このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2019064463) バイオアフィニティーを利用したウイルス又は細菌の濃縮方法及び装置
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2019/064463 国際出願番号: PCT/JP2017/035358
国際公開日: 04.04.2019 国際出願日: 28.09.2017
IPC:
C12N 7/02 (2006.01) ,C12M 1/00 (2006.01) ,C12N 1/02 (2006.01) ,C07K 14/47 (2006.01) ,C07K 16/10 (2006.01) ,C07K 16/12 (2006.01)
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
7
ウイルス,例.バクテリオファージ;それを含む組成物;その調製または精製
02
回収または精製
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
M
酵素学または微生物学のための装置
1
酵素学または微生物学のための装置
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
1
微生物,例.原生動物;その組成物;微生物またはその組成物の増殖,維持,保存方法;微生物を含む組成物の単離または調製方法;そのための培地
02
培地からの微生物の分離
C 化学;冶金
07
有機化学
K
ペプチド
14
21個以上のアミノ酸を含有するペプチド;ガストリン;ソマトスタチン;メラノトロピン;その誘導体
435
動物から;ヒトから
46
脊椎動物から
47
哺乳動物から
C 化学;冶金
07
有機化学
K
ペプチド
16
免疫グロブリン,例.モノクローナル抗体またはポリクローナル抗体
08
ウイルスからの物質に対するもの
10
RNAウイルスから
C 化学;冶金
07
有機化学
K
ペプチド
16
免疫グロブリン,例.モノクローナル抗体またはポリクローナル抗体
12
細菌からの物質に対するもの
出願人:
学校法人中部大学 CHUBU UNIVERSITY EDUCATIONAL FOUNDATION [JP/JP]; 愛知県春日井市松本町1200 1200, Matsumoto-cho, Kasugai-shi, Aichi 4878501, JP
株式会社ニデック NIDEK CO., LTD. [JP/JP]; 愛知県蒲郡市拾石町前浜34番地14 34-14, Maehama, Hiroishi-cho, Gamagori, Aichi 4430038, JP
発明者:
上村 和秀 UEMURA Kazuhide; JP
河原 敏男 KAWAHARA Toshio; JP
小林 正彦 KOBAYASHI Masahiko; JP
成瀬 賢洋 NARUSE Masahiro; JP
藤井 智彦 FUJII Tomohiko; JP
代理人:
萩野 幹治 HAGINO Mikiharu; JP
優先権情報:
発明の名称: (EN) METHOD AND DEVICE FOR CONCENTRATING VIRUS OR BACTERIUM USING BIOAFFINITY
(FR) PROCÉDÉ ET DISPOSITIF POUR LA CONCENTRATION DE VIRUS OU DE BACTÉRIE PAR BIOAFFINITÉ
(JA) バイオアフィニティーを利用したウイルス又は細菌の濃縮方法及び装置
要約:
(EN) The present invention addresses the problem of providing a means for concentrating a virus or a bacterium simply and rapidly while maintaining the structure thereof. Provided is a method for concentrating a target virus or bacterium, the method characterized in that the target virus or bacterium is captured by a carrier via a metal ion-dependent ligand binding molecule, is isolated from the ligand binding molecule by treatment with a chelating agent, and is then recovered.
(FR) La présente invention a pour objet un moyen pour la concentration d'un virus ou d'une bactérie de manière simple et rapide tout en conservant la structure de celui-ci ou de celle-ci. À cet effet l'invention concerne un procédé pour la concentration d'un virus ou d'une bactérie cible, le procédé étant caractérisé en ce que le virus ou la bactérie cible est capturé(e) par un support par l'intermédiaire d'une molécule de liaison de type ligand dépendante d'un ion métallique, est isolé(e) de la molécule de liaison de type ligand par traitement avec un agent chélatant et est ensuite récupéré(e).
(JA) 本発明は、簡便且つ迅速に、しかもその構造の維持を図りつつ、ウイルスや細菌を濃縮する手段を提供することを課題とする。金属イオン依存性リガンド結合分子を介して標的のウイルス又は細菌を担体に捕捉した後、キレート剤で処理することによって前記リガンド結合分子から前記標的を脱離し、回収することを特徴とする、標的のウイルス又は細菌を濃縮する方法が提供される。
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)