このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2019045070) 温感物品
Document

明 細 書

発明の名称 温感物品

技術分野

0001  

背景技術

0002  

先行技術文献

特許文献

0003  

発明の概要

発明が解決しようとする課題

0004  

課題を解決するための手段

0005  

発明の効果

0006  

図面の簡単な説明

0007  

発明を実施するための形態

0008   0009   0010   0011   0012   0013   0014   0015   0016   0017   0018   0019   0020   0021   0022   0023   0024   0025   0026   0027   0028   0029   0030   0031   0032   0033   0034   0035   0036   0037   0038   0039   0040   0041   0042   0043   0044   0045   0046   0047   0048   0049   0050   0051   0052   0053   0054   0055   0056   0057   0058   0059   0060   0061   0062   0063   0064   0065   0066   0067   0068   0069   0070   0071   0072   0073   0074   0075   0076   0077   0078   0079   0080   0081   0082   0083   0084   0085   0086   0087   0088   0089   0090   0091   0092   0093   0094   0095   0096   0097   0098   0099   0100   0101   0102   0103   0104   0105   0106   0107   0108   0109   0110   0111   0112   0113   0114   0115   0116   0117   0118   0119   0120   0121   0122   0123   0124   0125   0126   0127   0128   0129   0130   0131   0132   0133   0134   0135   0136   0137   0138   0139   0140   0141   0142   0143   0144   0145   0146   0147   0148   0149   0150   0151   0152   0153   0154   0155   0156   0157   0158   0159   0160   0161   0162   0163   0164   0165   0166   0167   0168   0169   0170   0171   0172   0173   0174   0175   0176   0177   0178   0179   0180   0181   0182   0183   0184   0185   0186   0187   0188   0189   0190   0191   0192   0193   0194   0195   0196   0197   0198   0199   0200   0201   0202   0203   0204   0205   0206   0207   0208   0209   0210   0211   0212   0213   0214   0215   0216   0217   0218   0219   0220   0221   0222   0223   0224   0225   0226   0227   0228   0229   0230   0231   0232   0233   0234   0235   0236   0237   0238   0239   0240   0241   0242   0243   0244   0245   0246   0247   0248   0249   0250   0251   0252   0253   0254   0255   0256   0257   0258   0259   0260   0261   0262   0263   0264   0265   0266   0267   0268   0269   0270   0271   0272   0273   0274   0275   0276   0277   0278   0279   0280   0281   0282   0283   0284   0285   0286   0287   0288   0289   0290   0291   0292   0293   0294   0295   0296   0297   0298   0299   0300   0301   0302   0303   0304   0305   0306   0307   0308   0309   0310   0311   0312   0313   0314  

実施例

0315   0316   0317   0318   0319   0320   0321   0322   0323   0324   0325   0326   0327   0328  

符号の説明

0329  

請求の範囲

1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   11   12   13   14   15   16  

図面

1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   11   12   13   14   15   16   17   18   19   20   21   22   23   24   25   26   27  

明 細 書

発明の名称 : 温感物品

技術分野

[0001]
 本開示は、温感物品に関する。

背景技術

[0002]
 着用者に温感を付与することができる吸収性物品が知られている。
 例えば、特許文献1には、快適性を向上させることを目的とした、着用者によって知覚される外部条件を作り出す必要なしに着用者に知覚を伝えることのできる剤を含む、吸収性物品、好ましくは衛生使い捨て吸収性物品が記載されている。
 また、特許文献1の段落[0040]には、好ましい剤として、加温剤が挙げられ、そして当該加温剤は、物品の着用者の身体面上における温度変化を作り出す必要なしに、温度受容器(すなわち、温熱)を刺激することができることが記載されている。

先行技術文献

特許文献

[0003]
特許文献1 : 特表2004-528090号公報

発明の概要

発明が解決しようとする課題

[0004]
 本願発明者が確認したところ、特許文献1に記載されるような加温剤は、鉄粉等の発熱剤と比較して、所望の温度を感じるまでの時間(温熱感知時間)が長くなる傾向があり、着用者が痒みを覚える傾向があることが分かった。
 従って、本開示は、着用者が痒みを覚えにくい温感物品を提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

[0005]
 本願発明者らは、液透過性シートと、液不透過性シートとを備える温感物品であって、上記温感物品が、TRPチャネルを活性化する温感剤と、溶媒とを含む温感溶液を含む温感領域を備えており、上記温感領域が、着用者に痒みを覚えさせにくくするように構成されていることを特徴とする温感物品を見出した。

発明の効果

[0006]
 本開示の温感物品は、着用者が痒みを覚えにくい。

図面の簡単な説明

[0007]
[図1] 図1は、開示Aの第1実施形態に従う生理用ナプキン1の平面図である。
[図2] 図2は、開示Aの第1実施形態に従う生理用ナプキン1の分解斜視図である。
[図3] 図3は、開示Aの第1実施形態に従う生理用ナプキン1の着用状態を示す図である。
[図4] 図4は、開示Aの第2実施形態に従うショーツ型生理用ナプキン101を説明するための図である。
[図5] 図5は、開示Aの第3実施形態に従う使い捨ておむつ201を説明するための図である。
[図6] 図6は、開示Aの第4実施形態に従う温感シート301が個包装された温感シートの個包装体303の斜視図である。
[図7] 図7は、開示Aの第4実施形態に従う温感シート301の斜視図である。
[図8] 図8は、開示Aの第4実施形態に従う温感シート301の分解斜視図である。
[図9] 図9は、開示Aの第4実施形態に従う温感シート301の着用状態を示す図である。
[図10] 図10は、開示Bの第1実施形態に従う生理用ナプキン401の斜視図である。
[図11] 図11は、開示Bの第1実施形態に従う生理用ナプキン401の分解斜視図である。
[図12] 図12は、補助シート413の平面図である。
[図13] 図13は、図12のXIII-XIII断面における補助シート413の断面図である。
[図14] 図14は、開示Bの第1実施形態に従う生理用ナプキン401の着用状態を示す図である。
[図15] 図15は、開示Bの第2実施形態に従うショーツ型生理用ナプキン501を説明するための図である。
[図16] 図16は、開示Bの第3実施形態に従う使い捨ておむつ601を説明するための図である。
[図17] 図17は、開示Bの第4実施形態に従う温感シート701が個包装された温感シートの個包装体703の斜視図である。
[図18] 図18は、開示Bの第4実施形態に従う温感シート701の斜視図である。
[図19] 図19は、開示Bの第4実施形態に従う温感シート701の分解斜視図である。
[図20] 図20は、補助シート709の平面図である。
[図21] 図21は、開示Bの第4実施形態に従う温感シート701の着用状態を示す図である。
[図22] 図22は、開示Cの第1実施形態に従う生理用ナプキン801の平面図である。
[図23] 図23は、生理用ナプキン801の分解斜視図である。
[図24] 図24は、生理用ナプキン801の内側温感領域819及び内側温感領域820と、外側温感領域821及び外側温感領域822と、中央温感領域823とを説明するための図である。
[図25] 図25は、生理用ナプキン801の着用状態を示す図である。
[図26] 図26は、開示Cの第2実施形態に従うショーツ型生理用ナプキン901を説明するための図である。
[図27] 図27は、開示Cの第3実施形態に従う使い捨ておむつ1001を説明するための図である。

