このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2019049300) 燃焼方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2019/049300 国際出願番号: PCT/JP2017/032407
国際公開日: 14.03.2019 国際出願日: 08.09.2017
IPC:
F23C 1/12 (2006.01) ,F23C 5/08 (2006.01) ,F23D 17/00 (2006.01) ,F23K 5/00 (2006.01)
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
23
燃焼装置;燃焼方法
C
液体燃料あるいは空気中に浮遊する固体燃料を用いる燃焼方法または装置
1
2またはそれ以上の種類の燃料を同時にまたは交互に燃焼することに特に適した燃焼装置であって,その燃料のうち少なくとも1種類は液体燃料あるいは空気中に浮遊する固体燃料であるもの
12
気体および粉状燃料
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
23
燃焼装置;燃焼方法
C
液体燃料あるいは空気中に浮遊する固体燃料を用いる燃焼方法または装置
5
バーナの配置または据え付けに特徴がある燃焼装置
08
バーナの配置
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
23
燃焼装置;燃焼方法
D
バーナ
17
ガス状または液体または粉状の燃料を同時にあるいは交互に燃焼させるバーナ
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
23
燃焼装置;燃焼方法
K
燃焼装置への燃料の供給
5
その他の燃料の燃焼装置への供給または分配
出願人:
中国電力株式会社 THE CHUGOKU ELECTRIC POWER CO., INC. [JP/JP]; 広島県広島市中区小町4番33号 4-33, Komachi, Naka-ku, Hiroshima-shi, Hiroshima 7308701, JP
発明者:
谷川 博昭 TANIGAWA Hiroaki; JP
和田 泰孝 WADA Yasutaka; JP
大内 優 OOUCHI Yuu; JP
田中 輝夫 TANAKA Teruo; JP
代理人:
正林 真之 SHOBAYASHI Masayuki; JP
林 一好 HAYASHI Kazuyoshi; JP
優先権情報:
発明の名称: (EN) COMBUSTION METHOD
(FR) PROCÉDÉ DE COMBUSTION
(JA) 燃焼方法
要約:
(EN) Provided is a combustion method that minimizes incomplete combustion and the generation of nitrogen oxides. In this combustion method, combustion is performed in a thermal power house 1 that generates electricity by combusting pulverized coal and ammonia in a boiler 6. The mixed burning ratio of the ammonia to the pulverized coal used in combustion in the boiler 6 is 0.8% or greater.
(FR) L'invention concerne un procédé de combustion qui réduit au minimum la combustion incomplète et la production d'oxydes d'azote. Dans ce procédé de combustion, la combustion est effectuée dans une centrale thermique (1) qui produit de l'électricité par combustion de charbon pulvérisé et d'ammoniac dans une chaudière (6). Le rapport de combustion mixte de l'ammoniac au charbon pulvérisé utilisés dans la combustion dans la chaudière (6) est supérieur ou égal à 0,8 %.
(JA) 窒素酸化物の発生や不完全燃焼を極力抑える燃焼方法を提供する。 本発明の燃焼方法は、微粉炭及びアンモニアをボイラ6において燃焼させて発電を行う火力発電設備1で実行される燃焼方法であって、ボイラ6での燃焼に用いられるアンモニアの微粉炭との混焼率が、0.8%以上である。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)