このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2019049800) 垂直軸風車の増速機
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2019/049800 国際出願番号: PCT/JP2018/032489
国際公開日: 14.03.2019 国際出願日: 31.08.2018
IPC:
F16H 1/06 (2006.01) ,F03D 15/00 (2016.01) ,F16C 19/36 (2006.01) ,F16C 19/54 (2006.01) ,F16C 33/66 (2006.01) ,F16H 57/04 (2010.01) ,F16N 9/02 (2006.01) ,F16N 31/00 (2006.01)
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
H
伝動装置
1
回転運動伝達用歯車伝動装置
02
遊星運動をする歯車がないもの
04
ただ2つの相互にかみ合う部材を含むもの
06
平行な軸をもつもの
[IPC code unknown for F03D 15]
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
C
軸;たわみ軸;たわみ被覆の中で運動を伝達するための機械的な手段;クランク軸機構の要素;ピボット;枢着;伝動装置,継ぎ手,クラッチまたはブレーキ要素以外の回転工学の要素;軸受
19
専ら回転運動のためのころがり軸受
22
1列またはそれ以上の列の中に実質的に同じ大きさのころをもつもの,例.針状ころ軸受
34
ラジアル荷重およびアキシァル荷重用
36
単列のころをもつもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
C
軸;たわみ軸;たわみ被覆の中で運動を伝達するための機械的な手段;クランク軸機構の要素;ピボット;枢着;伝動装置,継ぎ手,クラッチまたはブレーキ要素以外の回転工学の要素;軸受
19
専ら回転運動のためのころがり軸受
54
ころがり摩擦をもつ複数の軸受からなる方式
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
C
軸;たわみ軸;たわみ被覆の中で運動を伝達するための機械的な手段;クランク軸機構の要素;ピボット;枢着;伝動装置,継ぎ手,クラッチまたはブレーキ要素以外の回転工学の要素;軸受
33
軸受部品;軸受または軸受部品の特別な製造方法(金属加工または類似の操作は関係クラスを参照)
30
玉軸受またはころ軸受の部品
66
潤滑からみた特別な部品または細部
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
H
伝動装置
57
伝動装置の一般的な細部
04
潤滑または冷却に関して特徴があるもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
N
潤滑
9
動く油つぼまたはそれに相当するものから油または特定しない潤滑剤を供給するための装置
02
回転する部材の中または上に油つぼをもつもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
N
潤滑
31
機械または装置の中または上で潤滑剤を集め保持し,または除くための手段
出願人:
NTN株式会社 NTN CORPORATION [JP/JP]; 大阪府大阪市西区京町堀1丁目3番17号 3-17, Kyomachibori 1-chome, Nishi-ku, Osaka-shi, Osaka 5500003, JP
発明者:
小野 広平 ONO, Kouhei; JP
近藤 博光 KONDOU, Hiromitsu; JP
代理人:
杉本 修司 SUGIMOTO, Shuji; JP
野田 雅士 NODA, Masashi; JP
堤 健郎 TSUTSUMI, Takeo; JP
優先権情報:
2017-17074406.09.2017JP
発明の名称: (EN) SPEED-INCREASING GEAR FOR VERTICAL SHAFT WINDMILL
(FR) ENGRENAGE D'AUGMENTATION DE VITESSE POUR ÉOLIENNE À ARBRE VERTICAL
(JA) 垂直軸風車の増速機
要約:
(EN) A speed-increasing gear (1) has an input shaft (2) and an output shaft (3) that are vertically arranged in parallel with each other, and an input-side gear (4) and an output-side gear (5) that are respectively provided to these shafts are engaged with each other. The input shaft (2) is rotatably supported in a housing (11) by upper and lower bearings (6, 7), and the output shaft (3) is rotatably supported in the housing (11) by upper and lower bearings (8, 9). Bearing lids (12, 13) for covering the lower ends of the lower bearings (7, 9) together with the lower ends of the input shaft (2) and the output shaft (3), are attached to the lower surface of the housing (11). The upper bearings (6, 8) and the lower bearings (7, 9) are conical roller bearings which are combined with each other at the fronts. A communication hole (16) for connecting space (15) in the bearing lids with space (14) in the housing, is provided to the lower wall (11b) of the housing (11).
(FR) Un engrenage d'augmentation de vitesse (1) comporte un arbre d'entrée (2) et un arbre de sortie (3) qui sont disposés verticalement en parallèle l'un par rapport à l'autre, et un engrenage côté entrée (4) et un engrenage côté sortie (5) qui sont respectivement fournis à ces arbres sont engrenés l'un avec l'autre. L'arbre d'entrée (2) est maintenu en rotation dans un boîtier (11) par des paliers supérieur et inférieur (6, 7), et l'arbre de sortie (3) est maintenu en rotation dans le boîtier (11) par des paliers supérieur et inférieur (8, 9). Des couvercles de palier (12, 13) destinés à recouvrir les extrémités inférieures des paliers inférieurs (7, 9) conjointement avec les extrémités inférieures de l'arbre d'entrée (2) et de l'arbre de sortie (3), sont fixés à la surface inférieure du boîtier (11). Les paliers supérieurs (6, 8) et les paliers inférieurs (7, 9) sont des paliers à rouleaux coniques qui sont combinés les uns aux autres au niveau des avants. Un trou de communication (16) destiné à relier l'espace (15) à l'intérieur des couvercles de palier avec l'espace (14) à l'intérieur du boîtier, est ménagé sur la paroi inférieure (11b) du boîtier (11).
(JA) 増速機(1)は、互いに平行に縦向きに配置された入力軸(2)および出力軸(3)を有し、これら各軸にそれぞれ設けられた入力側ギヤ(4)と出力側ギヤ(5)とが互いに噛み合う。入力軸(2)は上側および下側の軸受(6,7)によりハウジング(11)に回転自在に支持され、出力軸(3)は上側および下側の軸受(8,9)によりハウジング(11)に回転自在に支持される。ハウジング(11)の下面に、下側軸受(7,9)の下端を入力軸(2)および出力軸(3)の下端と共に覆う軸受蓋(12,13)が取り付けられる。上側軸受(6,8)と下側軸受(7,9)とは互いに正面組合せの円すいころ軸受である。軸受蓋内の空間(15)をハウジング内の空間(14)に連通させる連通孔(16)がハウジング(11)の下側壁部(11b)に設けられている。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)