発明を実施するための形態

[0008]
 本開示は、以下の態様を含む。
[態様1]
 液透過性シートと、液不透過性シートとを備える温感物品であって、
 上記温感物品が、TRPチャネルを活性化する温感剤と、溶媒とを含む温感溶液を含む温感領域を備えており、
 上記温感領域が、着用者に痒みを覚えさせにくくするように構成されている、
 ことを特徴とする、上記温感物品。
[0009]
 上記温感物品では、温感領域が、着用者に痒みを覚えさせにくくするように構成されているので、着用者が痒みを覚えにくい。
[0010]
 また、本開示は、以下の開示A(態様A群)、開示B(態様B)、及び開示C(態様C群)をさらに含む。
<開示A(態様A群)>
[態様A1]
 液透過性シートと、液不透過性シートとを備える温感物品であって、
 上記温感物品が、TRPチャネルを活性化する温感剤と、TRPチャネルを活性化する冷感剤と、溶媒とを含む温感溶液を含む温感領域を備えることを特徴とする、
 上記温感物品。
[0011]
 本願発明者が確認したところ、温感剤を含む温感物品は、発熱剤(例えば、鉄粉)を含む発熱物品と比較して、着用の初期、具体的には、所望の温度を感じるまでの時間(以下、当該時間を、「温熱感知時間」と称する)が長くなる傾向にあり、当該温熱感知時間に、着用者が痒みを覚えやすいことが分かった。
[0012]
 上記温感物品は、TRPチャネルを活性化する温感剤と、TRPチャネルを活性化する冷感剤と、溶媒とを含む温感溶液を含む温感領域を備えるため、着用者が、上記温熱感知時間に、温感領域と接している部分及びその周辺部に痒みを覚えにくい。
 なお、上記温感剤により、着用者の肌の、温感剤に接していた温感剤接触部分のTRPチャネルが活性化される結果、交感神経系を介して、温感剤接触部分から熱が生じ、着用者の肌の、温感剤接触部分の温度を上昇させることが期待される。
[0013]
[態様A2]
 上記温感剤がTRPV1レセプターに対するアゴニストであり、上記冷感剤がTRPM8レセプターに対するアゴニストである、態様A1に記載の温感物品。
 上記温感物品では、温感剤がTRPV1レセプターに対するアゴニストであり、そして冷感剤がTRPM8レセプターに対するアゴニストであるため、使用の際に、着用者が、初めに、TRPM8レセプターの活性化温度閾値である、25~28℃の温度を感じ、次いで、TRPV1レセプターの活性化温度閾値である、43℃超の温度を感じることができる。その結果、上記温感物品では、上記温熱感知時間に、冷感を覚えつつ、着用者が痒みを感じにくいとともに、上記温熱感知時間の後に、十分な温感を覚えることができる。
[0014]
[態様A3]
 上記溶媒が、親油性溶媒である、態様A1又はA2に記載の温感物品。
 本願発明者が確認したところ、温感溶液を構成する溶媒が親油性溶媒である場合には、温感溶液を構成する溶媒が親水性溶媒、例えば、水である場合と比較して、上記温熱感知時間が長くなる傾向があり、当該長い温熱感知時間により痒みを覚えやすいことが分かった。
 上記温感物品は、所定の温感剤及び所定の冷感剤を含む温感溶液を含む温感領域を備えるため、上記温熱感知時間に着用者が痒みを覚えにくい。また、上記温感物品が、吸収体を備える吸収性物品である場合には、上記溶媒が親油性溶媒であるため、温感領域の温感溶液が吸収体に移動しにくく、そして着用者に温感を付与すべき温感溶液の温感効率が低下しにくい。
[0015]
[態様A4]
 上記温感溶液が、上記温感剤及び上記冷感剤を、20:1~1:10の質量比で含む、態様A1~A3のいずれか一項に記載の温感物品。
 上記温感物品では、温感溶液が、温感剤及び冷感剤を所定の比率で含むため、着用者が、温熱感知時間に痒みを感じにくいとともに、冷感を覚えにくく且つ温感を覚えやすい。
[0016]
[態様A5]
 上記温感物品が、上記液透過性シート及び液不透過性シートの間の吸収体をさらに備え、厚さ方向及び幅方向を有する吸収性物品であり、上記温感領域が、上記吸収体と、上記厚さ方向に重複しない位置に配置されている、態様A1~A4のいずれか一項に記載の温感物品。
[0017]
 温感剤が、吸収体と、温感物品(吸収性物品)の厚さ方向に重複しない位置、すなわち、排泄口当接域の周辺部分に配置されていると、温感剤が排泄口当接域に配置されている場合と比較して、着用者が、温熱感知時間により痒みを覚えやすい傾向がある。上記温感物品(吸収性物品)は、吸収体と、上記厚さ方向に重複しない位置に、温感領域を備えるため、着用者の下腹部(着用者が女性の場合には、子宮等)に温感を付与することができるとともに、着用者に上記温熱感知時間に痒みを覚えさせにくい。
[0018]
[態様A6]
 上記温感領域が、着用者の下腹部に相当する位置且つ上記吸収体よりも上記幅方向に広い領域に配置されている、態様A5に記載の温感物品。
 上記温感物品では、温感領域が所定の範囲に配置されているため、着用者の子宮に相当する部分を温めることができる一方で、着用者が痒みを覚えにくい。
[0019]
[態様A7]
 上記温感物品が、上記幅方向に延びる幅方向折軸にて上記長手方向に折畳まれており、上記幅方向折軸が、上記温感物品の展開状態において、上記温感領域と、上記厚さ方向において重複するように配置されている、態様A6に記載の温感物品。
[0020]
 上記温感物品では、幅方向折軸が、温感物品の展開状態において、温感領域と厚さ方向に重複するように配置されている。温感領域の、幅方向折軸と重複する部分である幅方向折軸重複部分の資材(液透過性シート、補助シート等)の資材密度が、温感領域の、幅方向折軸と重複していない幅方向折軸非重複部分の資材密度と比較して高くなるため、幅方向折軸重複部分の温感溶液の量(坪量)が、幅方向折軸非重複部分の温感溶液の量(坪量)よりも多くなる傾向がある。
[0021]
 従って、上記温感物品では、温感領域の幅方向折軸重複部分が、骨盤内リンパ節(内腸骨節、閉鎖節、外腸骨節、前仙骨節、総腸骨節、基靱帯節、仙骨節、鼠径上節、傍大動脈節等)、鼠径リンパ節(浅鼠径節、深鼠径節等)等に温感を付与することができ、それらの温度を上昇させ、それらにマッサージ効果を付与することが期待される。
[0022]
[態様A8]
 上記温感物品が、上記長手方向に延びる、一対の長手方向折軸にて上記幅方向に折畳まれており、上記一対の長手方向折軸が、上記温感物品の展開状態において、上記吸収体よりも上記幅方向の外側且つ上記温感領域と、上記厚さ方向において重複するように配置されている、態様A6又はA7に記載の温感物品。
[0023]
 上記温感物品では、一対の長手方向折軸が、温感物品の展開状態において、温感領域と厚さ方向に重複するように配置されている。温感領域の、一対の長手方向折軸のそれぞれと重複する部分である長手方向折軸重複部分の資材(液透過性シート、補助シート等)の資材密度が、温感領域の、一対の長手方向折軸と重複していない長手方向折軸非重複部分の資材密度と比較して高くなるため、長手方向折軸重複部分の温感溶液の量(坪量)が、長手方向折軸非重複部分の温感溶液の量(坪量)よりも多くなる傾向がある。
[0024]
 従って、上記温感物品では、温感領域の長手方向折軸重複部分が、骨盤内リンパ節(内腸骨節、閉鎖節、外腸骨節、前仙骨節、総腸骨節、基靱帯節、仙骨節、鼠径上節、傍大動脈節等)、鼠径リンパ節(浅鼠径節、深鼠径節等)等に温感を付与することができ、それらの温度を上昇させ、それらにマッサージ効果を付与ることが期待される。
[0025]
[態様A9]
 上記温感物品が、生理用ナプキン、ショーツ型生理用ナプキン及び使い捨ておむつからなる群から選択される、態様A5~A8のいずれか一項に記載の温感物品。
 上記温感物品が、生理用ナプキン、ショーツ型生理用ナプキン及び使い捨ておむつからなる群から選択されるため、上記温感物品は、吸収性能を発揮するとともに、温熱感知時間に着用者の下腹部の痒みを抑えつつ、着用者の下腹部に温感を付与することができる。
[0026]
[態様A10]
 上記温感物品が発熱剤を含まない、態様A1~A9のいずれか一項に記載の温感物品。
 上記温感物品は、発熱剤を含まないため、温感物品を長時間使用する場合であっても、着用者に低温やけどを生じさせにくい。
[0027]
<開示B(態様B群)>
[態様B1]
 液透過性シートと、液不透過性シートとを備える温感物品であって、
 上記温感物品が、TRPチャネルを活性化する温感剤と、溶媒とを含む温感溶液を含む温感領域を備え、
 上記温感領域が、上記温感溶液を含む温感適用部と、上記温感適用部の周辺に配置され且つ上記温感適用部よりも少ない坪量の上記温感溶液を含む温感周辺部とに区画される、
 ことを特徴とする、上記温感物品。
[0028]
 本願発明者が確認したところ、温感剤を含む温感物品では、所望の温度を感じるまでの時間(温熱感知時間)が長くなる傾向にあり、当該温熱感知時間に、着用者が痒みを覚えやすいことが分かった。また、着用者は、上記温熱感知時間に、特に、温感領域と、それ以外との境界近傍(すなわち、温感領域の外縁近傍)において、痒みを覚えやすいことが分かった。
[0029]
 上記温感物品は、TRPチャネルを活性化する温感剤を含む温感溶液を含む温感領域を備えるとともに、温感領域が、温感溶液を含む温感適用部と、温感適用部の周辺に配置され且つ温感適用部よりも少ない坪量の温感溶液を含む温感周辺部とに区画されるので、温感領域の外縁近傍において、温感剤による温感作用が小さくなり、上記温熱感知時間に、特に温感領域の外縁近傍において、着用者が痒みを覚えにくい。
 なお、上記温感剤により、着用者の肌の、温感剤に接していた温感剤接触部分のTRPチャネルが活性化される結果、交感神経系を介して、温感剤接触部分から熱が生じ、着用者の肌の、温感剤接触部分の温度を上昇させることが期待される。
[0030]
[態様B2]
 上記温感領域が布帛により構成されており、上記温感適用部における上記布帛の繊維密度が、上記温感周辺部における上記布帛の繊維密度よりも高い、態様B1に記載の温感物品。
[0031]
 上記温感物品では、温感領域が布帛により構成されており、温感適用部における布帛の繊維密度が、温感周辺部における布帛の繊維密度よりも高いため、温感適用部における温感溶液の坪量が、温感周辺部における温感溶液の坪量よりも多い状態を保持しやすい。従って、着用者が、上記温感物品を使用中に、温感物品に体圧等が加わり、温感溶液が温感物品の平面方向に移動してしまった場合であっても、温感適用部における温感溶液の坪量が、温感周辺部における温感溶液の坪量よりも多い状態に戻りやすい。さらに、上記温感物品を製造する際に、温感溶液を温感領域に均一に塗工した場合であっても、毛細管現象により、温感適用部における温感溶液の坪量が、温感周辺部における温感溶液の坪量よりも多い状態を形成することができるため、上記温感物品を簡易に形成することができる。
 以上より、上記温感物品は、上記温熱感知時間に、着用者が痒みを覚えにくい。
[0032]
[態様B3]
 上記温感領域が、上記温感適用部及び上記温感周辺部のそれぞれに、複数のエンボス部を備え、上記温感適用部における上記複数のエンボス部のそれぞれのエンボス強度が、上記温感周辺部における上記複数のエンボス部のそれぞれのエンボス強度よりも高いか、上記温感適用部における上記複数のエンボス部の個数密度が、上記温感周辺部における上記複数のエンボス部の個数密度よりも高いか、又は上記温感適用部における上記複数のエンボス部の面積率が、上記温感周辺部における上記複数のエンボス部の面積率よりも高い、態様B1又はB2に記載の温感物品。
[0033]
 上記温感物品では、温感領域の温感適用部及び温感周辺部が、所定のエンボス強度、個数密度又は面積率を有するため、温感適用部における温感溶液の坪量が、温感周辺部における温感溶液の坪量よりも多い状態を保持しやすい。また、着用者が、上記温感物品を使用中に、温感物品に体圧等が加わり、温感溶液が温感物品の平面方向に移動してしまった場合であっても、温感適用部における温感溶液の坪量が、温感周辺部における温感溶液の坪量よりも多い状態に戻りやすい。さらに、上記温感物品を製造する際に、温感溶液を温感領域に均一に塗工した場合であっても、毛細管現象により、温感適用部における温感溶液の坪量が、温感周辺部における温感溶液の坪量よりも多い状態を形成することができる。
 以上より、上記温感物品は、上記温熱感知時間に、着用者が痒みを覚えにくい。
[0034]
[態様B4]
 上記温感物品が、上記液透過性シート及び液不透過性シートの間の吸収体をさらに備え、お互いに直交する長手方向、幅方向及び厚さ方向を有する吸収性物品であり、上記温感領域が、上記吸収体と上記厚さ方向に重複しない位置に配置されている、態様B1~B3のいずれか一項に記載の温感物品。
[0035]
 温感剤が、吸収体と、温感物品(吸収性物品)の厚さ方向に重複しない位置、すなわち、排泄口当接域の周辺部分に配置されていると、温感剤が排泄口当接域に配置されている場合と比較して、着用者が、温熱感知時間により痒みを覚えやすい傾向がある。上記温感物品(吸収性物品)は、吸収体と、上記厚さ方向に重複しない位置に、温感領域が配置されているため、着用者の下腹部(着用者が女性の場合には、子宮等)に温感を付与することができるとともに、着用者に上記温熱感知時間に痒みを覚えさせにくい。
[0036]
[態様B5]
 上記温感領域が、着用者の下腹部に相当する位置且つ上記吸収体よりも上記幅方向に広い領域に配置されている、態様B4に記載の温感物品。
 上記温感物品では、温感領域が所定の範囲に配置されているため、着用者の子宮に相当する部分を温めることができる一方で、着用者が痒みを覚えにくい。
[0037]
[態様B6]
 上記温感物品が、上記幅方向に延びる幅方向折軸にて上記長手方向に折畳まれており、上記幅方向折軸が、上記温感物品の展開状態において、上記温感領域と、上記厚さ方向において重複するように配置されている、態様B5に記載の温感物品。
[0038]
 上記温感物品では、幅方向折軸が、温感物品の展開状態において、温感領域と厚さ方向に重複するように配置されている。温感領域の、幅方向折軸と重複する部分である幅方向折軸重複部分の資材(液透過性シート、補助シート等)の資材密度が、温感領域の、幅方向折軸と重複していない幅方向折軸非重複部分の資材密度と比較して高くなるため、幅方向折軸重複部分の温感溶液の量(坪量)が、幅方向折軸非重複部分の温感溶液の量(坪量)よりも多くなる傾向がある。
[0039]
 従って、上記温感物品では、温感領域の幅方向折軸重複部分が、骨盤内リンパ節(内腸骨節、閉鎖節、外腸骨節、前仙骨節、総腸骨節、基靱帯節、仙骨節、鼠径上節、傍大動脈節等)、鼠径リンパ節(浅鼠径節、深鼠径節等)等に温感を付与することができ、それらの温度を上昇させ、それらにマッサージ効果を付与することが期待される。
[0040]
[態様B7]
 上記温感物品が、上記長手方向に延びる、一対の長手方向折軸にて上記幅方向に折畳まれており、上記一対の長手方向折軸が、上記温感物品の展開状態において、上記吸収体よりも上記幅方向の外側且つ上記温感領域と、上記厚さ方向において重複するように配置されている、態様B5又はB6に記載の温感物品。
[0041]
 上記温感物品では、一対の長手方向折軸が、温感物品の展開状態において、温感領域と厚さ方向に重複するように配置されている。温感領域の、一対の長手方向折軸のそれぞれと重複する部分である長手方向折軸重複部分の資材(液透過性シート、補助シート等)の資材密度が、温感領域の、一対の長手方向折軸と重複していない長手方向折軸非重複部分の資材密度と比較して高くなるため、長手方向折軸重複部分の温感溶液の量(坪量)が、長手方向折軸非重複部分の温感溶液の量(坪量)よりも多くなる傾向がある。
[0042]
 従って、上記温感物品では、温感領域の長手方向折軸重複部分が、骨盤内リンパ節(内腸骨節、閉鎖節、外腸骨節、前仙骨節、総腸骨節、基靱帯節、仙骨節、鼠径上節、傍大動脈節等)、鼠径リンパ節(浅鼠径節、深鼠径節等)等に温感を付与することができ、それらの温度を上昇させ、それらにマッサージ効果を付与することが期待される。
[0043]
[態様B8]
 上記溶媒が、親油性溶媒である、態様B4~B7のいずれか一項に記載の温感物品。
[0044]
 本願発明者が確認したところ、温感溶液を構成する溶媒が親油性溶媒である場合には、温感溶液を構成する溶媒が親水性溶媒、例えば、水である場合と比較して、上記温熱感知時間が長くなる傾向があり、当該長い温熱感知時間により痒みを覚えやすいことが分かった。
 上記温感物品は、所定の温感適用部及び所定の温感周辺部を備える温感領域を備えるため、上記温熱感知時間に着用者が痒みを覚えにくい。また、上記温感物品が、吸収体を備える吸収性物品である場合には、上記溶媒が親油性溶媒であるため、温感溶液が吸収体に移動しにくく、そして着用者に温感を付与すべき温感剤の温感効率が低下しにくい。
[0045]
[態様B9]
 上記吸収性物品が、生理用ナプキン、ショーツ型生理用ナプキン及び使い捨ておむつ及からなる群から選択される、態様B4~B8のいずれか一項に記載の温感物品。
 上記温感物品が、生理用ナプキン、ショーツ型生理用ナプキン及び使い捨ておむつからなる群から選択されるため、上記温感物品は、吸収性能を発揮するとともに、温熱感知時間に着用者の下腹部の痒みを抑えつつ、着用者の下腹部に温感を付与することができる。
[0046]
[態様B10]
 上記温感剤がTRPV1レセプターに対するアゴニストである、態様B1~B9のいずれか一項に記載の温感物品。
 上記吸収性物品では、温感剤がTRPV1レセプターに対するアゴニストであるため、使用の際に、着用者が、TRPV1レセプターの活性化温度閾値である、43℃超の温度を感じることができる。
[0047]
[態様B11]
 上記温感物品が発熱剤を含まない、態様B1~B10のいずれか一項に記載の温感物品。
 上記温感物品は、発熱剤を含まないため、温感物品を長時間使用する場合であっても、着用者に低温やけどを生じさせにくい。
[0048]
<開示C(態様C群)>
[態様C1]
 長手方向、幅方向及び厚さ方向を有し、液透過性シートと、液不透過性シートと、それらの間に配置された、上記長手方向に延びる一対の側縁を有する吸収体とを備える吸収性物品であって、
 上記吸収性物品が、上記吸収体と上記厚さ方向に重複する重複領域と、上記吸収体と上記厚さ方向に重複しない非重複領域とに区画され、
 上記吸収性物品が、一対の側縁領域であって、そのそれぞれが上記一対の側縁のそれぞれを含むものを備え、
 上記一対の側縁領域のそれぞれにおいて、
 (i)上記重複領域に配置された内側温感領域と、上記非重複領域に配置された外側温感領域とが存在し、
 (ii)上記内側温感領域及び上記外側温感領域の両方が、TRPチャネルを活性化する温感剤と、溶媒とを含む温感溶液を含み、
 (iii)上記外側温感領域における上記温感溶液の坪量が、上記内側温感領域における上記温感溶液の坪量よりも少ない、
 ことを特徴とする、上記吸収性物品。
[0049]
 着用者に温感を付与する薬剤を含む吸収性物品を、例えば、生理痛を緩和するために着用者(女性)の子宮を温めるため、そして前立腺肥大、前立腺炎、前立腺がん等の予防のために前立腺(男性)を温めるために用いる場合には、薬剤を、吸収体と(吸収性物品の)厚さ方向に重複する重複領域と、吸収体と(吸収性物品の)厚さ方向に重複しない非重複領域との両方に渡って配置することが好ましい。そして上記薬剤は、低温やけど等を防止する観点から、発熱剤ではなく、着用者のTRPチャネルを活性化する温感剤であることが好ましい。
[0050]
 本願発明者は、温感剤を用いて着用者に温感を付与する場合において、着用者の肌の近接する2つの部位において温感剤の温感作用に差異が生じると、着用者が痒みを覚えやすいことを見出した。また、本願発明者は、温感剤の温感作用は、温感剤側の要因のみならず、着用者側の要因、例えば、着用者の肌の水分率によっても異なることを見出した。特に、吸収性物品の吸収体と重複する重複領域では、吸収体が水分を吸収しやすいため、当該重複領域に接する着用者の肌の水分率は高くなりにくく、相対的に着用者が温感を覚えにくい傾向がある。一方、吸収性物品の吸収体と重複しない非重複領域では、吸収体による水分の吸収が少ないため、当該非重複領域と接する着用者の肌の水分率は高くなりやすく、相対的に着用者が温感を覚えやすい傾向がある。
[0051]
 上記吸収性物品では、一対の側縁領域のそれぞれにおいて、着用者に温感を覚えさせにくい重複領域に配置された外側温感領域における温感溶液の坪量が、着用者に温感を覚えさせやすい非重複領域に配置された内側温感領域における温感溶液の坪量よりも少ないので、内側温感領域と、外側温感領域とにおける温感作用に差異を着用者に覚えさせにくく、着用者に痒みを覚えさせにくい。
 なお、上記温感剤の温感作用により、温感剤に接していた、着用者の肌の接触部位のTRPチャネルが活性化される結果、交感神経系を介して、接触部位から熱が生じ、着用者の肌の接触部位の温度を上昇させることが期待される。
[0052]
[態様C2]
 上記一対の側縁領域のそれぞれにおいて、上記内側温感領域と、上記外側温感領域とが、上記一対の側縁のそれぞれを間に挟んで隣接している、態様1Cに記載の吸収性物品。
 上記吸収性物品では、一対の側縁領域のそれぞれにおいて、内側温感領域と、外側温感領域とが側縁を間に挟んで接しているため、内側温感領域と、外側温感領域とにおける温感作用の差異を着用者に覚えさせにくく、着用者に痒みを覚えさせにくい。
[0053]
[態様C3]
 上記一対の側縁領域のそれぞれにおいて、上記内側温感領域と、上記外側温感領域とが、上記液透過性シートに配置されている、態様C1又はC2に記載の吸収性物品。
[0054]
 上記吸収性物品では、一対の側縁領域のそれぞれにおいて、内側温感領域と、外側温感領域とが、液透過性シートに配置されているので、着用者に、着用初期に温感を覚えさせやすい。また、上記吸収性物品では、内側温感領域が吸収体に配置されていないため、吸収体の吸収性が、温感溶液により阻害されにくい。
[0055]
[態様C4]
 上記吸収性物品が、上記一対の側縁領域の間に中央温感領域を備え、上記中央温感領域が、上記温感溶液を含み、上記中央温感領域における上記温感溶液の坪量が、上記一対の側縁領域の上記内側温感領域のそれぞれにおける上記温感溶液の坪量よりも多い、態様C1~C3のいずれか一項に記載の吸収性物品。
[0056]
 吸収性物品の着用時に、吸収体の幅方向の中央部分に、吸収体の幅方向の側縁部分よりも低い圧力(着圧等)が加わる傾向がある。
 上記吸収性物品では、着用時に圧力の加わりにくい中央温感領域における温感溶液の坪量が、着用時に圧力の加わりやすい一対の側縁領域の内側温感領域のそれぞれにおける温感溶液の坪量よりも多い。従って、着用者は、吸収体からその側縁領域にかけて温感を覚えることができるとともに、中央温感領域と、内側温感領域と、外側温感領域とにおける温感作用の差を覚えさせにくく、着用者に痒みを覚えさせにくい。
[0057]
[態様C5]
 上記中央温感領域が、上記一対の側縁領域のそれぞれの上記内側温感領域と隣接している、態様C4に記載の吸収性物品。
[0058]
 上記吸収性物品では、中央温感領域が、一対の側縁領域のそれぞれの内側温感領域と隣接しているため、着用者が、中央温感領域と、内側温感領域とにおける温感作用の差異を覚えにくく、着用者が痒みを覚えにくい。
[0059]
[態様C6]
 上記中央温感領域が、上記液透過性シート、又は上記液透過性シート及び吸収体の間に配置された補助シートに配置されている、態様C4又はC5に記載の吸収性物品。
 上記吸収性物品では、中央温感領域が、液透過性シート又は所定の補助シートに配置されているので、着用初期に、着用者に温感を覚えさせることができる。また、上記吸収性物品では、中央温感領域が吸収体に配置されていないため、吸収体の吸収性が、温感溶液により阻害されにくい。
[0060]
[態様C7]
 上記温感剤がTRPV1レセプターに対するアゴニストである、態様C1~C6のいずれか一項に記載の吸収性物品。
[0061]
 上記吸収性物品では、温感剤がTRPV1レセプターに対するアゴニストであるため、使用の際に、着用者に、TRPV1レセプターの活性化温度閾値である43℃超の温度を感じさせることができる。その結果、上記吸収性物品では、着用者に、十分な温感を覚えさせることができる。
[0062]
[態様C8]
 上記溶媒が、親油性溶媒である、態様C1~C7のいずれか一項に記載の吸収性物品。
[0063]
 本願発明者が確認したところ、温感溶液を構成する溶媒が親油性溶媒である場合には、温感溶液を構成する溶媒が親水性溶媒、例えば、水である場合と比較して、所望の温度を感じるまでの時間(温熱感知時間)が長くなる傾向があり、当該長い温熱感知時間により痒みを覚えやすいことが分かった。
[0064]
 上記吸収性物品は、所定の内側温感領域及び外側温感領域を備えるため、上記温熱感知時間に着用者が痒みを覚えにくい。また、上記溶媒が親油性溶媒であるため、内側温感領域及び外側温感領域の温感溶液が吸収体に移動しにくく、そして着用者に温感を付与すべき温感溶液の温感効率が低下しにくい。
[0065]
[態様C9]
 上記吸収性物品が、生理用ナプキン、ショーツ型生理用ナプキン、羽つきパンティーライナー及び使い捨ておむつからなる群から選択される、態様C1~C8のいずれか一項に記載の吸収性物品。
[0066]
 上記吸収性物品は、生理用ナプキン、ショーツ型生理用ナプキン、羽つきパンティーライナー及び使い捨ておむつからなる群から選択されるため、吸収性能を発揮するとともに、痒みを抑えつつ、着用者に温感を付与することができる。
[0067]
[態様C10]
 上記吸収性物品が発熱剤を含まない、態様C1~C9のいずれか一項に記載の吸収性物品。
 上記吸収性物品は、発熱剤を含まないため、吸収性物品を長時間使用する場合であっても、着用者に低温やけどを生じさせにくい。
[0068]
<開示A>
 本開示(開示A)の温感物品について、以下、詳細に説明する。
 図1~図3は、本開示(開示A)の実施形態の1つ(以下、「第1実施形態」と称する)に従う温感物品としての生理用ナプキン1を説明するための図である。なお、以下、「第1実施形態に従う温感物品としての生理用ナプキン」を、単に『第1実施形態に従う生理用ナプキン』と称する場合がある。具体的には、図1は、第1実施形態に従う生理用ナプキン1の平面図である。図2は、第1実施形態に従う生理用ナプキン1の分解斜視図である。図3は、生理用ナプキン1の着用状態を示す図である。
