このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2019049591) スピン流磁化反転素子及びスピン軌道トルク型磁気抵抗効果素子
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2019/049591 国際出願番号: PCT/JP2018/029754
国際公開日: 14.03.2019 国際出願日: 08.08.2018
IPC:
H01L 29/82 (2006.01) ,H01L 21/8239 (2006.01) ,H01L 27/105 (2006.01) ,H01L 43/08 (2006.01) ,H01L 43/12 (2006.01) ,H03B 15/00 (2006.01)
H 電気
01
基本的電気素子
L
半導体装置,他に属さない電気的固体装置
29
整流,増幅,発振またはスイッチングに特に適用される半導体装置であり,少なくとも1つの電位障壁または表面障壁を有するもの;少なくとも1つの電位障壁または表面障壁,例.PN接合空乏層またはキャリア集中層,を有するコンデンサーまたは抵抗器;半導体本体または電極の細部整流,増幅,発振またはスイッチングに特に適用される半導体装置であり,少なくとも1つの電位障壁または表面障壁を有するもの;少なくとも1つの電位障壁または表面障壁,例.PN接合空乏層またはキャリア集中層,を有するコンデンサーまたは抵抗器;半導体本体または電極の細部(31/00~47/00,51/05が優先;半導体本体または電極以外の細部23/00;1つの共通基板内または上に形成された複数の固体構成部品からなる装置27/00
66
半導体装置の型
82
装置に印加される磁界の変化によって制御可能なもの
H 電気
01
基本的電気素子
L
半導体装置,他に属さない電気的固体装置
21
半導体装置または固体装置またはそれらの部品の製造または処理に特に適用される方法または装置
70
1つの共通基板内または上に形成された複数の固体構成部品または集積回路からなる装置またはその特定部品の製造または処理;集積回路装置またはその特定部品の製造
77
1つの共通基板内または上に形成される複数の固体構成部品または集積回路からなる装置の製造または処理
78
複数の別個の装置に基板を分割することによるもの
82
それぞれが複数の構成部品からなる装置,例.集積回路の製造
822
基板がシリコン技術を用いる半導体であるもの
8232
電界効果技術
8234
MIS技術
8239
メモリ構造
H 電気
01
基本的電気素子
L
半導体装置,他に属さない電気的固体装置
27
1つの共通基板内または上に形成された複数の半導体構成部品または他の固体構成部品からなる装置
02
整流,発振,増幅またはスイッチングに特に適用される半導体構成部品を含むものであり,少なくとも1つの電位障壁または表面障壁を有するもの;少なくとも1つの電位障壁または表面障壁を有する集積化された受動回路素子を含むもの
04
基板が半導体本体であるもの
10
複数の個々の構成部品を反復した形で含むもの
105
電界効果構成部品を含むもの
H 電気
01
基本的電気素子
L
半導体装置,他に属さない電気的固体装置
43
電流磁気効果またはこれに類似な磁気効果を利用した装置;それらの装置またはその部品の製造または処理に特に適用される方法または装置
08
磁界制御抵抗
H 電気
01
基本的電気素子
L
半導体装置,他に属さない電気的固体装置
43
電流磁気効果またはこれに類似な磁気効果を利用した装置;それらの装置またはその部品の製造または処理に特に適用される方法または装置
12
これらの装置またはそれらの部品の製造または処理に特に適用される方法または装置
H 電気
03
基本電子回路
B
振動の発生,直接のまたは周波数変換による振動の発生,スイッチング動作を行なわない能動素子を用いた回路による振動の発生;このような回路による雑音の発生
15
電流磁気効果装置,例.ホール効果装置,を用いた振動の発生,または超伝導効果を用いた振動の発生
出願人:
TDK株式会社 TDK CORPORATION [JP/JP]; 東京都中央区日本橋二丁目5番1号 2-5-1, Nihonbashi, Chuo-ku, Tokyo 1036128, JP
発明者:
佐々木 智生 SASAKI Tomoyuki; JP
塩川 陽平 SHIOKAWA Yohei; JP
代理人:
棚井 澄雄 TANAI Sumio; JP
荒 則彦 ARA Norihiko; JP
飯田 雅人 IIDA Masato; JP
荻野 彰広 OGINO Akihiro; JP
優先権情報:
2017-17239907.09.2017JP
発明の名称: (EN) SPIN CURRENT MAGNETIZATION REVERSAL ELEMENT AND SPIN ORBIT TORQUE TYPE MAGNETIC RESISTANCE EFFECT ELEMENT
(FR) ÉLÉMENT D'INVERSION DE MAGNÉTISATION DE COURANT DE SPIN ET ÉLÉMENT À EFFET DE RÉSISTANCE MAGNÉTIQUE DE TYPE COUPLAGE SPIN-ORBITE
(JA) スピン流磁化反転素子及びスピン軌道トルク型磁気抵抗効果素子
要約:
(EN) This spin current magnetization reversal element (10) comprises a spin orbit torque wiring (2) extending in a first direction (X), and a first ferromagnetic layer (1) disposed in a second direction (Z) intersecting with the first direction of the spin orbit torque wiring. The spin orbit torque wiring has a first surface (2a) located to the side whereon the first ferromagnetic layer is disposed, and a second surface (2b) to the side facing away from the first surface. On the first surface and outside of a first region (2A) wherein the first ferromagnetic layer is disposed, the spin orbit torque wiring has second regions (2B), which are recessed toward the second surface with respect to the first region.
(FR) Cet élément d'inversion de magnétisation de courant de spin (10) comprend un câblage de couplage spin-orbite (2) s'étendant dans une première direction (X), et une première couche ferromagnétique (1) disposée dans une seconde direction (Z) croisant la première direction du câblage de couplage spin-orbite. Le câblage de couplage spin-orbite a une première surface (2a) située du côté sur lequel est disposée la première couche ferromagnétique, et une seconde surface (2b) du côté opposé à la première surface. Sur la première surface et à l'extérieur d'une première région (2A) dans laquelle est disposée la première couche ferromagnétique, le câblage de couplage spin-orbite comporte des secondes régions (2B), qui sont en retrait vers la seconde surface par rapport à la première région.
(JA) このスピン流磁化反転素子(10)は、第1方向(X)に延在するスピン軌道トルク配線(2)と、前記スピン軌道トルク配線の前記第1方向と交差する第2方向(Z)に配置された第1強磁性層(1)と、を備え、前記スピン軌道トルク配線は、前記第1強磁性層が配置された側に位置する第1面(2a)、及び前記第1面と反対側の第2面(2b)とを有し、前記スピン軌道トルク配線は、前記第1面において、前記第1強磁性層が配置された第1領域(2A)の外に、前記第1領域より前記第2面側に凹む第2領域(2B)を有する。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)