このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2019050041) リナロール含有無色透明飲料
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2019/050041 国際出願番号: PCT/JP2018/033545
国際公開日: 14.03.2019 国際出願日: 11.09.2018
IPC:
A23L 2/00 (2006.01) ,A23L 2/56 (2006.01)
A 生活必需品
23
食品または食料品;他のクラスに包含されないそれらの処理
L
A21DまたはA23BからA23Jまでに包含されない食品,食料品,または非アルコール性飲料;その調製または処理,例.加熱調理,栄養改善,物理的処理;食品または食料品の保存一般
2
非アルコール性飲料;その乾燥組成物または濃縮物;それらの調整
A 生活必需品
23
食品または食料品;他のクラスに包含されないそれらの処理
L
A21DまたはA23BからA23Jまでに包含されない食品,食料品,または非アルコール性飲料;その調製または処理,例.加熱調理,栄養改善,物理的処理;食品または食料品の保存一般
2
非アルコール性飲料;その乾燥組成物または濃縮物;それらの調整
52
成分を添加するもの
56
香味料または苦味剤
出願人:
サントリーホールディングス株式会社 SUNTORY HOLDINGS LIMITED [JP/JP]; 大阪府大阪市北区堂島浜2丁目1番40号 1-40, Dojimahama 2-chome, Kita-ku, Osaka-shi, Osaka 5308203, JP
発明者:
本坊 瑞穂 HOMBO, Mizuho; JP
安井 洋平 YASUI, Yohei; JP
水戸 美香 MITO, Mika; JP
指宿 大悟 IBUSUKI, Daigo; JP
友清 貴哉 TOMOKIYO, Takaya; JP
代理人:
小野 新次郎 ONO, Shinjiro; JP
山本 修 YAMAMOTO, Osamu; JP
宮前 徹 MIYAMAE, Toru; JP
中西 基晴 NAKANISHI, Motoharu; JP
梶田 剛 KAJITA, Tsuyoshi; JP
武田 健志 TAKEDA, Kenji; JP
優先権情報:
2017-17441111.09.2017JP
発明の名称: (EN) COLORLESS TRANSPARENT BEVERAGE CONTAINING LINALOOL
(FR) BOISSON INCOLORE ET TRANSPARENTE COMPRENANT UN LINALOL
(JA) リナロール含有無色透明飲料
要約:
(EN) The purpose of the present invention is to reduce the sensation of roughness on the tongue when drinking a colorless transparent beverage which contains linalool and has a pH of 4.0-7.0. At least one item selected from the group consisting of geraniol, methyl salicylate, β-damascenone, benzaldehyde, decanoic acid, lauric acid, butyric acid, octanoic acid, and palmitic acid is added to the beverage.
(FR) L'invention concerne une boisson incolore et transparente de pH compris entre 4,0 et 7,0 qui comprend un linalol, et a pour objet d'atténuer la sensation rapeuse sur la langue ressentie lors de la consommation. Au moins un élément choisi dans un groupe constitué d'un géraniol, d'un salicylate de méthyle, d'un β-damascénone, d'un benzaldéhyde, d'un acide caprique, d'un acide laurique, d'un acide butyrique, d'un acide octanoïque et d'un acide palmitique, est mélangé à cette boisson.
(JA) 本発明の課題は、リナロールを含有するpHが4.0~7.0の無色透明飲料において、飲用時に感じられる舌のざらつきを軽減することを目的とする。 ゲラニオール、サリチル酸メチル、β-ダマセノン、ベンズアルデヒド、デカン酸、ラウリン酸、ブチル酸、オクタン酸、およびパルミチン酸からなる群より選択される少なくとも一種を飲料に配合する。
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)