[0069]
 第1実施形態に従う生理用ナプキン1は、お互いに直交する長手方向L、幅方向W及び厚さ方向Tを有し、吸収本体3と、吸収本体3より長手方向Lの前方に配置された温感本体5とを備える。生理用ナプキン1は、吸収本体3において、着用時に着用者の肌に当接する液透過性シート7と、着用時に着衣19に当接する液不透過性シート9と、液透過性シート7及び液不透過性シート9の間に配置された吸収体11とを備える。また、生理用ナプキン1は、温感本体5において、着用時に着用者の肌に当接する液透過性シート7と、着用時に着衣19に当接する液不透過性シート9と、液透過性シート7及び液不透過性シート9の間に配置された、補助シート13及び形状保持部材15を備える。形状保持部材15は、補助シート13よりも液不透過性シート9側に配置されている。
[0070]
 なお、吸収本体3における液透過性シート7と、温感本体5における液透過性シート7は、不織布からなる一体のシートから構成されている。また、吸収本体3における液不透過性シート9と、温感本体5における液不透過性シート9も、一体のシートから構成されている。また、吸収本体3における吸収体11と、温感本体5における形状保持部材15とは、それらの一部が、重複部17において、厚さ方向Tに一部重複しており、重複部17において、吸収体11が、形状保持部材15よりも液透過性シート7に近い位置に配置されている。
[0071]
 生理用ナプキン1は、吸収本体3及び温感本体5の両方において、生理用ナプキン1を着用者の着衣19に固定するための粘着部21を備える。粘着部21の一方の面は、液不透過性シート9に固定され、そして他方の面は、剥離性が付与された、包装シート29の内面に仮固定されている。
[0072]
 生理用ナプキン1は、未使用状態では、包装シート29とともに、長手方向Lに延びる、長手方向第1折軸F 1及び長手方向第2折軸F 2と、幅方向Wに延びる、幅方向第1折軸F 3、幅方向第2折軸F 4及び幅方向第3折軸F 5を基軸として折畳まれ、生理用ナプキン1の個包装体(図示せず)を形成している。なお、幅方向第1折軸F 3、幅方向第2折軸F 4、及び幅方向第3折軸F 5は、それぞれ、生理用ナプキン1の前方、中央及び後方に配置されている。
[0073]
 また、幅方向第1折軸F 3は、生理用ナプキン1及び包装シート29の展開状態において、補助シート13(後述の温感領域31)と、厚さ方向Tに重複するように配置されている。長手方向第1折軸F 1及び長手方向第2折軸F 2は、生理用ナプキン1及び包装シート29の展開状態において、吸収体11と厚さ方向Tに重複しないが、補助シート13(後述の温感領域31)と厚さ方向Tに重複するように配置されている。
[0074]
 生理用ナプキン1の個包装体は、生理用ナプキン1及び包装シート29を、長手方向第1折軸F 1及び長手方向第2折軸F 2を基軸として、生理用ナプキン1を内側にして幅方向Wに折畳み、次いで、幅方向第1折軸F 3及び幅方向第3折軸F 5を基軸として、生理用ナプキン1を内側にして長手方向Lに折り畳み、次いで、幅方向第2折軸F 4を基軸として、生理用ナプキン1を内側にして長手方向Lに折畳むことにより形成されている。
[0075]
 また、生理用ナプキン1は、生理用ナプキン1を着衣19に固定するための一対のフラップ部23、シール部25、エンボス部27等を備えるが、当技術分野で公知のものであるため、説明を省略する。
[0076]
 生理用ナプキン1は、吸収本体3及び温感本体5を、吸収本体3の吸収体11の排泄口当接域(図示せず)を着用者の排泄口当接域に当接するように着衣19に配置した際に、温感本体5、特に補助シート13が、着用者の下腹部に対応する位置に配置されるように有している。換言すると、吸収本体3の吸収体11の排泄口当接域(図示せず)と、温感本体5の補助シート13との距離は、着用者の排泄口と、下腹部との距離(肌面上の距離)とに概ね等しくなるように構成されている。
[0077]
 吸収本体3は、通常の生理用ナプキンと同様の形状を有している。補助シート13は、不織布から構成されており、その全体に、温感溶液(図示せず)が塗工されており、補助シート13の全体が、温感領域31を構成している。なお、温感溶液の一部は、液透過性シート7の補助シート13側の領域にも移行しており、液透過性シート7の補助シート13側の領域も、温感領域31を構成している。
 また、補助シート13の、幅方向Wの長さは、吸収体11の、幅方向Wの長さよりも長く、温感領域31が、吸収体11よりも、幅方向Wに広い領域に配置されるように構成されている。
[0078]
 温感溶液は、TRPチャネルを活性化する温感剤と、TRPチャネルを活性化する冷感剤と、溶媒とを含む。生理用ナプキン1を着衣19に固定し、使用すると、温感領域31(補助シート13)に含まれる温感溶液が、液透過性シート7を透過して、着用者の肌に接触し、着用者の肌の、温感剤が接触している温感剤接触部分のTRPチャネルを効率よく活性化し、着用者の下腹部に温感を効率よく付与することができる。
[0079]
 着用者の下腹部に温感を付与することにより、着用者の下腹部の肌の、温感剤に接していた温感剤接触部分のTRPチャネルが活性化される結果、交感神経系を介して、温感剤接触部分から熱が生じ、着用者の肌の、温感剤接触部分の温度を上昇させることが期待され、ひいては着用者の子宮に近い部位を温め、着用者の生理痛を緩和することが期待される。
 また、着用者の子宮に近い部位を温めることにより、着用者の月経前症候群(Premenstrual Syndrome)、冷え性、更年期障害等を軽減することが期待される。
[0080]
 本願発明者は、温感剤を含む温感物品では、所望の温度を感じるまでの時間(温熱感知時間)が、発熱剤(例えば、鉄粉)を含む発熱物品と比較して長くなる傾向にあり、当該温熱感知時間の間に、着用者が痒みを覚えやすいことを見出した。
 生理用ナプキン1は、TRPチャネルを活性化する温感剤と、TRPチャネルを活性化する冷感剤との両方を含むため、上記温熱感知時間に、冷感剤が着用者に冷感を与えるため、着用者が痒みを覚えにくい。
[0081]
 また、幅方向第1折軸F 3と、長手方向第1折軸F 1及び長手方向第2折軸F 2とは、生理用ナプキン1及び包装シート29の展開状態において、温感領域31(補助シート13)と、厚さ方向Tに重複するように配置されているので、着用者の骨盤内リンパ節(内腸骨節、閉鎖節、外腸骨節、前仙骨節、総腸骨節、基靱帯節、仙骨節、鼠径上節、傍大動脈節等)、鼠径リンパ節(浅鼠径節、深鼠径節等)等に温感をより付与することができる。
[0082]
 図4は、本開示(開示A)の別の実施形態(以下、「第2実施形態」と称する)に従う温感物品としてのショーツ型生理用ナプキン101を説明するための図であり、着用状態を示す図である。なお、以下、「第2実施形態に従う温感物品としてのショーツ型生理用ナプキン」を、単に『第2実施形態に従うショーツ型生理用ナプキン』と称する場合がある。
[0083]
 第2実施形態に従うショーツ型生理用ナプキン101は、ショーツ部103と、ショーツ部103の内面に配置された吸収性物品部105とから構成されている。吸収性物品部105は、吸収本体107において、着用時に着用者の肌に当接する液透過性シート(図示せず)と、ショーツ部103に当接する液不透過性シート(図示せず)と、それらの間に配置された吸収体111とを備える。また、吸収性物品部105は、温感本体109において、着用時に着用者の肌に当接する液透過性シート(図示せず)と、ショーツ部103に当接する液不透過性シート(図示せず)と、それらの間に配置された、補助シート113及び形状保持部材115を備える。
[0084]
 なお、吸収本体107における液透過性シート(図示せず)と、温感本体109における液透過性シート(図示せず)は、不織布からなる一体のシートから構成されている。また、吸収本体107における液不透過性シート(図示せず)と、温感本体109における液不透過性シート(図示せず)も、一体のシートから構成されている。
[0085]
 温感本体109の補助シート113は、第1実施形態における補助シート13と同様に、不織布から構成されている。補助シート113は、その全体に、TRPチャネルを活性化する温感剤と、TRPチャネルを活性化する冷感剤と、溶媒とを含む温感溶液(図示せず)が塗工されており、補助シート113の全体が、温感領域117を構成している。なお、温感溶液の一部は、液透過性シート(図示せず)の補助シート113側の領域にも移行しており、液透過性シート(図示せず)の補助シート113側の領域も、温感領域117を構成している。
[0086]
 ショーツ型生理用ナプキン101を使用すると、温感領域117(補助シート113)に含まれる温感溶液が、液透過性シート(図示せず)を透過して、着用者の肌に接触し、着用者の肌の、温感剤が接触している温感剤接触部分のTRPチャネルを効率よく活性化し、着用者の下腹部に温感を効率よく付与することができる。
[0087]
 着用者の下腹部に温感を付与することにより、着用者の下腹部の肌の、温感剤に接していた温感剤接触部分のTRPチャネルが活性化される結果、交感神経系を介して、温感剤接触部分から熱が生じ、着用者の肌の、温感剤接触部分の温度を上昇させることが期待され、ひいては着用者の子宮に近い部位を温め、着用者の生理痛を緩和することが期待される。また、着用者の月経前症候群(Premenstrual Syndrome)、冷え性、更年期障害等が軽減されることが期待される。
[0088]
 図5は、本開示(開示A)のさらに別の実施形態(以下、「第3実施形態」と称する)に従う温感物品としての、大人用の使い捨ておむつ201を説明するための図であり、着用状態を示す図である。なお、以下、「第3実施形態に従う温感物品としての使い捨ておむつ」を、単に『第3実施形態に従う使い捨ておむつ』と称する場合がある。
[0089]
 第3実施形態に従う使い捨ておむつ201は、着用者の肌に当接する液透過性シート203と、液不透過性シート205と、液透過性シート203及び液不透過性シート205の間に配置された吸収体207と、吸収体207よりも前方且つ液透過性シート203及び液不透過性シート205の間に配置された補助シート209とを備える。
[0090]
 補助シート209は、使い捨ておむつ201の着用時に、着用者の下腹部に対応する位置に配置されるように配置されている。
 補助シート209は、不織布から構成されており、その全体に、温感溶液(図示せず)が塗工されており、補助シート209の全体が、温感領域211を構成している。なお、温感溶液の一部は、液透過性シート203の補助シート209側の領域にも移行しており、液透過性シート203の補助シート209側の領域も、温感領域211を構成している。
[0091]
 温感溶液は、TRPチャネルを活性化する温感剤と、TRPチャネルを活性化する冷感剤と、溶媒とを含む。着用者が、使い捨ておむつ201を着用すると、補助シート209に含まれる温感溶液が、液透過性シート203を透過して、着用者の肌に接触し、着用者の肌の、温感剤が接触している温感剤接触部分のTRPチャネルを効率よく活性化し、着用者の下腹部に温感を効率よく付与することができる。
[0092]
 着用者の下腹部に温感を付与することにより、着用者の下腹部の肌の、温感剤に接していた温感剤接触部分のTRPチャネルが活性化される結果、交感神経系を介して、温感剤接触部分から熱が生じ、着用者の肌の、温感剤接触部分の温度を上昇させることが期待される。
[0093]
 その結果、使い捨ておむつ201の着用者が女性の場合には、(i)生理痛の要因とされるプロスタグランジンを排出させ、子宮筋等の筋肉を弛緩させ、生理痛を緩和すること、(ii)血行を促進し、リンパ液の流れを促進し、老廃物を排出させ、冷え性を改善し、脂肪を燃焼させること、(iii)免疫力を向上させること等が期待される。
 使い捨ておむつ201の着用者が男性の場合には、(i)プロスタグランジンを排出させ、筋肉を弛緩させ、痛みを緩和すること、(ii)血行を促進し、リンパ液の流れを促進し、老廃物を排出させ、冷え性を改善し、脂肪を燃焼させること、(iii)免疫力を向上させること等が期待される。
[0094]
 図6~図9は、本開示(開示A)のさらに別の実施形態(以下、「第4実施形態」と称する)に従う温感物品としての温感シート301を説明するための図である。なお、以下、「第4実施形態に従う温感物品としての温感シート」を、単に『第4実施形態に従う温感シート』と称する場合がある。具体的には、図6は、第4実施形態に従う温感シート301が個包装された温感シートの個包装体303の斜視図である。図7は、第4実施形態に従う温感シート301の斜視図である。図8は、第4実施形態に従う温感シート301の分解斜視図である。図9は、第4実施形態に従う温感シート301の着用状態を示す図である。なお、以下、「温感シートの個包装体」を、単に『個包装体』と称する場合がある。
[0095]
 第4実施形態に従う温感シート301は、着用者の肌に当接する液透過性シート307と、補助シート309と、着衣に当接する液不透過性シート311と、液不透過性シート311に固定され且つ液不透過性シート311を着衣321に貼付するための粘着部313と、粘着部313を仮固定するための剥離シート315とをその順で備え、お互いに直交する長手方向L、幅方向W及び厚さ方向Tを有する。また、液透過性シート307は、肌当接面331と、非肌当接面333とを有する。
 補助シート309は、不織布から構成されており、その全体に、TRPチャネルを活性化する温感剤と、TRPチャネルを活性化する冷感剤と、親水性溶媒としての水を含む温感溶液(図示せず)が塗工されており、補助シート309の全体が、温感領域341を構成している。なお、温感溶液の一部は、液透過性シート307の補助シート309側の領域にも移行しており、液透過性シート307の補助シート309側の領域も、温感領域341を構成している。
[0096]
 温感シート301は、長手方向Lの中心に、幅方向Wと平行に延びる折軸F 6を備える。なお、個包装体303では、温感シート301は、折軸F 6を基軸として、液透過性シート307の肌当接面331を内側にして折り畳まれ、包装シート305に包装されている。
[0097]
 粘着部313は、複数の粘着部部分314から構成されている。複数の粘着部部分314のそれぞれは、幅方向Wに延びており、温感シート301の幅方向Wの両端部まで達している。複数の粘着部部分314は、長手方向Lに所定の間隔をあけて配置されている。
 剥離シート315は、液不透過性シート311と外縁の形状が同一であり、粘着部313(複数の粘着部部分314)の全体を覆うように配置されている。
[0098]
 図6に示されるように、温感シート301は、2つ折りされた状態で、包装シート305に包装され、個包装体303が形成されている。具体的には、個包装体303は、折軸F 6を基軸として、液透過性シート7の肌当接面331を内側にして2つ折りされた温感シート301を、2枚の包装シート305で挟み、2枚の包装シート305の周縁にシール部335を設けることにより形成されている。
[0099]
 着用者は、温感シート301を使用するに当たり、個包装体303の切欠部337から、個包装体303を開封し、個包装体303から温感シート301を取り出し、温感シート301から剥離シート315を剥離する。次いで、着用者は、温感シート301の粘着部313を、着衣321、具体的にはショーツの内面に固定し、温感シート301の肌当接面331が着用者の肌に接した状態で、温感シート301を使用する。
[0100]
 本開示(開示A)の温感物品では、温感溶液は、TRPチャネルを活性化する温感剤と、TRPチャネルを活性化する冷感剤と、溶媒とを含む。
 上記温感剤としては、TRPチャネルを活性化するものであれば、特に制限されず、例えば、TRPV1レセプターに対するアゴニスト、TRPV3レセプターに対するアゴニスト等が挙げられ、TRPV1に対するアゴニストであることが好ましい。TRPV1レセプターは、活性化温度閾値が43℃超と高く、着用者に高い温感を付与することができるからである。
[0101]
 上記温感剤は、着用者の安心感の観点から、植物由来の化合物であることが好ましい。上記温感剤としては、例えば、カプシコシド、カプサイシン、カプサイシノイド類(ジヒドロカプサイシン、ノルジヒドロカプサイシン、ホモジヒドロカプサイシン、ホモカプサイシン、ノニバミド等)、カプサンチン、ニコチン酸ベンジル、ニコチン酸β-ブトキシエチル、N-アシルワニルアミド、ノナン酸バニリルアミド、多価アルコール、唐辛子末、唐辛子チンキ、唐辛子エキス、ノナン酸バニリルエーテル、バニリルアルコールアルキルエーテル誘導体(例えば、バニリルエチルエーテル、バニリルブチルエーテル、バニリルペンチルエーテル、バニリルヘキシルエーテル)、イソバニリルアルコールアルキルエーテル、エチルバニリルアルコールアルキルエーテル、ベラトリルアルコール誘導体、置換ベンジルアルコール誘導体、置換ベンジルアルコールアルキルエーテル、バニリンプロピレングリコールアセタール、エチルバニリンプロピレングリコールアセタール、ショウガエキス、ジンジャーオイル、ジンゲロール、ジンゲロン、ヘスペリジン、及びピロリドンカルボン酸、並びにそれらの任意の組み合わせが挙げられる。
[0102]
 上記温感剤は、着用者が痛さ、痒さ等を感じにくい観点から、カプサイシンではないことが好ましく、そしてバニリルアルコールアルキルエーテル誘導体(例えば、バニリルエチルエーテル、バニリルブチルエーテル、バニリルペンチルエーテル、バニリルヘキシルエーテルショウガエキス、ジンジャーオイル、ジンゲロール、及びジンゲロン、並びにそれらの任意の組み合わせがより好ましい。
[0103]
 上記冷感剤としては、TRPチャネルを活性化するものであれば、特に制限されず、例えば、TRPM8レセプターに対するアゴニスト、TRPA1レセプターに対するアゴニスト等が挙げられ、TRPM8レセプターに対するアゴニストであることが好ましい。着用者に、過度の冷感を付与しないためである。
[0104]
 上記冷感剤としては、例えば、メントール(例えば、l-メントール)及びその誘導体(例えば、乳酸メンチル、メンチルグリセリルエーテル、例えば、l-メンチルグリセリルエーテル)、サリチル酸メチル、カンファー、植物(例えば、ミント、ユーカリ)由来の精油等が挙げられる。
[0105]
 上記溶媒は、上記温感剤及び冷感剤を含むことができるものであれば、特に限定されず、例えば、親油性溶媒及び親水性溶媒が挙げられる。上記溶媒は、上記温感剤及び冷感剤を、例えば、溶解、分散等することができる。
 上記親油性溶媒としては、油脂、例えば、天然油(例えば、トリグリセリド等の脂肪酸エステル、ヤシ油、アマニ油等)、炭化水素(例えば、パラフィン、例えば、流動パラフィン)等が挙げられる。
 上記親水性溶媒は、水及びアルコールが挙げられる。上記アルコールとしては、メタノール、エタノール、エチレングリコール、グリセリン等の低級アルコール、カプリルアルコール、ラウリルアルコール、ミリスチルアルコール等の高級アルコール等が挙げられる。
[0106]
 上記溶媒は、揮発性を制御しやすい、特に揮発性を下げやすい観点からは、油脂(親油性溶媒)又はアルコール(親水性溶媒)であることが好ましい。また、上記温感物品が吸収性物品である場合には、吸収性を阻害しにくい観点から、上記溶媒は親油性溶媒であることが好ましい。
[0107]
 上記温感溶液は、上記温感剤を、好ましくは0.0001~5.0質量%、より好ましくは0.0005~3.0質量%、さらに好ましくは0.1~1.0質量%、そしてさらにいっそう好ましくは0.3~0.7質量%含む。温感効果の観点からである。
 上記温感溶液は、上記冷感剤を、好ましくは0.0001~5.0質量%、より好ましくは0.0005~3.0質量%、さらに好ましくは0.1~1.0質量%、そしてさらにいっそう好ましくは0.3~0.7質量%含む。着用者が温熱感知時間に痒みを覚えにくく且つ過度の冷感を覚えにくい観点からである。
[0108]
 上記温感溶液は、上記温感剤及び冷感剤を、好ましくは20:1~1:10、より好ましくは10:1~1:5、そしてさらに好ましくは2:1~1:1の質量比で含む。着用者が、温熱感知時間に痒みを感じにくいとともに、冷感を覚えにくく且つ温感を覚えやすい観点からである。
[0109]
 本開示(開示A)の温感物品は、温感溶液を、温感剤の坪量が、好ましくは0.001~10g/m 2、より好ましくは0.003~5g/m 2、さらに好ましくは0.01~2.5g/m 2、そしてさらにいっそう好ましくは0.05~1.5g/m 2となるような坪量で含む。着用者に温感を付与する観点からである。
[0110]
 本開示(開示A)の温感物品では、上記温感溶液は、上述の温感剤、冷感剤及び溶媒以外に、着用者に温感を付与する効果を阻害しない範囲で、下記に示されるような、少なくとも1種の他の成分とを含むことができる。
 上記少なくとも1種の他の成分としては、冷却剤、例えば、気化熱により周囲の温度を下げる冷却剤が挙げられ、当該冷却剤として、例えば、アルコール、例えば、メタノール及びエタノールが挙げられる。
[0111]
 上記少なくとも1種の他の成分としては、例えば、シリコーンオイル、シリコーン、シリコーン系レジン等が挙げられる。
 上記少なくとも1種の他の成分としては、例えば、酸化防止剤、例えば、BHT(2,6-ジ-t-ブチル-p-クレゾール)、BHA(ブチル化ヒドロキシアニソール)、没食子酸プロピル等が挙げられる。
[0112]
 上記少なくとも1種の他の成分としては、例えば、ビタミン、例えば、天然ビタミン又は合成ビタミンが挙げられる。上記ビタミンとしては、例えば、水溶性ビタミン、例えば、ビタミンB群、例えば、ビタミンB 1,ビタミンB 2,ビタミンB 3,ビタミンB 5,ビタミンB 6,ビタミンB 7,ビタミンB 9,ビタミンB 12等、ビタミンCが挙げられる。
 上記ビタミンとしては、例えば、脂溶性ビタミン、例えば、ビタミンA群、ビタミンD群、ビタミンE群、およびビタミンK群等が挙げられる。
 上記ビタミンにはまた、それらの誘導体も含まれる。
[0113]
 上記少なくとも1種の他の成分としては、例えば、アミノ酸、例えば、アラニン、アルギニン、リジン、ヒスチジン、プロリン、ヒドロキシプロリン等、並びにペプチドが挙げられる。
[0114]
 上記少なくとも1種の他の成分としては、例えば、ゼオライト、例えば、天然ゼオライト、例えば、方沸石、菱沸石、輝沸石、ナトロライト、束沸石、及びソモソナイト、並びに、合成ゼオライトが挙げられる。
 上記少なくとも1種の他の成分としては、例えば、コレステロール、ヒアルロン酸、レシチン、セラミド、プラセンタ、コラーゲン、エラスチン、スクワラン、ワセリン、トレハロース等が挙げられる。
[0115]
 また、上記少なくとも1種の他の成分としては、例えば、薬剤、例えば、皮膚収斂剤、抗ニキビ剤、抗シワ剤、抗セルライト剤、美白剤、抗菌剤、抗カビ剤等が挙げられる。
 上記皮膚収斂剤としては、例えば、酸化亜鉛、硫酸アルミニウム、タンニン酸等、油溶性皮膚収斂剤、例えば、油溶性ポリフェノールが挙げられる。上記油溶性ポリフェノールとしては、天然の油溶性ポリフェノール、例えば、オオバクエキス、オトギリソウエキス、オドリコソウエキス、カモミラエキス、ゴボウエキス、サルビアエキス、シナノキエキス、セイヨウボダイジュエキス、シラカバエキス、スギナエキス、セージエキス、サルビアエキス、テウチグルミエキス、ハイビスカスエキス、ビワ葉エキス、ボダイジュエキス、ホップエキス、マロニエエキス、ヨクイニンエキス等が挙げられる。
[0116]
 上記抗ニキビ剤としては、例えば、サリチル酸、過酸化ベンゾイル、レゾルシノール、イオウ、エリスロマイシン、亜鉛等が挙げられる。
 上記抗シワ剤としては、例えば、乳酸、サリチル酸、サリチル酸誘導体、グリコール酸、フィチン酸、リポ酸、リソフォスファチド酸が挙げられる。
[0117]
 上記抗セルライト剤としては、例えば、キサンチン化合物、例えば、アミノフィリン、カフェイン、テオフィリン、テオブロミン等が挙げられる。
 上記美白剤としては、例えば、ナイアシンアミド、コウジ酸、アルブチン、グルコサミン及び誘導体、フィトステロール誘導体、アスコルビン酸及びその誘導体、並びにクワ抽出物及び胎盤抽出物が挙げられる。
[0118]
 また、上記少なくとも1種の他の成分としては、例えば、抗炎症成分、pH調整剤、抗菌剤、保湿剤、香料、色素、染料、顔料、植物抽出エキス等が挙げられる。上記抗炎症成分としては、例えば、天然由来の抗炎症剤、例えば、ボタン、オオゴン、オトギリソウ、カモミール、甘草、モモノハ、ヨモギ、シソエキス等、合成抗炎症剤、例えば、アラントイン、グリチルリチン酸ジカリウム等が挙げられる。
 上記pH調整剤としては、肌を弱酸性に保つためのもの、例えば、リンゴ酸、コハク酸、クエン酸、酒石酸、乳酸等が挙げられる。
 上記顔料としては、例えば、酸化チタンが挙げられる。
[0119]
 本開示(開示A)の温感物品、特に、上記温感溶液は、発熱剤を含まないことが好ましい。そうすることにより、着用者が、低温やけどを起こしにくくなる。また、温感物品自体が発熱しないため、温感物品を着衣、肌当に固定するための粘着部が軟化しにくく、温感物品の使用を終え、温感物品を着衣、着用者の肌等から取り外す際に、温感物品の粘着部が、着衣、肌等に残りにくい。
[0120]
 上記発熱剤としては、発熱剤自体が発熱するものであれば、特に制限されず、例えば、金属粉(例えば、鉄粉)の酸化熱、酸及びアルカリの中和熱、無機塩の水和熱等の化学エネルギーを利用するものが挙げられる。
[0121]
 本開示(開示A)の温感物品において、液透過性シートは、液透過性を有するものであれば特に制限されず、例えば、布帛(例えば、不織布、織布、編物)、開孔フィルム等から構成される。上記布帛は、温感物品の製法のしやすさの観点から不織布であることが好ましい。
 上記不織布としては、例えば、エアレイドパルプ、エアスルー不織布、スパンボンド不織布、ポイントボンド不織布、スパンレース不織布、ニードルパンチ不織布、メルトブローン不織布、及びこれらの組み合わせ(例えば、SMS等)等が挙げられる。
