このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2019050042) べと病抵抗性キャベツ及びその育成方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2019/050042 国際出願番号: PCT/JP2018/033573
国際公開日: 14.03.2019 国際出願日: 11.09.2018
IPC:
A01H 5/00 (2018.01) ,A01H 1/02 (2006.01) ,A01H 5/10 (2018.01) ,C12Q 1/6895 (2018.01) ,C12N 15/09 (2006.01)
A 生活必需品
01
農業;林業;畜産;狩猟;捕獲;漁業
H
新規植物またはそれらを得るための処理;組織培養技術による植物の増殖
5
開花植物,すなわち,被子植物
A 生活必需品
01
農業;林業;畜産;狩猟;捕獲;漁業
H
新規植物またはそれらを得るための処理;組織培養技術による植物の増殖
1
遺伝子型を改変するための処理
02
交配の方法または装置;人工授粉
A 生活必需品
01
農業;林業;畜産;狩猟;捕獲;漁業
H
新規植物またはそれらを得るための処理;組織培養技術による植物の増殖
5
開花植物,すなわち,被子植物
10
種子
[IPC code unknown for C12Q 1/6895]
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
15
突然変異または遺伝子工学;遺伝子工学に関するDNAまたはRNA,ベクター,例.プラスミド,またはその分離,製造または精製;そのための宿主の使用
09
組換えDNA技術
出願人:
株式会社サカタのタネ SAKATA SEED CORPORATION [JP/JP]; 神奈川県横浜市都筑区仲町台二丁目7番1号 2-7-1 Nakamachidai, Tsuzuki-ku, Yokohama-shi, Kanagawa 2240041, JP
発明者:
鈴木 隆夫 SUZUKI, Takao; JP
泉田 敦 IZUMIDA, Atsushi; JP
平本 哲也 HIRAMOTO, Tetsuya; JP
竹林 謙二 TAKEBAYASHI, Kenji; JP
代理人:
紺野 昭男 KONNO, Akio; JP
井波 実 INAMI, Minoru; JP
伊藤 武泰 ITO, Takeyasu; JP
田村 慶政 TAMURA, Yoshimasa; JP
優先権情報:
2017-17382311.09.2017JP
発明の名称: (EN) DOWNY MILDEW RESISTANT CABBAGE AND CULTIVATION METHOD THEREFOR
(FR) CHOU RÉSISTANT AU MILDIOU, ET PROCÉDÉ DE CULTURE DE CELUI-CI
(JA) べと病抵抗性キャベツ及びその育成方法
要約:
(EN) The present invention pertains to cabbage having resistance to downy mildew, or progeny thereof. The present invention also pertains to a cultivation method for downy mildew resistant cabbage, which involves introducing, to a desired cabbage, downy mildew resistance from a Brassica oleracea plant having resistance to downy mildew. The present invention provides a novel cabbage strain demonstrating high resistance to downy mildew and having a high commercial value as cabbage, and enables the cultivation of such cabbage.
(FR) L'invention concerne un chou présentant une résistance vis-à-vis du mildiou, ou la génération fille de celui-ci En outre, l'invention concerne un procédé de culture de chou résistant au mildiou qui inclut une étape au cours de laquelle des propriétés de résistance au mildiou provenant d'une plante de Brassica oleracea présentant une résistance vis-à-vis du mildiou, sont induites dans le chou souhaité. Ainsi, selon l'invention, il est possible de cultiver une nouvelle variété de chou et un tel chou qui tout en montrant une résistance vis-à-vis du mildiou, présentent une valeur marchande élevée en tant que choux.
(JA) 本発明は、べと病に対する抵抗性を有するキャベツ、またはその後代に関する。また本発明は、べと病に対する抵抗性を有するブラシカ・オレラセア植物から、べと病抵抗性を、所望のキャベツに導入することを含む、べと病抵抗性キャベツの育成方法に関する。本発明によれば、べと病に対して高い抵抗性を示しつつ、キャベツとして高い商品価値を有する新規なキャベツ系統およびそのようなキャベツを育成することができる。
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)