このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2019044873) 離型シート
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2019/044873 国際出願番号: PCT/JP2018/031875
国際公開日: 07.03.2019 国際出願日: 29.08.2018
IPC:
B32B 27/00 (2006.01) ,B32B 7/06 (2006.01) ,B32B 27/26 (2006.01) ,B32B 27/30 (2006.01) ,B32B 27/32 (2006.01) ,C08J 7/04 (2006.01) ,C09J 7/40 (2018.01) ,C09J 133/00 (2006.01)
B 処理操作;運輸
32
積層体
B
積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
27
本質的に合成樹脂からなる積層体
B 処理操作;運輸
32
積層体
B
積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
7
層間の関係を特徴とする積層体,すなわち本質的に異なる物理的性質を有する層または層の相互連続を特徴とする積層体
04
層の結合を特徴とするもの
06
容易に分離できるもの
B 処理操作;運輸
32
積層体
B
積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
27
本質的に合成樹脂からなる積層体
18
特別な添加剤の使用を特徴とするもの
26
硬化剤を用いるもの
B 処理操作;運輸
32
積層体
B
積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
27
本質的に合成樹脂からなる積層体
30
ビニル樹脂からなるもの;アクリル樹脂からなるもの
B 処理操作;運輸
32
積層体
B
積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
27
本質的に合成樹脂からなる積層体
32
ポリオレフインからなるもの
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
J
仕上げ;一般的混合方法;サブクラスC08B,C08C,C08F,C08GまたはC08Hに包含されない後処理(プラスチックの加工,例.成形B29)
7
高分子物質から製造された成形体の処理または被覆
04
被覆
[IPC code unknown for C09J 7/40]
C 化学;冶金
09
染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
J
接着剤;接着方法一般の非機械的観点;他に分類されない接着方法;物質の接着剤としての使用
133
ただ1つの炭素―炭素二重結合を含有する1個以上の不飽和脂肪族基をもち,そのうちただ1つの脂肪酸がただ1つのカルボキシル基によって停止されている化合物,またはその塩,無水物,エステル,アミド,イミドまたはそのニトリルの単独重合体または共重合体に基づく接着剤;そのような重合体の誘導体に基づく接着剤
出願人:
ユニチカ株式会社 UNITIKA LTD. [JP/JP]; 兵庫県尼崎市東本町1丁目50番地 50, Higashi-Hommachi 1-chome, Amagasaki-shi, Hyogo 6600824, JP
発明者:
森本 亮平 MORIMOTO Ryohei; JP
奥村 暢康 OKUMURA Nobuyasu; JP
代理人:
特許業務法人森本国際特許事務所 MORIMOTO INT'L PATENT OFFICE; 大阪府大阪市西区靭本町1丁目11番7号信濃橋三井ビルディング3階 SHINANOBASHI MITSUI BLDG. 3rd Floor, 11-7, Utsubohonmachi 1-chome, Nishi-ku, Osaka-shi, Osaka 5500004, JP
優先権情報:
2017-16490430.08.2017JP
発明の名称: (EN) MOLD RELEASE SHEET
(FR) FEUILLE DE DÉMOULAGE
(JA) 離型シート
要約:
(EN) A mold release sheet which is obtained by arranging a resin layer on a substrate, and which is characterized in that: the resin layer contains one or more polymers, each of which contains an olefin component and an unsaturated carboxylic acid component as copolymerization components; the olefin component contains an α-olefin component and an ethylene component; the mass ratio of the α-olefin component to the ethylene component in the resin layer, namely (α-olefin component)/(ethylene component) is from 10/90 to 60/40; the coefficient of kinetic friction between the resin layer surface and the substrate surface is 0.50 or less in cases where the surfaces are superposed on each other; and a sample which is obtained by bonding an acrylic adhesive layer of a resin tape to the resin layer surface of this mold release sheet has a peel strength between the adhesive layer and the resin layer of 0.5 N/cm or less as measured at 25°C, at a peeling angle of 180° and at a peeling rate of 300 mm/minute.
(FR) La présente invention concerne une feuille de démoulage qui est obtenue par agencement d'une couche de résine sur un substrat, et qui est caractérisée en ce que: la couche de résine contient un ou plusieurs polymères, dont chacun contient un composant d'oléfine et un composant d'acide carboxylique insaturé en tant que composants de copolymérisation; le composant oléfine contient un composant α-oléfine et un composant éthylène; le rapport en masse du composant α-oléfine au composant éthylène dans la couche de résine, notamment (composant α-oléfine)/(composant éthylène) est de 10/90 à 60/40; le coefficient de frottement cinétique entre la surface de la couche de résine et la surface du substrat est inférieur ou égal à 0,50 dans les cas où les surfaces sont superposées les unes sur les autres; et un échantillon qui est obtenu par liaison d'une couche adhésive acrylique d'une bande de résine à la surface de couche de résine de cette feuille de démoulage a une résistance au pelage entre la couche adhésive et la couche de résine de 0,5 N/cm ou moins telle que mesurée à 25 °C, à un angle de pelage de 180° et à une vitesse de pelage de 300 mm/minute.
(JA) 基材上に樹脂層を設けてなる離型シートであって、樹脂層が、オレフィン成分と不飽和カルボン酸成分とを共重合成分として含有する1種以上の重合体を含有し、オレフィン成分が、α-オレフィン成分とエチレン成分とを含有し、α-オレフィン成分とエチレン成分との質量比(α-オレフィン成分/エチレン成分)が、樹脂層において、10/90~60/40であり、樹脂層面と基材面とを重ね合わせた際の動摩擦係数が0.50以下であり、アクリル系粘着剤層を有する樹脂テープの前記粘着剤層を離型シートの樹脂層表面に貼り付けることで得られた試料を、25℃にて、剥離角度180度、剥離速度300mm/分の条件で測定したときの粘着剤層と樹脂層との剥離強度が0.5N/cm以下であることを特徴とする離型シート。
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)