[0122]
 上記布帛を構成する繊維としては、例えば、天然繊維、合成繊維、及び半合成繊維が挙げられる。上記天然繊維としては、パルプ繊維及び再生セルロース繊維が挙げられる。
 上記再生セルロース繊維としては、レーヨン繊維、例えば、ビスコースから得られるビスコースレーヨン、ポリノジック及びモダール、セルロースの銅アンモニア塩溶液から得られる銅アンモニアレーヨン繊維(「キュプラ」とも称される);有機化合物及び水の混合溶液である有機溶剤を用いた有機溶剤紡糸法によって得られ、セルロース誘導体を経ないリヨセル及びテンセル等が挙げられる。
 上記半合成繊維としては、半合成セルロース繊維、例えば、アセテート繊維、例えば、トリアセテート繊維及びジアセテート繊維が挙げられる。
[0123]
 上記合成繊維としては、例えば、熱融着性繊維、例えば、ポリオレフィン系ポリマー、例えば、ポリエチレン若しくはポリプロピレン;ポリエステル系ポリマー、例えば、テレフタレート系ポリマー、例えば、ポリエチレンテレフタレート(PET),ポリブチレンテレフタレート,ポリペンチレンテレフタレート;ポリアミド系ポリマー、例えば、ナイロン6若しくはナイロン6,6;アクリル系ポリマー;ポリアクリロニトリル系ポリマー;又はそれらの変性物、あるいはそれらの組み合わせ等から形成された繊維が挙げられる。
[0124]
 上記開孔フィルムとしては、例えば、ポリエチレン、ポリプロピレンのシートに、複数の開孔部を設けたものが挙げられる。
[0125]
 本開示(開示A)の温感物品にオンデマンド性を付与する場合には、液透過性シートは、親水性又は親油性を有することができる。親水性を有する液透過性シートは、液透過性シートを構成する素材を、当技術分野で公知の親水化剤で処理する(例えば、親水化剤を塗工する、親水化剤を練り込む)ことにより形成されうる。上記親水化剤としては、例えば、アルキルホスフェートエステル塩、アルキルホスフェート金属塩等が挙げられる。また、上記親水化剤としては、例えば、炭素数が10~30のアルキルホスフェートエステル塩と、炭素数が10~30のベタイン化合物、硫酸エステル塩又はスルホネート塩との混合物、アルキルホスフェートエステル塩とポリエーテル変性シリコーンとの混合物等が挙げられる。液透過性シート及び補助シート間の極性(親油性度及び親水性度)を調整することにより、温感物品がオンデマンド性を有することができる。
[0126]
 本願発明者は、温感剤を含む温感物品では、温熱感知時間が、発熱剤(例えば、鉄粉)を含む発熱物品と比較して長くなる傾向にあり、当該温熱感知時間の間に、着用者が痒みを覚えやすいことに加え、温感剤を含む温感物品では、発熱剤(例えば、鉄粉)を含む発熱物品と比較して、着用者の肌の状態(例えば、着用者の肌の乾燥度等)によって、温感の覚え方に差があることを見出した。例えば、着用者の肌が水分で湿潤している場合には、着用者の肌が乾燥している場合と比較して、着用者の肌の主に角質層が膨潤した状態を保持しやすく、温感溶液が、主に角化細胞(ケラチノサイト)に存在するTRPチャネルに到達しやすくなるため、温感を覚えやすい(温熱感知時間が短い)。
[0127]
 従って、本開示(開示A)の温感物品にオンデマンド性を付与することにより、着用者が温感物品の温感領域と重複する部分を、温感物品の厚さ方向に押し込むことにより、温感領域から温感溶液が放出され、液透過性シートを通過した温感溶液が、着用者の肌に到達し、押し込む前よりも、着用者により温感を付与することができ、着用者が温感を調整することができるようになる。
[0128]
 親油性を有する液透過性シートとしては、液透過性シートを構成する素材を、当技術分野で公知の親油化剤で処理する(例えば、親油化剤を塗工する、親油化剤を練り込む)ことにより形成されうる。上記親油化剤としては、脂肪酸エステル(例えば、トリグリセリド)、炭化水素(例えば、直鎖状炭化水素)が挙げられる。
[0129]
 本開示(開示A)の温感物品の液透過性シートが布帛である場合に、本開示の温感物品にオンデマンド性を付与するときには、上記液透過性シートは、好ましくは0.005~0.060g/cm 3、より好ましくは0.010~0.050g/cm 3、そしてさらに好ましくは0.020~0.040g/cm 3の繊維密度を有する。液透過性シート及び補助シート間の繊維密度を調整することにより、温感物品がオンデマンド性を有することができる。
 上記繊維密度の測定方法は、後述する。
[0130]
 本開示(開示A)の温感物品の液透過性シートが布帛である場合に、本開示の温感物品にオンデマンド性を付与するときには、液透過性シートは、30g/cm 2の荷重時の厚さが、3g/cm 2荷重時の厚さの、好ましくは70%以下、より好ましくは60%以下、そしてさらに好ましくは50%以下である。そうすることにより、着用者が温感物品をその厚さ方向に押し込んだ際に、液透過性シートが潰れやすくなり、液透過性シートが保持する温感溶液を、着用者の肌に接触させやすくなり、ひいては温感物品のオンデマンド性が向上する。
[0131]
 本開示(開示A)の温感物品の液透過性シートが布帛である場合に、本開示の温感物品にオンデマンド性を付与するときには、液透過性シートは、10g/cm 2の荷重時の厚さが、3g/cm 2荷重時の厚さの、好ましくは70%以上、より好ましくは80%以上、そしてさらに好ましくは90%以上である。そうすることにより、着衣等の着圧では液透過性シートが潰れにくくなり、着圧により、液透過性シートが保持する温感溶液を着用者の肌に接触させにくくなり、ひいては温感物品のオンデマンド性が向上しやすくなる。
[0132]
 本開示(開示A)では、30g/cm 2、10g/cm 2及び3g/cm 2荷重時の厚さは、以下の通り測定される。
(1)温度:20±5℃及び湿度:65±5%RHの恒温恒湿室に、株式会社大栄科学精器製作所製 FS-60DSを準備し、同恒温恒湿室に、液透過性シート (以下、「サンプル」と称する)を24時間静置する。
(2)サンプルの厚さを、場所を変えて10点測定し、それらの平均値を、サンプルの厚さとして採用する。
 荷重は、測定子を変更することにより調整する。荷重:3g/cm 2の条件では、直径:44mmの測定子を用い、荷重:10g/cm 2の条件では、直径:25mmの測定子を用い、そして荷重:30g/cm 2の条件では、直径:14mmの測定子を用いる。
[0133]
 上記液透過性シートは、好ましくは10~100g/m 2、そしてより好ましくは20~50g/m 2の坪量を有する。
[0134]
 本開示(開示A)の温感物品において、液透過性シートは、発熱性素材、断熱性素材及び吸湿性素材、並びにそれらの任意の組み合わせからなる群から選択される素材(以下、単に「機能性素材」と称する場合がある)を含むことができる。
 液透過性シートが、上述の所定の機能性素材を含むと、着用者の蒸散、汗等による水分により、着用者の肌の主に角質層が水分で膨潤しやすくなり、温感溶液が、角化細胞(ケラチノサイト)に主に存在するTRPチャネルに到達しやすくなる。その結果、温熱感知時間が短くなり、着用者が、温熱感知時間に痒みを覚えにくくなる。
[0135]
 上記発熱性素材としては、(i)吸湿発熱性素材(吸湿発熱性繊維、吸湿発熱性シート等)、(ii)蓄熱素材(蓄熱繊維、蓄熱シート等)、(iii)遠赤外線放射素材(遠赤外線放射繊維、遠赤外線放射シート等)が挙げられる。
[0136]
 上記吸湿発熱性素材としては、例えばアクリレート系素材、羊毛等が挙げられる。上記蓄熱素材としては、例えば、太陽光を吸収し、熱エネルギーに変換する物質(炭化ジルコニウム等)を含む素材、カーボン素材等が挙げられる。上記遠赤外線放射素材としては、例えば、加熱されると、遠赤外線を放射するセラミックスを含む素材が挙げられる。
 上記断熱性素材としては、中空繊維、羽毛等が挙げられる。
 上記吸湿性素材としては、上述の天然繊維、半合成繊維等が挙げられる。
[0137]
 具体的には、本開示(開示A)の温感物品において、液透過性シートが吸湿発熱性素材、例えば、吸湿発熱性繊維を含む場合には、着用者の肌からの蒸散、汗等の水分が提供されると、吸湿発熱性繊維が発熱し、着用者が汗をかきやすくなる。次いで、着用者の汗の水分により、着用者の肌の主に角質層が水分で膨潤し、温感溶液が、角化細胞(ケラチノサイト)に主に存在するTRPチャネルに到達しやすくなる。その結果、温熱感知時間が短くなり、着用者が、温熱感知時間に痒みを覚えにくくなる。
[0138]
 また、液透過性シートが、蓄熱素材又は遠赤外線放射素材を含む場合にも、着用者が汗をかきやすくなり、着用者の汗の水分により、着用者の肌の主に角質層が水分で膨潤し、温感溶液が、角化細胞(ケラチノサイト)に主に存在するTRPチャネルに到達しやすくなる。その結果、温熱感知時間が短くなり、着用者が、温熱感知時間に痒みを覚えにくくなる。
[0139]
 本開示(開示A)の温感物品において、液透過性シートが断熱性素材を含む場合には、着用者が汗をかきやすくなり、着用者の汗の水分により、着用者の肌の主に角質層が水分で膨潤し、温感溶液が、角化細胞(ケラチノサイト)に主に存在するTRPチャネルに到達しやすくなる。その結果、温熱感知時間が短くなり、着用者が、温熱感知時間に痒みを覚えにくくなる。
[0140]
 本開示(開示A)の温感物品において、液透過性シートが吸湿性素材を含む場合には、吸湿性素材が、着用者の蒸散、汗等の水分を保持し、着用者の肌の主に角質層を水分で膨潤させやすくなり、温感溶液が、主に角化細胞(ケラチノサイト)に主に存在するTRPチャネルに到達しやすくなる。その結果、温熱感知時間が短くなり、着用者が、温熱感知時間に痒みを覚えにくくなる。
[0141]
 本開示(開示A)の温感物品において、液不透過性シートの素材としては、液不透過性を有するものであれば特に制限されず、例えば、フィルム、例えば、ポリエチレン、ポリプロピレン等から構成される透湿性フィルム、非透湿性フィルム、スパンボンド又はスパンレース等の不織布に透湿性フィルムを接合したもの、SMS等の複層不織布等が挙げられる。
 上記液不透過性シートは、好ましくは10~50g/m 2、そしてより好ましくは15~30g/m 2の坪量を有する。
[0142]
 本開示(開示A)の温感物品では、液不透過性シートが非透湿性フィルムから構成されることが好ましい。そうすることにより、温感領域及び温感領域に接する着用者の肌に存在する水分、水蒸気等が、液不透過性シートを透過して温感物品の外に排出されにくくなり、着用者の肌の主に角質層が水分で膨潤した状態を保持しやすく、温感溶液が、角化細胞(ケラチノサイト)に主に存在するTRPチャネルに到達しやすくなる。その結果、温熱感知時間が短くなり、着用者が、温熱感知時間に痒みを覚えにくくなる。
[0143]
 本開示(開示A)の温感物品は、液透過性シートと液不透過性シートとの間に、追加の部材、例えば、補助シート、吸収体等を含むことができる。
 上記補助シートの素材としては、液透過性シートの素材として列挙されるものが挙げられる。
[0144]
 上記補助シートは、温感溶液を含む、すなわち、温感領域を構成していてもよく、そして温感溶液を含まない、すなわち、温感領域を構成していなくともよい。上記補助シートが温感領域を構成している場合であって、温感溶液の溶媒が親油性溶媒であるときには、上記補助シートは、合成繊維から形成された布帛、例えば、不織布、織布、編物等であることができ、例えば、合成繊維から形成された不織布であることができる。また、上記補助シートが温感領域を構成している場合であって、温感溶液の溶媒が親水性溶媒であるときには、上記補助シートは、セルロース系繊維から構成される布帛、例えば、不織布、織布、編物等であることができ、例えば、パルプ繊維から構成されるティッシュ、エアレイドパルプ等であることができる。
[0145]
 本開示(開示A)の温感物品が、以下の構成[(i)補助シートをさらに備える、そして(ii)補助シートが温感領域を構成する]を備える場合に、温感物品にオンデマンド性を付与するときには、補助シートは、親水性又は親油性を有することができる。親水性を有する補助シートは、補助シートを構成する素材を、当技術分野で公知の親水化剤で処理する(例えば、親水化剤を塗工する、親水化剤を練り込む)ことにより形成されうる。上記親水化剤としては、液透過性シートの説明の箇所で列挙した親水化剤が挙げられる。液透過性シート及び補助シート間の極性(親油性度及び親水性度)を調整することにより、温感物品がオンデマンド性を有することができる。
[0146]
 親油性を有する補助シートとしては、補助シートを構成する素材を、当技術分野で公知の親油化剤で処理する(例えば、親油化剤を塗工する、親油化剤を練り込む)ことにより形成されうる。上記親油化剤としては、液透過性シートの説明の箇所で列挙した親油化剤が挙げられる。
[0147]
 本開示(開示A)の温感物品が、以下の構成[(i)補助シートをさらに備える、そして(ii)補助シートが温感領域を構成する]を備える場合に、温感物品にオンデマンド性を付与するときには、補助シートは、好ましくは0.010~0.500g/cm 3、より好ましくは0.020~0.300g/cm 3、そしてさらに好ましくは0.030~0.100g/cm 3の繊維密度を有する。
 上記補助シートは、好ましくは10~200g/m 2、そしてより好ましくは15~150g/m 2の坪量を有する。
[0148]
 本開示(開示A)の温感物品が、以下の構成[(i)補助シートをさらに備える、(ii)補助シートが温感領域を構成する、そして(iii)液透過性シートが布帛である]を備える場合に、温感物品にオンデマンド性を付与するときには、液透過性シートは、補助シートよりも、好ましくは0.005g/cm 3以上、より好ましくは0.010g/cm 3以上、さらに好ましくは0.015g/cm 3以上、さらに好ましくは0.020g/cm 3以上、さらに好ましくは0.025g/cm 3以上、そしてさらに好ましくは0.030g/cm 3以上の差で小さい繊維密度を有する。そうすることにより、力等の加わっていない状態では、温感溶液は、繊維密度が高い補助シートに保持されやすくなり、着用者が、温感物品を押し込むと、温感溶液が液透過性シートに移動し、次いで、着用者の肌に移動しやすくなる。
[0149]
 本開示(開示A)の温感物品が、以下の構成[(i)補助シートをさらに備える、(ii)補助シートが温感領域を構成する、そして(iii)液透過性シートが布帛である]を備える場合に、温感物品にオンデマンド性を付与するときには、液透過性シートは、補助シートよりも、好ましくは0.440g/cm 3以下、より好ましくは0.300g/cm 3以下、さらに好ましくは0.250g/cm 3以下、さらにいっそう好ましくは0.200g/cm 3以下、さらにいっそう好ましくは0.150g/cm 3以下、さらにいっそう好ましくは0.100g/cm 3以下、さらにいっそう好ましくは0.060g/cm 3以下、さらにいっそう好ましくは0.045g/cm 3以下、さらにいっそう好ましくは0.040g/cm 3以下、そしてさらにいっそう好ましくは0.035g/cm 3以下の差で小さい繊維密度を有する。そうすることにより、着用者が、温感物品を押し込むと、温感溶液が液透過性シートに移動し、次いで、着用者の肌に移動しやすくなる。
[0150]
 液透過性シート及び補助シートの繊維密度は、以下の通り測定される。
(1)温度:20±5℃及び湿度:65±5%RHの恒温恒湿室に、株式会社大栄科学精器製作所製 FS-60DS[測定面44mm(直径),測定圧3g/cm 2]を準備し、同恒温恒湿室に、液透過性シート及び/又は補助シート(以下、「サンプル」と称する)を24時間静置する。
(2)上記サンプルから、0.1m×0.1mのサイズのサンプル片を10枚採取する。
(3)各サンプル片の質量を測定し、次いで、各サンプル片の質量(g)を、各サンプル片の面積(m 2)で除することにより、各サンプル片の坪量:bw(g/m 2)を算出する。
[0151]
(4)FS-60DSを用いて、各サンプル片の異なる5つの部位を加圧し、各部位における加圧10秒後の厚さを測定し、5つの測定値の平均値を、各サンプル片の厚さ:t(m)とする。
(5)各サンプル片において、サンプル片の坪量:bw(g/m 2)を、サンプル片の厚さ:t(m)で除し、単位を調整することにより、各サンプル片の繊維密度:fd(g/cm 3)を算出する。
(6)計10枚のサンプル片の繊維密度:fd(g/cm 3)の平均値を算出し、当該平均値を繊維密度:FD(g/cm 3)として採用する。
[0152]
 本開示(開示A)の温感物品が、以下の構成[(i)補助シートをさらに備える、(ii)補助シートが温感領域を構成する、そして(iii)温感溶液の溶媒が親油性溶媒である]を備える場合に、温感物品にオンデマンド性を付与するときには、補助シートの親油性度が、液透過性シートの親油性度よりも高いことが好ましい。
[0153]
 そうすることにより、親油性溶媒を含む温感溶液が、液透過性シートよりも温感領域を構成する補助シートに存在しやすくなり、そして着用者が温感物品を押し込むと、補助シート(温感領域)から温感溶液が放出され、液透過性シートに移動し、液透過性シートを通過した温感溶液が、着用者の肌に到達し、着用者に温感を付与することができる。また、着用者が温感物品を押し込むことをやめると、補助シートの親油性度と、液透過性シートの親油性度との差により、着用者の肌に到達した温感溶液が、徐々に補助シート(温感領域)に戻る。従って、着用者が温感をより制御しやすくなり、上記温感物品が、オンデマンド性に優れやすくなる。
[0154]
 また、本開示(開示A)の温感物品が、以下の構成[(i)補助シートをさらに備える、(ii)補助シートが温感領域を構成する、そして(iii)温感溶液の溶媒が親水性溶媒である]を備える場合に、温感物品にオンデマンド性を付与するときには、補助シートの親水性度が、液透過性シートの親水性度よりも高いことが好ましい。温感物品のオンデマンド性を向上させる観点からである。
[0155]
 そうすることにより、親水性溶媒を含む温感溶液が、液透過性シートよりも温感領域を構成する補助シートに存在しやすくなり、そして着用者が温感物品を押し込むと、補助シート(温感領域)から温感溶液が放出され、液透過性シートに移動し、液透過性シートを通過した温感溶液が、着用者の肌に到達し、着用者に温感を付与することができる。また、着用者が温感物品を押し込むことをやめると、補助シートの親水性度と、液透過性シートの親水性度との差により、着用者の肌に到達した温感溶液が、徐々に補助シート(温感領域)に戻る。従って、着用者が温感をより制御しやすくなり、上記温感物品が、オンデマンド性に優れやすくなる。
[0156]
 上記親油性度の高低及び親水性度の高低は、以下の通り評価される。
(1)温度:20±5℃及び湿度:65±5%RHの恒温恒湿室に、協和界面化学株式会社の自動極小接触角計MCA-Jを準備し、同恒温恒湿室に、液透過性シート及び補助シート(以下、「サンプル」と称する)を24時間静置する。
(2)MCA-Jのインクジェットから、脱イオン水の微小液滴(20pL)を、測定すべきサンプルの表面(サンプルが布帛の場合には繊維の表面、サンプルがシートの場合にはシートの表面)に滴下し、微小液滴の様子を経時で録画する。
(3)サンプルの表面に微小液滴が付着した直後の画像を画像解析し、微小液滴の、サンプルの表面に対する接触角を算出する。
(4)接触角は、異なる繊維20本の計20カ所の測定値の平均値を採用する。
(5)接触角が大きいサンプルを、親油性が高いサンプル(親水性が低いサンプル)とし、接触角の小さいサンプルを、親油性の低いサンプル(親水性の高いサンプル)とする。
[0157]
 上記吸収体としては、コアラップが、パルプ繊維及び高分子吸収剤を含む吸収コアを覆っているもの、コアラップが、高分子吸収剤を含む吸収コア又は高分子吸収剤から成る吸収コアを覆っているもの等が挙げられる。上記コアラップとしては、上述の補助シートが挙げられる。上記吸収体を備える温感物品としては、吸収性物品が挙げられる。
[0158]
 本開示(開示A)の温感物品は、当該温感物品を着衣、着用者の肌等に固定する粘着部を備えることができ、当該粘着部としては、ホットメルト接着剤、例えば、スチレン-エチレン-ブタジエン-スチレン(SEBS)、スチレン-ブタジエン-スチレン(SBS)、スチレン-イソプレン-スチレン(SIS)等のゴム系を主体とした、又は直鎖状低密度ポリエチレン等のオレフィン系を主体とした感圧型接着剤又は感熱型接着剤;水溶性高分子(例えば、ポリビニルアルコール、カルボキシルメチルセルロース、ゼラチン等)又は水膨潤性高分子(例えば、ポリビニルアセテート、ポリアクリル酸ナトリウム等)からなる感水性接着剤等が挙げられる。
[0159]
 本開示(開示A)の温感物品は、使用される前に包装シートで包装されていることが好ましい。温感物品が保持する温感溶液を保護する観点、温感物品が保持する温感溶液を外部に漏らさない観点等からである。例えば、本開示(開示A)の温感物品は、一又は複数の温感物品が包装シートで包装された包装体であることが好ましく、そして1つの温感物品が包装シートで包装された個包装体であることがより好ましい。
[0160]
 上記包装シートの素材としては、例えば、ポリオレフィン系ポリマー、例えば、ポリエチレン及びポリプロピレンが挙げられる。上記包装シートは、上記個包装体の気密性を高める観点から、気密層を含んでもよく、そして当該気密層の素材としては、例えば、エチレンビニルアルコールコポリマー、塩化ビニリデン系ポリマー、例えば、塩化ビニリデンメチルアクリレートコポリマー、ポリビニルアルコール、ナイロン、例えば、ナイロン6、アルミ箔、基材フィルム(ポリエチレンテレフタレート等)上にアルミナ、シリカ等が蒸着されたものが挙げられる。
[0161]
 本開示(開示A)の温感物品は、温感溶液を含むものであれば特に制限されず、例えば、吸収性物品、温感シート等が挙げられる。
 上記吸収性物品としては、特に制限されず、吸収体を備えるもの、例えば、生理用ナプキン、ショーツ型生理用ナプキン、パンティーライナー、使い捨ておむつ、失禁パッド、陰唇間パッド、タンポン、産褥パッド、母乳パッド、痔用パッド、汗取りパッド、褥瘡シート(ドレッシングシート)、ペット用オムツ、ペット用シート等が挙げられる。
[0162]
 上記吸収性物品では、温感溶液を含む温感領域は、吸収性物品の平面方向において、吸収体と、吸収性物品の厚さ方向に重複しない位置、吸収体と、吸収性物品の厚さ方向に重複する位置、それらの任意の組み合わせの位置等に配置されうる。上記吸収性物品では、温感溶液を含む温感領域は、吸収性物品の厚さ方向において、液透過性シート、上述の補助シート、吸収体、それらの任意の組み合わせ等に配置されうる。
 上記吸収性物品は、液透過性シートと、液不透過性シートと、液透過性シート及び液不透過性シートの間の吸収体とを備えるのが一般的である。
[0163]
 なお、温感溶液は吸収性物品を構成する資材上又は資材内部を移動する場合があり、温感溶液が配置された資材に隣接する資材の一部が、温感領域を形成する場合がある。例えば、温感溶液が補助シートに配置された場合に、液透過性シートが布帛から構成されるときには、温感溶液の一部が、例えば、隣接する液透過性シートの、補助シート側の領域に、主に吸収性物品の厚さ方向に移動し、液透過性シートの、補助シート側の領域が、温感領域を形成する場合がある。また、温感溶液が液透過性シートに配置された場合には、温感溶液の一部が、例えば、隣接する補助シートの、液透過性シート側の領域、又は隣接する吸収体の、液透過性シート側の領域に、主に吸収性物品の厚さ方向に移動し、補助シートの、液透過性シート側の領域、又は吸収体の、液透過性シート側の領域が、温感領域を形成する場合がある。
[0164]
 本開示(開示A)の温感物品が、以下の構成[(i)温感物品が、吸収体を備える吸収性物品である、(ii)温感溶液が、吸収体と、吸収性物品の厚さ方向に重複しない位置に配置されている、そして(iii)温感物品が、吸収性物品の幅方向に延びる幅方向折軸にて、長手方向に折畳まれている]を備える場合には、幅方向折軸が、温感物品の展開状態において、温感領域と、温感物品の厚さ方向において重複するように配置されていることが好ましい。
[0165]
 幅方向折軸が、温感物品の展開状態において、温感領域と厚さ方向に重複するように配置されていると、温感領域の、幅方向折軸と重複する部分である幅方向折軸重複部分の資材密度が、温感領域の、幅方向折軸と重複していない幅方向折軸非重複部分の資材密度と比較して高くなるため、幅方向折軸重複部分の温感溶液の量(坪量)が、幅方向折軸非重複部分の温感溶液の量(坪量)よりも多くなる傾向がある。
[0166]
 従って、温感領域が着用者の下腹部に対応する位置に配置されている場合には、温感領域の幅方向折軸重複部分が、着用者の骨盤内リンパ節(内腸骨節、閉鎖節、外腸骨節、前仙骨節、総腸骨節、基靱帯節、仙骨節、鼠径上節、傍大動脈節等)、鼠径リンパ節(浅鼠径節、深鼠径節等)等に温感を付与することができ、それらの温度を上昇させ、それらにマッサージ効果を付与することが期待される。
[0167]
 本開示(開示A)の温感物品が、以下の構成[(i)温感物品が、吸収体を備える吸収性物品である、(ii)温感溶液が、吸収体と、吸収性物品の厚さ方向に重複しない位置に配置されている、そして(iii)温感物品が、吸収性物品の長手方向に延びる長手方向折軸にて、幅方向に折畳まれている]を備える場合には、長手方向折軸が、温感物品の展開状態において、温感領域と、温感物品の厚さ方向において重複するように配置されていることが好ましい。
[0168]
 長手方向折軸が、温感物品の展開状態において、温感領域と厚さ方向に重複するように配置されていると、温感領域の、長手方向折軸と重複する部分である長手方向折軸重複部分の資材密度が、温感領域の、長手方向折軸と重複していない長手方向折軸非重複部分の資材密度と比較して高くなるため、長手方向折軸重複部分の温感溶液の量(坪量)が、長手方向折軸非重複部分の温感溶液の量(坪量)よりも多くなる傾向がある。
[0169]
