このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2019049738) 内燃機関のピストン、内燃機関のピストンの膜厚測定方法、及び内燃機関のピストンの製造方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2019/049738 国際出願番号: PCT/JP2018/031858
国際公開日: 14.03.2019 国際出願日: 29.08.2018
IPC:
F02F 3/00 (2006.01) ,F02F 3/02 (2006.01) ,F02F 3/10 (2006.01) ,F16J 1/01 (2006.01)
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
02
燃焼機関;熱ガスまたは燃焼生成物を利用する機関設備
F
燃焼機関のシリンダ,ピストンまたはケーシング;燃焼機関の密封装置の構成
3
ピストン
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
02
燃焼機関;熱ガスまたは燃焼生成物を利用する機関設備
F
燃焼機関のシリンダ,ピストンまたはケーシング;燃焼機関の密封装置の構成
3
ピストン
02
熱膨張を調節または制御する手段があるもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
02
燃焼機関;熱ガスまたは燃焼生成物を利用する機関設備
F
燃焼機関のシリンダ,ピストンまたはケーシング;燃焼機関の密封装置の構成
3
ピストン
10
表面被覆のあるもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
J
ピストン;シリンダ;圧力容器一般;密封装置
1
ピストン;トランクピストン;プランジャ
01
特殊な材料の使用によって特徴づけられたもの
出願人:
日立オートモティブシステムズ株式会社 HITACHI AUTOMOTIVE SYSTEMS, LTD. [JP/JP]; 茨城県ひたちなか市高場2520番地 2520, Takaba, Hitachinaka-shi, Ibaraki 3128503, JP
発明者:
高橋 智一 TAKAHASHI, Norikazu; JP
代理人:
小野 新次郎 ONO, Shinjiro; JP
星野 修 HOSHINO, Osamu; JP
優先権情報:
2017-17084806.09.2017JP
発明の名称: (EN) INTERNAL COMBUSTION ENGINE PISTON, METHOD FOR MEASURING FILM THICKNESS OF INTERNAL COMBUSTION ENGINE PISTON, AND MANUFACTURING METHOD FOR INTERNAL COMBUSTION ENGINE PISTON
(FR) PISTON DE MOTEUR À COMBUSTION INTERNE, PROCÉDÉ DE MESURE DE L'ÉPAISSEUR DE FILM D'UN PISTON DE MOTEUR À COMBUSTION INTERNE, ET PROCÉDÉ DE FABRICATION POUR PISTON DE MOTEUR À COMBUSTION INTERNE
(JA) 内燃機関のピストン、内燃機関のピストンの膜厚測定方法、及び内燃機関のピストンの製造方法
要約:
(EN) This piston is provided with a piston body and a film. The film has a film body and a film thickness measurement recess. The film thickness measurement recess is opened toward a combustion chamber, and has a bottom section, an opening edge section, and a peripheral wall section lying between the bottom section and the opening edge section. At least some portions of the opening edge section and of the peripheral wall section are composed of the film body. At least a portion of the bottom section has a film thickness measurement reference surface where the film body is absent.
(FR) L'invention concerne un piston pourvu d'un corps de piston et d'un film. Le film présente un corps de film et un évidement de mesure d'épaisseur de film. L'évidement de mesure d'épaisseur de film est ouvert vers une chambre de combustion, et comporte une section inférieure, une section bord d'ouverture, et une section paroi périphérique située entre la section inférieure et la section bord d'ouverture. Au moins certaines parties de la section bord d'ouverture et de la section paroi périphérique sont composées du corps de film. Au moins une partie de la section inférieure a une surface de référence de mesure d'épaisseur de film au niveau de laquelle le corps de film est absent.
(JA) ピストンは、ピストン本体部と膜を備える。膜は、膜本体部及び膜厚測定用凹部を有する。膜厚測定用凹部は、燃焼室に向かって開口しており、底部、開口縁部、及び底部と開口縁部との間の周壁部を有する。開口縁部及び周壁部の少なくとも一部は膜本体部からなる。底部は、少なくとも一部に膜本体部が存在しない膜厚測定用基準面を有する。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)