このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2019054167) 動力伝達軸
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2019/054167 国際出願番号: PCT/JP2018/031644
国際公開日: 21.03.2019 国際出願日: 28.08.2018
IPC:
F16C 3/02 (2006.01) ,B60K 17/22 (2006.01) ,F16D 1/06 (2006.01) ,F16D 3/04 (2006.01) ,F16D 3/38 (2006.01) ,F16F 15/08 (2006.01)
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
C
軸;たわみ軸;たわみ被覆の中で運動を伝達するための機械的な手段;クランク軸機構の要素;ピボット;枢着;伝動装置,継ぎ手,クラッチまたはブレーキ要素以外の回転工学の要素;軸受
3
軸;車軸;クランク,偏心輪
02
軸;車軸
B 処理操作;運輸
60
車両一般
K
車両の推進装置または動力伝達装置の配置または取付け;複数の異なった原動力の配置または取付け;補助駆動装置;車両用計装または計器板;車両の推進装置の冷却,吸気,排気または燃料供給に関する配置
17
車両の動力伝達装置の配置または取付け
22
主伝動軸の配置,位置決め,または形式に特徴があるもの,例.カルダン軸
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
D
回転伝達用継ぎ手;クラッチ;ブレーキ
1
2つの同心軸または他の可動機械要素を固定的に結合する継ぎ手
06
軸上または軸端に部材を取り付けるためのもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
D
回転伝達用継ぎ手;クラッチ;ブレーキ
3
たわみ継ぎ手,すなわち駆動中に連結された部材の間での運動を許容する手段をもつもの
02
特殊な機能に適合されるもの(自在継ぎ手,適切なグループを参照)
04
半径方向の変位を許容するために特に適合されるもの,例.オルダム継ぎ手
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
D
回転伝達用継ぎ手;クラッチ;ブレーキ
3
たわみ継ぎ手,すなわち駆動中に連結された部材の間での運動を許容する手段をもつもの
16
屈曲性が枢着またはすべりまたはころがり連結部材により生じる自在継ぎ手
26
フック継ぎ手,または各継ぎ手部材がピボットによりまたはすべり可能に連結される同等な中間要素をもつ他の継ぎ手
38
互いに垂直な2つの軸上に配置されたトラニオンまたはベアリングをもつ中間要素を1つだけもつもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
F
ばね;緩衝装置;振動減衰手段
15
機構の振動防止;不釣合力,例.運動の結果として生ずる力,を回避または減少させる方法または装置
02
非回転機構,例.往復運動機構,の振動防止;回転機構と共に運動しない部材を用いる回転機構の振動防止
04
弾性手段を用いるもの
08
ゴムばねをもつもの
出願人:
日立オートモティブシステムズ株式会社 HITACHI AUTOMOTIVE SYSTEMS, LTD. [JP/JP]; 茨城県ひたちなか市高場2520番地 2520, Takaba, Hitachinaka-shi, Ibaraki 3128503, JP
発明者:
間部 靖丈 MABE, Yasutomo; JP
増田 肇幸 MASUDA, Toshiyuki; JP
駒井 浩倫 KOMAI, Hiromichi; JP
石倉 健一郎 ISHIKURA, Kenichiro; JP
代理人:
小林 博通 KOBAYASHI, Hiromichi; JP
富岡 潔 TOMIOKA, Kiyoshi; JP
高嶋 一彰 TAKASHIMA, Kazuaki; JP
優先権情報:
2017-17723115.09.2017JP
発明の名称: (EN) POWER TRANSMISSION SHAFT
(FR) ARBRE DE TRANSMISSION DE PUISSANCE
(JA) 動力伝達軸
要約:
(EN) A propeller shaft (PS1), which is a power transmission shaft, is arranged between a vehicle-side first shaft section and second shaft section, and a first tube (1), serving as a first shaft member, is connected to the first shaft section via a first joint member (4) and to the second shaft section via a second joint member (5). The first tube (1) is connected to the first joint member (4) via a first collar member (2), and is connected to the second joint member (5) via a second collar member (3). The first collar member (2) has a first main body section (21) that is exposed from a first end part (11) of the first tube (1), and a first insertion section (22) that is inserted into the interior of the first end part (11) of the first tube (1). In at least the first collar member (2) the maximum value of the outer diameter of the first main body section (21) is set so as to be no greater than the maximum value of the outer diameter of the first insertion section (22).
(FR) L'invention concerne un arbre d'hélice (PS1), qui est un arbre de transmission de puissance, disposé entre une première section d'arbre côté véhicule et une deuxième section d'arbre, et un premier tube (1), servant de premier élément d'arbre, est relié à la première section d'arbre par le biais d'un premier élément d'articulation (4) et à la deuxième section d'arbre par le biais d'un deuxième élément d'articulation (5). Le premier tube (1) est relié au premier élément d'articulation (4) par l'intermédiaire d'un premier élément formant collier (2) et relié au deuxième élément d'articulation (5) par le biais d'un deuxième élément formant collier (3). Le premier élément formant collier (2) possède une première section de corps principal (21) qui est exposée à partir d'une première partie d'extrémité (11) du premier tube (1), et une première section d'insertion (22) qui est insérée à l'intérieur de la première partie d'extrémité (11) du premier tube (1). Au moins dans le premier élément formant collier (2), la valeur maximale du diamètre extérieur de la première section de corps principal (21) est réglée de manière à ne pas être supérieure à la valeur maximale du diamètre extérieur de la première section d'insertion (22).
(JA) 動力伝達軸であるプロペラシャフト(PS1)は、車両側の第1軸部と第2軸部との間に配置されていて、第1シャフト部材としての第1チューブ(1)が、第1継手部材(4)を介して第1軸部と接続され、第2継手部材(5)を介して第2軸部と接続される。第1チューブ(1)は、第1カラー部材(2)を介して第1継手部材(4)に接続され、第2カラー部材(3)を介して第2継手部材(5)に接続される。第1カラー部材(2)は、第1チューブ(1)の第1端部(11)から露出する第1本体部(21)と、第1チューブ(1)の第1端部(11)の内部に挿入される第1挿入部(22)と、を有する。そして、少なくとも第1カラー部材(2)は、第1本体部(21)の外径の最大値が、第1挿入部(22)の外径の最大値以下に設定されている。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)