 従って、温感領域が着用者の下腹部に対応する位置に配置されている場合には、温感領域の長手方向折軸重複部分が、着用者の骨盤内リンパ節(内腸骨節、閉鎖節、外腸骨節、前仙骨節、総腸骨節、基靱帯節、仙骨節、鼠径上節、傍大動脈節等)、鼠径リンパ節(浅鼠径節、深鼠径節等)等に温感を付与することができ、それらの温度を上昇させ、それらにマッサージ効果を付与することが期待される。
[0170]
 上記温感シートとしては、例えば、着衣固定タイプの温感シート(例えば、液不透過性シートの着衣当接面に、着用者の着衣に固定するための粘着部を備え、上記粘着部を着衣の内面に貼付して使用するもの)、肌固定タイプの温感シート(例えば、液透過性シートの肌当接面(例えば、温感シートの周縁)に、着用者の肌に固定するための粘着部を備え、上記粘着部を着用者の肌に貼付して使用するもの)が挙げられる。
[0171]
 着衣固定タイプの温感シートが固定される着衣としては、特に制限されず、例えば、着用者の肌に直接接する部分を有し、好ましくは着用者にフィットして用いられるものが挙げられる。上記着衣としては、例えば、下着(例えば、ショーツ、シャツ、ブラジャー等)、上着(例えば、上衣、下衣)、靴下、手袋、マフラー、フェイスマスク、アイマスク等が挙げられる。
[0172]
 上記温感シートが温感を付与しうる部位としては、特に制限されず、例えば、頭(例えば、顔部、例えば、眼部)、首、上肢(例えば、胸部、腹部、鼠径部、背中部、腰部、上腕部、前腕部、手部)、下肢(例えば、大腿部、下腿部、足部)等が挙げられる。
 上記温感シートでは、温感溶液は、液透過性シート、上述の補助シート等に保持されうる。
[0173]
 上記温感シートでは、温感溶液を含む温感領域は、温感シートの平面方向において、全面、中央部、周縁部、それらの任意の組み合わせの位置等に配置されうる。上記温感シートでは、温感溶液を含む温感領域は、温感シートの厚さ方向において、液透過性シート、上述の補助シート、それらの任意の組み合わせ等に配置されうる。
 上記温感シートは、液不透過性シートと、液透過性シートとを少なくとも備えるのが一般的である。
[0174]
 なお、温感溶液は温感シートを構成する資材上又は資材内部を移動する場合があり、温感溶液が配置された資材に隣接する資材の一部が、温感領域を形成する場合がある。例えば、温感溶液が補助シートに配置された場合に、液透過性シートが布帛から構成されるときには、温感溶液の一部が、例えば、隣接する液透過性シートの、補助シート側の領域に、主に温感シートの厚さ方向に移動し、液透過性シートの、補助シート側の領域が、温感領域を形成する場合がある。また、温感溶液が液透過性シートに配置された場合には、温感溶液の一部が、例えば、隣接する補助シートの、液透過性シート側の領域に、主に温感シートの厚さ方向に移動し、補助シートの、液透過性シート側の領域が、温感領域を形成する場合がある。
[0175]
<開示B>
 本開示(開示B)の温感物品について、以下、詳細に説明する。
 図10~図14は、本開示(開示B)の実施形態の1つ(以下、「第1実施形態」と称する)に従う温感物品としての生理用ナプキン401を説明するための図である。なお、以下、「第1実施形態に従う温感物品としての生理用ナプキン」を、単に『第1実施形態に従う生理用ナプキン』と称する場合がある。具体的には、図10は、第1実施形態に従う生理用ナプキン401の斜視図である。図11は、第1実施形態に従う生理用ナプキン401の分解斜視図である。図12は、補助シート413の平面図であり、図13は、図12のXIII-XIII断面における補助シート413の断面図である。図14は、生理用ナプキン401の着用状態を示す図である。
[0176]
 第1実施形態に従う生理用ナプキン401は、お互いに直交する長手方向L、幅方向W及び厚さ方向Tを有し、吸収本体403と、吸収本体403より長手方向Lの前方に配置された温感本体405とを備える。生理用ナプキン401は、吸収本体403において、着用時に着用者の肌に当接する液透過性シート407と、着用時に着衣19に当接する液不透過性シート409と、液透過性シート407及び液不透過性シート409の間に配置された吸収体411とを備える。また、生理用ナプキン401は、温感本体405において、着用時に着用者の肌に当接する液透過性シート407と、着用時に着衣19に当接する液不透過性シート409と、液透過性シート407及び液不透過性シート409の間に配置された、補助シート413及び形状保持部材415を備える。形状保持部材415は、補助シート413よりも液不透過性シート409側に配置されている。
[0177]
 なお、吸収本体403における液透過性シート407と、温感本体405における液透過性シート407は、不織布からなる一体のシートから構成されている。また、吸収本体403における液不透過性シート409と、温感本体405における液不透過性シート409も、一体のシートから構成されている。また、吸収本体403における吸収体411と、温感本体405における形状保持部材415とは、それらの一部が、重複部417において、厚さ方向Tに一部重複しており、重複部417において、吸収体411が、形状保持部材415よりも液透過性シート407に近い位置に配置されている。
[0178]
 生理用ナプキン401は、吸収本体403及び温感本体405の両方において、生理用ナプキン401を着用者の着衣419に固定するための粘着部421を備える。粘着部421の一方の面は、液不透過性シート409に固定され、そして他方の面は、剥離性が付与された、包装シート29の内面に仮固定されている。
[0179]
 生理用ナプキン401は、未使用状態では、包装シート429とともに、長手方向Lに延びる、長手方向第1折軸F 1及び長手方向第2折軸F 2と、幅方向Wに延びる、幅方向第1折軸F 3、幅方向第2折軸F 4及び幅方向第3折軸F 5を基軸として折畳まれ、生理用ナプキン401の個包装体(図示せず)を形成している。なお、幅方向第1折軸F 3、幅方向第2折軸F 4、及び幅方向第3折軸F 5は、それぞれ、生理用ナプキン401の前方、中央及び後方に配置されている。
[0180]
 また、幅方向第1折軸F 3は、生理用ナプキン401及び包装シート429の展開状態において、補助シート413(後述の温感領域431)、具体的には、温感適用部433と、厚さ方向Tに重複するように配置されている。長手方向第1折軸F 1及び長手方向第2折軸F 2は、生理用ナプキン401及び包装シート429の展開状態において、吸収体411と厚さ方向Tに重複しないが、補助シート413(後述の温感領域431)、具体的には、温感適用部433と厚さ方向Tに重複するように配置されている。また、幅方向第1折軸F 3と、長手方向第1折軸F 1及び長手方向第2折軸F 2のそれぞれとの交点は、温感適用部433と厚さ方向Tに重複するように配置されている。
[0181]
 生理用ナプキン401の個包装体は、生理用ナプキン401及び包装シート429を、長手方向第1折軸F 1及び長手方向第2折軸F 2を基軸として、生理用ナプキン401を内側にして幅方向Wに折畳み、次いで、幅方向第1折軸F 3及び幅方向第3折軸F 5を基軸として、生理用ナプキン401を内側にして長手方向Lに折り畳み、次いで、幅方向第2折軸F 4を基軸として、生理用ナプキン401を内側にして長手方向Lに折畳むことにより形成されている。
[0182]
 生理用ナプキン401は、生理用ナプキン401を着衣419に固定するための一対のフラップ部423、シール部425、エンボス部427等を備えるが、当技術分野で公知のものであるため、説明を省略する。
[0183]
 生理用ナプキン401は、吸収本体403及び温感本体405を、吸収本体403の吸収体411の排泄口当接域(図示せず)を着用者の排泄口当接域に当接するように着衣419に配置した際に、温感本体405、特に補助シート413が、着用者の下腹部に対応する位置に配置されるように有している。換言すると、吸収本体403の吸収体411の排泄口当接域(図示せず)と、温感本体405の補助シート413との距離は、着用者の排泄口と、下腹部との距離(肌面上の距離)とに概ね等しくなるように構成されている。
[0184]
 吸収本体403は、通常の生理用ナプキンと同様の形状を有している。補助シート413は、均一な坪量を有する不織布から構成されており、その全体に、温感溶液(図示せず)が塗工されており、補助シート413の全体が、温感領域431を構成している。
 また、補助シート413の、幅方向Wの長さは、吸収体411の、幅方向Wの長さよりも長く、温感領域431が、吸収体411よりも、幅方向Wに広い領域に配置されるように構成されている。
[0185]
 温感溶液は、TRPチャネルを活性化する温感剤と、溶媒とを含む。生理用ナプキン401を着衣419に固定し、使用すると、温感領域431(補助シート413)に含まれる温感溶液が、液透過性シート407を透過して、着用者の肌に接触し、着用者の肌の、温感剤が接触している温感剤接触部分のTRPチャネルを効率よく活性化し、着用者の下腹部に温感を効率よく付与することができる。
[0186]
 着用者の下腹部に温感を付与することにより、着用者の下腹部の肌の、温感剤に接していた温感剤接触部分のTRPチャネルが活性化される結果、交感神経系を介して、温感剤接触部分から熱が生じ、着用者の肌の、温感剤接触部分の温度を上昇させることが期待され、ひいては着用者の子宮に近い部位を温め、着用者の生理痛を緩和することが期待される。
 また、着用者の子宮に近い部位を温めることにより、着用者の月経前症候群(Premenstrual Syndrome)、冷え性、更年期障害等を軽減することが期待される。
[0187]
 図12及び図13に示されるように、補助シート413は、補助シート413の長手方向Lの中心且つ幅方向Wの中心Cを中心とした複数の同心円(C 1,C 2,C 3及びC 4)のそれぞれの上に、複数のエンボス部437を備えている。同心円C 1,同心円C 2,同心円C 3及び同心円C 4は、それぞれ、同心円C 1の半径をrとした場合に、r,3r,5r及び7rの半径を有する。また、複数のエンボス部437は、複数の同心円(C 1,C 2,C 3及びC 4)のそれぞれの上に、8個のエンボス部437が、均等の間隔を有するように配置されている。
[0188]
 温感領域431は、温感適用部433と、温感適用部433の外縁439を一周するように配置されている温感周辺部435とに区画される。上述の同心円C 1,同心円C 2,同心円C 3及び同心円C 4、並びに複数のエンボス部437は、温感適用部433に配置されており、温感周辺部435には、複数のエンボス部437は、配置されていない。従って、温感適用部433における補助シート413の厚さは、温感周辺部435の厚さよりも薄くなっており、温感適用部433における補助シート413の繊維密度は、温感周辺部435の繊維密度よりも高くなっている。また、温感適用部433及び温感周辺部435のそれぞれは、温感溶液を含むが、温感適用部433における温感溶液の坪量は、温感周辺部435における温感溶液の坪量よりも多い。
[0189]
 なお、温感溶液の一部は、液透過性シート407の補助シート413側の領域にも移行しており、液透過性シート407の補助シート413側の領域も、温感領域431を構成しており、温感適用部433及び温感周辺部435を備える。また、液透過性シート7の補助シート413側の領域においても、温感適用部433における温感溶液の坪量が、温感周辺部435における温感溶液の坪量よりも多い。
[0190]
 本願発明者は、温感剤を含む温感物品では、所望の温度を感じるまでの時間(温熱感知時間)が、発熱剤(例えば、鉄粉)を含む発熱物品と比較して長くなる傾向にあり、当該温熱感知時間に、着用者が痒みを覚えやすいことを見出した。また、本願発明者は、着用者が、上記温熱感知時間に、特に、温感領域と、それ以外との境界近傍(すなわち、温感領域の外縁近傍)において、痒みを覚えやすいことを見出した。
[0191]
 着用者が生理用ナプキン401を着用すると、温感適用部433の温感溶液が、所定の温感作用を着用者の下腹部に与えるとともに、温感周辺部435における温感溶液が、主に、上述の温熱感知時間に、温感適用部433の温感溶液よりも弱い温熱作用を着用者の下腹部に与え、着用者が、下腹部に痒みを覚えにくくなる。
[0192]
 また、幅方向第1折軸F 3と、長手方向第1折軸F 1及び長手方向第2折軸F 2とは、生理用ナプキン401及び包装シート429の展開状態において、補助シート413(温感領域431)と、厚さ方向Tに重複するように配置されているので、着用者の骨盤内リンパ節(内腸骨節、閉鎖節、外腸骨節、前仙骨節、総腸骨節、基靱帯節、仙骨節、鼠径上節、傍大動脈節等)、鼠径リンパ節(浅鼠径節、深鼠径節等)等に温感をより付与することができる。
[0193]
 図15は、本開示(開示B)の別の実施形態(以下、「第2実施形態」と称する)に従う温感物品としてのショーツ型生理用ナプキン501を説明するための図であり、着用状態を示す図である。なお、以下、「第2実施形態に従う温感物品としてのショーツ型生理用ナプキン」を、単に『第2実施形態に従うショーツ型生理用ナプキン』と称する場合がある。
[0194]
 第2実施形態に従うショーツ型生理用ナプキン501は、ショーツ部503と、ショーツ部503の内面に配置された吸収性物品部505とから構成されている。吸収性物品部505は、吸収本体507において、着用時に着用者の肌に当接する液透過性シート(図示せず)と、ショーツ部503に当接する液不透過性シート(図示せず)と、それらの間に配置された吸収体511とを備える。また、吸収性物品部505は、温感本体509において、着用時に着用者の肌に当接する液透過性シート(図示せず)と、ショーツ部503に当接する液不透過性シート(図示せず)と、それらの間に配置された、補助シート513及び形状保持部材515を備える。
[0195]
 なお、吸収本体507における液透過性シート(図示せず)と、温感本体509における液透過性シート(図示せず)は、不織布からなる一体のシートから構成されている。また、吸収本体507における液不透過性シート(図示せず)と、温感本体509における液不透過性シート(図示せず)も、一体のシートから構成されている。
[0196]
 温感本体509の補助シート513は、第1実施形態における補助シート413と同様に、不織布から構成されており、複数のエンボス部523を備えている。補助シート513は、その全体に、TRPチャネルを活性化する温感剤と、溶媒とを含む温感溶液(図示せず)が塗工されており、補助シート513の全体が、温感領域517を構成している。補助シート513の温感領域517において、温感適用部519における温感溶液の坪量が、温感周辺部521における温感溶液の坪量よりも多い。
[0197]
 なお、温感溶液の一部は、液透過性シート(図示せず)の補助シート513側の領域にも移行しており、液透過性シート(図示せず)の補助シート513側の領域も、温感領域517を構成しているが、液透過性シート(図示せず)の補助シート513側の領域においても、温感適用部519における温感溶液の坪量が、温感周辺部521における温感溶液の坪量よりも多い。
[0198]
 そうすることにより、第2実施形態に従うショーツ型生理用ナプキン501では、第1実施形態に従う生理用ナプキン401と同様、着用者が痒みを覚えることを抑制しつつ、着用者の子宮に近い部位に温感を付与することができる。ひいては、着用者が痒みを覚えることを抑制しつつ、着用者の子宮に近い部位のTRPチャネルを活性化し、交感神経系を介して、温感剤接触部分から熱を生じさせ、着用者の子宮に近い部位の温度を上昇させることが期待される。その結果、着用者の生理痛が緩和されることが期待され、そして着用者の月経前症候群(Premenstrual Syndrome)、冷え性、更年期障害等が軽減されることが期待される。
[0199]
 図16は、本開示(開示B)のさらに別の実施形態(以下、「第3実施形態」と称する)に従う温感物品としての、大人用の使い捨ておむつ601を説明するための図であり、着用状態を示す図である。なお、以下、「第3実施形態に従う温感物品としての使い捨ておむつ」を、単に『第3実施形態に従う使い捨ておむつ』と称する場合がある。
[0200]
 第3実施形態に従う使い捨ておむつ601は、着用者の肌に当接する液透過性シート603と、液不透過性シート605と、液透過性シート603及び液不透過性シート605の間に配置された吸収体607と、吸収体607よりも前方且つ液透過性シート603及び液不透過性シート605の間に配置された補助シート609とを備える。
[0201]
 補助シート609は、使い捨ておむつ601の着用時に、着用者の下腹部に対応する位置に配置されるように配置されている。
 補助シート609は、第1実施形態における補助シート413と同様に、不織布から構成されており、複数のエンボス部617を備えている。補助シート609は、その全体に、TRPチャネルを活性化する温感剤と、溶媒とを含む温感溶液(図示せず)が塗工されており、補助シート609の全体が、温感領域611を構成している。補助シート609の温感領域611において、温感適用部613における温感溶液の坪量が、温感周辺部615における温感溶液の坪量よりも多い。
[0202]
 なお、温感溶液の一部は、液透過性シート603の補助シート609側の領域にも移行しており、液透過性シート603の、補助シート609側の領域も、温感領域611を構成しており、温感適用部613と、温感周辺部615とを備える。また、液透過性シート603の補助シート609側の領域においても、温感適用部613における温感溶液の坪量が、温感周辺部615における温感溶液の坪量よりも多い。
[0203]
 そうすることにより、第3実施形態に従う使い捨ておむつ601では、着用者が痒みを覚えることを抑制しつつ、着用者の下腹部に温感を付与することができる。ひいては、着用者が痒みを覚えることを抑制しつつ、着用者の下腹部の肌の、温感剤に接していた温感剤接触部分のTRPチャネルを活性化し、交感神経系を介して、温感剤接触部分から熱を生じさせ、着用者の肌の、温感剤接触部分の温度を上昇させることが期待される。
[0204]
 その結果、使い捨ておむつ601の着用者が女性の場合には、(i)生理痛の要因とされるプロスタグランジンを排出させ、子宮筋等の筋肉を弛緩させ、生理痛を緩和すること、(ii)血行を促進し、リンパ液の流れを促進し、老廃物を排出させ、冷え性を改善し、脂肪を燃焼させること、(iii)免疫力を向上させること等が期待される。
 使い捨ておむつ601の着用者が男性の場合には、(i)プロスタグランジンを排出させ、筋肉を弛緩させ、痛みを緩和すること、(ii)血行を促進し、リンパ液の流れを促進し、老廃物を排出させ、冷え性を改善し、脂肪を燃焼させること、(iii)免疫力を向上させること等が期待される。
[0205]
 図17~図21は、本開示(開示B)のさらに別の実施形態(以下、「第4実施形態」と称する)に従う温感物品としての温感シート701を説明するための図である。なお、以下、「第4実施形態に従う温感物品としての温感シート」を、単に『第4実施形態に従う温感シート』と称する場合がある。具体的には、図17は、第4実施形態に従う温感シート701が個包装された温感シートの個包装体703の斜視図である。図18は、第4実施形態に従う温感シート701の斜視図である。図19は、第4実施形態に従う温感シート701の分解斜視図である。図20は、補助シート709の平面図である。図21は、第4実施形態に従う温感シート701の着用状態を示す図である。なお、以下、「温感シートの個包装体」を、単に『個包装体』と称する場合がある。
[0206]
 第4実施形態に従う温感シート701は、着用者の肌に当接する液透過性シート707と、補助シート709と、着衣に当接する液不透過性シート711と、液不透過性シート711に固定され且つ液不透過性シート711を着衣721に貼付するための粘着部713と、粘着部713を仮固定するための剥離シート715とをその順で備え、お互いに直交する長手方向L、幅方向W及び厚さ方向Tを有する。また、液透過性シート707は、肌当接面731と、非肌当接面733とを有する。
[0207]
 補助シート709は、第1シート709aと、第1シート709aよりも面積の小さな第2シート709bとから構成されており、第1シート709a及び第2シート709bは、同一の坪量を有する不織布であり、平面方向(長手方向L及び幅方向W)の形状が、お互いに相似形である。第1シート709a及び第2シート709bは、それらの中心(図示せず)が、厚さ方向Tに重なるように積層されている。
[0208]
 また、補助シート709は、補助シート709の全体に、TRPチャネルを活性化する温感剤と、親水性溶媒としての水を含む温感溶液(図示せず)が塗工されている。具体的には、補助シート709の、第1シート709a及び第2シート709bが重複する部分に、液透過性シート707側から、温感溶液が所定の坪量n(g/m 2)を有するように塗工され、そして第1シート709aの、第2シート209bと重複していない部分に、液透過性シート707側から、温感溶液が、0.5n(g/m 2)の坪量を有するように塗工されている。なお、図20では、第1シート709a及び第2シート709bが含む温感溶液の量を、Xで表示している。
[0209]
 補助シート709は、その全体が温感領域741を構成し、そして補助シート709の、第1シート709a及び第2シート709bが重複する部分が、温感適用部743に区画され、そして補助シート709の、第1シート709aのみの部分(第2シート709bと重複していない部分)が、温感周辺部745に区画される。
 補助シート709の温感領域741において、温感適用部743における温感溶液の坪量が、温感周辺部745における温感溶液の坪量よりも多い。
[0210]
 なお、温感溶液の一部は、液透過性シート707の補助シート709側の領域にも移行しており、液透過性シート707の補助シート709側の領域も、温感領域741を構成し、温感適用部743と、温感周辺部745とを備える。また、液透過性シート707の補助シート709側の領域において、温感適用部743における温感溶液の坪量が、温感周辺部745における温感溶液の坪量よりも多い。
[0211]
 温感シート701は、長手方向Lの中心に、幅方向Wと平行に延びる折軸F 6を備える。なお、個包装体703では、温感シート701は、折軸F 6を基軸として、液透過性シート707の肌当接面731を内側にして折り畳まれ、包装シート705に包装されている。
[0212]
 粘着部713は、複数の粘着部部分714から構成されている。複数の粘着部部分714のそれぞれは、幅方向Wに延びており、温感シート701の幅方向Wの両端部まで達している。複数の粘着部部分714は、長手方向Lに所定の間隔をあけて配置されている。
 剥離シート715は、液不透過性シート711と外縁の形状が同一であり、粘着部713(複数の粘着部部分714)の全体を覆うように配置されている。
[0213]
 図17に示されるように、温感シート701は、2つ折りされた状態で、包装シート705に包装され、個包装体703が形成されている。具体的には、個包装体703は、折軸F 6を基軸として、液透過性シート707の肌当接面731を内側にして2つ折りされた温感シート701を、2枚の包装シート705で挟み、2枚の包装シート705の周縁にシール部735を設けることにより形成されている。
[0214]
 着用者は、温感シート701を使用するに当たり、個包装体703の切欠部737から、個包装体703を開封し、個包装体703から温感シート701を取り出し、温感シート701から剥離シート715を剥離する。次いで、着用者は、温感シート701の粘着部713を、着衣721、具体的にはショーツの内面に固定し、温感シート701の肌当接面731が着用者の肌に接した状態で、温感シート701を使用する。
[0215]
 着用者が温感シート701を着用すると、温感適用部743の温感溶液が、所定の温感作用を着用者の肌に与えるとともに、温感周辺部745における温感溶液が、主に、上述の温熱感知時間に、温感適用部743の温感溶液よりも弱い温熱作用を着用者の肌に与え、着用者が、温感シート701の貼付箇所近傍に痒みを覚えにくくなる。
[0216]
 本開示(開示B)の温感物品では、温感溶液は、TRPチャネルを活性化する温感剤と、溶媒とを含む。上記温感剤及び溶媒としては、開示Aに関連して列挙されるものが挙げられ、説明を省略する。
[0217]
 上記温感溶液は、上記温感剤を、好ましくは0.0001~5.0質量%、より好ましくは0.0005~3.0質量%、さらに好ましくは0.1~1.0質量%、そしてさらにいっそう好ましくは0.3~0.7質量%含む。温感効果の観点からである。
[0218]
 本開示(開示B)の温感物品は、TRPチャネルを活性化する温感剤と、溶媒とを含む温感溶液を含む温感領域を特に制限されず、任意の場所に備えることができる。例えば、本開示(開示B)の温感物品が、吸収体を備える吸収性物品である場合には、温感領域を、(i)吸収体と、吸収性物品の厚さ方向に重複する位置、(ii)吸収体と、吸収性物品の厚さ方向に重複していない位置、例えば、吸収体よりも、吸収性物品の長手方向の前方の位置、吸収体よりも、吸収性物品の長手方向の後方の位置に配置することができる。
[0219]
 また、本開示(開示B)の温感物品が、吸収体を備える吸収性物品である場合には、温感領域が、吸収体よりも、吸収性物品の幅方向の長さが長くなるように構成することが好ましい。温感効果の観点からである。
 本開示(開示B)の温感物品が、温感シートである場合には、温感領域を所望の位置に配置することができる。
[0220]
 本開示(開示B)の温感物品は、温感領域において、温感適用部と、温感適用部の周辺に配置された温感周辺部とを備える。温感周辺部は、温感適用部の周辺に配置されていれば、温感適用部を、温感物品の平面方向(温感物品の長手方向及び幅方向)に一周していなくともよいが、着用者が痒みを感じにくい観点からは、温感周辺部は、温感適用部の外縁の好ましくは50%以上、より好ましくは70%以上、さらに好ましくは90%以上、そしてさらにいっそう好ましくは100%(すなわち、温感周辺部が、温感適用部を、温感物品の平面方向に一周している)に配置されていることが好ましい。
