このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2019044814) ペンタフルオロスルファニル芳香族化合物の製造方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2019/044814 国際出願番号: PCT/JP2018/031732
国際公開日: 07.03.2019 国際出願日: 28.08.2018
IPC:
C07C 381/00 (2006.01) ,C07D 213/71 (2006.01) ,C07B 61/00 (2006.01)
C 化学;冶金
07
有機化学
C
非環式化合物または炭素環式化合物
381
炭素および硫黄を含有し,301/00から337/00のグループに包含されない官能基をもつ化合物
C 化学;冶金
07
有機化学
D
複素環式化合物(高分子化合物C08)
213
異項原子として1個の窒素原子のみをもち,環原子相互間または環原子と非環原子間に3個またはそれ以上の二重結合を有し,他の環と縮合していない6員環からなる複素環式化合物
02
環原子相互間または環原子と非環原子間に3個の二重結合を有するもの
04
環の窒素原子と非環原子間に結合をもたないもの,または環の窒素原子に直接結合する水素原子または炭素原子のみをもつもの
60
異種原子,または異種原子に対する3個の結合をもち,そのうち多くても1個がハロゲンに対する結合である炭素原子,例.エステルまたはニトリル基,が環の炭素原子に直接結合したもの
62
酸素原子または硫黄原子
70
硫黄原子
71
第2番目の異種原子が結合しているもの
C 化学;冶金
07
有機化学
B
有機化学の一般的方法あるいはそのための装置
61
他の一般的方法
出願人:
宇部興産株式会社 UBE INDUSTRIES, LTD. [JP/JP]; 山口県宇部市大字小串1978-96 1978-96, Oaza Kogushi, Ube-shi, Yamaguchi 7558633, JP
国立大学法人 名古屋工業大学 NAGOYA INSTITUTE OF TECHNOLOGY [JP/JP]; 愛知県名古屋市昭和区御器所町字木市29番 29, Aza Kiichi, Gokiso-cho, Showa-ku, Nagoya-shi, Aichi 4660061, JP
発明者:
柴田 哲男 SHIBATA, Norio; JP
齋藤 記庸 SAITO, Norimichi; JP
代理人:
小野 新次郎 ONO, Shinjiro; JP
山本 修 YAMAMOTO, Osamu; JP
宮前 徹 MIYAMAE, Toru; JP
中西 基晴 NAKANISHI, Motoharu; JP
新井 規之 ARAI, Noriyuki; JP
優先権情報:
2017-16425329.08.2017JP
発明の名称: (EN) METHOD FOR PRODUCING PENTAFLUOROSULFANYL AROMATIC COMPOUND
(FR) PROCÉDÉ DE FABRICATION DE COMPOSÉ AROMATIQUE PENTAFLUOROSULFANYLE
(JA) ペンタフルオロスルファニル芳香族化合物の製造方法
要約:
(EN) A method for producing a pentafluorosulfanyl aromatic compound represented by general formula (2): Ar-(SF5)k (in the formula, Ar is a substituted or unsubstituted aryl group or a heteroaryl group, k is an integer of 1-3) that includes reacting a halotetrafluorosulfanyl aromatic compound represented by general formula (1): Ar-(SF4Hal)k (in the formula, Ar and k are as defined above, Hal is a Cl group, Br group, or I group) and a fluorine ion-free silver salt.
(FR) L'invention concerne le procédé de fabrication d'un composé aromatique pentafluorosulfanyle représenté par la formule générale (2):Ar-(SF5k (dans la formule, Ar représente un groupe aryle ou un groupe hétéroaryle substitué ou non substitué, et k représente un nombre entier compris entre 1 et 3). Lequel procédé de fabrication inclut une étape au cours de laquelle un sel d'argent exempt d'ions fluor est mis en réaction avec un composé aromatique halotétrafluorosulfanyle représenté par la formule générale. (1):Ar-(SF4Hal)k (dans la formule, Hal représente un groupe Cl, Br ou I, et Ar et k sont tels que définis ci-dessus).
(JA) 一般式(1):Ar-(SF4Hal)k (式中、Arは置換または非置換のアリール基またはヘテロアリール基であり、 HalはCl基、Br基、またはI基であり、 kは1~3の整数であり) で表されるハロテトラフルオロスルファニル芳香族化合物と、 フッ素イオンを含まない銀塩を反応させることを含む、 一般式(2):Ar-(SF5k (式中、Ar、kは前述のとおり定義される) で表されるペンタフルオロスルファニル芳香族化合物の製造方法。
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)