このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2019049687) バスバーアッセンブリ
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2019/049687 国際出願番号: PCT/JP2018/031315
国際公開日: 14.03.2019 国際出願日: 24.08.2018
IPC:
H01B 7/00 (2006.01) ,B05D 5/12 (2006.01) ,B05D 7/14 (2006.01) ,H01B 13/00 (2006.01)
H 電気
01
基本的電気素子
B
ケーブル;導体;絶縁体;導電性,絶縁性または誘導性特性に対する材料の選択
7
形を特徴とする絶縁導体またはケーブル
B 処理操作;運輸
05
霧化または噴霧一般;液体または他の流動性材料の表面への適用一般
D
液体または他の流動性材料を表面に適用する方法一般
5
特別の表面効果,表面仕上げまたは表面構造を得るために液体または他の流動性材料を表面に適用する方法
12
特別な電気的特性を有する塗膜を得るためのもの
B 処理操作;運輸
05
霧化または噴霧一般;液体または他の流動性材料の表面への適用一般
D
液体または他の流動性材料を表面に適用する方法一般
7
液体または他の流動性材料を特定の表面に適用するかまたは特定の液体または他の流動性材料を適用するのに特に適した,フロック加工以外の,方法
14
金属に適用するもの,例.自動車車体
H 電気
01
基本的電気素子
B
ケーブル;導体;絶縁体;導電性,絶縁性または誘導性特性に対する材料の選択
13
導体またはケーブルを製造するために特に使用する装置または方法
出願人:
サンコール株式会社 SUNCALL CORPORATION [JP/JP]; 京都府京都市右京区梅津西浦町14番地 14, Umezu Nishiura-cho, Ukyo-ku, Kyoto-shi, Kyoto 6158555, JP
発明者:
中川 雅也 NAKAGAWA Masaya; JP
代理人:
特許業務法人アローレインターナショナル ARAWORE INTERNATIONAL IP LAW FIRM; 大阪府大阪市中央区北浜2-6-26 大阪グリーンビル8階 Osaka Green Bldg. 8F, 6-26, Kitahama 2-chome, Chuo-ku, Osaka-shi, Osaka 5410041, JP
優先権情報:
2017-17288408.09.2017JP
発明の名称: (EN) BUS BAR ASSEMBLY
(FR) ENSEMBLE BARRE OMNIBUS
(JA) バスバーアッセンブリ
要約:
(EN) A bus bar assembly according to the present invention has: a first bus bar of a conductive metal plate; a second bus bar of a conductive metal plate disposed on the same plane as the first bus bar in a state in which a gap is present between the second bus bar and the opposing side surface of the first bus bar; and an insulation resin layer filled in the gap and connecting the opposing side surfaces of the first and second bus bars. Preferably, at least one of the opposing side surfaces of the first and second bus bars is an inclined surface that approaches the other side surfaces of the first and second bus bars progressively from one side to the other side in the thickness direction.
(FR) Un ensemble barre omnibus selon la présente invention comprend : une première barre omnibus d'une plaque métallique conductrice ; une seconde barre omnibus d'une plaque métallique conductrice disposée sur le même plan que la première barre omnibus dans un état dans lequel un espace est présent entre la seconde barre omnibus et la surface latérale opposée de la première barre omnibus ; et une couche de résine isolante remplissant l'espace et reliant les surfaces latérales opposées des première et seconde barres omnibus. De préférence, au moins une des surfaces latérales opposées des première et seconde barres omnibus est une surface inclinée qui s'approche des autres surfaces latérales des première et seconde barres omnibus progressivement d'un côté à l'autre côté dans la direction de l'épaisseur.
(JA) 本発明に係るバスバーアッセンブリは、導電性金属平板の第1バスバーと、導電性金属平板の第2バスバーであって、前記第1バスバーの対向側面との間に間隙が存する状態で前記第1バスバーと同一平面内に配置された第2バスバーと、前記間隙内に充填され、前記第1及び第2バスバーの対向側面を連結する絶縁性樹脂層とを有している。好ましくは、前記第1及び第2バスバーの少なくとも一方の対向側面は厚み方向一方側から他方側へ行くに従って前記第1及び第2バスバーの他方に近接する傾斜面とされる。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)