[0221]
 本開示(開示B)の温感物品では、温感領域の温感適用部が、温感溶液を、温感剤の坪量が、好ましくは0.001~10g/m 2、より好ましくは0.003~5g/m 2、さらに好ましくは0.01~2.5g/m 2、そしてさらにいっそう好ましくは0.05~1.5g/m 2となるような坪量で含む。着用者に温感を付与する観点からである。
[0222]
 本開示(開示B)の温感物品の温感領域では、温感周辺部の温感溶液の坪量が、温感適用部の温感溶液の坪量よりも少なく、そして温感周辺部の温感溶液の坪量が、温感適用部の温感溶液の坪量の、好ましくは90質量%以下、より好ましくは70質量%以下、そしてさらに好ましくは50質量%以下である。温熱感知時間に、特に温感領域の外縁近傍において、着用者が痒みを覚えにくくなる観点からである。
[0223]
 本開示(開示B)の温感物品の温感領域では、温感周辺部の温感溶液の坪量が、温感適用部の温感溶液の坪量の、好ましくは10質量%以上、より好ましくは30質量%以上、そしてさらに好ましくは50質量%以上である。温熱感知時間に、特に温感領域の外縁近傍において、着用者が痒みを覚えにくくなる観点からである。
[0224]
 本開示(開示B)の温感物品では、温感適用部及び温感周辺部の温感溶液の坪量は、以下の通り測定される。
(1)複数枚の温感物品を準備し、各温感物品より、温感領域を取出し、液体窒素にて、温感領域中の温感溶液を固化させる。
(2)温感溶液を固化させた温感領域から、カッター等を用いて、平面方向の所定面積:S 1(m 2)を有する温感適用部と、平面方向の所定面積:S 2(m 2)を有する温感周辺部とを切り出す。上記所定の面積としては、例えば、1.0×10 -4(m 2,1cm×1cm)が挙げられる。
(3)温感適用部の質量:m 1(g)を測定する。
(4)温感適用部を、温感溶液の極性に合わせた洗浄溶媒(例えば、温感溶液の溶媒が親油性溶媒である場合にはトルエン、温感溶液の溶媒が親水性溶媒である場合にはエタノール等)で洗浄する。
[0225]
(5)洗浄後の温感適用部を、70℃で1時間乾燥し、乾燥後の質量:m 2(g)を測定する。
(6)温感適用部の温感溶液の坪量:bs(g/m 2)を、次の式:
 bs(g/m 2)=(m 1-m 2)/S 1
 から算出する。
(7)異なる温感物品にて、温感適用部の坪量を、計10回測定し、それらの平均値を、温感適用部の温感溶液の坪量として採用する。
(8)温感周辺部の坪量は、温感適用部の坪量と同様に測定する。
 なお、温感適用部と、温感周辺部との坪量の高低であれば、光学顕微鏡等を用いて、目視で評価することができる。
[0226]
 本開示(開示B)の温感物品の温感領域では、温感周辺部が、温感適用部の外縁の100%(すなわち、温感周辺部が、温感適用部を、温感物品の平面方向に一周している)に配置されていることが好ましく、そして温感適用部の外縁と、温感周辺部の外縁とが、概ね、相似形であることがより好ましい。温熱感知時間に、特に温感領域の外縁近傍において、着用者が、ムラなく痒みを覚えにくくなる観点からである。
[0227]
 温感適用部の外縁と、温感周辺部の外縁とが、概ね、相似形である場合には、温感適用部の外縁で囲まれた形状である外縁形状の中心と、温感周辺部の外縁形状の中心とが概ね一致した位置に配置されているとともに、温感適用部の外縁形状が、温感周辺部の外縁形状に対して、好ましくは10~90%、より好ましくは20~80%、そしてさらに好ましくは40~70%の面積率を有する。温熱感知時間に、特に温感領域の外縁近傍において、着用者が痒みを覚えにくくなるとともに、その後、着用者が十分な温感を感じることができる観点からである。
[0228]
 本開示(開示B)の温感物品の温感領域では、温感周辺部の温感剤の坪量が、温感適用部の温感剤の坪量よりも少ないが、そのような温感剤の分布は、例えば、温感適用部に、温感周辺部よりも多い量の温感溶液を塗工することにより達成することができる。
[0229]
 また、温感領域が布帛、例えば、不織布により構成されている場合には、(i)温感適用部の繊維密度が、温感周辺部の繊維密度より高い構成(以下、「構成1」と称する)を採用すること、(ii)温感適用部の坪量が、温感周辺部の坪量よりも高い構成(以下、「構成2」と称する)を採用すること、(iii)温感適用部を構成する布帛の極性を、温感溶液の極性(例えば、溶媒の極性)と近い極性(例えば、温感溶液が親油性溶媒を含む場合に、温感適用部を構成する布帛の極性を親油性にする)とし、温感周辺部を構成する布帛の極性を、温感溶液の極性(例えば、溶媒の極性)から遠い極性(例えば、温感溶液が親油性溶媒を含む場合に、温感周辺部を構成する布帛の極性を親水性にする)とする構成(以下、「構成3」と称する)を採用することにより、温感領域に温感溶液を均一に塗工した場合であっても、温感周辺部の温感剤の坪量が、温感適用部の温感剤の坪量よりも少ない状態を形成しやすくなる。また、当然ながら、上述の構成1~構成3において、温感適用部に、温感周辺部よりも多い量の温感溶液を塗工することも可能である。
[0230]
 上述の構成1を有する布帛は、例えば、第1実施形態に示される生理用ナプキン401の補助シート413のように、均一の坪量を有する布帛に、複数のエンボス部を形成することにより製造することができる。例えば、温感適用部において、(a)エンボス部のエンボス強度(例えば、エンボス部の厚さ/非エンボス部の厚さ)、(b)エンボス部の個数密度(例えば、複数のエンボス部の個数/温感適用部の面積、いずれも布帛の平面方向)、(c)エンボス部の面積率(例えば、複数のエンボス部の総面積/温感適用部の面積、いずれも布帛の平面方向)等を高くし、そして温感周辺部において、(a)エンボス部のエンボス強度(例えば、エンボス部の厚さ/非エンボス部の厚さ)、(b)エンボス部の個数密度(例えば、複数のエンボス部の個数/温感周辺部の面積、いずれも布帛の平面方向)、(c)エンボス部の面積率(例えば、複数のエンボス部の総面積/温感周辺部の面積、いずれも布帛の平面方向)等を低く形成することにより製造することができる。
[0231]
 上述の構成2を有する布帛は、例えば、第3実施形態に示される温感シート701の補助シート709のように、複数枚の布帛を積層することにより製造することができる。
 また、上述の構成1及び構成2を有する布帛は、例えば、特開2008-138340号、特開2008-144322号、特開2008-264084号、特開2008-266813号等の記載に従って製造することができる。
[0232]
 上述の構成3を有する布帛は、例えば、布帛を、当技術分野で公知の親水化剤、親油化剤等で処理することにより製造することができる。なお、親水化剤及び親油化剤については、上述の通りである。
[0233]
 本開示(開示B)の温感物品では、上記温感溶液は、上述の温感剤及び溶媒以外に、着用者に温感を付与する効果を阻害しない範囲で、下記に示されるような、少なくとも1種の他の成分とを含むことができる。
[0234]
 上記少なくとも1種の他の成分としては、例えば、開示Aにおいて、冷感剤として列挙されるもの、並びに「少なくとも1種の他の成分」として列挙されるもの等が挙げられる。
[0235]
 本願発明者は、温感溶液が、TRPチャネルを活性化する温感剤に加え、TRPチャネルを活性化する冷感剤をさらに含む場合には、着用者が、上述の温熱感知時間に、温感溶液と接している部分及びその周辺部に痒みを覚えにくいことを見出した。
[0236]
 本開示(開示B)の温感物品において、温感溶液が冷感剤をさらに含む場合には、温感溶液は、冷感剤を、好ましくは0.0001~5.0質量%、より好ましくは0.0005~3.0質量%、さらに好ましくは0.1~1.0質量%、そしてさらにいっそう好ましくは0.3~0.7質量%含む。着用者が温熱感知時間に痒みを覚えにくく且つ過度の冷感を覚えにくい観点からである。
[0237]
 本開示(開示B)の温感物品において、温感溶液が冷感剤をさらに含む場合には、上記温感溶液は、上記温感剤及び冷感剤を、好ましくは20:1~1:10、より好ましくは10:1~1:5、そしてさらに好ましくは2:1~1:1の質量比で含む。着用者が、温熱感知時間に痒みを感じにくいとともに、冷感を覚えにくく且つ温感を覚えやすい観点からである。
[0238]
 本開示(開示B)の温感物品、特に、上記温感溶液は、開示Aの温感物品と同様に、発熱剤を含まないことが好ましい。上記発熱剤としては、開示Aに列挙されるものが挙げられる。
 本開示(開示B)の温感物品において、液透過性シートは、液透過性を有するものであれば特に制限されず、開示Aに列挙されるものが挙げられる。
[0239]
 本開示(開示B)の温感物品は、開示Aの温感物品と同様に、オンデマンド性を有することができる。本開示(開示B)の温感物品にオンデマンド性を付与する手法は、開示Aに記載されるものと同様であるため、それらを援用し、詳細な説明を省略する。
[0240]
 本開示(開示B)の温感物品において、液透過性シートは、開示Aの温感物品と同様に、発熱性素材、断熱性素材及び吸湿性素材、並びにそれらの任意の組み合わせからなる群から選択される素材(以下、単に「機能性素材」と称する場合がある)を含むことができる。上記機能性素材は、開示Aに列挙されるものと同様であるため、説明を省略する。
[0241]
 本開示(開示B)の温感物品において、液不透過性シートとしては、開示Aにおいて列挙されるものと同様のものが挙げられるため、説明を省略する。
 本開示(開示B)の温感物品は、液透過性シートと液不透過性シートとの間に、追加の部材、例えば、補助シート、吸収体等を含むことができる。
 上記補助シートとしては、開示Aにおいて列挙されるものと同様のものが挙げられるため、説明を省略する。
[0242]
 上記吸収体としては、開示Aにおいて列挙されるものと同様のものが挙げられるため、説明を省略する。上記吸収体を備える温感物品としては、吸収性物品が挙げられる。
 本開示(開示B)の温感物品は、当該温感物品を着衣、着用者の肌等に固定する粘着部を備えることができ、当該粘着部としては、開示Aにおいて列挙されるものと同様のものが挙げられるため、説明を省略する。
[0243]
 本開示(開示B)の温感物品は、開示Aの温感物品と同様に、使用される前に包装シートで包装されていることが好ましく、包装シートとしては、開示Aにおいて列挙されるものと同様のものが挙げられるため、説明を省略する。
[0244]
 本開示(開示B)の温感物品は、温感溶液を含む温感領域を備えるものであれば特に制限されず、例えば、吸収性物品、温感シート等が挙げられる。
 上記吸収性物品としては、特に制限されず、開示Aにおいて列挙されるものと同様のものが挙げられるため、説明を省略する。
[0245]
 本開示(開示B)の温感物品が、開示Aの温感物品と同様に、以下の構成[(i)温感物品が、吸収体を備える吸収性物品である、(ii)温感領域が、吸収体と、吸収性物品の厚さ方向に重複しない位置に配置されている、そして(iii)温感物品が、吸収性物品の幅方向に延びる幅方向折軸にて、長手方向に折畳まれている]を備える場合には、幅方向折軸が、温感物品の展開状態において、好ましくは温感領域と、そしてより好ましくは温感領域の温感適用部と、温感物品の厚さ方向において重複するように配置されている。その理由については、開示Aに関連して説明済みであるため、説明は省略する。
[0246]
 本開示(開示B)の温感物品が、開示Aの温感物品と同様に、以下の構成[(i)温感物品が、吸収体を備える吸収性物品である、(ii)温感領域が、吸収体と、吸収性物品の厚さ方向に重複しない位置に配置されている、そして(iii)温感物品が、吸収性物品の長手方向に延びる長手方向折軸にて、幅方向に折畳まれている]を備える場合には、長手方向折軸が、温感物品の展開状態において、好ましくは温感領域と、そしてより好ましくは温感領域の温感適用部と、温感物品の厚さ方向において重複するように配置されている。理由については、開示Aに関連して説明済みであるため、説明は省略する。
[0247]
 上記温感シート、着衣固定タイプの温感シートが固定される着衣、温感シートが温感を付与しうる部位、温感溶液を含む温感領域の位置等については、開示Aにおいて列挙されるものと同様であるため、説明を省略する。
[0248]
<開示C>
[定義]
・「内側」及び「外側」
 本開示(開示C)では、吸収性物品の幅方向における「内側」及び「外側」は、対比される2つの部分が、それぞれ、吸収性物品の長手軸線に近いこと及び遠いことを意味する。
 例えば、「内側温感領域」及び「外側温感領域」に関して、「内側温感領域」は、対比すべき「外側温感領域」よりも吸収性物品の長手軸線に近い位置に配置されており、そして「外側温感領域」は、対比すべき「内側温感領域」よりも吸収性物品の長手軸線から遠い位置に配置されている。
[0249]
・「長さ」及び「幅」
 本開示(開示C)において、「吸収性物品の長手方向の長さ」を、単に『長さ』と称する場合があり、そして「吸収性物品の幅方向の長さ」を、単に『幅』と称する場合がある。
[0250]
 本開示(開示C)の吸収性物品(温感物品)について、以下、詳細に説明する。
 図22~図25は、本開示(開示C)の実施形態の1つ(以下、「第1実施形態」と称する)に従う吸収性物品(温感物品)としての生理用ナプキン801を説明するための図である。なお、以下、「第1実施形態に従う吸収性物品としての生理用ナプキン」を、単に『第1実施形態に従う生理用ナプキン』と称する場合がある。具体的には、図22は、第1実施形態に従う生理用ナプキン801の平面図である。図23は、第1実施形態に従う生理用ナプキン801の分解斜視図である。図24は、生理用ナプキン801の内側温感領域819及び内側温感領域820と、外側温感領域821及び外側温感領域822と、中央温感領域823とを説明するための図である。図25は、生理用ナプキン801の着用状態を示す図である。
[0251]
 第1実施形態に従う生理用ナプキン801は、お互いに直交する長手方向L、幅方向W及び厚さ方向Tを有する。生理用ナプキン801は、着用時に着用者の肌に当接する液透過性シート803と、着用時に着衣817に当接する液不透過性シート805と、液透過性シート803及び液不透過性シート805の間に配置された吸収体807とを備える。吸収体807は、長手方向Lに延びる一対の側縁809及び側縁810を備える。換言すると、一対の側縁809及び側縁810は、吸収体807の、幅方向Wの両端に配置されている。
[0252]
 生理用ナプキン801は、吸収体807と厚さ方向Tに重複する重複領域811と、吸収体807と厚さ方向Tに重複しない非重複領域813とに区画される。また、生理用ナプキン801は、一対の側縁領域815及び側縁領域816であって、そのそれぞれが、一対の側縁809及び側縁810のそれぞれを含み、幅方向Wに延びているものを備える。具体的には、側縁領域815は、側縁809を間に挟んで重複領域811と、非重複領域813に渡って存在しており、そして側縁領域816は、側縁810を間に挟んで重複領域811と、非重複領域813に渡って存在している。
 また、液透過性シート803は、重複領域811及び非重複領域813の両方に配置されている。
[0253]
 生理用ナプキン801は、生理用ナプキン801を着用者の着衣817に固定するための粘着部825を備える。粘着部825の一方の面は、液不透過性シート805に固定され、そして他方の面は、剥離性が付与された、包装シート833の内面に仮固定されている。
[0254]
 生理用ナプキン801は、未使用状態では、包装シート833とともに、長手方向Lに延びる、長手方向第1折軸F 1及び長手方向第2折軸F 2と、幅方向Wに延びる、幅方向第1折軸F 3及び幅方向第2折軸F 4を基軸として折畳まれ、生理用ナプキン801の個包装体(図示せず)を形成している。なお、長手方向第1折軸F 1及び長手方向第2折軸F 2は、それぞれ、吸収体807の一対の側縁809及び側縁810と、厚さ方向Tに重複する位置に配置されている。また、幅方向第1折軸F 3及び幅方向第2折軸F 4は、それぞれ、生理用ナプキン801の前方及び後方に配置されている。
[0255]
 生理用ナプキン801の個包装体は、生理用ナプキン801及び包装シート833を、長手方向第1折軸F 1及び長手方向第2折軸F 2を基軸として、生理用ナプキン801を内側にして幅方向Wに折畳み、次いで、幅方向第1折軸F 3及び幅方向第2折軸F 4を基軸として、生理用ナプキン801を内側にして長手方向Lに折り畳むことにより形成されている。
[0256]
 また、生理用ナプキン801は、生理用ナプキン801を着衣817に固定するための一対のフラップ部827、シール部829、エンボス部831等を備えるが、当技術分野で公知のものであるため、説明を省略する。
[0257]
 側縁領域815は、側縁809よりも幅方向Wの内側且つ重複領域811に配置された内側温感領域819と、側縁809よりも幅方向Wの外側且つ非重複領域813に配置された外側温感領域821とを有する。内側温感領域819と、外側温感領域821は、長手方向Lにおいて、排泄口当接域(図示せず)に配置されている。
[0258]
 内側温感領域819及び外側温感領域821の両方は、TRPチャネルを活性化する温感剤と、溶媒とを含む温感溶液を含み、外側温感領域821における温感溶液の坪量が、内側温感領域819における温感溶液の坪量よりも少ない。そうすることにより、着用者が、内側温感領域819と、外側温感領域821とにおける温感作用の差異を覚えにくく、着用者が痒みを覚えにくい。
[0259]
 また、側縁領域816は、側縁810よりも幅方向Wの内側且つ重複領域811に配置された内側温感領域820と、側縁810よりも幅方向Wの外側且つ非重複領域813に配置された外側温感領域822とを有する。内側温感領域820と、外側温感領域822は、長手方向Lにおいて、排泄口当接域(図示せず)に配置されている。
[0260]
 内側温感領域820及び外側温感領域822の両方は、TRPチャネルを活性化する温感剤と、溶媒とを含む温感溶液を含み、外側温感領域822における温感溶液の坪量が、内側温感領域820における温感溶液の坪量よりも少ない。そうすることにより、着用者が、内側温感領域820と、外側温感領域822とにおける温感作用の差異を覚えにくく、着用者が痒みを覚えにくい。
[0261]
 また、側縁領域815では、内側温感領域819と、外側温感領域821とが、側縁809を間に挟んで隣接している。そうすることにより、着用者が、内側温感領域819と、外側温感領域821とにおける温感作用の差異を覚えにくく、着用者が痒みを覚えにくい。また、側縁領域816において、内側温感領域820と、外側温感領域822とが、側縁810を間に挟んで隣接している。そうすることにより、着用者が、内側温感領域820と、外側温感領域822とにおける温感作用の差異を覚えにくく、着用者が痒みを覚えにくい。
[0262]
 なお、一対の側縁領域815及び側縁領域816において、内側温感領域819及び内側温感領域820と、外側温感領域821及び外側温感領域822とは、不織布から構成される液透過性シート803に配置されている。そうすることにより、着用者が、着用初期に温感を覚えることができる。
[0263]
 第1実施形態に従う生理用ナプキン801は、側縁領域815及び側縁領域816の間に中央温感領域823を備える。中央温感領域823はまた、TRPチャネルを活性化する温感剤と、溶媒とを含む温感溶液を含み、中央温感領域823における温感溶液の坪量が、側縁領域815の内側温感領域819と、側縁領域816の内側温感領域820とのそれぞれにおける温感溶液の坪量よりも多い。着用時に圧力の加わりにくい中央温感領域823における温感剤の坪量が、着用時に圧力の加わりやすい、側縁領域815の内側温感領域819と、側縁領域816の内側温感領域820とのそれぞれにおける温感溶液の坪量よりも多いと、着用者は、生理用ナプキン801の排泄口当接域(図示せず)及びその周辺部全体において温感を覚えることができる一方で、内側温感領域819及び内側温感領域820のそれぞれと、中央温感領域823とにおける温感作用の差異を覚えにくく、着用者が痒みを覚えにくい。
[0264]
 なお、中央温感領域823は、側縁領域815の内側温感領域819と、側縁領域816の内側温感領域820との両方と隣接している。そうすることにより、着用者が、中央温感領域823と、内側温感領域819及び内側温感領域820との間に温感作用の差異を覚えにくく、着用者が痒みを覚えにくい。
[0265]
 また、中央温感領域823は、不織布から構成される液透過性シート803に配置されている。そうすることにより、着用者が、生理用ナプキン801の着用初期に温感を覚えることができる。
[0266]
 着用者が、生理用ナプキン801を着用すると、中央温感領域823、内側温感領域819及び内側温感領域820、並びに外側温感領域821及び外側温感領域822が、着用者の排泄口に当接し、着用者に痒みを覚えさせにくくしながら、着用者の排泄口に温感を付与することができる。
[0267]
 図26は、本開示(開示C)の別の実施形態(以下、「第2実施形態」と称する)に従う吸収性物品(温感物品)としてのショーツ型生理用ナプキン901を説明するための図であり、着用状態を示す図である。なお、以下、「第2実施形態に従う吸収性物品としてのショーツ型生理用ナプキン」を、単に『第2実施形態に従うショーツ型生理用ナプキン』と称する場合がある。
[0268]
 第2実施形態に従うショーツ型生理用ナプキン901は、長手方向(図示せず)、幅方向W及び厚さ方向(図示せず)を有し、ショーツ部903と、ショーツ部903の内面に配置された吸収性物品部905とから構成されている。吸収性物品部905は、着用時に着用者の肌に当接する液透過性シート(図示せず)と、ショーツ部903に当接する液不透過性シート(図示せず)と、それらの間に配置された吸収体907とを備える。吸収体907は、ショーツ型生理用ナプキン901の長手方向(図示せず)に延びる一対の側縁909及び側縁910を備える。換言すると、一対の側縁909及び側縁910は、吸収体907の、幅方向Wの両端に配置されている。ショーツ型生理用ナプキン901はまた、吸収体907と、ショーツ型生理用ナプキン901の厚さ方向(図示せず)に重複する重複領域911と、ショーツ型生理用ナプキン901の厚さ方向(図示せず)に重複しない非重複領域913とに区画される。
[0269]
 ショーツ型生理用ナプキン901は、一対の側縁領域915及び側縁領域916であって、そのそれぞれが、一つの側縁909及び側縁910を含むものを備える。ショーツ型生理用ナプキン901では、一対の側縁領域915及び側縁領域916は、それぞれ、吸収体907の一対の側縁909及び側縁910よりも幅方向Wの内側且つ重複領域911に配置された内側温感領域917及び内側温感領域918と、一対の側縁909及び側縁910よりも幅方向Wの外側且つ非重複領域913に配置された外側温感領域919及び外側温感領域920とを備える。
[0270]
 内側温感領域917及び内側温感領域918と、外側温感領域919及び外側温感領域920とは、不織布から構成される液透過性シート(図示せず)に配置されている。また、内側温感領域917及び内側温感領域918と、外側温感領域919及び外側温感領域920とは、TRPチャネルを活性化する温感剤と、溶媒とを含む温感溶液を含み、外側温感領域919における温感溶液の坪量が、内側温感領域917における温感溶液の坪量よりも少なく、そして外側温感領域920における温感溶液の坪量が、内側温感領域918における温感溶液の坪量よりも少ない。なお、内側温感領域917及び内側温感領域918、並びに外側温感領域919及び外側温感領域920は、第1実施形態に従う生理用ナプキン801のものと同様に配置されている。
 なお、第2実施形態に従うショーツ型生理用ナプキン901は、中央温感領域を有しない。
[0271]
 従って、着用者は、ショーツ型生理用ナプキン901を着用後、内側温感領域917及び内側温感領域918と、外側温感領域919及び外側温感領域920との間に温感作用の差を覚えにくく、痒みを覚えにくい。
[0272]
 図27は、本開示(開示C)のさらに別の実施形態(以下、「第3実施形態」と称する)に従う吸収性物品(温感物品)としての、大人用の使い捨ておむつ1001を説明するための図であり、着用状態を示す図である。なお、以下、「第3実施形態に従う吸収性物品としての使い捨ておむつ」を、単に『第3実施形態に従う使い捨ておむつ』と称する場合がある。
[0273]
 第3実施形態に従う使い捨ておむつ1001は、長手方向(図示せず)、幅方向W及び厚さ方向(図示せず)を有し、着用者の肌に当接する液透過性シート1003と、液不透過性シート1005と、液透過性シート1003及び液不透過性シート1005の間に配置された吸収体1007とを備える。吸収体1007は、使い捨ておむつ1001の長手方向(図示せず)に延びる一対の側縁1009及び側縁1010を備える。換言すると、一対の側縁1009及び側縁1010は、吸収体1007の、幅方向Wの両端に配置されている。使い捨ておむつ1001はまた、吸収体1007と、使い捨ておむつ1001の厚さ方向(図示せず)に重複する重複領域1011と、使い捨ておむつ1001の厚さ方向(図示せず)に重複しない非重複領域1013とに区画される。
[0274]
 使い捨ておむつ1001は、一対の側縁領域1015及び側縁領域1016であって、そのそれぞれが、一つの側縁1009及び側縁1010を含むものを備える。使い捨ておむつ1001では、一対の側縁領域1015及び側縁領域1016は、それぞれ、吸収体1007の一対の側縁1009及び側縁1010よりも幅方向Wの内側且つ重複領域1011に配置された内側温感領域1017及び内側温感領域1018と、一対の側縁1009及び側縁1010よりも幅方向Wの外側且つ非重複領域1013に配置された外側温感領域1019及び外側温感領域1020とを備える。
[0275]
