このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2019049917) フラックス
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2019/049917 国際出願番号: PCT/JP2018/032958
国際公開日: 14.03.2019 国際出願日: 06.09.2018
IPC:
B23K 35/363 (2006.01) ,B23K 35/26 (2006.01) ,C22C 13/00 (2006.01)
B 処理操作;運輸
23
工作機械;他に分類されない金属加工
K
ハンダ付またはハンダ離脱;溶接;ハンダ付または溶接によるクラッドまたは被せ金;局部加熱による切断,例.火炎切断:レーザービームによる加工
35
ハンダ付,溶接または切断のために用いられる溶加棒,溶接電極,材料,媒剤
22
材料の組成または性質を特徴とするもの
36
非金属組成物の選定,例.被覆,フラックス;非金属組成物の選定に関連するハンダ付け材料または溶接材料の選定,両者の選定に関係するもの
362
フラックス組成物の選定
363
ハンダ付けまたはろうづけ用のもの
B 処理操作;運輸
23
工作機械;他に分類されない金属加工
K
ハンダ付またはハンダ離脱;溶接;ハンダ付または溶接によるクラッドまたは被せ金;局部加熱による切断,例.火炎切断:レーザービームによる加工
35
ハンダ付,溶接または切断のために用いられる溶加棒,溶接電極,材料,媒剤
22
材料の組成または性質を特徴とするもの
24
適当なハンダ付材料または溶接材料の選定
26
主成分が400°C以下の融点をもつもの
C 化学;冶金
22
冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
C
合金
13
すず基合金
出願人:
千住金属工業株式会社 SENJU METAL INDUSTRY CO., LTD. [JP/JP]; 東京都足立区千住橋戸町23番地 23, Senju-Hashido-cho, Adachi-ku, Tokyo 1208555, JP
発明者:
川中子 知久 KAWANAGO Tomohisa; JP
平岡 美幸 HIRAOKA Miyuki; JP
西▲崎▼ 貴洋 NISHIZAKI Takahiro; JP
児島 直克 KOJIMA Naokatsu; JP
川▲崎▼ 浩由 KAWASAKI Hiroyoshi; JP
代理人:
特許業務法人山口国際特許事務所 YAMAGUCHI INTERNATIONAL PATENT FIRM; 東京都台東区上野3-3-8 ワイゼムビル2F A号室 Waizemu Building 2F #A, 3-3-8, Ueno, Taito-ku, Tokyo 1100005, JP
優先権情報:
2017-17127406.09.2017JP
発明の名称: (EN) FLUX
(FR) FLUX
(JA) フラックス
要約:
(EN) Provided is a flux which enables improvement of solderability, while maintaining activeness by suppressing the formation of an ester by a reaction between an organic acid and a hydroxy group of an alcohol that is contained in a solvent. A flux which contains from 40 mass% to 90 mass% (inclusive) of water, from 2 mass% to 15 mass% (inclusive) of an organic acid, and more than 0 mass% but 48 mass% or less of a solvent that has a hydroxy group, and which is configured such that the content ratio of carboxylic acid ester units that are esterified by the organic acid and the hydroxy group contained in the solvent is from 0 unit mol% to 50 unit mol% (inclusive) if the molar mass% of organic acid carboxyl group units in the organic acid is taken as 100 unit mol%.
(FR) L'invention concerne un flux permettant d'améliorer la soudabilité, tout en maintenant l'activité par suppression de la formation d'un ester par une réaction entre un acide organique et un groupe hydroxy d'un alcool qui est contenu dans un solvant. Un flux qui contient de 40 % en masse à 90 % en masse (inclusivement) d'eau, de 2 % en masse à 15 % en masse (inclusivement) d'un acide organique, et plus de 0 % en masse mais 48 % en masse ou moins d'un solvant qui a un groupe hydroxy, et qui est configuré de telle sorte que le rapport de teneur en unités d'ester d'acide carboxylique qui sont estérifiées par l'acide organique et le groupe hydroxy contenu dans le solvant soit de 0 à 50 % en moles d'unité (inclusivement) si le % en masse molaire d'unités de groupe carboxyle d'acide organique dans l'acide organique est pris en tant que 100 % en moles d'unité.
(JA) 有機酸と、溶剤に含まれるアルコールのヒドロキシ基とが反応してエステルを形成すること抑制して活性を維持するとともに、はんだ付け性を良好にするフラックスを提供する。 水を40質量%以上90質量%以下、有機酸を2質量%以上15質量%以下、ヒドロキシ基を有する溶剤を0質量%超48質量%以下含有し、有機酸が有する有機酸カルボキシル基ユニットのモル質量%を100ユニットモル%としたときに、溶剤に含まれるヒドロキシ基と有機酸とによってエステル化したカルボン酸エステルユニットの含有割合が0ユニットモル%以上50ユニットモル%以下である。
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)