このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2019064433) 溶解・精錬炉の操業方法及び溶解・精錬炉
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2019/064433 国際出願番号: PCT/JP2017/035235
国際公開日: 04.04.2019 国際出願日: 28.09.2017
IPC:
C21C 5/52 (2006.01) ,C21B 13/12 (2006.01) ,C21C 5/46 (2006.01) ,F27B 3/08 (2006.01) ,F27B 3/20 (2006.01) ,F27B 3/22 (2006.01) ,F27D 3/16 (2006.01)
C 化学;冶金
21
鉄冶金
C
銑鉄の処理,例.精製,錬鉄または鋼の製造;鉄系合金の溶融状態での処理
5
炭素鋼,例.普通軟鋼,中炭素鋼または鋳鋼,の製造
52
電気炉による鋼の製造
C 化学;冶金
21
鉄冶金
B
鉄または鋼の製造
13
直接法による海綿鉄または溶鋼の製造
12
電気炉によるもの
C 化学;冶金
21
鉄冶金
C
銑鉄の処理,例.精製,錬鉄または鋼の製造;鉄系合金の溶融状態での処理
5
炭素鋼,例.普通軟鋼,中炭素鋼または鋳鋼,の製造
28
転炉による鋼の製造
42
転炉の構造的特徴
46
細部構造または付属物
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
27
炉,キルン,窯(かま);レトルト
B
炉,キルン,窯またはレトルト一般;開放式焼結用または類似の装置
3
炉床形炉,例.反射形のもの;電気アーク炉
08
電気的に加熱されるもので,他の熱源をもつものまたはもたないもの,例.電気アーク炉
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
27
炉,キルン,窯(かま);レトルト
B
炉,キルン,窯またはレトルト一般;開放式焼結用または類似の装置
3
炉床形炉,例.反射形のもの;電気アーク炉
10
炉床形炉に特有の細部,付属物,または装置,例.集塵器
20
加熱装置の配置
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
27
炉,キルン,窯(かま);レトルト
B
炉,キルン,窯またはレトルト一般;開放式焼結用または類似の装置
3
炉床形炉,例.反射形のもの;電気アーク炉
10
炉床形炉に特有の細部,付属物,または装置,例.集塵器
22
空気またはガス供給装置の配置
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
27
炉,キルン,窯(かま);レトルト
D
2種以上の炉に見出される種類のものである限りにおける,炉,キルン,窯またはレトルトの細部または付属品
3
装入;排出;装入物の取り扱い
16
装入物への流体ジェットまたは流体流れの導入
出願人:
大陽日酸株式会社 TAIYO NIPPON SANSO CORPORATION [JP/JP]; 東京都品川区小山一丁目3番26号 3-26, Koyama 1-chome, Shinagawa-ku, Tokyo 1428558, JP
発明者:
萩原 義之 HAGIHARA Yoshiyuki; JP
山本 康之 YAMAMOTO Yasuyuki; JP
清野 尚樹 SEINO Naoki; JP
代理人:
特許業務法人 志賀国際特許事務所 SHIGA INTERNATIONAL PATENT OFFICE; 東京都千代田区丸の内一丁目9番2号 1-9-2, Marunouchi, Chiyoda-ku, Tokyo 1006620, JP
優先権情報:
発明の名称: (EN) METHOD FOR ADJUSTING MELTING-REFINING FURNACE AND MELTING-REFINING FURNACE
(FR) PROCÉDÉ DE RÉGLAGE D'UN FOUR DE FUSION-AFFINAGE ET FOUR DE FUSION-AFFINAGE
(JA) 溶解・精錬炉の操業方法及び溶解・精錬炉
要約:
(EN) The present invention addresses the problem of improving efficiency when using an oxygen burner-lance to operate a melting-refining furnace for cold iron sources or during refining, and provides a method for operating a melting-refining furnace provided with: a through hole provided passing through a furnace wall; one or more burners provided in the through hole; and one or more lances installed in a combustion-supporting fluid supply hole provided at a higher position than the through hole for the burners, wherein the amount of oxygen introduced in a melting process is in a range calculated from the volume of the furnace.
(FR) La présente invention aborde le problème d'amélioration de l'efficacité lors de l'utilisation d'une lance de brûleur à oxygène pour faire fonctionner un four de fusion-affinage pour des sources de fer froides ou pendant l’affinage, et concerne un procédé d'utilisation d’un four de fusion-affinage pourvu : d'un orifice traversant disposé à travers une paroi de four ; d’un ou plusieurs brûleurs disposés dans l’orifice traversant ; et d’une ou plusieurs lances installées dans un orifice d'alimentation en fluide de soutien de combustion disposé en une position supérieure à celle de l’orifice traversant pour les brûleurs, la quantité d'oxygène introduite dans un processus de fusion étant dans une plage calculée à partir du volume du four.
(JA) 酸素バーナ・ランスを用いた冷鉄源の溶解・精錬炉の操業あるいは精錬の際に、その効率を向上させることを課題とし、炉壁を貫通するように設けられた貫通孔と、貫通孔に設けられた1以上のバーナと、前記バーナ用の貫通孔より上部に設けられた支燃性流体供給孔に設置された1以上のランスとを備えた炉において、溶解工程において酸素の導入量を炉の容積から算出した範囲で操業する溶解・精錬炉の操業方法を提供する。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)