 また、内側温感領域1017及び内側温感領域1018と、外側温感領域1019及び外側温感領域1020とは、不織布から構成される液透過性シート1003に配置されている。また、内側温感領域1017及び内側温感領域1018と、外側温感領域1019及び外側温感領域1020とは、TRPチャネルを活性化する温感剤と、溶媒とを含む温感溶液を含み、外側温感領域1019における温感溶液の坪量が、内側温感領域1017における温感溶液の坪量よりも少なく、そして外側温感領域1020における温感溶液の坪量が、内側温感領域1018における温感溶液の坪量よりも少ない。そうすることにより、着用者に痒みを覚えさせにくくしながら、着用者の下腹部に温感を付与することができる。
[0276]
 使い捨ておむつ1001の長手方向(図示せず)において、内側温感領域1017及び内側温感領域1018、外側温感領域1019及び外側温感領域1020、並びに中央温感領域1021は、使い捨ておむつ1001の長手方向中央部(図示せず)より前方、前身頃に配置されている。
[0277]
 従って、着用者は、使い捨ておむつ1001を着用することにより、下腹部に温感を覚えることができ、男性であれば、例えば、前立腺、女性であれば、例えば、子宮を温めることができる。
[0278]
 なお、使い捨ておむつ1001の着用者が女性の場合には、(i)生理痛の要因とされるプロスタグランジンを排出させ、子宮筋等の筋肉を弛緩させ、生理痛を緩和すること、(ii)血行を促進し、リンパ液の流れを促進し、老廃物を排出させ、冷え性を改善し、脂肪を燃焼させること、(iii)免疫力を向上させること等が期待される。
 使い捨ておむつ1001の着用者が男性の場合には、(i)プロスタグランジンを排出させ、筋肉を弛緩させ、痛みを緩和すること、(ii)血行を促進し、リンパ液の流れを促進し、老廃物を排出させ、冷え性を改善し、脂肪を燃焼させること、(iii)免疫力を向上させること等が期待される。
[0279]
 本開示(開示C)の吸収性物品(温感物品)では、一対の側縁領域のそれぞれは、吸収体の、吸収性物品の長手方向に延びる一対の側縁のそれぞれを含むものであれば、その幅は、特に制限されない。一対の側縁領域のそれぞれは、吸収性物品の幅方向において、一対の側縁のそれぞれを中心として、吸収体の幅の、好ましくは10%以上、より好ましくは15%以上、そしてさらに好ましくは20%以上の幅を有する。そうすることにより、着用者が、吸収体の一対の側縁領域において痒みを覚えにくくなる。
[0280]
 一対の側縁領域のそれぞれは、吸収性物品の幅方向において、一対の側縁のそれぞれを中心として、吸収体の幅の、好ましくは60%以下、より好ましくは50%以下、そしてさらに好ましくは40%以下の幅を有する。吸収体の吸収性を阻害しない観点、並びに吸収性物品の設計上の制約上の観点、具体的には、吸収性物品の幅方向において、吸収体の一対の側縁のそれぞれを、吸収性物品の、長手方向に延びる一対の側縁のそれぞれから過度に離間させるような設計としない観点からである。
[0281]
 本開示(開示C)の吸収性物品(温感物品)では、内側温感領域と、外側温感領域とは、それぞれ、一対の側縁領域のそれぞれに配置されており、そして内側温感領域が、一対の側縁のそれぞれの内側(重複領域)に配置されており、そして外側温感領域が、一対の側縁のそれぞれの外側(非重複領域)に配置されているものであれば、特に制限されず、任意の位置に配置されうる。
[0282]
 一対の側縁領域のそれぞれにおいて、そして吸収性物品の幅方向において、内側温感領域及び外側温感領域は、離間していてもよいが、一対の側縁のそれぞれを間に挟んで隣接していることが好ましい。着用者が、内側温感領域と、外側温感領域とにおける温感作用の差異を覚えにくく、着用者が痒みを覚えにくくなるからである。
[0283]
 本開示(開示C)の吸収性物品(温感物品)では、一対の側縁領域のそれぞれにおける内側温感領域及び外側温感領域は、着用者の温感を付与すべき部位に合わせて、吸収性物品の長手方向の任意の位置に配置されうる。例えば、本開示(開示C)の吸収性物品(温感物品)では、一対の側縁領域のそれぞれにおける内側温感領域及び外側温感領域は、吸収体の長手方向に延びる一対の側縁のそれぞれの全域に渡って配置されていてもよく、そして一部において配置されていてもよい。
[0284]
 また、着用者の子宮に温感を付与すべき場合には、一対の側縁領域のそれぞれにおける内側温感領域及び外側温感領域は、例えば、排泄口当接域(例えば、吸収性物品が、生理用ナプキン、ショーツ型生理用ナプキン、羽つきパンティーライナー、使い捨ておむつ等の場合)、前身頃(例えば、吸収性物品が、使い捨ておむつ等の場合)に配置されうる。
 また、着用者の前立腺に温感を付与する場合には、一対の側縁領域のそれぞれにおける内側温感領域及び外側温感領域は、例えば、前身頃(例えば、吸収性物品が、使い捨ておむつの場合)に配置されうる。
[0285]
 本開示(開示C)の吸収性物品(温感物品)では、一対の側縁領域のそれぞれにおける内側温感領域及び外側温感領域は、両方とも、TRPチャネルを活性化する温感剤と、溶媒とを含む温感溶液を含む。内側温感領域は、主に、着用者に温感を付与する領域であり、そして外側温感領域は、主に、着用者の痒みを防止するための領域である。
[0286]
 一対の側縁領域のそれぞれでは、外側温感領域における温感溶液の坪量が、内側温感領域における温感溶液の坪量よりも少なく、そして外側温感領域における温感溶液の坪量は、内側温感領域における温感溶液の坪量に対して、好ましくは5~90質量%、より好ましくは10~70質量%、そしてさらに好ましくは20~50質量%の範囲にある。そうすることにより、着用者が、内側温感領域と、外側温感領域とにおける温感作用の差異を覚えにくくなり、そして着用者が痒みを覚えにくくなる。
[0287]
 本開示(開示C)の吸収性物品(温感物品)では、一対の側縁領域のそれぞれにおける内側温感領域は、温感溶液を、温感剤の坪量が、好ましくは0.001~10g/m 2、より好ましくは0.003~5g/m 2、さらに好ましくは0.01~2.5g/m 2、そしてさらにいっそう好ましくは0.05~1.5g/m 2となるような坪量で含む。着用者に温感を付与する観点からである。
[0288]
 本開示(開示C)では、内側温感領域、外側温感領域、所望による中央温感領域における温感溶液の坪量は、以下の通り測定される。
(1)複数枚の吸収性物品を準備し、液体窒素にて、各吸収性物品中の温感溶液を固化させる。
(2)温感溶液を固化させた吸収性物品から、カッター等を用いて、内側温感領域、外側温感領域、所望による中央温感領域等の各領域のサンプルを、平面方向の所定面積:S 1(m 2)を有するようにカッター等を用いて切り出す。
 なお、各サンプルは、吸収体、液不透過性シートを含むように切り出してもよい。
(3)各サンプルの質量:m 1(g)を測定する。
(4)各サンプルを、温感溶液の極性に合わせた洗浄溶媒(例えば、温感溶液の溶媒が親油性溶媒である場合にはトルエン、温感溶液の溶媒が親水性溶媒である場合にはエタノール等)で洗浄する。
[0289]
(5)洗浄後の各サンプルを、70℃で1時間乾燥し、乾燥後の質量:m 2(g)を測定する。
(6)各サンプルの温感溶液の坪量:bs(g/m 2)を、次の式:
 bs(g/m 2)=(m 2-m 1)/S 1
 から算出する。
(7)異なる吸収性物品を用いて、各サンプルの温感溶液の坪量を、計10回測定し、それらの平均値を、各領域の温感溶液の坪量として採用する。
 なお、内側温感領域、外側温感領域、所望による中央温感領域における温感溶液の坪量の高低であれば、光学顕微鏡等を用いて、目視で評価することができる。
[0290]
 本開示(開示C)の吸収性物品(温感物品)では、一対の側縁領域のそれぞれにおける内側温感領域及び外側温感領域は、吸収性物品の厚さ方向において、任意の層に配置されうる。例えば、内側温感領域は、液透過性シート、吸収体、後述の補助シート等に配置されることができ、そして外側温感領域は、液透過性シート、サイドシート、後述の補助シート等に配置されうる。
 着用者に迅速に温感を付与する観点からは、一対の側縁領域のそれぞれにおける内側温感領域及び外側温感領域は、着用者に当接する層、具体的には、液透過性シート、サイドシート等に配置されることが好ましい。なお、温感溶液は、吸収性物品に加わる圧力、振動等により若干移動する場合があり、内側温感領域及び/又は外側温感領域は、単一の層に配置(例えば、塗工)した場合であっても、複数の層に渡って存在しうる。
[0291]
 本開示(開示C)の吸収性物品(温感物品)は、一対の側縁領域の間に、中央温感領域を備えていてもよい。着用者の、吸収体と接する部位に温感を付与する観点からである。上記中央温感領域は、温感剤と、溶媒とを含む温感溶液を含む。なお、温感溶液、温感剤及び溶媒については、内側温感領域及び外側温感領域において説明したとおりである。
[0292]
 本開示(開示C)の吸収性物品(温感物品)が中央温感領域を備える場合には、上記中央温感領域は、吸収性物品の長手方向において、一対の側縁領域のそれぞれの内側温感領域の間に配置されていれば、温感作用を考慮して、内側温感領域と比較して、吸収性物品の長手方向に長く配置されていてもよく、そして吸収性を考慮して、内側温感領域と比較して、吸収性物品の長手方向に短く配置されていてもよい。
[0293]
 また、本開示(開示C)の吸収性物品(温感物品)が中央温感領域を備える場合には、上記中央温感領域は、吸収性物品の幅方向において、一対の側縁領域のそれぞれの内側温感領域と離間していてもよく、そして隣接していてもよいが、隣接していることが好ましい。そうすることにより、内側温感領域と、中央温感領域とにおける温感作用の差異を着用者に覚えさせにくくなり、着用者に痒みを覚えさせにくくなる。
[0294]
 上記中央温感領域は、吸収性物品の厚さ方向において、任意の層に配置されうる。例えば、中央温感領域は、液透過性シート、吸収体、後述の補助シート等に配置されることができる。
 着用者に迅速に温感を付与する観点からは、中央温感領域は、着用者に当接する層、具体的には、液透過性シートに配置されることが好ましい。なお、温感溶液は、吸収性物品に加わる圧力、振動等により若干移動する場合があり、中央温感領域は、単一の層に配置(例えば、塗工)した場合であっても、複数の層に渡って存在しうる。
[0295]
 上記中央温感領域における温感溶液の坪量は、原則として、任意であり、一対の側縁領域の内側温感領域のそれぞれにおける温感溶液の坪量より少なくとも、等しくとも、そして多くともよい。
 上記中央温感領域における温感溶液の坪量は、一対の側縁領域の内側温感領域のそれぞれにおける温感溶液の坪量よりも多いことが好ましく、そして中央温感領域の温感溶液の坪量は、一対の側縁領域の内側温感領域のそれぞれにおける温感溶液の坪量に対して、好ましくは105~500質量%、より好ましくは110~200質量%、そしてさらに好ましくは120~150質量%の範囲にある。そうすることにより、中央温感領域と接する着用者の肌の部位に温感を覚えさせることができるとともに、着用者に、中央温感領域と、内側温感領域とにおける温感作用の差異を覚えさせにくく、着用者に痒みを覚えさせにくくなる。
[0296]
 本開示(開示C)の吸収性物品(温感物品)では、温感溶液は、TRPチャネルを活性化する温感剤と、溶媒とを含む。上記温感剤及び溶媒としては、開示Aに関連して列挙されるものが挙げられる。
[0297]
 上記温感溶液は、上記温感剤を、好ましくは0.0001~5.0質量%、より好ましくは0.0005~3.0質量%、さらに好ましくは0.1~1.0質量%、そしてさらにいっそう好ましくは0.3~0.7質量%含む。温感作用の観点からである。
[0298]
 本開示(開示C)の吸収性物品(温感物品)では、上記温感溶液は、上述の温感剤及び溶媒以外に、着用者に温感を付与する効果を阻害しない範囲で、下記に示されるような、少なくとも1種の他の成分とを含むことができる。
[0299]
 上記少なくとも1種の他の成分としては、例えば、開示Aにおいて、冷感剤として列挙されるもの、並びに「少なくとも1種の他の成分」として列挙されるもの等が挙げられる。
[0300]
 本願発明者は、温感溶液が、TRPチャネルを活性化する温感剤に加え、TRPチャネルを活性化する冷感剤をさらに含む場合には、着用者が、上述の温熱感知時間に、温感溶液と接触している部位及びその周辺部に痒みを覚えにくいことを見出した。
[0301]
 本開示(開示C)の吸収性物品(温感物品)において、温感溶液が冷感剤をさらに含む場合には、温感溶液は、冷感剤を、好ましくは0.0001~5.0質量%、より好ましくは0.0005~3.0質量%、さらに好ましくは0.1~1.0質量%、そしてさらにいっそう好ましくは0.3~0.7質量%含む。着用者が温熱感知時間に痒みを覚えにくく且つ過度の冷感を覚えにくい観点からである。
[0302]
 本開示(開示C)の吸収性物品(温感物品)において、温感溶液が冷感剤をさらに含む場合には、上記温感溶液は、上記温感剤及び冷感剤を、好ましくは20:1~1:10、より好ましくは10:1~1:5、そしてさらに好ましくは2:1~1:1の質量比で含む。着用者が、温熱感知時間に痒みを感じにくいとともに、冷感を覚えにくく且つ温感を覚えやすい観点からである。
[0303]
 本開示(開示C)の吸収性物品(温感物品)、特に、上記温感溶液は、開示Aの温感物品と同様に、発熱剤を含まないことが好ましい。上記発熱剤としては、開示Aに列挙されるものが挙げられる。
 本開示(開示C)の吸収性物品(温感物品)において、液透過性シートは、液透過性を有するものであれば特に制限されず、開示Aに列挙されるものが挙げられる。
[0304]
 本開示(開示C)の吸収性物品(温感物品)は、開示Aの温感物品と同様に、オンデマンド性を有することができる。本開示(開示C)の吸収性物品(温感物品)にオンデマンド性を付与する手法は、開示Aに記載されるものと同様であるため、それらを援用し、詳細な説明を省略する。
[0305]
 本開示(開示C)の吸収性物品(温感物品)において、液透過性シートは、開示Aの温感物品と同様に、発熱性素材、断熱性素材及び吸湿性素材、並びにそれらの任意の組み合わせからなる群から選択される素材(以下、単に「機能性素材」と称する場合がある)を含むことができる。上記機能性素材は、開示Aに列挙されるものと同様であるため、説明を省略する。
[0306]
 本開示(開示C)の吸収性物品(温感物品)において、液不透過性シートとしては、開示Aにおいて列挙されるものと同様のものが挙げられるため、説明を省略する。
[0307]
 本開示(開示C)の吸収性物品(温感物品)は、液透過性シートと液不透過性シートとの間に、追加の部材、例えば、補助シートを含むことができる。
 上記補助シートとしては、開示Aにおいて列挙されるものと同様のものが挙げられるため、説明を省略する。
[0308]
 本開示(開示C)の吸収性物品(温感物品)は、当該吸収性物品を着衣、着用者の肌等に固定する粘着部を備えることができ、当該粘着部としては、開示Aにおいて列挙されるものと同様のものが挙げられるため、説明を省略する。
[0309]
 本開示(開示C)の吸収性物品(温感物品)は、開示Aの温感物品と同様に、使用される前に包装シートで包装されていることが好ましく、包装シートとしては、開示Aにおいて列挙されるものと同様のものが挙げられるため、説明を省略する。
[0310]
 上記吸収性物品としては、特に制限されず、開示Aにおいて列挙されるものと同様のものが挙げられるため、説明を省略する。
[0311]
 なお、温感溶液は吸収性物品を構成する資材上又は資材内部を移動する場合があり、温感溶液が配置された資材に隣接する資材の一部が、温感領域(内側温感領域、外側温感領域、所望による中央温感領域)を形成する場合がある。例えば、温感溶液が補助シートに配置された場合に、液透過性シートが布帛から構成されるときには、温感溶液の一部が、例えば、隣接する液透過性シートの、補助シート側の領域に、主に吸収性物品の厚さ方向に移動し、液透過性シートの、補助シート側の領域が、温感領域(内側温感領域、外側温感領域、所望による中央温感領域)を形成する場合がある。また、温感溶液が液透過性シートに配置された場合には、温感溶液の一部が、例えば、隣接する補助シートの、液透過性シート側の領域、又は隣接する吸収体の、液透過性シート側の領域に、主に吸収性物品の厚さ方向に移動し、補助シートの、液透過性シート側の領域、又は吸収体の、液透過性シート側の領域が、温感領域(内側温感領域、外側温感領域、所望による中央温感領域)を形成する場合がある。
[0312]
 本開示(開示C)の吸収性物品(温感物品)では、着用者に温感を付与する温感剤が、吸収体と(吸収性物品の)厚さ方向に重複する重複領域と、吸収体と(吸収性物品の)厚さ方向に重複しない非重複領域との両方に渡って配置されているものの、着用者に痒みを覚えさせにくい。
 従って、本開示(開示C)の吸収性物品(温感物品)は、着用者の以下の部位に温感を付与するために用いられることができ、そして本開示(開示C)の吸収性物品(温感物品)では、内側温感領域及び外側温感領域、並びに所望による中央温感領域を、以下の部位に対応する位置に配置することができる。
[0313]
・前立腺(主に男性)
 前立腺近傍の肌に温感を付与することにより、前立腺近傍での血行不良を予防し、前立腺肥大、前立腺炎及び前立腺がんを予防し、それらの症状を緩和することができる。
・鼠径部
 鼠径部近傍の肌に温感を付与することにより、鼠径ヘルニアを予防し、それらの症状を緩和することができる。
・大腿動脈
 大腿動脈近傍の肌に温感を付与することにより、前立腺肥大、前立腺炎及び前立腺がんを予防し、それらの症状を緩和することができ、そして脚部の冷えを予防することができる。
[0314]
・膀胱,骨盤底筋(主に女性)
 膀胱,骨盤底筋等の近傍の肌に温感を付与することにより、体の冷えを予防し、ひいては尿漏れをしにくくすることができる。
実施例
[0315]
 以下、例を挙げて本開示を説明するが、本開示はこれらの例に限定されるものではない。
<開示A>
[製造例A1]
 温感物品として、第1実施形態に従う生理用ナプキンNo.A1を製造した。吸収本体及び温感本体における液透過性シートは、エアスルー不織布(坪量:30g/m 2)であり、補助シートは、エアレイドパルプ(坪量:60g/m 2)から構成され、温感溶液が、温感剤の坪量が1.0g/m 2となるような量で塗工されていた。なお、温感溶液は、温感剤としてのバニリルブチルエーテル(10.0質量%)と、冷感剤としてのl-メンチルグリセリルエーテル(10.0質量%)と、溶媒としてのイソノナン酸イソノニルとから構成されていた。液不透過性シートは、ポリエチレンフィルム(坪量:24g/m 2)であった。
[0316]
[製造例A2]
 温感物品として、第4実施形態に従う温感シートNo.A1を製造した。液透過性シートは、エアスルー不織布(坪量:30g/m 2)であり、補助シートは、エアレイドパルプ(坪量:100g/m 2)から構成され、温感溶液が、温感剤の坪量が1.0g/m 2となるような量で塗工されていた。なお、温感溶液は、温感剤としてのバニリルブチルエーテル(0.3質量%)と、冷感剤としてのl-メンチルグリセリルエーテル(0.3質量%)と、界面活性剤(1.2質量%)と、溶媒としての水とから構成されていた。液不透過性シートは、ポリエチレンフィルム(坪量:24g/m 2)であった。
[0317]
[製造例A3]
 温感溶液が、温感剤としてのバニリルブチルエーテル(10.0質量%)を含み、冷感剤としてのl-メンチルグリセリルエーテルを含まなかった以外は、製造例A1と同様にして、生理用ナプキンNo.A2を製造した。
[製造例A4]
 温感溶液が、温感剤としてのバニリルブチルエーテル(0.3質量%)を含み、冷感剤としてのl-メンチルグリセリルエーテルを含まなかった以外は、製造例A2と同様にして、温感シートNo.A2を製造した。
[0318]
[実施例A1及びA2,並びに比較例A1及びA2]
 複数の被験者のそれぞれに、生理用ナプキンNo.A1及びNo.A2を着用してもらったところ、生理用ナプキンNo.A1は、生理用ナプキンNo.A2よりも温かさを感じるまでの間に下腹部に痒みを覚えにくかったとの回答を得た。また、生理用ナプキンNo.A1は、温かさを感じ始めた後も、痒みを覚えにくかったとの回答を得た。
 また、複数の被験者のそれぞれに、温感シートNo.A1及びNo.A2を、下腹部及び肩に着用してもらったところ、温感シートNo.A1は、温感シートNo.A2よりも温かさを感じるまでの間に下腹部及び肩に痒みを覚えにくかったとの回答を得た。また、温感シートNo.A1は、温かさを感じ始めた後も、痒みを覚えにくかったとの回答を得た。
[0319]
<開示B>
[製造例B1]
 温感物品として、第1実施形態に従う生理用ナプキンNo.B1を製造した。吸収本体及び温感本体における液透過性シートは、エアスルー不織布(坪量:30g/m 2)であり、補助シートは、エアレイドパルプ(坪量:60g/m 2)から構成され、温感溶液が、温感保持シートの全面に塗工されており、補助シートの全体が、温感領域を形成していた。また、温感適用部においては、温感溶液が、温感剤の坪量が1.0g/m 2となるような量で配置されており、温感周辺部において、温感溶液が、温感剤の坪量が0.7g/m 2となるような量で配置されていた。なお、温感溶液は、温感剤としてのバニリルブチルエーテル(10.0質量%)と、溶媒としてのイソノナン酸イソノニルとから構成されていた。液不透過性シートは、ポリエチレンフィルム(坪量:24g/m 2)であった。
[0320]
[製造例B2]
 温感物品として、第4実施形態に従う温感シートNo.B1を製造した。液透過性シートは、エアスルー不織布(坪量:30g/m 2)であり、補助シートは、エアレイドパルプ(坪量:100g/m 2)から構成され、温感溶液が、温感保持シートの全面に塗工されており、補助シートの全体が、温感領域を形成していた。また、温感適用部においては、温感溶液が、温感剤の坪量が1.0g/m 2となるような量で配置されており、温感周辺部において、温感溶液が、温感剤の坪量が0.7g/m 2となるような量で配置されていた。なお、温感溶液は、温感剤としてのバニリルブチルエーテル(0.3質量%)と、界面活性剤(1.2質量%)と、溶媒としての水とから構成されていた。液不透過性シートは、ポリエチレンフィルム(坪量:24g/m 2)であった。
[0321]
[製造例B3]
 温感溶液を、温感保持シートの全面に、温感剤の坪量が1.0g/m 2となるような量で塗工した以外は、製造例B1と同様にして、生理用ナプキンNo.B2を製造した。
[製造例B4]
 温感溶液を、温感保持シートの全面に、温感剤の坪量が1.0g/m 2となるような量で塗工した以外は、製造例B2と同様にして、温感シートNo.B2を製造した。
[0322]
[実施例B1及びB2,並びに比較例B1及びB2]
 複数の被験者のそれぞれに、生理用ナプキンNo.B1及びNo.B2を着用してもらったところ、生理用ナプキンNo.B1は、生理用ナプキンNo.B2よりも温かさを感じるまでの間に下腹部に痒みを覚えにくかったとの回答を得た。また、生理用ナプキンNo.B1は、温かさを感じ始めた後も、痒みを覚えにくかったとの回答を得た。
 また、複数の被験者のそれぞれに、温感シートNo.B1及びNo.B2を、下腹部及び肩に着用してもらったところ、温感シートNo.B1は、温感シートNo.B2よりも温かさを感じるまでの間に下腹部及び肩に痒みを覚えにくかったとの回答を得た。また、温感シートNo.B1は、温かさを感じ始めた後も、痒みを覚えにくかったとの回答を得た。
[0323]
<開示C>
[製造例C1]
 第1実施形態に従う生理用ナプキンNo.C1を製造した。液透過性シートは、エアスルー不織布(坪量:30g/m 2)であり、吸収体は、パルプ(坪量:200g/m 2)と、高分子吸収剤(坪量:20g/m 2)とから構成される吸収コアを、ティッシュから構成されるコアラップで覆ったものであり、そして液不透過性シートは、ポリエチレンフィルム(坪量:24g/m 2)であった。
[0324]
 なお、内側温感領域、外側温感領域及び中央温感領域は、液透過性シートに配置されており、内側温感領域では、温感溶液が、液透過性シートに、温感剤の坪量が1.0g/m 2となるような量で配置されていた。なお、温感溶液は、温感剤としてのバニリルブチルエーテル(10.0質量%)と、溶媒としてのイソノナン酸イソノニルとから構成されていた。また、外側温感領域には、上記温感溶液が、温感溶液の坪量が内側温感領域の温感溶液の坪量の30質量%となるように塗工されていた。中央温感領域には、上記温感溶液が、温感溶液の坪量が内側温感領域の温感溶液の坪量の120質量%となるように塗工されていた。
[0325]
[製造例C2]
 中央温感領域を形成しなかった以外は、製造例C1と同様にして、生理用ナプキンNo.C2を製造した。
[0326]
[製造例C3]
 外側温感領域の温感溶液を、温感溶液の坪量が内側温感領域の坪量と同一となるように配置した以外は、製造例C1と同様にして生理用ナプキンNo.C3を製造した。
[製造例C4]
 外側温感領域の温感溶液を、温感溶液の坪量が内側温感領域と同一となるように配置した以外は、製造例C2と同様にして生理用ナプキンNo.C4を製造した。
[0327]
[実施例C1及びC2,並びに比較例C1及びC2]
 複数の被験者のそれぞれに、生理用ナプキンNo.C1~No.C4を着用してもらい、着用後2時間以内の温感作用を5段階の評価値(1:温感作用を覚えなかった,2:極弱い温感作用を覚えた,3:弱い温感作用を覚えた,4:中程度の温感作用を覚えた,5:強い温感作用を覚えた)で評価してもらい、着用後2時間以内の痒みの覚えにくさを、以下の1~5の5段階の評価値で評価してもらった。結果(平均値を四捨五入し、整数としたもの)を表1に示す。
 5:各領域に温感作用の差異を覚えず、そして痒みを覚えなかった。
 4:各領域に温感作用の差異をほぼ覚えず、そしてほぼ痒みを覚えなかった。
 3:各領域に温感作用の差異をやや覚え、そしてやや痒みを覚えた。
 2:各領域に温感作用の差異を覚え、我慢できる程度の痒みを覚えた。
 1:各領域に温感作用の差異を覚え、我慢できない程度の痒みを覚えた。
[0328]
[表1]


