このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2019049768) 無アルカリガラス基板の製造方法及び無アルカリガラス基板
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2019/049768 国際出願番号: PCT/JP2018/032147
国際公開日: 14.03.2019 国際出願日: 30.08.2018
IPC:
C03B 5/225 (2006.01) ,C03C 3/083 (2006.01) ,C03C 3/085 (2006.01) ,C03C 3/087 (2006.01) ,C03C 3/091 (2006.01) ,C03C 3/093 (2006.01) ,C03C 3/097 (2006.01) ,G09F 9/30 (2006.01)
C 化学;冶金
03
ガラス;鉱物またはスラグウール
B
ガラス、鉱物またはスラグウールの製造または成形;または、ガラス、鉱物またはスラグウールの製造または成形における補助プロセス
5
溶融窯における溶融;ガラス製造専用窯
16
溶融プロセスの特徴;ガラス溶融窯に特に適する補助手段
225
清澄
C 化学;冶金
03
ガラス;鉱物またはスラグウール
C
ガラス,うわ薬またはガラス質ほうろうの化学組成;ガラスの表面処理;ガラス,鉱物またはスラグからの繊維またはフィラメントの表面処理;ガラスのガラスまたは他物質への接着
3
ガラスの組成物
04
シリカを含むもの
076
重量比で40%から90%シリカを有するもの
083
酸化アルミニウムまたは鉄化合物を含むもの
C 化学;冶金
03
ガラス;鉱物またはスラグウール
C
ガラス,うわ薬またはガラス質ほうろうの化学組成;ガラスの表面処理;ガラス,鉱物またはスラグからの繊維またはフィラメントの表面処理;ガラスのガラスまたは他物質への接着
3
ガラスの組成物
04
シリカを含むもの
076
重量比で40%から90%シリカを有するもの
083
酸化アルミニウムまたは鉄化合物を含むもの
085
二価金属の酸化物を含むもの
C 化学;冶金
03
ガラス;鉱物またはスラグウール
C
ガラス,うわ薬またはガラス質ほうろうの化学組成;ガラスの表面処理;ガラス,鉱物またはスラグからの繊維またはフィラメントの表面処理;ガラスのガラスまたは他物質への接着
3
ガラスの組成物
04
シリカを含むもの
076
重量比で40%から90%シリカを有するもの
083
酸化アルミニウムまたは鉄化合物を含むもの
085
二価金属の酸化物を含むもの
087
酸化カルシウムを含むもの,例.通常の板ガラスまたは容器ガラス
C 化学;冶金
03
ガラス;鉱物またはスラグウール
C
ガラス,うわ薬またはガラス質ほうろうの化学組成;ガラスの表面処理;ガラス,鉱物またはスラグからの繊維またはフィラメントの表面処理;ガラスのガラスまたは他物質への接着
3
ガラスの組成物
04
シリカを含むもの
076
重量比で40%から90%シリカを有するもの
089
ほう素を含むもの
091
アルミニウムを含むもの
C 化学;冶金
03
ガラス;鉱物またはスラグウール
C
ガラス,うわ薬またはガラス質ほうろうの化学組成;ガラスの表面処理;ガラス,鉱物またはスラグからの繊維またはフィラメントの表面処理;ガラスのガラスまたは他物質への接着
3
ガラスの組成物
04
シリカを含むもの
076
重量比で40%から90%シリカを有するもの
089
ほう素を含むもの
091
アルミニウムを含むもの
093
亜鉛またはジルコニウムを含むもの
C 化学;冶金
03
ガラス;鉱物またはスラグウール
C
ガラス,うわ薬またはガラス質ほうろうの化学組成;ガラスの表面処理;ガラス,鉱物またはスラグからの繊維またはフィラメントの表面処理;ガラスのガラスまたは他物質への接着
3
ガラスの組成物
04
シリカを含むもの
076
重量比で40%から90%シリカを有するもの
097
りん,ニオブまたはタンタルを含むもの
G 物理学
09
教育;暗号方法;表示;広告;シール
F
表示;広告;サイン;ラベルまたはネームプレート;シール
9
情報が個別素子の選択または組合わせによって支持体上に形成される可変情報用の指示装置
30
必要な文字が個々の要素を組み合わせることによって形成されるもの
出願人:
日本電気硝子株式会社 NIPPON ELECTRIC GLASS CO., LTD. [JP/JP]; 滋賀県大津市晴嵐二丁目7番1号 7-1, Seiran 2-chome, Otsu-shi, Shiga 5208639, JP
発明者:
林 昌宏 HAYASHI Masahiro; JP
長谷川 徹 HASEGAWA Toru; JP
櫻林 達 SAKURABAYASHI Toru; JP
代理人:
特許業務法人 信栄特許事務所 SHIN-EI PATENT FIRM, P.C.; 東京都港区西新橋一丁目7番13号 虎ノ門イーストビルディング8階 Toranomon East Bldg. 8F, 7-13, Nishi-Shimbashi 1-chome, Minato-ku, Tokyo 1050003, JP
優先権情報:
2017-17022705.09.2017JP
2017-19672210.10.2017JP
PCT/JP2018/02912202.08.2018JP
発明の名称: (EN) METHOD FOR PRODUCING ALKALI-FREE GLASS SUBSTRATE, AND ALKALI-FREE GLASS SUBSTRATE
(FR) PROCÉDÉ DE PRODUCTION D'UN SUBSTRAT EN VERRE SANS ALCALI ET SUBSTRAT EN VERRE SANS ALCALI
(JA) 無アルカリガラス基板の製造方法及び無アルカリガラス基板
要約:
