパ及びロータリーダンパを提供する。 ダンパ(1)は、シリンダ(40)、ロッド(50)、及び複数の粒状体(90)を備えている。シリンダ(40)は内部に第1空間(S11)が形成されている。ロッド(50)は第1空間(S11)内に一部が収納されて外部に突出している。また、ロッド(50)はシリンダ(40)に対して中心軸方向に往復移動自在である。また、ロッド(50)は第1空間(S11)内でシリンダ(40)との間に充填空間(S1)を形成している。複数の粒状体(90)は充填空間(S1)に充填される。また、ロッド(50)の中心軸方向の所定の位置における中心軸に直交する方向の断面形状及び断面積が、ロッド(50)の移動に伴って変化する。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)