このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2019044805) ガラス微粒子堆積体の製造方法、ガラス母材の製造方法及びガラス母材
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2019/044805 国際出願番号: PCT/JP2018/031695
国際公開日: 07.03.2019 国際出願日: 28.08.2018
IPC:
C03B 37/018 (2006.01) ,C03B 8/04 (2006.01)
C 化学;冶金
03
ガラス;鉱物またはスラグウール
B
ガラス、鉱物またはスラグウールの製造または成形;または、ガラス、鉱物またはスラグウールの製造または成形における補助プロセス
37
軟化されたガラス,鉱物またはスラグからのフレーク,繊維またはフィラメントの製造または処理
01
ガラス繊維またはフィラメントの製造
012
繊維またはフィラメントを引出すためのプリフォームの製造
014
化学的または一部化学的手段によって製造されたもの
018
ガラス基体上のガラスの沈積,例.化学蒸着(CVD)によるもの
C 化学;冶金
03
ガラス;鉱物またはスラグウール
B
ガラス、鉱物またはスラグウールの製造または成形;または、ガラス、鉱物またはスラグウールの製造または成形における補助プロセス
8
溶融法以外の方法によるガラスの製造
04
気相反応法によるもの
出願人:
住友電気工業株式会社 SUMITOMO ELECTRIC INDUSTRIES, LTD. [JP/JP]; 大阪府大阪市中央区北浜四丁目5番33号 5-33, Kitahama 4-chome, Chuo-ku, Osaka-shi, Osaka 5410041, JP
発明者:
早川 正敏 HAYAKAWA Masatoshi; JP
伊藤 真澄 ITO Masumi; JP
代理人:
特許業務法人 信栄特許事務所 SHIN-EI PATENT FIRM, P.C.; 東京都港区西新橋一丁目7番13号 虎ノ門イーストビルディング8階 Toranomon East Bldg. 8F, 7-13, Nishi-Shimbashi 1-chome, Minato-ku, Tokyo 1050003, JP
優先権情報:
2017-16423929.08.2017JP
発明の名称: (EN) METHOD FOR PRODUCING GLASS FINE PARTICLE DEPOSIT, METHOD FOR PRODUCING GLASS MATRIX, AND GLASS MATRIX
(FR) PROCÉDÉ DE PRODUCTION D'UN DÉPÔT DE PARTICULES FINES DE VERRE, PROCÉDÉ DE PRODUCTION D'UNE MATRICE DE VERRE ET MATRICE DE VERRE
(JA) ガラス微粒子堆積体の製造方法、ガラス母材の製造方法及びガラス母材
要約:
(EN) Provided is a method for producing a glass fine particle deposit, the method comprising disposing at least one burner at a position facing a rod that rotates around an axis, and spraying glass fine particles generated in the flame from the burner to the rod while relatively reciprocating the rod and the burner in the axis direction of the rod, to deposit glass fine particles, wherein the relation of 0.1W ≤ V/R ≤ 1.0W is satisfied, where W (mm) represents the luminance width of the flame of the glass raw material, R (rotations/min) represents the rotational speed of the rod, and V (mm/min) represents the speed of the reciprocation.
(FR) L'invention concerne un procédé de production d'un dépôt de particules fines de verre, le procédé consistant à disposer au moins un brûleur à un emplacement faisant face à une tige qui tourne autour d'un axe, et à pulvériser des particules fines de verre produites dans la flamme du brûleur sur la tige tout en animant la tige et le brûleur d'un mouvement de va-et-vient relatif dans la direction de l'axe de la tige, pour déposer des particules fines de verre, la relation 0,1 W ≤ V/R ≤ 1,0 W étant satisfaite, dans laquelle W (mm) représente la largeur de luminance de la flamme du verre matière première, R (rotations/min) représente la vitesse de rotation de la tige, et V (mm/min) représente la vitesse du mouvement de va-et-vient.
(JA) 軸回りに回転するロッドの対向位置に少なくとも一本のバーナを配置し、前記ロッドと前記バーナとを前記ロッドの軸方向へ相対的に往復移動させつつ前記バーナの火炎中で生成されるガラス微粒子を前記ロッドに吹き付けてガラス微粒子を堆積させるガラス微粒子堆積体の製造方法であって、ガラス原料火炎の輝度幅W(mm)、前記ロッドの回転の速度R(回/分)、前記往復移動の速度V(mm/分)を、0.1W≦V/R≦1.0Wの関係式を満たすものとする。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)