このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2019064816) 正極活物質、および、電池
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2019/064816 国際出願番号: PCT/JP2018/026115
国際公開日: 04.04.2019 国際出願日: 11.07.2018
IPC:
H01M 4/485 (2010.01) ,H01M 4/505 (2010.01) ,H01M 4/525 (2010.01) ,H01M 10/052 (2010.01) ,H01M 10/0562 (2010.01) ,H01M 10/0565 (2010.01) ,H01M 10/0566 (2010.01)
H 電気
01
基本的電気素子
M
化学的エネルギーを電気的エネルギーに直接変換するための方法または手段,例.電池
4
電極(電気分解用電極C25)
02
活物質からなるまたは活物質を含有した電極
36
活物質,固形活物質,流体活物質の材料の選択
48
無機酸化物または無機水酸化物
485
軽金属を挿入するための複合酸化物または複合水酸化物,例.LiTi2O4,LiTi2OxFy
H 電気
01
基本的電気素子
M
化学的エネルギーを電気的エネルギーに直接変換するための方法または手段,例.電池
4
電極(電気分解用電極C25)
02
活物質からなるまたは活物質を含有した電極
36
活物質,固形活物質,流体活物質の材料の選択
48
無機酸化物または無機水酸化物
50
マンガン
505
軽金属を挿入するためのマンガンを含有する複合酸化物または複合水酸化物,例.LiMn2O4,LiMn2OxFy
H 電気
01
基本的電気素子
M
化学的エネルギーを電気的エネルギーに直接変換するための方法または手段,例.電池
4
電極(電気分解用電極C25)
02
活物質からなるまたは活物質を含有した電極
36
活物質,固形活物質,流体活物質の材料の選択
48
無機酸化物または無機水酸化物
52
ニッケル,コバルトまたは鉄
525
軽金属を挿入するための鉄,コバルトまたはニッケルを含有する複合酸化物または複合水酸化物,例.LiNiO2,LiCoO2,LiCoOxFy
H 電気
01
基本的電気素子
M
化学的エネルギーを電気的エネルギーに直接変換するための方法または手段,例.電池
10
二次電池;その製造
05
非水電解質二次電池
052
リチウム二次電池
H 電気
01
基本的電気素子
M
化学的エネルギーを電気的エネルギーに直接変換するための方法または手段,例.電池
10
二次電池;その製造
05
非水電解質二次電池
056
電解質の材料に特徴があるもの,例.無機電解質/有機電解質の混合
0561
無機物のみからなる電解質
0562
固体
H 電気
01
基本的電気素子
M
化学的エネルギーを電気的エネルギーに直接変換するための方法または手段,例.電池
10
二次電池;その製造
05
非水電解質二次電池
056
電解質の材料に特徴があるもの,例.無機電解質/有機電解質の混合
0564
有機物のみからなる電解質
0565
ポリマー,例.ゲルタイプまたは固体タイプ
H 電気
01
基本的電気素子
M
化学的エネルギーを電気的エネルギーに直接変換するための方法または手段,例.電池
10
二次電池;その製造
05
非水電解質二次電池
056
電解質の材料に特徴があるもの,例.無機電解質/有機電解質の混合
0564
有機物のみからなる電解質
0566
液体
出願人:
パナソニックIPマネジメント株式会社 PANASONIC INTELLECTUAL PROPERTY MANAGEMENT CO., LTD. [JP/JP]; 大阪府大阪市中央区城見2丁目1番61号 1-61, Shiromi 2-chome, Chuo-ku, Osaka-shi, Osaka 5406207, JP
発明者:
大前 孝紀 OMAE Takanori; --
夏井 竜一 NATSUI Ryuichi; --
石川 貴之 ISHIKAWA Takayuki; --
名倉 健祐 NAKURA Kensuke; --
代理人:
鎌田 健司 KAMATA Kenji; JP
前田 浩夫 MAEDA Hiroo; JP
優先権情報:
2017-18610127.09.2017JP
発明の名称: (EN) POSITIVE ELECTRODE ACTIVE MATERIAL AND BATTERY
(FR) MATÉRIAU ACTIF D’ÉLECTRODE POSITIVE ET BATTERIE
(JA) 正極活物質、および、電池
要約:
(EN) This positive electrode active material comprises a lithium composite oxide including fluorine and oxygen. The proportion Zs of the molar quantity of fluorine with respect to the sum of the molar quantity of fluorine and the molar quantity of oxygen, as determined through XPS measurement performed on the lithium composite oxide, is greater than the proportion Za, in the average composition of the lithium composite oxide, of the molar quantity of fluorine with respect to the sum of the molar quantity of fluorine and the molar quantity of oxygen. The lithium composite oxide has an XRD pattern in which a diffraction angle 2θ shows a first maximum peak in a range of 18-20° and a second maximum peak in a range of 43-46°. The ratio I(18°-20°)/I(43°-46°) of the integrated intensity I(18°-20°) of the first maximum peak with respect to the integrated intensity I(43°-46°) of the second maximum peak satisfies 0.05≤I(18°-20°)/I(43°-46°)≤0.90.
(FR) Ce matériau actif d'électrode positive comprend un oxyde composite de lithium comprenant du fluor et de l'oxygène. La proportion Zs de la quantité molaire de fluor par rapport à la somme de la quantité molaire de fluor et de la quantité molaire d'oxygène, telle que déterminée par mesure XPS effectuée sur l'oxyde composite de lithium, est supérieure à la proportion Za, dans la composition moyenne de l'oxyde composite de lithium, de la quantité molaire de fluor par rapport à la somme de la quantité molaire de fluor et de la quantité molaire d'oxygène. L'oxyde composite de lithium a un diagramme XRD dans lequel un angle de diffraction 2θ montre un premier pic maximal dans une plage de 18-20° et un second pic maximal dans une plage de 43-46°. Le rapport I(18°-20°)/I(43°-46°) de l'intensité intégrée I(18°-20°) du premier pic maximal par rapport à l'intensité intégrée I(43°-46°) du second pic maximal est tel que 0,05≤I(18°-20°)/I(43°-46°)≤0,90.
(JA) 正極活物質は、フッ素及び酸素を含有するリチウム複合酸化物を含む。リチウム複合酸化物をXPS測定して得られる、フッ素のモル量と酸素のモル量との和に対するフッ素のモル量の割合Zsが、リチウム複合酸化物の平均組成における、フッ素のモル量と酸素モル量との和に対するフッ素のモル量の割合Zaよりも大きい。リチウム複合酸化物のXRDパターンが、回折角2θが18°以上20°以下の範囲内に第1の最大ピークを示し、かつ、回折角2θが43°以上46°以下の範囲内に第2の最大ピークを示す。第2の最大ピークの積分強度I(43°-46°)に対する第1の最大ピークの積分強度I(18°-20°)の比I(18°-20°)/I(43°-46°)が、0.05≦I(18°-20°)/I(43°-46°)≦0.90、を満たす。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)