このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2019045063) フルオロスルホニル基含有化合物、フルオロスルホニル基含有モノマー及びそれらの製造方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2019/045063 国際出願番号: PCT/JP2018/032433
国際公開日: 07.03.2019 国際出願日: 31.08.2018
IPC:
C07C 309/82 (2006.01) ,C07C 303/22 (2006.01) ,C07C 309/80 (2006.01) ,C08F 20/22 (2006.01) ,C25B 13/08 (2006.01) ,H01B 1/06 (2006.01) ,H01B 1/12 (2006.01) ,H01M 4/86 (2006.01) ,H01M 8/10 (2016.01) ,H01M 8/1023 (2016.01) ,H01M 8/18 (2006.01)
C 化学;冶金
07
有機化学
C
非環式化合物または炭素環式化合物
309
スルホン酸;そのハライド,エステルまたは無水物
78
スルホン酸ハライド
79
非環式炭素原子に結合しているハロスルホニル基をもつもの
82
単結合の酸素原子で置換された炭素骨格の
C 化学;冶金
07
有機化学
C
非環式化合物または炭素環式化合物
303
硫酸エステルまたはアミドの製造;スルホン酸またはそのエステル,ハライド,無水物またはアミドの製造
02
スルホン酸またはそのハロゲン化物の製造
22
スルホ基またはハロスルホニル基の形成が関与しない反応によるスルホン酸からのもの
C 化学;冶金
07
有機化学
C
非環式化合物または炭素環式化合物
309
スルホン酸;そのハライド,エステルまたは無水物
78
スルホン酸ハライド
79
非環式炭素原子に結合しているハロスルホニル基をもつもの
80
飽和炭素骨格の
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
F
炭素-炭素不飽和結合のみが関与する反応によってえられる高分子化合物
20
ただ1つの炭素-炭素二重結合を含有する1個以上の不飽和脂肪族基をもち,そのうちただ1つの脂肪族基がただ1つのカルボキシル基によって停止されている化合物,その塩,無水物,エステル,アミド,イミドまたはそのニトリルの単独重合体または共重合体
02
9個以下の炭素原子をもつモノカルボン酸;その誘導体
10
エステル
22
ハロゲンを含有するエステル
C 化学;冶金
25
電気分解または電気泳動方法;そのための装置
B
化合物または非金属の製造のための電気分解または電気泳動方法;そのための装置
13
隔膜;間隔要素
04
材料に特徴のあるもの
08
有機材料を基礎とするもの
H 電気
01
基本的電気素子
B
ケーブル;導体;絶縁体;導電性,絶縁性または誘導性特性に対する材料の選択
1
導電材料によって特徴づけられる導体または導電物体;導体としての材料の選択
06
主として他の非金属物質からなるもの
H 電気
01
基本的電気素子
B
ケーブル;導体;絶縁体;導電性,絶縁性または誘導性特性に対する材料の選択
1
導電材料によって特徴づけられる導体または導電物体;導体としての材料の選択
06
主として他の非金属物質からなるもの
12
有機物質
H 電気
01
基本的電気素子
M
化学的エネルギーを電気的エネルギーに直接変換するための方法または手段,例.電池
4
電極(電気分解用電極C25)
86
触媒により活性化された無消耗性電極,例.燃料電池のためのもの
H 電気
01
基本的電気素子
M
化学的エネルギーを電気的エネルギーに直接変換するための方法または手段,例.電池
8
燃料電池;その製造
10
固体電解質をもつ燃料電池
[IPC code unknown for H01M 8/1023]
H 電気
01
基本的電気素子
M
化学的エネルギーを電気的エネルギーに直接変換するための方法または手段,例.電池
8
燃料電池;その製造
18
再生形燃料電池
出願人:
AGC株式会社 AGC INC. [JP/JP]; 東京都千代田区丸の内一丁目5番1号 5-1, Marunouchi 1-chome, Chiyoda-ku, Tokyo 1008405, JP
発明者:
平居 丈嗣 HIRAI Takeshi; JP
上牟田 大輔 JOMUTA Daisuke; JP
民辻 慎哉 TAMITSUJI Chikaya; JP
代理人:
泉名 謙治 SENMYO Kenji; JP
小川 利春 OGAWA Toshiharu; JP
金 鎭文 KIM Jin-Moon; JP
比企野 健 HIKINO Ken; JP
横井 大一郎 YOKOI Daiichiro; JP
優先権情報:
2017-16865901.09.2017JP
2018-09175610.05.2018JP
2018-09175710.05.2018JP
発明の名称: (EN) FLUOROSULFONYL GROUP-CONTAINING COMPOUND, FLUOROSULFONYL GROUP-CONTAINING MONOMER, AND PRODUCTION METHODS FOR SAME
(FR) COMPOSÉ CONTENANT UN GROUPE FLUOROSULFONYLE, MONOMÈRE CONTENANT UN GROUPE FLUOROSULFONYLE, ET PROCÉDÉS DE PRODUCTION ASSOCIÉS
(JA) フルオロスルホニル基含有化合物、フルオロスルホニル基含有モノマー及びそれらの製造方法
要約:
(EN) The present invention relates to: a fluorosulfonyl group-containing compound production method by which a compound represented by formula 5 is obtained using a compound represented by formula 1 as the starting material; and a fluorosulfonyl group-containing monomer production method which uses a fluorosulfonyl group-containing compound. R1 and R2 are C1-C3 alkylene groups, and RF1 and RF2 are C1-C3 perfluoroalkylene groups.
(FR) La présente invention concerne : un procédé de production de composé contenant un groupe fluorosulfonyle par lequel un composé représenté par la formule 5 est obtenu à l'aide d'un composé représenté par la formule 1 en tant que matériau de départ; et un procédé de production de monomère contenant un groupe fluorosulfonyle qui utilise un composé contenant un groupe fluorosulfonyle. R1 et R2 représentent des groupes alkylène en C1-C3, et RF1 et RF2 représentent des groupes perfluoroalkylène en C1-C3.
(JA) 下式1で表される化合物を出発原料として下式5で表される化合物を得るフルオロスルホニル基含有化合物の製造方法、及びフルオロスルホニル基含有化合物を用いたフルオロスルホニル基含有モノマーの製造方法に関する。 ただし、R及びRは、炭素数1~3のアルキレン基であり、RF1及びRF2は、炭素数1~3のペルフルオロアルキレン基である。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)