このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2019049680) レーダ装置およびそれを備える自動車
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2019/049680 国際出願番号: PCT/JP2018/031254
国際公開日: 14.03.2019 国際出願日: 23.08.2018
IPC:
G01S 13/34 (2006.01) ,G01S 13/42 (2006.01) ,H01Q 3/22 (2006.01) ,H01Q 21/06 (2006.01) ,G01S 7/02 (2006.01)
G 物理学
01
測定;試験
S
無線による方位測定;無線による航行;電波の使用による距離または速度の決定;電波の反射または再輻射を用いる位置測定または存在探知;その他の波を用いる類似の装置
13
電波の反射または再放射を使用する方式,例.レーダ方式;波長または波の性質が無関係または不特定の波の反射または再放射を使用する類似の方式
02
電波の反射を使用する方式,例.一次レーダ方式;類似の方式
06
対象物の位置データを決定する方式
08
距離のみを測定するための方式
32
非変調連続波,振幅変調連続波,周波数変調連続波,または位相変調連続波を送信するもの
34
周波数変調波を送信し,受信信号,またはそれから導かれる信号が,同時に発生された送信信号に関連する局部発生信号とヘテロダインされてうなり周波数の信号を発生させるもの
G 物理学
01
測定;試験
S
無線による方位測定;無線による航行;電波の使用による距離または速度の決定;電波の反射または再輻射を用いる位置測定または存在探知;その他の波を用いる類似の装置
13
電波の反射または再放射を使用する方式,例.レーダ方式;波長または波の性質が無関係または不特定の波の反射または再放射を使用する類似の方式
02
電波の反射を使用する方式,例.一次レーダ方式;類似の方式
06
対象物の位置データを決定する方式
42
距離とその他の座標との同時測定
H 電気
01
基本的電気素子
Q
空中線
3
空中線または空中線系から放射される電波の指向特性の方向または形を変えるための構成
22
放射電波の周波数の変化に従って指向方向を変えるもの
H 電気
01
基本的電気素子
Q
空中線
21
空中線配列または系
06
同一方向に偏波された間隔を置いて配置された個々に励振された空中線単位の配列
G 物理学
01
測定;試験
S
無線による方位測定;無線による航行;電波の使用による距離または速度の決定;電波の反射または再輻射を用いる位置測定または存在探知;その他の波を用いる類似の装置
7
グループ13/00,15/00,17/00による方式の細部
02
グループ13/00による方式のもの
出願人:
株式会社村田製作所 MURATA MANUFACTURING CO., LTD. [JP/JP]; 京都府長岡京市東神足1丁目10番1号 10-1, Higashikotari 1-chome, Nagaokakyo-shi, Kyoto 6178555, JP
発明者:
柏木 克久 KASHIWAGI Katsuhisa; JP
湯浅 敦之 YUASA Atsuyuki; JP
代理人:
峯岸 武司 MINEGISHI Takeshi; JP
優先権情報:
2017-17068905.09.2017JP
発明の名称: (EN) RADAR DEVICE AND AUTOMOBILE PROVIDED WITH SAME
(FR) DISPOSITIF RADAR ET AUTOMOBILE COMPRENANT CE DERNIER
(JA) レーダ装置およびそれを備える自動車
要約:
(EN) Provided is a radar device and an automobile provided with the same, with which it is possible for an angle of elevation or depression of a target object to be measured accurately and inexpensively using a simple circuit, without using a detecting circuit or an AD conversion circuit having high time resolution. A transmission signal wave Stx modulated by means of multilevel FSK is transmitted from a transmission antenna Tx, and a reflected wave that is reflected back by a target object 7 is received by reception antennas Rx(1), ..., Rx(n-1), Rx(n) as a received signal wave Srx. By employing multilevel FSK as the modulation scheme, a beat frequency between the received signal wave Srx from the target object 7 and the transmission signal wave Stx is the Doppler frequency of the target object 7. Therefore, the angle of elevation or depression φ of the target object 7 is calculated by a calculator 6 from the frequency fi of the transmission signal wave Stx, and not from the frequency of the received signal wave as in the past.
(FR) L'invention concerne un dispositif radar et une automobile comprenant de dernier, grâce auquel il est possible qu'un angle d'élévation ou de dépression d'un objet cible soit mesuré de manière précise et peu coûteuse à l'aide d'un circuit simple, sans utiliser un circuit de détection ou un circuit de conversion analogique-numérique présentant une résolution temporelle élevée. Une onde de signal de transmission Stx modulée au moyen d'une FSK multiniveau est émise à partir d'une antenne de transmission Tx, et une onde réfléchie qui est réfléchie par un objet cible (7) est reçue par des antennes de réception Rx(1), ..., Rx(n-1), Rx(n) en tant qu'onde de signal reçu Srx. Par l'utilisation de la FSK multiniveau en tant que schéma de modulation, une fréquence de battement entre l'onde de signal reçu Srx en provenance de l'objet cible (7) et l'onde de signal de transmission Stx constitue la fréquence Doppler de l'objet cible (7). Ainsi, l'angle d'élévation ou de dépression φ de l'objet cible (7) est calculé par un calculateur (6) à partir de la fréquence fi de l'onde de signal de transmission Stx, et non à partir de la fréquence de l'onde de signal reçu comme dans le passé.
(JA) 時間分解能の高い検知回路やAD変換回路を使うことなく、簡単な回路で安価に目標物の仰俯角を精度良く測定できるレーダ装置、およびそれを備える自動車を提供する。多値のFSKによって変調した送信信号波Stxが送信アンテナTxから送信され、目標物7で反射して戻る反射波が受信信号波Srxとして受信アンテナRx(1),…,Rx(n-1),Rx(n)に受信される。変調方式として多値FSKを用いることにより、目標物7からの受信信号波Srxと送信信号波Stxとのビート周波数は目標物7のドップラー周波数となる。したがって、目標物7の仰俯角φは、従来の受信信号波の周波数ではなく、送信信号波Stxの周波数fから、演算器6によって演算される。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)