このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2019054085) 近傍界用ノイズ抑制シート
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2019/054085 国際出願番号: PCT/JP2018/029289
国際公開日: 21.03.2019 国際出願日: 03.08.2018
IPC:
H01F 1/28 (2006.01) ,B22F 1/00 (2006.01) ,C08J 7/04 (2006.01) ,C08K 3/02 (2006.01) ,C08K 3/10 (2018.01) ,C08K 3/22 (2006.01) ,C08K 3/38 (2006.01) ,C08L 101/00 (2006.01) ,C22C 38/00 (2006.01) ,C22C 45/02 (2006.01) ,H01F 1/153 (2006.01) ,H05K 9/00 (2006.01)
H 電気
01
基本的電気素子
F
磁石;インダクタンス;変成器;それらの磁気特性による材料の選択
1
磁性材料を特徴とする磁石または磁性体その磁性特性のための材料の選択
01
無機材料
03
保磁力によって特徴づけられるもの
12
軟質磁性材料
14
金属または合金
20
粒子形状のもの,例.粉末
28
結合剤中に分散または懸濁させたもの
B 処理操作;運輸
22
鋳造;粉末冶金
F
金属質粉の加工;金属質粉からの物品の製造;金属質粉の製造;金属質粉に特に適する装置または機械
1
金属質粉の特殊処理,例.加工を促進するためのもの,特性を改善するためのもの;金属粉それ自体,例.異なる組成の小片の混合
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
J
仕上げ;一般的混合方法;サブクラスC08B,C08C,C08F,C08GまたはC08Hに包含されない後処理(プラスチックの加工,例.成形B29)
7
高分子物質から製造された成形体の処理または被覆
04
被覆
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
K
無機または非高分子有機物質の添加剤としての使用(ペイント,インキ,ワニス,染料,艶出剤,接着剤C09)
3
無機配合成分の使用
02
元素
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
K
無機または非高分子有機物質の添加剤としての使用(ペイント,インキ,ワニス,染料,艶出剤,接着剤C09)
3
無機配合成分の使用
10
金属化合物
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
K
無機または非高分子有機物質の添加剤としての使用(ペイント,インキ,ワニス,染料,艶出剤,接着剤C09)
3
無機配合成分の使用
18
酸素含有化合物,例.金属カルボニル
20
酸化物;水酸化物
22
金属の
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
K
無機または非高分子有機物質の添加剤としての使用(ペイント,インキ,ワニス,染料,艶出剤,接着剤C09)
3
無機配合成分の使用
38
ほう素含有化合物
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
L
高分子化合物の組成物
101
不特定の高分子化合物の組成物
C 化学;冶金
22
冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
C
合金
38
鉄合金,例.合金鋼
C 化学;冶金
22
冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
C
合金
45
非晶質の合金
02
主成分として鉄を含むもの
H 電気
01
基本的電気素子
F
磁石;インダクタンス;変成器;それらの磁気特性による材料の選択
1
磁性材料を特徴とする磁石または磁性体その磁性特性のための材料の選択
01
無機材料
03
保磁力によって特徴づけられるもの
12
軟質磁性材料
14
金属または合金
147
組成に特徴のある合金
153
アモルファス合金,例.ガラス状の金属
H 電気
05
他に分類されない電気技術
K
印刷回路;電気装置の箱体または構造的細部,電気部品の組立体の製造
9
電場または磁場に対する装置または部品の遮へい
出願人:
株式会社リケン KABUSHIKI KAISHA RIKEN [JP/JP]; 東京都千代田区三番町8番地1 8-1, Sanbancho, Chiyoda-ku Tokyo 1028202, JP
発明者:
蔵前 雅規 KURAMAE Masaki; JP
代理人:
杉村 憲司 SUGIMURA Kenji; JP
優先権情報:
2017-17519312.09.2017JP
発明の名称: (EN) NEAR-FIELD NOISE-SUPPRESSION SHEET
(FR) FEUILLE DE SUPPRESSION DE BRUIT EN CHAMP PROCHE
(JA) 近傍界用ノイズ抑制シート
要約:
(EN) Provided is a fire-resistant near-field noise-suppression sheet wherein a rising frequency for a μ" distribution is present at 1 to 10 MHz and the μ" distribution spreads over to GHz bands. This near-field noise-suppression sheet is characterized by the inclusion of a base material comprising an organic material, a flat-shaped alloy powder held within the base material, and a fire-retardant dispersed within the base material, the alloy powder being an Fe100-X1-Y1(Si,P,C)X1CuY1 alloy powder (16 ≤ X1+Y1 ≤ 24, 14.5 ≤ X1 ≤ 24, 0 ≤ Y1 ≤ 1.5) and/or an Fe100-X2-Y2(Si,B,C)X2CuY2 alloy powder (16 ≤ X2+Y2 ≤ 24, 14.5 ≤ X2 ≤ 24, 0 ≤ Y2 ≤ 1.5), the phase structure thereof comprising non-crystalline phases only, or a phase wherein a non-crystalline phase and an α-Fe main body crystal phase are mixed, the mean particle diameter of the fire-retardant being 10 μm or smaller, and the density thereof being 2.5 g/cm3 or greater.
(FR) L'invention concerne une feuille de suppression de bruit en champ proche résistante au feu, une fréquence croissante pour une distribution μ" étant présente de 1 à 10 MHz et la distribution μ" se propageant aux bandes GHz. Cette feuille de suppression de bruit en champ proche est caractérisée par l'inclusion d'un matériau de base comprenant un matériau organique, d'une poudre d'alliage en forme plate maintenue à l'intérieur du matériau de base, et d'un agent ignifuge dispersé à l'intérieur du matériau de base, la poudre d'alliage étant une poudre d’alliage Fe100-X1-Y1(Si,P,C)X1CuY1 (16 ≤ X1+Y1 ≤ 24, 14,5 ≤ X1 ≤ 24, 0 ≤ Y1 ≤ 1,5) et/ou une poudre d’alliage Fe100-X2-Y2(Si,B,C)X2CuY2 (16 ≤ X2+Y2 ≤ 24, 14,5 ≤ X2 ≤ 24, 0 ≤ Y2 ≤ 1,5), dont la structure de phase comprend des phases non cristallines uniquement, ou une phase dans laquelle une phase non cristalline et une phase cristalline de corps principal α-Fe sont mélangées, le diamètre moyen des particules de l'agent ignifuge étant inférieur ou égal à 10 µm, et sa densité étant supérieure ou égale à 2,5 g/cm3.
(JA) μ"分散の立ち上がり周波数が1~10MHzに存在し、かつ、μ"分散がGHz帯域まで分布する難燃性の近傍界用ノイズ抑制シートを提供する。 本発明の近傍界用ノイズ抑制シートは、有機物からなる基材と、基材中に担持された偏平状の合金粉末と、基材中に分散した難燃剤と、を含み、前記合金粉末は、Fe100-X1-Y1(Si,P,C)X1CuY1の合金粉末(16≦X1+Y1≦24、14.5≦X1≦24、0≦Y1≦1.5)及び/又はFe100-X2-Y2(Si,B,C)X2CuY2の合金粉末(16≦X2+Y2≦24、14.5≦X2≦24、0≦Y2≦1.5)であり、その相構造は、非晶質相のみからなり、又は非晶質相とα-Fe主体の結晶相とが混在する相からなり、難燃剤の平均粒径が10μm以下であり、密度が2.5g/cm以上であることを特徴とする。
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)