符号の説明

[0329]
 1  生理用ナプキン
 3  吸収本体
 5  温感本体
 7  液透過性シート
 9  液不透過性シート
 11  吸収体
 13  補助シート
 15  形状保持部材
 17  重複部
 31  温感領域
 401  生理用ナプキン
 403  吸収本体
 405  温感本体
 407  液透過性シート
 409  液不透過性シート
 411  吸収体
 413  補助シート
 415  形状保持部材
 417  重複部
 431  温感領域
 433  温感適用部
 435  温感周辺部
 437  エンボス部
 439  外縁
 801  生理用ナプキン
 803  液透過性シート
 805  液不透過性シート
 807  吸収体
 809,810  側縁
 811  重複領域
 813  非重複領域
 815,816  側縁領域
 817  着衣
 819,820  内側温感領域
 821,822  外側温感領域
 823  中央温感領域
 L  長手方向
 W  幅方向
 T  厚さ方向
 F 1  長手方向第1折軸
 F 2  長手方向第2折軸
 F 3  幅方向第1折軸
 F 4  幅方向第2折軸
 F 5  幅方向第3折軸
 F 6  折軸
 C  中心
 C 1~C 4  同心円

請求の範囲

[請求項1]
 液透過性シートと、液不透過性シートとを備える温感物品であって、
 前記温感物品が、TRPチャネルを活性化する温感剤と、溶媒とを含む温感溶液を含む温感領域を備えており、
 前記温感領域が、着用者に痒みを覚えさせにくくするように構成されている、
 ことを特徴とする、前記温感物品。
[請求項2]
 前記温感領域が、TRPチャネルを活性化する冷感剤をさらに含む、請求項1に記載の温感物品。
[請求項3]
 前記温感溶液が、前記温感剤及び前記冷感剤を、20:1~1:10の質量比で含む、請求項2に記載の温感物品。
[請求項4]
 前記温感領域が、前記温感溶液を含む温感適用部と、前記温感適用部の周辺に配置され且つ前記温感適用部よりも少ない坪量の前記温感溶液を含む温感周辺部とを備えている、請求項1~3のいずれか一項に記載の温感物品。
[請求項5]
 前記温感領域が布帛により構成されており、前記温感適用部における前記布帛の繊維密度が、前記温感周辺部における前記布帛の繊維密度よりも高い、請求項4に記載の温感物品。
[請求項6]
 前記温感領域が、前記温感適用部及び前記温感周辺部のそれぞれに、複数のエンボス部を備え、前記温感適用部における前記複数のエンボス部のそれぞれのエンボス強度が、前記温感周辺部における前記複数のエンボス部のそれぞれのエンボス強度よりも高いか、前記温感適用部における前記複数のエンボス部の個数密度が、前記温感周辺部における前記複数のエンボス部の個数密度よりも高いか、又は前記温感適用部における前記複数のエンボス部の面積率が、前記温感周辺部における前記複数のエンボス部の面積率よりも高い、請求項4又は5に記載の温感物品。
[請求項7]
 前記温感物品が、前記液透過性シート及び液不透過性シートの間の吸収体をさらに備え、お互いに直交する長手方向、幅方向及び厚さ方向を有する吸収性物品であり、前記温感領域が、前記吸収体と前記厚さ方向に重複しない位置に配置されている、請求項1~6のいずれか一項に記載の温感物品。
[請求項8]
 前記温感領域が、着用者の下腹部に相当する位置且つ前記吸収体よりも前記幅方向に広い領域に配置されている、請求項7に記載の温感物品。
[請求項9]
 前記温感物品が、前記幅方向に延びる幅方向折軸にて前記長手方向に折畳まれており、前記幅方向折軸が、前記温感物品の展開状態において、前記温感領域と、前記厚さ方向において重複するように配置されている、請求項8に記載の温感物品。
[請求項10]
 前記温感物品が、前記長手方向に延びる、一対の長手方向折軸にて前記幅方向に折畳まれており、前記一対の長手方向折軸が、前記温感物品の展開状態において、前記吸収体よりも前記幅方向の外側且つ前記温感領域と、前記厚さ方向において重複するように配置されている、請求項8又は9に記載の温感物品。
[請求項11]
 前記温感物品が、長手方向、幅方向及び厚さ方向を有し、前記液透過性シート及び液不透過性シートの間に配置された、前記長手方向に延びる一対の側縁を有する吸収体をさらに備えている吸収性物品で有り、
 前記温感物品が、前記吸収体と前記厚さ方向に重複する重複領域と、前記吸収体と前記厚さ方向に重複しない非重複領域とに区画され、
 前記温感物品が、一対の側縁領域であって、そのそれぞれが前記一対の側縁のそれぞれを含むものを備え、
 前記一対の側縁領域のそれぞれにおいて、
 (i)前記重複領域に配置された内側温感領域と、前記非重複領域に配置された外側温感領域とが存在し、
 (ii)前記内側温感領域及び前記外側温感領域の両方が、前記温感溶液を含み、
 (iii)前記外側温感領域における前記温感溶液の坪量が、前記内側温感領域における前記温感溶液の坪量よりも少ない、
 ことを特徴とする、請求項1~10のいずれか一項に記載の温感物品。
[請求項12]
 前記一対の側縁領域のそれぞれにおいて、前記内側温感領域と、前記外側温感領域とが、前記一対の側縁のそれぞれを間に挟んで隣接している、請求項11に記載の温感物品。
[請求項13]
 前記一対の側縁領域のそれぞれにおいて、前記内側温感領域と、前記外側温感領域とが、前記液透過性シートに配置されている、請求項11又は12に記載の温感物品。
[請求項14]
 前記吸収性物品が、前記一対の側縁領域の間に中央温感領域を備え、前記中央温感領域が、前記温感溶液を含み、前記中央温感領域における前記温感溶液の坪量が、前記一対の側縁領域の前記内側温感領域のそれぞれにおける前記温感溶液の坪量よりも多い、請求項11~13のいずれか一項に記載の温感物品。
[請求項15]
 前記中央温感領域が、前記一対の側縁領域のそれぞれの前記内側温感領域と隣接している、請求項14に記載の温感物品。
[請求項16]
 前記中央温感領域が、前記液透過性シート、又は前記液透過性シート及び吸収体の間に配置された補助シートに配置されている、請求項14又は15に記載の温感物品。

図面

[ 図 1]

[ 図 2]

[ 図 3]

[ 図 4]

[ 図 5]

[ 図 6]

[ 図 7]

[ 図 8]

[ 図 9]

[ 図 10]

[ 図 11]

[ 図 12]

[ 図 13]

[ 図 14]

[ 図 15]

[ 図 16]

[ 図 17]

[ 図 18]

[ 図 19]

[ 図 20]

[ 図 21]

[ 図 22]

[ 図 23]

[ 図 24]

[ 図 25]

[ 図 26]

[ 図 27]