このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2019044524) グルコサミン類の生物学的利用率向上方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2019/044524 国際出願番号: PCT/JP2018/030422
国際公開日: 07.03.2019 国際出願日: 16.08.2018
IPC:
A61K 31/7008 (2006.01) ,A61P 19/02 (2006.01) ,A61P 29/00 (2006.01) ,C12N 15/09 (2006.01) ,C12Q 1/68 (2018.01)
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
31
有機活性成分を含有する医薬品製剤
70
炭水化物;糖;その誘導体
7008
糖類基に直接結合する1個のアミノ基を持つ化合物,例.D-ガラクトサミン,ラニムスチン
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
19
骨格系疾患の治療剤
02
関節疾患のためのもの,例.関節炎,関節症
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
29
非中枢性鎮痛剤,解熱剤,抗炎症剤,例.抗リューマチ剤;非ステロイド系抗炎症薬(NSAIDs)
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
15
突然変異または遺伝子工学;遺伝子工学に関するDNAまたはRNA,ベクター,例.プラスミド,またはその分離,製造または精製;そのための宿主の使用
09
組換えDNA技術
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
Q
酵素または微生物を含む測定または試験方法そのための組成物または試験紙;その組成物を調製する方法;微生物学的または酵素学的方法における状態応答制御
1
酵素または微生物を含む測定または試験方法;そのための組成物;そのような組成物の製造方法
68
核酸を含むもの
出願人:
サントリーホールディングス株式会社 SUNTORY HOLDINGS LIMITED [JP/JP]; 大阪府大阪市北区堂島浜二丁目1番40号 1-40, Dojimahama 2-chome, Kita-ku, Osaka-shi, Osaka 5308203, JP
発明者:
大塚 祐多 OTSUKA, Yuta; JP
冨森 菜美乃 TOMIMORI, Namino; JP
立石 法史 TATEISHI, Norifumi; JP
藤 秀人 TO, Hideto; JP
代理人:
特許業務法人 安富国際特許事務所 YASUTOMI & ASSOCIATES; 大阪府大阪市淀川区宮原3丁目5番36号 5-36, Miyahara 3-chome, Yodogawa-ku, Osaka-shi, Osaka 5320003, JP
優先権情報:
2017-16580430.08.2017JP
発明の名称: (EN) METHOD FOR IMPROVING BIOAVAILABILITY OF GLUCOSAMINES
(FR) PROCÉDÉ D'AMÉLIORATION DE LA BIODISPONIBILITÉ DE GLUCOSAMINES
(JA) グルコサミン類の生物学的利用率向上方法
要約:
(EN) The purpose of the present invention is to improve the bioavailability of glucosamines. The present invention relates to a method for improving the bioavailability of glucosamines including having a subject orally ingest glucosamines after three or more hours of fasting and within six hours after the time when the amount of period gene mRNA expression peaks within a day.
(FR) Le but de la présente invention est d'améliorer la biodisponibilité de glucosamines. La présente invention concerne un procédé pour améliorer la biodisponibilité de glucosamines, comprenant le fait d'avoir un sujet ingérer par voie orale des glucosamines après trois heures ou plus de jeûne et en six heures après le moment où la quantité d'expression de l'ARNm du gène de la période atteint son maximum en une journée
(JA) 本発明は、グルコサミン類の生物学的利用率を向上させることを目的とする。 本発明は、3時間以上絶食後、かつ、Period遺伝子のmRNA発現量が1日の中で最大となる時間以降6時間以内に、対象にグルコサミン類を経口摂取させることを含む、グルコサミン類の生物学的利用率向上方法に関する。
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)