このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2019050017) バイオチップ用基体、バイオチップ、バイオチップの製造方法およびその保存方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2019/050017 国際出願番号: PCT/JP2018/033301
国際公開日: 14.03.2019 国際出願日: 07.09.2018
IPC:
G01N 33/543 (2006.01) ,G01N 33/545 (2006.01) ,G01N 37/00 (2006.01)
G 物理学
01
測定;試験
N
材料の化学的または物理的性質の決定による材料の調査または分析
33
グループ1/00から31/00に包含されない,特有な方法による材料の調査または分析
48
生物学的材料,例.血液,尿;血球計
50
生物学的材料,例.血液,尿,の化学分析;生物学的特異性を有する配位子結合方法を含む試験;免疫学的試験
53
免疫分析;生物学的特異的結合分析;そのための物質
543
免疫化学物質を固定化するための不溶性担体によるもの
G 物理学
01
測定;試験
N
材料の化学的または物理的性質の決定による材料の調査または分析
33
グループ1/00から31/00に包含されない,特有な方法による材料の調査または分析
48
生物学的材料,例.血液,尿;血球計
50
生物学的材料,例.血液,尿,の化学分析;生物学的特異性を有する配位子結合方法を含む試験;免疫学的試験
53
免疫分析;生物学的特異的結合分析;そのための物質
543
免疫化学物質を固定化するための不溶性担体によるもの
544
担体が有機物であるもの
545
合成樹脂
G 物理学
01
測定;試験
N
材料の化学的または物理的性質の決定による材料の調査または分析
37
このサブクラスの他のいずれのグループにも包含されない細部
出願人:
三菱瓦斯化学株式会社 MITSUBISHI GAS CHEMICAL COMPANY, INC. [JP/JP]; 東京都千代田区丸の内二丁目5番2号 5-2, Marunouchi 2-chome, Chiyoda-ku, Tokyo 1008324, JP
発明者:
澤野 恵梨香 SAWANO Erika; JP
高瀬 雄希 TAKASE Yuki; JP
田代 英夫 TASHIRO Hideo; JP
田代 朋子 TASHIRO Tomoko; JP
代理人:
小林 浩 KOBAYASHI Hiroshi; JP
杉山 共永 SUGIYAMA Tomohisa; JP
三橋 規樹 MITSUHASHI Motoki; JP
鈴木 康仁 SUZUKI Yasuhito; JP
優先権情報:
2017-17245307.09.2017JP
2017-17245407.09.2017JP
発明の名称: (EN) SUBSTRATE FOR BIOCHIP, BIOCHIP, METHOD FOR MANUFACTURING BIOCHIP, AND METHOD FOR PRESERVING BIOCHIP
(FR) SUBSTRAT POUR BIOPUCE, BIOPUCE, PROCÉDÉ DE FABRICATION DE BIOPUCE ET PROCÉDÉ DE CONSERVATION DE BIOPUCE
(JA) バイオチップ用基体、バイオチップ、バイオチップの製造方法およびその保存方法
要約:
(EN) The purpose of the present invention is to provide a substrate for a biochip, a biochip, a method for manufacturing a biochip, and a method for preserving a biochip. The present invention pertains to a biochip having: a substrate having a hydrophilic reaction area; and a spot for a substance to be fixed that includes a biomaterial, the spot being disposed in the reaction area; the reaction area being enclosed by boundaries capable of retaining a liquid on the inner sides, and the spot furthermore including a thickening agent and/or a surfactant. The present invention also pertains to a method for manufacturing said biochip.
(FR) L’objectif de la présente invention est de fournir un substrat pour une biopuce, une biopuce, un procédé de fabrication d’une biopuce, et un procédé de conservation d’une biopuce. La présente invention concerne une biopuce comportant : un substrat ayant une zone de réaction hydrophile ; et un point pour une substance à fixer qui comprend un biomatériau, le point étant disposé dans la zone de réaction ; la zone de réaction étant entourée par des limites capables de retenir un liquide sur les côtés internes, et le point comprenant en outre un agent épaississant et/ou un tensioactif. La présente invention concerne en outre un procédé de fabrication de ladite biopuce.
(JA) 本発明は、バイオチップ用基体、バイオチップ、バイオチップの製造方法、およびその保存方法を提供することを目的とする。本発明は、親水性の反応エリアを有する基体と、前記反応エリアに配置された、生体物質を含む被固定化物質のスポットとを有し、前記反応エリアは、その内側に液体を保持することが可能な境界で包囲されており、前記スポットは増粘剤および/または界面活性剤をさらに含む、バイオチップおよびその製造方法に関する。
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)