このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2019049660) ポンプ装置
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2019/049660 国際出願番号: PCT/JP2018/030899
国際公開日: 14.03.2019 国際出願日: 22.08.2018
IPC:
F04C 2/344 (2006.01) ,F04C 14/22 (2006.01) ,F04C 15/00 (2006.01)
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
04
液体用容積形機械;液体または圧縮性流体用ポンプ
C
液体用回転ピストンまたは揺動ピストン容積形機械;回転ピストンまたは揺動ピストン容積形ポンプ
2
回転ピストン機械またはポンプ
30
グループ2/02,2/08,2/22,2/24の2つ以上のグループに包含される特徴をもつもの,またはこれらのグループの1つに包含される特徴をもち,さらに共動部材間の他の運動形式を合せもつもの
34
グループ2/08または2/22に規定された運動および共動部材間の相対的な往復運動の両方をするもの
344
内側部材については往復運動するベーンをもつもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
04
液体用容積形機械;液体または圧縮性流体用ポンプ
C
液体用回転ピストンまたは揺動ピストン容積形機械;回転ピストンまたは揺動ピストン容積形ポンプ
14
機械,ポンプまたはポンプ装置の制御,監視,またはこれに向けた保安装置
18
作動室の容積を変化させることに特徴のあるもの
22
共動部材間の偏心率を変更することに特徴のあるもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
04
液体用容積形機械;液体または圧縮性流体用ポンプ
C
液体用回転ピストンまたは揺動ピストン容積形機械;回転ピストンまたは揺動ピストン容積形ポンプ
15
機械,ポンプまたはポンプ装置の部品,細部,または付属品で,2/00から14/00に分類されないもの
出願人:
日立オートモティブシステムズ株式会社 HITACHI AUTOMOTIVE SYSTEMS, LTD. [JP/JP]; 茨城県ひたちなか市高場2520番地 2520, Takaba, Hitachinaka-shi, Ibaraki 3128503, JP
発明者:
中園 智彦 NAKAZONO, Tomohiko; JP
内田 由紀雄 UCHIDA, Yukio; JP
村松 聡 MURAMATSU, Satoshi; JP
代理人:
小林 博通 KOBAYASHI, Hiromichi; JP
富岡 潔 TOMIOKA, Kiyoshi; JP
高嶋 一彰 TAKASHIMA, Kazuaki; JP
優先権情報:
2017-17188407.09.2017JP
発明の名称: (EN) PUMP DEVICE
(FR) DISPOSITIF DE TYPE POMPE
(JA) ポンプ装置
要約:
(EN) This pump device is provided with a first bearing (B1) and a second bearing (B2) which rotatably support a drive shaft that rotationally drives a pump element. The first bearing (B1) has a first lubrication groove (B1c). The second bearing (B2) has a second lubrication groove (B2c). The cross-sectional area (SB2c) of a cross-sectional surface, perpendicular to the rotation axis line (14a), of the second lubrication groove (B2c) is formed larger than the cross-sectional area (SB1c) of a cross-sectional surface, perpendicular to the rotation axis line (14a), of the first lubrication groove (B1c).
(FR) L'invention concerne un dispositif de type pompe pourvu d'un premier palier (B1) et d'un second palier (B2) qui supportent de manière rotative un arbre d'entraînement qui entraîne en rotation un élément de pompe. Le premier palier (B1) présente une première rainure de lubrification (B1c). Le second palier (B2) présente une seconde rainure de lubrification (B2c). La zone de section transversale (SB2c) d'une surface de section transversale, perpendiculaire à la ligne d'axe de rotation (14a), de la seconde rainure de lubrification (B2c) est formée plus grande que la zone de section transversale (SB1c) d'une surface de section transversale, perpendiculaire à la ligne d'axe de rotation (14a), de la première rainure de lubrification (B1c).
(JA) ポンプ装置は、ポンプ要素を回転駆動する駆動軸を回転可能に支持する第1軸受(B1)と第2軸受(B2)とを備える。第1軸受(B1)は第1潤滑溝(B1c)を有する。第2軸受(B2)は第2潤滑溝(B2c)を有する。第2潤滑溝(B2c)の回転軸線(14a)に対する直交断面の断面積(SB2c)は第1潤滑溝(B1c)の回転軸線(14a)に対する直交断面の断面積(SB1c)よりも大きく形成される。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)