このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2019045058) アンブレインの効率的製造方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2019/045058 国際出願番号: PCT/JP2018/032418
国際公開日: 07.03.2019 国際出願日: 31.08.2018
IPC:
C12N 15/61 (2006.01) ,C12N 1/15 (2006.01) ,C12N 1/19 (2006.01) ,C12N 1/21 (2006.01) ,C12N 9/90 (2006.01) ,C12P 7/02 (2006.01)
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
15
突然変異または遺伝子工学;遺伝子工学に関するDNAまたはRNA,ベクター,例.プラスミド,またはその分離,製造または精製;そのための宿主の使用
09
組換えDNA技術
11
DNAまたはRNAフラグメント;その修飾物
52
酵素または酵素前駆体をコードする遺伝子
61
異性化酵素(5)
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
1
微生物,例.原生動物;その組成物;微生物またはその組成物の増殖,維持,保存方法;微生物を含む組成物の単離または調製方法;そのための培地
14
菌類;そのための培地
15
外来遺伝物質の導入によって修飾されたもの
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
1
微生物,例.原生動物;その組成物;微生物またはその組成物の増殖,維持,保存方法;微生物を含む組成物の単離または調製方法;そのための培地
14
菌類;そのための培地
16
酵母;そのための培地
19
外来遺伝物質の導入によって修飾されたもの
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
1
微生物,例.原生動物;その組成物;微生物またはその組成物の増殖,維持,保存方法;微生物を含む組成物の単離または調製方法;そのための培地
20
細菌;そのための培地
21
外来遺伝物質の導入によって修飾されたもの
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
9
酵素,例.リガーゼ(6.);酵素前駆体;その組成物;酵素の調製,活性化,阻害,分離または精製方法
90
異性化酵素(5.)
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
P
発酵または酵素を使用して所望の化学物質もしくは組成物を合成する方法またはラセミ混合物から光学異性体を分離する方法
7
酸素原子を含む有機化合物の製造
02
水酸基を有するもの
出願人:
国立大学法人新潟大学 NIIGATA UNIVERSITY [JP/JP]; 新潟県新潟市西区五十嵐二の町8050番地 8050 Ikarashi ni-nocho, Nishi-ku, Niigata-shi, Niigata 9502181, JP
株式会社ADEKA ADEKA CORPORATION [JP/JP]; 東京都荒川区東尾久7丁目2番35号 2-35, Higashiogu 7-chome, Arakawa-ku, Tokyo 1168554, JP
発明者:
佐藤 努 SATO Tsutomu; JP
星野 力 HOSHINO Tsutomu; JP
竹花 稔彦 TAKEHANA Toshihiko; JP
小池 誠治 KOIKE Seiji; JP
滋野 浩一 SHIGENO Koichi; JP
代理人:
山口 健次郎 YAMAGUCHI Kenjiro; JP
森田 憲一 MORITA Kenichi; JP
優先権情報:
2017-16812801.09.2017JP
発明の名称: (EN) EFFICIENT METHOD FOR PRODUCING AMBREIN
(FR) MÉTHODE EFFICACE DE PRODUCTION D'AMBRÉINE
(JA) アンブレインの効率的製造方法
要約:
(EN) The purpose of the present invention is to provide a method for producing ambrein capable of obtaining ambrein easily and efficiently. This problem can be solved by a mutant tetraprenyl-β-curcumene cyclase of the present invention in which (1) the aspartic acid which is the fourth amino acid residue of the DXDD motif is substituted by an amino acid other than aspartic acid and (2) the amino acid adjacent to the N end of the (A/S/G)RX(H/N)XXP motif is substituted by an amino acid other than tyrosine, or the fourth amino acid of the GXGX(G/A/P) motif is substituted by an amino acid other than tyrosine.
(FR) L'objet de la présente invention est de fournir une méthode de production d'ambréine capable d'obtenir facilement et efficacement de l'ambréine. Ce problème peut être résolu par une cyclase tétraprényl-β-curcuminoïde mutante de la présente invention dans laquelle (1) l'acide aspartique qui est le quatrième résidu d'acide aminé du motif DXDD est substitué par un acide aminé autre que l'acide aspartique et (2) l'acide aminé adjacent à l'extrémité N du motif (A/S/G)RX(H/N)XXP est substitué par un acide aminé autre que la tyrosine, ou le quatrième acide aminé du motif GXGX(G/A/P) est substitué par un acide aminé autre que la tyrosine.
(JA) 本発明の目的は、簡便に且つ効率的にアンブレインを得ることができるアンブレインの製造方法を提供することにある。 前記課題は、本発明の(1)DXDDモチーフの第4番目のアミノ酸残基であるアスパラギン酸がアスパラギン酸以外のアミノ酸に置換しており、(2)(A/S/G)RX(H/N)XXPモチーフのN末に隣接するアミノ酸がチロシン以外のアミノ酸に置換しているか、又はGXGX(G/A/P)モチーフの4番目のアミノ酸がロイシン以外のアミノ酸に置換している、変異型テトラプレニル-β-クルクメン環化酵素によって解決することができる。
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)