このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2019044719) ポリカルボジイミド化合物及び熱硬化性樹脂組成物
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2019/044719 国際出願番号: PCT/JP2018/031428
国際公開日: 07.03.2019 国際出願日: 24.08.2018
IPC:
C08G 18/02 (2006.01) ,C08G 18/09 (2006.01) ,C08G 18/71 (2006.01) ,C08G 18/76 (2006.01) ,C08G 59/40 (2006.01)
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
G
炭素-炭素不飽和結合のみが関与する反応以外の反応によって得られる高分子化合物
18
イソシアネートまたはイソチオシアネートの重合生成物
02
イソシアネートまたはイソチオシアネートのみの
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
G
炭素-炭素不飽和結合のみが関与する反応以外の反応によって得られる高分子化合物
18
イソシアネートまたはイソチオシアネートの重合生成物
06
活性水素を有する化合物との
08
方法
09
イソシアネート基あるいはイソチオシアネート基の一部が反応混合物の中で起こす相互反応を伴う,イソシアネートまたはイソチオシアネートのオリゴメリゼーションを含むもの
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
G
炭素-炭素不飽和結合のみが関与する反応以外の反応によって得られる高分子化合物
18
イソシアネートまたはイソチオシアネートの重合生成物
06
活性水素を有する化合物との
70
用いられたイソシアネートまたはイソチオシアネートに特徴のあるもの
71
モノイソシアネートまたはモノイソチオシアネート
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
G
炭素-炭素不飽和結合のみが関与する反応以外の反応によって得られる高分子化合物
18
イソシアネートまたはイソチオシアネートの重合生成物
06
活性水素を有する化合物との
70
用いられたイソシアネートまたはイソチオシアネートに特徴のあるもの
72
ポリイソシアネートまたはポリイソチオシアネート
74
環式
76
芳香族
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
G
炭素-炭素不飽和結合のみが関与する反応以外の反応によって得られる高分子化合物
59
1分子中に1個より多くのエポキシ基を含有する重縮合物;エポキシ重縮合物と単官能性低分子量化合物との反応によって得られる高分子化合物;エポキシ基と反応する硬化剤または触媒を用いて1分子中に1個より多くのエポキシ基を含有する化合物を重合することにより得られる高分子化合物
18
エポキシ基と反応する硬化剤または触媒を用いて1分子中に1個より多くのエポキシ基を含む化合物を重合することにより得られる高分子化合物
40
用いられた硬化剤に特徴のあるもの
出願人:
日清紡ケミカル株式会社 NISSHINBO CHEMICAL INC. [JP/JP]; 東京都中央区日本橋人形町二丁目31番11号 2-31-11, Ningyo-cho, Nihonbashi, Chuo-ku, Tokyo 1038650, JP
発明者:
佐々木 雄大 SASAKI, Takahiro; JP
代理人:
有永 俊 ARINAGA, Shun; JP
優先権情報:
2017-16355228.08.2017JP
発明の名称: (EN) POLYCARBODIIMIDE COMPOUND AND THERMOSETTING RESIN COMPOSITION
(FR) COMPOSÉ POLYCARBODIIMIDE ET COMPOSITION DE RÉSINE THERMODURCISSABLE
(JA) ポリカルボジイミド化合物及び熱硬化性樹脂組成物
要約:
(EN) A polycarbodiimide compound represented by general formula (1). (In general formula (1), R1 and R3 may be the same or different and each represent a residue of an organic compound having one isocyanate-reactive functional group, the residue having been formed by removing the isocyanate-reactive functional group from the organic compound; the R2 moieties include the group represented by formula (i), which is a divalent residue formed by removing the isocyanate groups from 2,4'-diphenylmethane diisocyanate, and the group represented by formula (ii), which is a divalent residue formed by removing the isocyanate groups from 4,4'-diphenylmethane diisocyanate, the group represented by formula (i) and the group represented by formula (ii) accounting for 30-70 mol% and 30-70 mol%, respectively, of all the R2 moieties contained in the polycarbodiimide compound; X1 and X2 may be the same or different and each represent a group formed by reacting the organic compound with an isocyanate; and n is an integer of 2-50.)
(FR) L'invention concerne un composé polycarbodiimide représenté par la formule générale (1). (Dans la formule générale (1), R1 et R3 peuvent être identiques ou différents et représentent chacun un résidu d'un composé organique ayant un groupe fonctionnel réactif à l'isocyanate, le résidu ayant été formé par élimination du groupe fonctionnel réactif à l'isocyanate du composé organique ; les fractions R2 comprennent le groupe représenté par la formule (i), qui est un résidu divalent formé par élimination des groupes isocyanate du diisocyanate de 2,4'-diphénylméthane, et le groupe représenté par la formule (ii), qui est un résidu divalent formé par élimination des groupes isocyanate du diisocyanate de 4,4'-diphénylméthane, le groupe représenté par la formule (i) et le groupe représenté par la formule (ii) représentant respectivement de 30 à 70 % en moles et de 30 à 70 % en moles de toutes les fractions R2 contenues dans le composé polycarbodiimide ; X1 et X2 peuvent être identiques ou différents et représentent chacun un groupe formé par réaction du composé organique avec un isocyanate ; et n est un nombre entier compris entre 2 et 50.)
(JA) 下記一般式(1)で表されるポリカルボジイミド化合物。(一般式(1)中、R、Rはイソシアネートと反応し得る官能基を1つ有する有機化合物のイソシアネートと反応し得る官能基を除いた残基を表し、R、Rは同一でも異なっていてもよい。Rは、2,4'-ジフェニルメタンジイソシアネートからイソシアネート基を除いた2価の残基である下記式(i)で表される基、及び4、4'-ジフェニルメタンジイソシアネートからイソシアネート基を除いた2価の残基である下記式(ii)で表される基を含む。前記ポリカルボジイミド化合物中における全R中の下記式(i)で表される基の割合は30~70モル%であり、下記式(ii)で表される基の割合は30~70モル%である。X、Xは前記有機化合物とイソシアネートとの反応により形成される基を表し、X、Xは同一でも異なっていてもよい。nは2~50の整数を表す。)
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)