このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2019064491) ラテックス免疫凝集法における測定誤差低減方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2019/064491 国際出願番号: PCT/JP2017/035479
国際公開日: 04.04.2019 国際出願日: 29.09.2017
IPC:
G01N 33/543 (2006.01)
G 物理学
01
測定;試験
N
材料の化学的または物理的性質の決定による材料の調査または分析
33
グループ1/00から31/00に包含されない,特有な方法による材料の調査または分析
48
生物学的材料,例.血液,尿;血球計
50
生物学的材料,例.血液,尿,の化学分析;生物学的特異性を有する配位子結合方法を含む試験;免疫学的試験
53
免疫分析;生物学的特異的結合分析;そのための物質
543
免疫化学物質を固定化するための不溶性担体によるもの
出願人:
積水メディカル株式会社 SEKISUI MEDICAL CO., LTD. [JP/JP]; 東京都中央区日本橋二丁目1番3号 1-3, Nihonbashi 2-chome, Chuo-ku, Tokyo 1030027, JP
発明者:
藤村 建午 FUJIMURA Kengo; JP
近藤 純一 KONDOU Junichi; JP
山本 光章 YAMAMOTO Mitsuaki; JP
代理人:
特許業務法人 もえぎ特許事務所 MOEGI PATENT OFFICE; 東京都新宿区荒木町20番地21インテック88ビル4階 4F, Intec 88 Bldg. 20-21 Araki-cho, Shinjuku-ku, Tokyo 1600007, JP
優先権情報:
発明の名称: (EN) METHOD FOR REDUCING MEASUREMENT ERROR IN LATEX IMMUNOAGGLUTINATION ASSAY
(FR) PROCÉDÉ DE RÉDUCTION D'ERREURS DE MESURE DANS UN PROCÉDÉ D'IMMUNOAGGLUTINATION DE LATEX
(JA) ラテックス免疫凝集法における測定誤差低減方法
要約:
(EN) The present invention addresses the problem of avoiding an influence of a measurement error derived from a blood sample in a latex immunoagglutination assay. According to the present invention, the measurement error derived from the blood sample in the latex immunoagglutination assay could be reduced by a step in which latex particles, which carry a substance having a specific affinity for a substance to be measured, are brought into contact with said sample in the presence of imidazole, in a liquid phase.
(FR) L'invention a pour objet d'éviter l'influence d'erreurs de mesure provenant d'un échantillon de sang, dans un procédé d'immunoagglutination de latex. Selon l'invention, il est possible de réduire les erreurs de mesure provenant d'un échantillon de sang dans la cadre d'un procédé d'immunoagglutination de latex, par un processus au cours duquel des particules de latex supportant une substance dotée d'une affinité spécifique vis-à-vis d'une substance objet de la mesure, sont mises en contact avec l'échantillon en présence d'un imidazole dans une phase liquide.
(JA) 本発明は、ラテックス免疫凝集法において血液試料に由来する測定誤差の影響を回避することを課題とする。 液相中で、イミダゾールの存在下、当該試料と、測定対象物質に対する特異的親和性物質を担持するラテックス粒子を接触させる工程により、ラテックス免疫凝集法における血液試料に由来する測定誤差を低減することができた。
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)