このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2019065012) エアバッグ装置
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2019/065012 国際出願番号: PCT/JP2018/031061
国際公開日: 04.04.2019 国際出願日: 23.08.2018
IPC:
B60R 21/207 (2006.01) ,B60N 2/22 (2006.01) ,B60N 2/427 (2006.01)
B 処理操作;運輸
60
車両一般
R
他に分類されない車両,車両付属具,または車両部品
21
事故又は他の交通危機の場合乗員又は歩行者を負傷から保護又は防止するための車両の装置又は部品
02
乗員安全装置又は部品
16
衝突時に膨張するように設計された膨張可能な乗員拘束又は抑制装置,例.エアバッグ
20
膨張可能な部材を不使用時又は収縮時保管するための装置;エアバッグモジュール若しくはその構成部品の配置又はそれらの取付
207
車両用シートにおけるもの
B 処理操作;運輸
60
車両一般
N
他に分類されない乗客設備(家具構造A47)
2
特に車両に適した座席;車両における座席の配置または取付け
02
座席またはその一部が可動なもの,例.調節可能なもの
22
背もたれの調節可能なもの
B 処理操作;運輸
60
車両一般
N
他に分類されない乗客設備(家具構造A47)
2
特に車両に適した座席;車両における座席の配置または取付け
24
特殊な目的または特殊な乗物のためのもの
42
異常加速度による影響から乗っている人間を保護するよう,特に設計された座席,例.安全座席
427
衝突の際に取り替えられる座席またはその部品
出願人:
マツダ株式会社 MAZDA MOTOR CORPORATION [JP/JP]; 広島県安芸郡府中町新地3番1号 3-1, Shinchi, Fuchu-cho, Aki-gun, Hiroshima 7308670, JP
発明者:
吉村 美枝 YOSHIMURA, Mie; JP
晝田 輝彦 HIRUTA, Teruhiko; JP
柴原 多衛 SHIBAHARA, Taei; JP
成川 岳宏 NARIKAWA, Takahiro; JP
代理人:
小谷 悦司 KOTANI, Etsuji; JP
小谷 昌崇 KOTANI, Masataka; JP
福成 勉 FUKUNARI, Tsutomu; JP
優先権情報:
2017-18945629.09.2017JP
発明の名称: (EN) AIR BAG DEVICE
(FR) DISPOSITIF DE COUSSIN DE SÉCURITÉ GONFLABLE
(JA) エアバッグ装置
要約:
(EN) Provided is an air bag device adapted to be mounted on a vehicle provided with a front seat (10) and a rear seat (30), which are arranged at a distance from each other in the front-rear direction of the vehicle, the front seat (10) being provided with a reclining mechanism (16) for allowing the seat back (10B) to pivot about a reclining pivot shaft (15). The air bag device is provided with an air bag (24) which expands from the rear surface of the seat back (10B) of the front seat (10) toward the rear seat (30). In an expanded state of the air bag (24), at least the rear upper section of the air bag (24) has a circular arc shape centered on the reclining pivot shaft (15) in a side view of the vehicle.
(FR) L'invention concerne un dispositif de coussin gonflable conçu pour être monté sur un véhicule pourvu d'un siège avant (10) et d'un siège arrière (30), qui sont disposés à une certaine distance l'un de l'autre dans la direction avant-arrière du véhicule, le siège avant (10) étant pourvu d'un mécanisme d'inclinaison (16) pour permettre au dossier de siège (10B) de pivoter autour d'un arbre de pivot inclinable (15). Le dispositif de coussin de sécurité gonflable est pourvu d'un coussin de sécurité gonflable (24) qui s'étend à partir de la surface arrière du dossier de siège (10B) du siège avant (10) vers le siège arrière (30). Dans un état déployé du coussin de sécurité gonflable (24), au moins la section supérieure arrière du coussin de sécurité gonflable (24) a une forme d'arc circulaire centrée sur l'arbre de pivot inclinable (15) dans une vue latérale du véhicule.
(JA) 車両前後方向に離間して配置された前側シート(10)と後側シート(30)とを備え、かつ、前側シート(10)に、リクライニング回動軸(15)を支点としてシートバック(10B)を回動させるリクライニング機構(16)が設けられた車両に搭載されるエアバッグ装置であって、前記前側シート(10)のシートバック(10B)背面から前記後側シート(30)側へ展開するエアバッグ(24)を備え、前記エアバッグ(24)は、展開状態において、少なくともその後方側上部が車両側面視で前記リクライニング回動軸(15)を中心とした円弧状に形成されている。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)