このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2019044545) 熱交換器フィン用ブレージングシート及びその製造方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2019/044545 国際出願番号: PCT/JP2018/030524
国際公開日: 07.03.2019 国際出願日: 17.08.2018
IPC:
C22C 21/00 (2006.01) ,B23K 35/22 (2006.01) ,B23K 35/28 (2006.01) ,B23K 35/40 (2006.01) ,C22F 1/04 (2006.01) ,C22F 1/00 (2006.01)
C 化学;冶金
22
冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
C
合金
21
アルミニウム基合金
B 処理操作;運輸
23
工作機械;他に分類されない金属加工
K
ハンダ付またはハンダ離脱;溶接;ハンダ付または溶接によるクラッドまたは被せ金;局部加熱による切断,例.火炎切断:レーザービームによる加工
35
ハンダ付,溶接または切断のために用いられる溶加棒,溶接電極,材料,媒剤
22
材料の組成または性質を特徴とするもの
B 処理操作;運輸
23
工作機械;他に分類されない金属加工
K
ハンダ付またはハンダ離脱;溶接;ハンダ付または溶接によるクラッドまたは被せ金;局部加熱による切断,例.火炎切断:レーザービームによる加工
35
ハンダ付,溶接または切断のために用いられる溶加棒,溶接電極,材料,媒剤
22
材料の組成または性質を特徴とするもの
24
適当なハンダ付材料または溶接材料の選定
28
主成分が950°C以下の融点をもつもの
B 処理操作;運輸
23
工作機械;他に分類されない金属加工
K
ハンダ付またはハンダ離脱;溶接;ハンダ付または溶接によるクラッドまたは被せ金;局部加熱による切断,例.火炎切断:レーザービームによる加工
35
ハンダ付,溶接または切断のために用いられる溶加棒,溶接電極,材料,媒剤
40
ハンダ付または溶接のための線または棒の製造
C 化学;冶金
22
冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
F
非鉄金属または非鉄合金の物理的構造の変化
1
非鉄金属または合金の熱処理によるか熱間または冷間加工による物理的構造の変化
04
アルミニウムまたはアルミニウム基合金
C 化学;冶金
22
冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
F
非鉄金属または非鉄合金の物理的構造の変化
1
非鉄金属または合金の熱処理によるか熱間または冷間加工による物理的構造の変化
出願人:
株式会社UACJ UACJ CORPORATION [JP/JP]; 東京都千代田区大手町一丁目7番2号 1-7-2, Otemachi, Chiyoda-ku, Tokyo 1000004, JP
発明者:
山吉 知樹 YAMAYOSHI Tomoki; JP
代理人:
特許業務法人あいち国際特許事務所 AICHI, TAKAHASHI, IWAKURA & ASSOCIATES; 愛知県名古屋市中村区名駅3丁目26番19号 名駅永田ビル Meieki Nagata Building, 26-19, Meieki 3-chome, Nakamura-ku, Nagoya-shi, Aichi 4500002, JP
優先権情報:
2017-16494730.08.2017JP
発明の名称: (EN) BRAZING SHEET FOR HEAT EXCHANGER FIN AND MANUFACTURING METHOD THEREOF
(FR) TÔLE DE BRASAGE POUR AILETTE D'ÉCHANGEUR DE CHALEUR ET SON PROCÉDÉ DE FABRICATION
(JA) 熱交換器フィン用ブレージングシート及びその製造方法
要約:
(EN) Provided are a brazing sheet for a heat exchanger fin and a manufacturing method for the brazing sheet such that the brazing sheet exhibits excellent self-corrosion resistance, high-temperature buckling resistance, and formability. The brazing sheet has a core material and a brazing material laminated on the core sheet. The core material has a chemical composition containing 0.50 to 2.0 mass% of Mn, 0.050 to 0.60 mass% of Si, 0.050 to 0.70 mass% of Fe, and the balance Al and inevitable impurities, and said core material has a fibrous structure. The brazing material has a chemical composition containing 6.0 to 13 mass% of Si, more than 0 mass% to 0.80 mass% of Fe, and the balance Al and inevitable impurities. The brazing sheet has a total elongation of 3% or greater, a necking/total elongation ratio of 0.35 to 0.95, and a yield strength of 100 to 200 MPa. The metal structure of the core material has the property of changing into a recrystallized structure having an average crystal grain size exceeding 200 µm when held at a temperature of 600˚C for three minutes.
(FR) Cette invention concerne une tôle de brasage pour une ailette d'échangeur de chaleur et un procédé de fabrication de la tôle de brasage de telle sorte que la tôle de brasage présente une résistance à la corrosion, une résistance au flambage à haute température et une aptitude au formage excellentes. La tôle de brasage a un matériau d'âme et un matériau de brasage stratifié sur l'âme. Le matériau d'âme a une composition chimique contenant de 0,50 à 2,0 % en masse de Mn, de 0,050 à 0,60 % en masse de Si, de 0,050 à 0,70 % en masse de Fe, le reste étant de l'Al et les inévitables impuretés, et ledit matériau d'âme ayant une structure fibreuse. Le matériau de brasage a une composition chimique contenant 6,0 à 13 % en masse de Si, plus de 0 % en masse à 0,80 % en masse de Fe, le reste étant de l'Al et les inévitables impuretés. La tôle de brasage a un allongement total supérieur ou égal à 3 %, un rapport de striction/allongement total de 0,35 à 0,95, et une limite d'élasticité de 100 à 200 MPa. La structure métallique du matériau d'âme a la propriété de se transformer en une structure recristallisée ayant une taille moyenne de grain cristallin supérieure à 200 µm lorsqu'elle est maintenue à une température de 600 °C pendant trois minutes.
(JA) 自己耐食性、耐高温座屈性及び成形性の全てに優れた熱交換器フィン用ブレージングシート及びその製造方法を提供する。ブレージングシートは、心材と、心材上に積層されたろう材とを有している。心材は、Mn:0.50~2.0質量%、Si:0.050~0.60質量%、Fe:0.050~0.70質量%を含有し、残部がAl及び不可避的不純物からなる化学成分を備え、繊維状組織を有している。ろう材は、Si:6.0~13質量%、Fe:0質量%超え0.80質量%以下を含有し、残部がAl及び不可避的不純物からなる化学成分を有している。ブレージングシートは、3%以上の全伸び、0.35~0.95の局部伸び/全伸び、100~200MPaの耐力を有している。心材の金属組織は、600℃の温度に3分間保持した場合に、200μmを超える平均結晶粒径を備えた再結晶組織に変化する特性を有している。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)