このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2019050407) METHOD FOR PRODUCING LACTIC ACID
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2019/050407 国際出願番号: PCT/NL2018/050582
国際公開日: 14.03.2019 国際出願日: 07.09.2018
IPC:
C25B 3/02 (2006.01) ,C25B 3/00 (2006.01) ,C25B 1/04 (2006.01) ,C25B 1/30 (2006.01) ,C25B 9/08 (2006.01) ,C07C 51/02 (2006.01) ,C07C 51/285 (2006.01) ,C07C 59/08 (2006.01)
C 化学;冶金
25
電気分解または電気泳動方法;そのための装置
B
化合物または非金属の製造のための電気分解または電気泳動方法;そのための装置
3
有機化合物の電解製造
02
酸化による
C 化学;冶金
25
電気分解または電気泳動方法;そのための装置
B
化合物または非金属の製造のための電気分解または電気泳動方法;そのための装置
3
有機化合物の電解製造
C 化学;冶金
25
電気分解または電気泳動方法;そのための装置
B
化合物または非金属の製造のための電気分解または電気泳動方法;そのための装置
1
無機化合物または非金属の電解製造
02
水素または酸素
04
水の電気分解によるもの
C 化学;冶金
25
電気分解または電気泳動方法;そのための装置
B
化合物または非金属の製造のための電気分解または電気泳動方法;そのための装置
1
無機化合物または非金属の電解製造
28
過化合物
30
過酸化物
C 化学;冶金
25
電気分解または電気泳動方法;そのための装置
B
化合物または非金属の製造のための電気分解または電気泳動方法;そのための装置
9
槽または槽の組立体;槽の構造部品;構造部品の組立体,例.電極-隔膜の組立体
06
寸法が一定で固定電極からなる槽;その構造部品の組立体
08
隔膜を備えたもの
C 化学;冶金
07
有機化学
C
非環式化合物または炭素環式化合物
51
カルボン酸またはその塩,酸ハロゲン化物または酸無水物の製造
02
カルボン酸の塩から
C 化学;冶金
07
有機化学
C
非環式化合物または炭素環式化合物
51
カルボン酸またはその塩,酸ハロゲン化物または酸無水物の製造
16
酸化によるもの
285
過酸化物を用いるもの
C 化学;冶金
07
有機化学
C
非環式化合物または炭素環式化合物
59
非環式炭素原子に結合しているカルボキシル基およびOH,O―金属,―CHO,ケト,エーテル,「図」基,「図」基または「図」基のうちいずれかの基を含有する化合物
01
1個のカルボキシル基をもち,水酸基またはO―金属基を含有する飽和化合物
08
乳酸
出願人:
NEDERLANDSE ORGANISATIE VOOR TOEGEPAST-NATUURWETENSCHAPPELIJK ONDERZOEK TNO [NL/NL]; Anna van Buerenplein 1 2595 DA 's-Gravenhage, NL
発明者:
BISSELINK, Roel Johannes Martinus; NL
LATSUZBAIA, Roman; NL
ANASTASOPOL, Anca; NL
GOETHEER, Earl Lawrence Vincent; NL
代理人:
JANSEN, C.M.; V.O. P.O. Box 87930 2508 DH Den Haag, NL
優先権情報:
17190191.108.09.2017EP
発明の名称: (EN) METHOD FOR PRODUCING LACTIC ACID
(FR) PROCÉDÉ DE PRODUCTION D’ACIDE LACTIQUE
要約:
(EN) The invention is directed to a method for producing lactate. The method of the invention comprises electrochemically oxidising a catalyst at an anode, and using oxidised catalyst to oxidise propylene glycol and form lactate, thereby reducing the said oxidised catalyst.
(FR) La présente invention concerne un procédé de production de lactate. Le procédé de l’invention comprend l’oxydation électrochimique d’un catalyseur à une anode, et l’utilisation du catalyseur oxydé pour oxyder du propylène glycol et former du lactate, de façon à réduire ledit catalyseur oxydé.
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 英語 (EN)
国際出願言語: 英語 (EN)