このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2019044329) 診断装置及び診断方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2019/044329 国際出願番号: PCT/JP2018/028556
国際公開日: 07.03.2019 国際出願日: 31.07.2018
IPC:
G01M 13/04 (2006.01) ,B60K 23/00 (2006.01) ,F16D 23/14 (2006.01)
G 物理学
01
測定;試験
M
機械または構造物の静的または動的つり合い試験;他に分類されない構造物または装置の試験
13
機械部品の試験
04
軸受の試験
B 処理操作;運輸
60
車両一般
K
車両の推進装置または動力伝達装置の配置または取付け;複数の異なった原動力の配置または取付け;補助駆動装置;車両用計装または計器板;車両の推進装置の冷却,吸気,排気または燃料供給に関する配置
23
車両の動力伝達装置用制御装置の配置または取付け,またはその部品で,他に分類されないもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
D
回転伝達用継ぎ手;クラッチ;ブレーキ
23
機械的に作動されるクラッチであって1つの格別の形式に特定されないものの細部;クラッチの同期装置
12
上記のようなクラッチの外部に配置された機械的なクラッチ作動機構
14
クラッチ作動スリーブ;クラッチ作動スリーブに直接連結された作動部材
出願人:
いすゞ自動車株式会社 ISUZU MOTORS LIMITED [JP/JP]; 東京都品川区南大井6丁目26番1号 6-26-1, Minami-oi, Shinagawa-ku, Tokyo 1408722, JP
発明者:
田中 英一 TANAKA Eiichi; JP
東海林 友紀 SYOUJI Tomoki; JP
代理人:
日比谷 征彦 HIBIYA Yukihiko; JP
日比谷 洋平 HIBIYA Yohei; JP
優先権情報:
2017-16763131.08.2017JP
発明の名称: (EN) DIAGNOSIS DEVICE AND DIAGNOSIS METHOD
(FR) DISPOSITIF DE DIAGNOSTIC ET PROCÉDÉ DE DIAGNOSTIC
(JA) 診断装置及び診断方法
要約:
(EN) A diagnosis device for a release bearing 27 of a clutch device 20 that is capable of cutting off the power transmitted from a drive source 10 installed in a vehicle 1 to a transmission 40, said diagnosis device comprising a microphone 80 for acquiring the actual operating sound of the release bearing 27 and a failure diagnosis unit 100 for predicting the failure of the release bearing 27 on the basis of the actual operating sound acquired by the microphone 80 and a reference operating sound that is from a failed release bearing and has been acquired beforehand.
(FR) L'invention concerne un dispositif de diagnostic d'un palier de libération (27) d'un dispositif d'embrayage (20) permettant de couper la puissance transmise à partir d'une source d'entraînement (10) installée dans un véhicule (1) à une transmission (40), ledit dispositif de diagnostic comprenant un microphone (80) permettant d'acquérir le son de fonctionnement réel du palier de libération (27) et une unité de diagnostic de panne (100) permettant de prédire une panne du palier de libération (27) en fonction du son de fonctionnement réel acquis par le microphone (80) et d'un son de fonctionnement de référence provenant d'un palier de libération en panne et ayant été acquis au préalable.
(JA) 車両1に搭載された駆動源10から変速機40に伝達される動力を断接可能なクラッチ装置20のレリーズベアリング27の診断装置であって、レリーズベアリング27の実動作音を取得するマイク80と、マイク80により取得される実動作音と、予め取得した故障品のレリーズベアリングの基準動作音とに基づいて、レリーズベアリング27の故障発生を予測する故障診断部100とを備えた。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)