(EN) Provided are: an alkali-free glass substrate which has high strain point, while having excellent bubble quality; and a method for producing this alkali-free glass substrate. A method for producing an alkali-free glass substrate according to the present invention is characterized by comprising: a batch preparation step wherein a starting material batch is prepared to be an alkali-free glass that has a glass composition containing, in mass%, 50-80% of SiO2, 15-30% of Al2O3, 0-4.5% of B2O3, 0-10% of MgO, 0-15% of CaO, 0-10% of SrO, 0-15% of BaO, 0-5% of ZnO, 0-5% of ZrO2, 0-5% of TiO2, 0-15% of P2O5 and 0-0.5% of SnO2; a melting step wherein the thus-prepared starting material batch is melted; a refining step wherein the molten glass is refined; and a molding step wherein the refined glass is molded into a plate. This method for producing an alkali-free glass substrate is also characterized in that the starting material batch is melted so that the bubble diameter enlargement initiation temperature of the thus-obtained glass is lower than the highest temperature during the refining step.
(FR) L'invention concerne : un substrat de verre sans alcali qui présente un point de trempe élevé, tout en présentant une excellente qualité de bulle ; et un procédé de production de ce substrat en verre sans alcali. Un procédé de production d'un substrat en verre sans alcali selon la présente invention est caractérisé en ce qu'il comprend : une étape de préparation par lots dans laquelle un lot de matière première est préparé pour être un verre sans alcali qui présente une composition de verre contenant, en % en masse, 50-80 % de SiO2, 15-30 % d'Al2O3, 0-4,5 % de B2O3, 0-10 % de MgO, 0-15 % de CaO, 0-10 % de SrO, 0-15 % de BaO, 0-5 % de ZnO, 0-5 % de ZrO2, 0-5 % de TiO2, 0-15 % de P2O5 et 0-0,5% de SnO2 ; une étape de fusion dans laquelle le lot de matière première ainsi préparé est fondu ; une étape de raffinage dans laquelle le verre fondu est raffiné ; et une étape de moulage dans laquelle le verre raffiné est moulé en une plaque. Ce procédé de production d'un substrat en verre sans alcali est également caractérisé en ce que le lot de matière première est fondu de telle sorte que la température d'initiation d'agrandissement de diamètre de bulle du verre ainsi obtenu est inférieure à la température la plus élevée pendant l'étape de raffinage.
(JA) 歪点が高く、しかも泡品位に優れた無アルカリガラス基板と、その製造方法を提供する。 ガラス組成として、質量%で、SiO 50~80%、Al 15~30%、B 0~4.5%、MgO 0~10%、CaO 0~15%、SrO 0~10%、BaO 0~15%、ZnO 0~5%、ZrO 0~5%、TiO 0~5%、P 0~15%、SnO 0~0.5%を含有する無アルカリガラスとなるように原料バッチを調製するバッチ調製工程と、調製した原料バッチを溶融する溶融工程と、溶融されたガラスを清澄する清澄工程と、清澄されたガラスを板状に成形する成形工程とを含み、清澄工程における最高温度より、得られるガラスの泡径拡大開始温度が低くなるように原料バッチを溶融することを特徴とする。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)