このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2019064857) 傾斜車両
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2019/064857 国際出願番号: PCT/JP2018/027591
国際公開日: 04.04.2019 国際出願日: 24.07.2018
IPC:
B62K 5/05 (2013.01) ,B62J 9/00 (2006.01) ,B62K 5/10 (2013.01) ,B62K 11/04 (2006.01)
B 処理操作;運輸
62
鉄道以外の路面車両
K
自転車;自転車のフレーム;自転車操向装置;特に自転車用に適した乗手操作の制御装置;車軸懸架装置;サイドカー,前方に連結する車体,その他これに類するもの
5
ハンドルバーをもつ自転車で,3つまたはそれ以上の道路用の主車輪を備えた自転車
02
三輪車
05
後輪が単一であることを特徴とするもの
B 処理操作;運輸
62
鉄道以外の路面車両
J
自転車用サドルまたはシート;自転車特有で他に分類されない付属品,例.自転車用の荷物台,自転車用の保護装置
9
荷かご,サドルバッグ,または自転車に取付けるようにした特別の入れ物
B 処理操作;運輸
62
鉄道以外の路面車両
K
自転車;自転車のフレーム;自転車操向装置;特に自転車用に適した乗手操作の制御装置;車軸懸架装置;サイドカー,前方に連結する車体,その他これに類するもの
5
ハンドルバーをもつ自転車で,3つまたはそれ以上の道路用の主車輪を備えた自転車
10
旋回時に車体を内側に傾斜させる手段をもつもの
B 処理操作;運輸
62
鉄道以外の路面車両
K
自転車;自転車のフレーム;自転車操向装置;特に自転車用に適した乗手操作の制御装置;車軸懸架装置;サイドカー,前方に連結する車体,その他これに類するもの
11
一輪または二輪の自動自転車,原動機付自転車またはモータースクーター
02
フレーム
04
前輪と後輪間にエンジンを有することを特徴とするもの
出願人:
ヤマハ発動機株式会社 YAMAHA HATSUDOKI KABUSHIKI KAISHA [JP/JP]; 静岡県磐田市新貝2500番地 2500, Shingai, Iwata-shi, Shizuoka 4388501, JP
発明者:
倉掛 元仁 KURAKAKE, Haruhito; JP
代理人:
アセンド特許業務法人 ASCEND IP LAW FIRM; 大阪府大阪市北区堂島一丁目5番17号 5-17, Dojima 1-chome, Kita-ku, Osaka-shi, Osaka 5300003, JP
優先権情報:
2017-18776928.09.2017JP
発明の名称: (EN) LEANING VEHICLE
(FR) VÉHICULE À INCLINAISON
(JA) 傾斜車両
要約:
(EN) The purpose of the present invention is to increase rear load capacity of a leaning vehicle while suppressing size increase. This leaning vehicle (1) satisfies formulae (a), (b), and (c): (a) L1
(FR) L'objet de la présente invention est d'augmenter la capacité de charge arrière d'un véhicule à inclinaison tout en supprimant l'augmentation de taille. Ce véhicule à inclinaison (1) répond aux formules (a), (b), et (c) : (a) L1 < L2, (b) L3 < L2 et (c) L4 < L5, où L1 est défini comme la distance entre l'extrémité arrière de selle (SB) et l'essieu de roue arrière (414), L2 est défini comme la distance entre l'extrémité arrière de selle (SB) et le centre de base de roue (WBC), L3 est défini comme la distance entre l'extrémité arrière de selle (SB) et le centre de la partie de chargement (BC), L4 est défini comme la distance entre l'extrémité arrière de selle (SB) et l'extrémité avant de la partie de chargement (85), et L5 est défini comme la distance entre l'extrémité avant de face de selle (SFF) et le point H (HP) de la selle solo du conducteur (24).
(JA) 本発明の目的は、傾斜車両の大型化を抑制しつつ後方積載荷物の積載量を増加させることである。 傾斜車両(1)は、シート後端(SB)から後輪アクスル(414)までの距離をL1と定義し、シート後端(SB)からホイールベース中央(WBC)までの距離をL2と定義し、シート後端(SB)から積載部中央(BC)までの距離をL3と定義し、シート後端(SB)から積載部(85)の前端までの距離をL4と定義し、ライダー専用シングルシート(24)において着座面前端(SFF)からヒップポイント(HP)までの距離をL5と定義したときに、式(a)、式(b)及び式(c)が成立する。L1<L2・・・(a)、L3<L2・・・(b)、L4<L5・・・(c)
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)