このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2019049883) ブラインドリベット及び封止構造
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2019/049883 国際出願番号: PCT/JP2018/032842
国際公開日: 14.03.2019 国際出願日: 05.09.2018
IPC:
F16B 19/10 (2006.01) ,F16B 13/06 (2006.01) ,B21J 15/00 (2006.01)
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
B
構造部材または機械部品同志の締め付けまたは固定のための装置,例.くぎ,ボルト,サークリップ,クランプ,クリップまたはくさび;継ぎ手または接続
19
ねじ山をもたないボルト;変形できる要素を含むピン;リベット
04
リベット;差し込みまたはリベット締めによる同様な締め付け
08
中空リベット;多部材からなるリベット
10
拡張機構をもつ締め付け
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
B
構造部材または機械部品同志の締め付けまたは固定のための装置,例.くぎ,ボルト,サークリップ,クランプ,クリップまたはくさび;継ぎ手または接続
13
ジベル,または固着のため壁またはその類似のものに設けられた穴にそう入されてそれらに取り付けられるその他の装置
04
前方からそう入した壁の裏側後方または穴に握り締め部をもつもの
06
拡張スリーブをもつ接続
B 処理操作;運輸
21
本質的には材料の除去が行なわれない機械的金属加工;金属の打抜き
J
鍛造;ハンマーリング;プレス;リベット締め;鍛造炉
15
リベット締め
出願人:
ニューフレイ リミテッド ライアビリティ カンパニー NEWFREY LLC [US/US]; コネチカット州ニュー ブリテン スタンリー ドライヴ 1000 1000 Stanley Drive, New Britain, Connecticut 06053, US
ポップリベット・ファスナー株式会社 NIPPON POP RIVETS AND FASTENERS LTD. [JP/JP]; 東京都千代田区紀尾井町3番6号 3-6 Kioicho, Chiyoda-ku, Tokyo 1020094, JP (TT)
発明者:
牧野 敬範 MAKINO Takanori; JP
代理人:
田中 伸一郎 TANAKA Shinichiro; JP
弟子丸 健 DESHIMARU Takeshi; JP
▲吉▼田 和彦 YOSHIDA Kazuhiko; JP
大塚 文昭 OHTSUKA Fumiaki; JP
西島 孝喜 NISHIJIMA Takaki; JP
須田 洋之 SUDA Hiroyuki; JP
上杉 浩 UESUGI Hiroshi; JP
近藤 直樹 KONDO Naoki; JP
那須 威夫 NASU Takeo; JP
優先権情報:
2017-17186807.09.2017JP
発明の名称: (EN) BLIND RIVET AND SEALING STRUCTURE
(FR) RIVET AVEUGLE ET STRUCTURE D'ÉTANCHÉITÉ
(JA) ブラインドリベット及び封止構造
要約:
(EN) The present invention relates to a blind rivet having sufficient airtightness and watertightness with a single blind rivet. This blind rivet (1) is provided with a rivet body (10) and a mandrel (30). The rivet body (10) has a flange (16), a flange taper portion (15), and a sleeve, and has a bottomed hole (18) formed at the bottom of the sleeve from the surface of the flange (16). The mandrel (30) has a head portion (31), a head taper portion (32), a U-shaped groove portion (33) with a U-shaped groove, a breakable portion (35) and a circular column portion (37). The head portion (31) of the mandrel (30) is disposed at the bottom of the bottomed hole (18) of the rivet body (10) and a shaft portion extends from the upper surface of the flange (16) of the rivet body (10). The sleeve of the rivet body (10) has an uneven portion (13) of an uneven shape, and the head portion (31) of the mandrel (30) is held at the bottom of the bottomed hole (18) of the rivet body (10) by the uneven portion (13). The mandrel (30) is pulled out and the diameter of the sleeve is enlarged by the head taper portion (32) to seal a base body between an enlarged diameter portion (21) and the flange.
(FR) L'invention concerne un rivet aveugle présentant une étanchéité à l'air et une étanchéité à l'eau suffisantes avec un seul rivet aveugle. Ce rivet aveugle (1) comprend un corps de rivet (10) et un mandrin (30). Le corps de rivet (10) comprend une bride (16), une partie conique (15) de la bride, et un manchon, et comporte un trou de fond (18) formé au fond du manchon depuis la surface de la bride (16). Le mandrin (30) comprend une partie tête (31), une partie conique (32) de la tête, une partie rainure en U (33) comportant une rainure en U, une partie cassable (35) et une partie colonne circulaire (37). La partie tête (31) du mandrin (30) est disposée au fond du trou de fond (18) du corps de rivet (10); et une partie arbre s'étend de la surface supérieure de la bride (16) du corps de rivet (10). Le manchon du corps de rivet (10) présente une partie irrégulière (13) de forme irrégulière, et la partie tête (31) du mandrin (30) est retenue au fond du trou de fond (18) du corps de rivet (10) par la partie irrégulière (13). Le mandrin (30) est retiré et le diamètre du manchon est agrandi par la partie conique (32) de la tête pour sceller un corps de base entre une partie de diamètre agrandi (21) et la bride.
(JA) ブラインドリベット単体で十分な気密性、水密性が得られるブラインドリベット。 ブラインドリベット(1)は、リベット本体(10)と、マンドレル(30)とを備える。 リベット本体は、フランジ(16)と、フランジテーパ部(15)と、スリーブとを有し、フランジの表面からスリーブの底部に有底孔(18)が形成される。 マンドレルは、頭部(31)と、頭部テーパ部(32)と、U形状の溝が形成されたU溝部(33)と、破断可能部(35)と、円柱部(37)を有する。 マンドレルの頭部は、リベット本体の有底孔の底部に配置され、軸部は、リベット本体のフランジの上面から延び出る。 リベット本体のスリーブは、凹凸形状の凹凸部(13)を有し、マンドレルの頭部は、凹凸部により、リベット本体の有底孔の底部に保持される。マンドレルを引き抜き、頭部テーパ部により、スリーブを拡径させて拡径部(21)とフランジの間に基体を封止する。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)