このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2019058886) 動力伝達軸
国際事務局に記録されている最新の書誌情報第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2019/058886 国際出願番号: PCT/JP2018/031645
国際公開日: 28.03.2019 国際出願日: 28.08.2018
IPC:
F16C 3/02 (2006.01) ,F16B 21/18 (2006.01) ,F16D 1/02 (2006.01) ,F16D 1/06 (2006.01) ,F16D 3/20 (2006.01) ,F16D 3/224 (2011.01)
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
C
軸;たわみ軸;たわみ被覆の中で運動を伝達するための機械的な手段;クランク軸機構の要素;ピボット;枢着;伝動装置,継ぎ手,クラッチまたはブレーキ要素以外の回転工学の要素;軸受
3
軸;車軸;クランク,偏心輪
02
軸;車軸
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
B
構造部材または機械部品同志の締め付けまたは固定のための装置,例.くぎ,ボルト,サークリップ,クランプ,クリップまたはくさび;継ぎ手または接続
21
ピン,差し込み,軸または同様なものとその周囲の部材の軸方向の相対的な動きを防止する手段で、ねじ山を用いない手段;植え込みボルトおよびソケットとによるはめはずしできるねじ山を用いない締め付け
10
分離した部品によるもの
16
ピンまたは軸にみぞまたは切り欠きをもつもの
18
サークリップまたは弾性保持装置をもつもの;細部
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
D
回転伝達用継ぎ手;クラッチ;ブレーキ
1
2つの同心軸または他の可動機械要素を固定的に結合する継ぎ手
02
2つの接する軸またはそれに類似するものを結合するためのもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
D
回転伝達用継ぎ手;クラッチ;ブレーキ
1
2つの同心軸または他の可動機械要素を固定的に結合する継ぎ手
06
軸上または軸端に部材を取り付けるためのもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
D
回転伝達用継ぎ手;クラッチ;ブレーキ
3
たわみ継ぎ手,すなわち駆動中に連結された部材の間での運動を許容する手段をもつもの
16
屈曲性が枢着またはすべりまたはころがり連結部材により生じる自在継ぎ手
20
一方の継ぎ手部材が他方の継ぎ手部材のスリーブの中に入りすべりまたはころがり部材によってそこに結合されるもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
D
回転伝達用継ぎ手;クラッチ;ブレーキ
3
たわみ継ぎ手,すなわち駆動中に連結された部材の間での運動を許容する手段をもつもの
16
屈曲性が枢着またはすべりまたはころがり連結部材により生じる自在継ぎ手
20
一方の継ぎ手部材が他方の継ぎ手部材のスリーブの中に入りすべりまたはころがり部材によってそこに結合されるもの
22
ボール,ローラまたは同様のものからなる複数のころがり部材が,双方の継手部材の複数の溝または受け穴の中で案内されているもの
223
そのころがり部材が双方の継ぎ手部材の複数の溝内で案内されているもの
224
各継ぎ手部材の溝の中心線が球面上にあるもの
出願人:
日立オートモティブシステムズ株式会社 HITACHI AUTOMOTIVE SYSTEMS, LTD. [JP/JP]; 茨城県ひたちなか市高場2520番地 2520, Takaba, Hitachinaka-shi, Ibaraki 3128503, JP
発明者:
朱 小金 ZHU, Xiaojin; JP
間部 靖丈 MABE, Yasutomo; JP
石倉 健一郎 ISHIKURA, Kenichiro; JP
代理人:
小林 博通 KOBAYASHI, Hiromichi; JP
富岡 潔 TOMIOKA, Kiyoshi; JP
高嶋 一彰 TAKASHIMA, Kazuaki; JP
優先権情報:
2017-17977520.09.2017JP
発明の名称: (EN) POWER TRANSMISSION SHAFT
(FR) ARBRE DE TRANSMISSION DE PUISSANCE
(JA) 動力伝達軸
要約:
(EN) A propeller shaft (PS) as a power transmission shaft pertaining to the present invention has, on a first side wall (91) of a female spline-side annular groove (122) having the first side wall (91), a second side wall (92), and a bottom surface (90), a first inclined surface (910) where the radius (R1) of the first side wall (91) increases gradually in correspondence to proximity to the second side wall (92), and a circlip (80) is always in contact with the first side wall (91) and the second side wall (92). Backlash in the axial and radial directions of the circlip (80) within the female spline-side annular groove (122) is thereby suppressed.
(FR) La présente invention concerne un arbre d'hélice (PS) sous la forme d'un arbre de transmission de puissance comprenant, sur une première paroi latérale (91) d'une rainure annulaire (122) côté cannelure femelle ayant la première paroi latérale (91), une deuxième paroi latérale (92) et une surface inférieure (90), une première surface inclinée (910) où le rayon (R1) de la première paroi latérale (91) augmente progressivement en correspondance avec la proximité de la deuxième paroi latérale (92), et un circlip (80) est toujours en contact avec la première paroi latérale (91) et la deuxième paroi latérale (92). Le jeu dans les directions axiale et radiale du circlip (80) à l'intérieur de la rainure annulaire (122) côté cannelure femelle est ainsi supprimé.
(JA) 本発明に係る動力伝達軸としてのプロペラシャフト(PS)は、第1側壁(91)、第2側壁(92)及び底面(90)を有する雌スプライン側環状溝(122)の第1側壁(91)に、第1側壁(91)の半径(R1)が第2側壁(92)側に向かうに従い徐々に増加する第1傾斜面(910)を有し、サークリップ(80)が、第1側壁(91)及び第2側壁(92)と常時接触している。これにより、雌スプライン側環状溝(122)内におけるサークリップ(80)の軸方向及び径方向のがたつきが抑制されている。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)